トラックマン

トラック専門サイト

長距離トラック運転手という職業。

f:id:nekotand:20171205102204j:plain
〔長距離トラック運転手を始めてから月収50万円を切ったことがないし、長距離トラック運転手はこれほどまでの額を稼げるのか?〕
〔長距離トラック運転手は多少仕事は大変だけど、やればやるだけお金を稼げる職業なので、やりがいが抜群で最高。〕
〔長距離トラック運転手は一日の労働時間がすこぶる長いし、休みもホワイト企業と比べると少ないし、最悪だわ〕

などなど、長距離トラックドライバーという職は賛否両論がある職なので、合う人は合うし、合わない人には合わない職業といえるでしょう。

長距離トラック運転手になろうと思っている人に向けて、長距離トラック運転手がどのような職業なのかについて書いていこうと思います。

長距離トラック運転手とは?

長距離トラック運転手は、一日の大型トラック運転距離が600キロから1000キロの運転手のことを指します。この長距離トラック運転手になるには、大型免許と普通自動車免許を所持が必須なこともあり、長距離トラック運転手は狭き門戸となっています。

長距離トラック運転手は、狭き門戸なことだけあり、月収50万円月収100万円稼ぐことができるので、同世代よりも一段階も二段階もお金を稼ぎたいという人にうってつけです。逆に、お金は月収20万円から25万円でいいから、週休3日休みたいという人には、長距離トラック運転手の仕事内容は過酷過ぎると感じてしまうので、向いていません。

長距離トラック運転手の採用について。

長距離トラック運転手は、中型トラックの運転暦が5年以上で、中型免許と大型免許と普通自動車免許第一種の三つを所持していることが、運送会社の採用条件になっているので、普通自動車免第一種しか所持しておらず、普段運転してない人はまず採用されません。このような事情があり、最初から長距離トラック運転手にはなれないので、最初は普通自動車免許第一種のみで、採用してもらえる2トントラックドライバーから始めましょう。

2トントラックドライバーは、一日の労働時間が10時間以下で、月収20万円稼げて、年間休日120日以上という待遇が用意されているので、肉体的に精神的に負荷をかけることなく、働くことができます。そのこともあって、いきなり大型トラックや中型トラックはなんだかなあという人に、2トントラックドライバーはおすすめです。

話が変わりますが、4トントラックドライバーは、一日の労働時間が10時間以下で、月収40万円稼げて、年間休日110日以上という待遇が用意されているので、お金とプライベートの両方を手にすることができます。そのこともあって、お金とプライベートの両方を手に入れたいという人に、4トントラックドライバーはおすすめです。

長距離トラック運転手は人手不足。

長距離トラック運転手は、トラック運転手が想像以上に激務なことやネットショッピングの商品を配送するためのトラック運転手が不足していることもあり、常に人手不足となっています。トラック運転手が不足していることもあり、高い給料がもらえる長距離トラック運転手も昔よりもなるのがかなり容易です。ただ、長距離トラック運転手は人手不足なだけあって、一人一人の仕事量が増大していることもあり、昔よりも長距離トラック運転手は激務な職業と化しています。

最近の長距離トラック運転手の求人に応募すると、トラック運転手不足のこともあってか、中距離トラック運転手暦が1年と大型免許所持をしている人でも、普通に採用されます。このような状況が続いているのは、トラック運転手不足の今しかないので、長距離トラック運転手になりたい人は今トラック運転手に応募しよう。

長距離トラック運転手になるメリット。

メリット①長距離トラック運転手は高給。

零細ベンチャーの社員ならば、3年会社に勤めても月収20万円程しか稼げないで底辺をさまようことになりますが、長距離トラック運転手は3年も会社に勤めれば、月収60万円以上の金を稼ぐことができる高給取りになれます。長距離トラック運転手になって、月収60万円ものお金を稼ぐことができれば、金と地位と名誉のすべてを手に入れることができます。

メリット② 自由度が高い。

長距離トラック運転手は、長時間一人で大型トラックを運転することもあって、休憩を自分のペースで取ることができますし、会社の上司に何をやっているのかと見張られていることもありません。それでも、決められた日時と場所に商品を配送しなければいけないので、長距離トラック運転手はそこまで簡単な仕事とはいえません。

メリット③ 女性からの評価が高い。

長距離トラック運転手は、職としての安定度が高く、高収入を稼げる仕事なだけあって、女性が結婚したい男性の職業ランキング10位にランクインしているので、女性に好かれたいという思いがある人は、今の仕事をやめて、長距離トラック運転手に転職することをおすすめします。ただ、長距離トラック運転手は、女性が結婚したい男性の職業ランキングトップ3のプロ野球選手やプロサッカー選手やプロゴルファーに比べると女性受けはいまいちです。

メリット④トラック運送業界特有の人脈を作ることができる。

長距離トラック運転手として長期間働くことで、トラック運送業界特有の人脈を作ることができるので、自分だけの特別な人脈を構築していたいと思っている人に長距離トラック運転手の職業はおすすめです。トラック運送業界特有の人脈を作ることができれば、待遇が良いトラック運送会社に転職することや独立時にスタートダッシュするというメリットを得られます。

メリット⑤トラック運転スキルが上昇する。

長距離トラック運転手として、毎日大型トラックを運転することによってトラック運転スキルをグーンと上昇させられるので、他の車を運転する機会が多い仕事に転職するチャンスが広がります。トラック以外の車を運転する仕事だと、タクシードライバーは年収700万円稼ぐことができるし、霊柩車ドライバーは年収450万円程度稼げるし、ゴミ収集車ドライバーは年収500万円稼げます。

メリット⑥ トラック運送会社の常務や専務になることも可能。

小さめのトラック運送会社の長距離トラック運転手として5年~6年程大活躍すれば、普段のトラック運転手としての仕事ぶりが評価されて、5年ほどで会社の常務や専務に抜擢されるので、常務や専務になって年収8桁を稼ぎたいという野望を持っている人は、小さめのトラック運送会社の長距離トラック運転手として5年~6年程働くことをおすすめします。

メリット⑦ 大型免許を0円で取得することができる。

中距離トラック運転手の仕事を何年か経験してから、大型免許取得支援援助がある会社の長距離トラック運転手の正社員になると、会社のお金で大型免許を取得することができるので、わざわざ自分のお金を使って、大型免許を取得する必要はありません。ただし、大型免許を所有しているほうが、長距離トラック運転手の正社員として採用される確率が高くなるので、最短で長距離トラック運転手の内定がほしい人は、トラック運送会社の面接を受ける前に、大型免許を取得しておきましょう。

メリット⑧ ボーナスが年300万円超えることがある。

短距離、中距離トラック運転手は、ボーナスが年に50万円から100万円稼げないという厳しい状況下におかれています。それに比べて、大型トラック運転手は、ボーナスが年に200万円から300万円も稼げることができるという恵まれた状況におかれています。

メリット⑨ 世間体が良い

youtuberというただ動画をユーチューブにアップロードするだけの仕事だと、会社で働かずに毎日楽して暮らしやがってという想像が多くの人に染み付いているので、世間体があまりよくない。それに比べて、大型トラック運転手は、日本経済を活性化するために必要不可欠な仕事だという想像が多くの人に染み付いているので、世間体が良い。

この二つの事実から判断するに、多くの人の役に立ちたい仕事をしたい人は、youtuberという仕事ではなく、長距離トラック運転手という仕事を選択することをおすすめします。

まとめ

長距離トラック運転手は収入が高い。
ドラピタ

ドラピタ

関連記事
truckman.dorapita.com