トラックマン

トラック専門サイト

タクシードライバー未経験者について。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
自動車を運転しない人の増加により、タクシードライバー業界は人手不足の状態になっていて、多くのタクシー会社は、タクシードライバーの業務未経験者でも、積極的にタクシードライバーの正社員として雇用しています。今回は、タクシードライバー未経験者について触れていきますね。

タクシードライバー未経験者でも歓迎。

タクシー業界は人手不足ということもあって、タクシードライバー未経験者「タクシードライバーの業務に必須の普通自動車二種免許未所持で普通自動車第一種免許の未所持」でも容易にタクシードライバーの正社員として採用されます。しかも、普通自動車二種免許取得にかかる費用は、タクシードライバー会社が全額負担してくれるので、自分で二種免許取得にかかる費用を捻出する必要がありません。このメリットがあるので、普通自動車二種免許を取得する目的でタクシードライバーになるのもあり。

タクシードライバー未経験者がタクシードライバー正社員採用される確率を高めるには?

1.自動車を頻繁に運転することをアピールする。

普段から自動車の運転を欠かさずに行っていることをタクシードライバー正社員採用面接でアピールをすると、タクシードライバーの正社員として採用される確率がぐーんと上昇します。其の理由は、タクシードライバー会社も、自動車の運転が危ういペーパードライバーに、タクシーの運転業務を任せることに不安を持っており、自社の評判を維持するためにも、自動車の運転が上手いドライバーを積極的に雇うようにしているから。

2.普通自動車二種免許を取得しておく。

タクシードライバー業務に必須な普通自動車二種免許を取得しておくと、タクシードライバー会社からこの人を雇えば、二種免許取得にかかる費用を負担しなくても済むと思われて、容易にタクシードライバーの正社員の内定を獲得することができます。とはいっても、一番大事なのは、いかにタクシードライバーの仕事をしたいのかという情熱だということをお忘れなく。

3.顔がイケメンであること。

タクシードライバーの仕事は、接客業ですから、顔がイケメンであればあるほど、仕事の成果がUPしています。この揺るぎない現実が存在するので、顔がイケメンな人は、タクシードライバーの正社員として採用されやすいです。其の逆も然りで、不細工すぎると、どれだけ有能な運転スキルを有していても、タクシードライバーの正社員として採用されません。

4.精神的な疾患を抱えていないこと。

タクシードライバーの仕事は、1日の労働時間が長く、一ヶ月の休みが17日ほどある仕事ですから、1日12時間~15時間労働することが当たり前となっています。この揺るぎない現実が存在するので、メンタルに問題がある人はタクシードライバーの業務をこなすことが困難となっています。

5.謙虚でまじめであること。

タクシー会社の面接官が、自社のタクシードライバーに求めていることは、長期間謙虚に真面目に働いてくれるかどうかということ。この条件さえ満たせば、タクシー会社はあまり優秀ではない人でも、タクシードライバーの正社員の内定を出します。

6.自動車を運転する仕事をしてきた経歴を面接官にアピールすること。

タクシー会社の面接官に、自分が自動車を運転することを長年やってきたんだということをしっかりとアピールすることができれば、かなりの高確率でタクシードライバーの正社員の内定を得られます。ですが、タクシー会社の面接官に、コイツは過剰アピールしているのではないかと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を得られなくなってしまうので、要注意です。

7.根性があること。

自分がいかに激務で大変な仕事を何年もこなしてきて、根性がある人間だということをしっかりということをタクシー会社の面接官に伝えることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。ですが、タクシーの会社の面接官に、自分で根性があるというやつは意外に根性がないと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を得られなくなってしまうので、要注意です。

8.トラック運転手をやっていた経歴をアピールする。

トラック運転手を何年もやっている=根性があって自動車運転スキルが優れている人材とタクシー会社の面接官に判断されて、高度な運転スキルが求められるタクシードライバーの正社員の内定を容易に獲得できます。ですが、タクシードライバーは、トラック運転手以上に、お客様とコミュニケーションを取らないといけない仕事ですから、こいつはコミュニケーションがないとタクシー会社の面接官に思われてしまうと、トラック運転手経験者でもタクシードライバーの正社員の内定を獲得できません。

9.年齢が若いこと。

タクシードライバー業界は人手不足ということもあって、若い社員が少なく、ある程度年齢が高い社員が多くなっており、次世代のタクシードライバーの育成ができていないタクシー会社が多いです。このこともあって、年齢が20歳~30歳の若者であれば、社会人経験があまりなくても、容易にタクシードライバーの正社員として採用されます。

10.奨学金の借金があること。

タクシードライバーの正社員になって、たくさんお金を稼いで、奨学金の借金を返済したいという志望理由をタクシー会社の面接官に伝えれば、面接官から同情を買えて、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。ですが、タクシー会社の面接官に、こういう計画性のないやつは我が社の社員にふさわしないと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を得られなくなってしまいます。

終わりに、

タクシードライバー未経験者の情報について書かせていただきました。

ドラピタ

ドラピタ