トラックマン

トラック専門サイト

タクシードライバーの志望動機10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーが人手不足だからといって、タクシードライバー正社員採用面接で適当な志望動機を述べてしまうと、タクシードライバーの正社員の椅子を獲得することができません。このようなことに防ぐには、タクシードライバー正社員採用面接時に、タクシー会社の面接官が好む志望動機を述べれば良いだけなので、自分の思っていることを素直にタクシー会社面接官に述べるのは最適ではありません。今回は、について触れていきますね。

1.私は、人が大好きなので、人と接する機会が多いタクシードライバーの仕事が向いていると思い、タクシードライバーの正社員の求人にご応募させていただきました。御社のタクシードライバーになれば、多くの人と触れ合う機会を手にすることができ、自分の人生の充実度がこれまでにないレベルに到達し、最高の人生を送れるはずなので、何がなんでも私は御社のタクシードライバーとして働きたい。

タくシードライバーで一番大切なことは、根性があることやお金を稼ぎたいことやタクシーの運転が上手いことではなく、お客様とスムーズなコミュニーケーションをとれることですから、コミュニケーションを取るのが好きな人をタクシー会社も積極的に採用しています。このことがありますから、職歴が優れている人でも、タクシー面接官にコミュケーション能力に劣るなと思われると、タクシー会社の正社員の内定を獲得できません。

2.遊ぶお金を稼ぐために、御社のタクシー会社の正社員になりたいです。やはり、この世に生をうけたからには、それなりの給与「月収30万円~50万円」を稼いで、会社のやすみの日に、自分が満足できるだけ遊びたいですからね。

人間が何のために仕事をするのかという理由は、遊ぶお金を稼ぐために仕事をしているとシンプルな理由しかありません。このことを多くのビジネスマンは知っているので、会社の採用面接で、やりがいとかあなたの会社がすきだという御託を述べたところで何のプラスにもならないので、シンプルに遊ぶお金を稼ぐために、あなたの会社で働きたいのだと述べるのが最適ですね。ですが、タクシー会社の面接官に、お前のような遊び人思考の奴とは働きたくないと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を獲得することができません。

3.私は、車が大好きなので、OOの車を購入するために、お金がてっとり早く稼げるタクシードライバーの正社員になりたいです。特に、GT-RやRX7やランエボといったスポーツカーが大好きです。

車を手に入れたいや家を購入するために、仕事をしたいという大きな欲望がある人は、お金が貰えている限りは、仕事でどんな苦難が訪れても、そう簡単に仕事を辞める選択をすることはありません。このことを多くの会社の採用担当者は知っているため、会社の採用面接で、自分の欲望を叶えるために御社で働きたいというアピールするのは、働きたい会社の正社員になるための最短ルートです。当然、タクシー会社も例外ではありません。

4.タクシー会社のOOの部分やOOの給与待遇やOOの休日に魅力を感じたので、今回OOタクシー会社の正社員の求人にご応募させていただきました。

自分が働きたいと思っているタクシー会社のどこに魅力を感じたのかということをタクシー会社の面接官に伝えることができれば、タクシー会社の面接官にこういう物事を的確に伝えられる人材と一緒に働きたいと思ってもらうことができ、タクシー会社の正社員になることができます。ですが、タクシー会社の面接官にこういう雰囲気をもった奴は嫌いだと思われてしまうと、何をいってもタクシー会社の正社員になれません。

5.私は、トラック運転手や営業といった自動車を運転する機会の多い仕事を何年もしていたので、自動車を運転するスキルは高いレベルに到達しています。この自動車を運転するスキルを活かせる業界は、タクシー会社しかないと思い、御社のタクシードライバーの正社員の求人にご応募させていただきました。

タクシードライバーは、自動車を運転することが主な業務ですから、多くのタクシー会社は自動車運転スキルが高い人を自社の社員として雇いたいと思っています。この根本があるので、タクシードライバーの正社員の椅子を獲得したい人は、タクシードライバーの採用面接で、自動車の運転スキルの高さをアピールするようにしよう。

6.歩合給が多い仕事「タクシードライバー」に挑戦をして、自分の力を試してみたいという気持ちがあるので、今回は御社のタクシードライバーの正社員の求人にご応募させていただきました。私は、今の自分の力はこんなもんではないということを、タクシードライバーの仕事を通じて証明しなければいけない。

タクシードライバーの正社員は、歩合給が多い仕事ですから、タクシー会社も自分の力を試してみたい気持ちが強い人材を採用したいと思っています。このことがあるので、どうしてもタクシードライバーの正社員になりたい人は、タクシードライバーの正社員の採用面接では、自分のちからを試したいのだということを面接感に的確に伝えるようにしましょう。

7.いままでやったことがないジャンルの仕事のタクシードライバーの仕事に挑戦したい。

誰しもがいままでやったことがない仕事に挑戦したいといった気持ちを保有していますから、自分の素直の気持ち「いままでやったことがないジャンルの仕事のタクシードライバーの仕事に挑戦したい」とタクシー会社の面接官につたえれば、タクシー会社の面接官に自分の素直な気持ちが伝わり、タクシードライバーの正社員の内定をGETするできます。

8.どうして他の職種ではないタクシードライバーの仕事をしたいのか?ということを的確にタクシー会社の面接官に伝える。

多くのタクシー会社の面接官は、優秀か?優秀でないか?とうことより、数ある仕事の中で、タクシードライバーの仕事をしたいのかということを重要視していますから、タクシードライバーの仕事に就きたい理由をタクシー会社の面接官に的確に伝えられれば、容易にタクシードライバーの正社員の仕事に就くことができますね。

9.会社の成長に貢献できる自分の所持しているスキルを的確に面接官に伝える。

タクシードライバーの仕事に凄まじい熱意を持っている求職者でも、タクシードライバーの業務に必要なスキルが0であれば、タクシー会社の正社員の内定をGETすることができません。。逆に、タクシードライバーの仕事に凄まじい熱意を持っていない人でもタクシードライバーの業務に必要なスキルを複数所持していれば、タクシー会社の面接官に認められ、タクシードライバーの正社員の内定を得られます。

10.自分がブラックな環境で働いてきたことを面接官に素直に伝える。

自分がブラックな環境で働いてきたことをタクシー会社の面接官に素直に伝えると、タクシー会社の面接官にこの人は根性がある優秀な人材なんだなという印象を与えることができ、見事タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができます。ですが、タクシー会社の面接官にこいつはああだこうだ言い訳が多いやつだと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができません。

終わりに、

タクシードライバーの志望動機の参考にしてみてくださいね。

ドラピタ

ドラピタ

トラックドライバーが楽しい理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
多くの人は、トラックドライバーの仕事に対して、きつい、大変、激務といった感情をもっていますが、実際のトラックドライバーの仕事は、楽しい、やりがいがある、社会貢献できるなどの要素がある最高の仕事です。このことに気づいた人の多くが、事務や警備員などの退屈な仕事を辞めて、トラックドライバーやタクシードライバーの仕事に転職しています。今回は、トラックドライバーが楽しい理由10選に触れていきますね。

1.大型トラックドライバーは月収50万円を超える。

2トントラックドライバーと4トントラックドライバーは、トラック走行距離が短いこともあり、月収20万円~月収30万円程しか手にすることができませんが、大型トラック運転手は、トラック走行距離が長いこともあり、月収50万円~月収100万円の給与を得られます。大型トラックドライバーになって、多額の給与を得られるようになれば、貯金もものすごいスピードで貯まるし、自分の欲しいものも買えるようになるし、お金のかかる遊びをできるようになれますから、最高に楽しい人生を送れるはず。

2.2トントラックドライバーは超ホワイトな環境で働ける。

2トントラックドライバーは、年間休日120日と1日の労働時間8時間と月収20万円いう超ホワイトな環境で働くことが可能になっていますから、自分の趣味や彼女とのデートや友人とのふれあいに多くの時間を割くことが可能です。2トントラックドライバーになって、プライベートで楽しいことが続くと、気持ちに余裕が生まれ、2トントラックドライバーの仕事が楽しいなーと思えるようになります。

3.トラックドライバーは、コミュニケーションを取ることが苦手な人には天職。

営業職や事務職は人とコミュニケーションを取る事が多く、人とコミュニケーションを取ることに苦しみを感じる人からしたら地獄の職場ですが、トラックドライバーは、仕事中に人とコミュニケーションを取る回数が少なく、人とコミュ二ケーションを取ることが苦手な人にぴったりな仕事となっています。それに、トラックドライバーになれば、人とのコミュニケーションが原因でストレスが貯まりうつ病になることという事態を防止できます。

4.音楽を仕事中に聞くことができる。

営業職や事務職は、仕事中に音楽を聞くことができず、音楽好きな人からしたら最高の仕事とはいえませんが、トラックドライバーは、トラック運転中や休憩中に自分の好きな音楽を聞きたいだけ聞くことができるので、音楽好きには天職とも言える仕事でしょう。このメリットを知っている人の多くは、迷わずトラックドライバーの正社員になることを選択します。

5.休憩を自分のタイミングでとることができる。

多くの職業は、休憩を自分のタイミングで取ることができず、上司の指示に従って休憩を取ることが多いですが、トラックドライバーは、自分の休みたいタイミングで休むことができます。そのため、トラックドライバーの仕事は、自分のペースで仕事が出来ている気持ちに成れると同時に、仕事が楽しいなーという気持ちを持つことができます。

6.トラックドライバーの正社員は、雇用の打ち切りがほとんどない。

トラックドライバーの正社員は、会社都合での雇用の打ち切りがほとんどないので、長期間に渡って、安定した給与を毎月得ることができます。また、トラックドライバーになって、安定した給与を会社から頂いていると、会社のために一生懸命仕事をしようと気持ちが芽生え、仕事をすることが楽しめるようになります。

7.トラックドライバーは、トラックを運転し放題。

トラックドライバーは、トラックを運転し放題ですから、車の運転を行うことが趣味の人にとってはトラックドライバーの仕事が最高に楽しい仕事と思えるはずです。逆に、車の運転が好きではない人がトラックドライバーの仕事を行ってしまうと、トラックドライバーの仕事が辛いと感じる確率が高くなります。

8.全国の名所に行くことができる。

長距離トラックドライバーは、全国に商品を配送する業務を行う必要があるので、全国の名所で観光を楽しんだり、全国の名所にある美味しい飲食店で食事を楽しんだり、トラックを運転しながら全国の名所の風景を楽しむことができます。ですが、長距離トラック運転手になってしまうと、地元でまったり仕事ができなくなるので、地元から出たくない人には長距離トラックドライバーは向きません。

9.トラックドライバーの業務に慣れると、仕事が全く辛くない。

トラックの運転に慣れるまでは、トラックドライバーの業務がとてつもなく大変に感じてしまいますが、トラックの運転に慣れてくるとトラックドライバーの業務が全く苦ではなくなり、トラックの運転が楽しくなってきます。

10.どの仕事も楽しい部分がある。

どんなに大変に見える仕事でも、楽しいと思える部分は絶対にありますし、トラックドライバーの仕事も同様で、楽しいと思える部分が多く存在する仕事です。こういったことに気づくと、様々な職種に挑戦しようと思うようになります。

終わりに、

トラックドライバーの仕事は楽しい。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー面接テクニック10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーは、自由度が高く、それ相応の給与をいただくことができる業種ですから、多くの人が思っている以上に競争率が高い仕事となっています。とはいっても、タクシードライバー面接テクニックを用いれば、簡単にタクシードライバーの正社員の座を獲得することができてしまいます。今回は、タクシードライバー面接テクニック10選について触れていきますね。

トラック運転手の面接テクニック10選。

1.お金を稼ぎたい気持ちを面接官に伝える。

お金を稼ぎたい気持ちが強い人は、仕事でかなり辛いことがあっても、仕事を投げ出すことをしないということを多くのビジネスマンが知っていますから、お金を稼ぎたい気持ちをビジネスマンであるタクシー会社の面接官に的確に伝えることができれば、タクシー運転手の正社員になることができることでしょう。ですが、タクシー会社の面接官に、コイツは採用されたいが故に、敢えてお金を稼ぎたいといっているのではないか?と見破られてしまうと、タクシー会社から不採用をくらうことになります。何事もそうですが、本心を言うことは大事ですね。

2.ありとあらゆるタクシー会社の正社員採用面接を受けまくる。

タクシー業界は人手不足ということもあって、他の業種よりも簡単に正社員になれてしまうという現実があるので、ありとあらゆるタクシー会社の正社員採用面接を片っ端からうけていれば、70%に近い確率でタクシードライバーの正社員の座を獲得することができます。ですが、あまりに人間的に難がある人が、タクシー会社の正社員採用の面接をうけても、タクシードライバーの正社員内定が貰えないという驚きの事実があります。どの会社にも言えることですが、正社員として雇用する人はまともな人であってほしい雇用側の意図があります。

3.自家用車を保持していることを面接官に伝える。

タクシー会社の正社員採用面接では、自家用車を保持していることを面接官に伝えると、面接官にこの人はペーパードライバーではなく、きちんとタクシーを乗りこなせる人なんだなという認識を与えることができます。逆に、タクシー会社の正社員採用面接で、自家用車を保持していないと言ってしまうと、この人はペーパードライバーで、きちんとタクシーを乗りこなすことができない人なんだなという印象を面接官に与えてしまい、タクシードライバーの正社員の内定をGETすることができません。この二つのことを頭に叩き込み、タクシー会社の正社員採用面接では、自家用車を所持していることをアピールしよう。

4.仕事をすることが大好きであると面接官に伝える。

タクシー会社の正社員採用面接で、仕事をすることが趣味的なことを的確に面接官に伝えることができれば、80%の確率でタクシードライバーの正社員になれます。其の理由は、多くの会社が楽しんで仕事をしてくれる仕事人間は、仕事を簡単に辞めずに、何十年も働いてくれることを知っているからです。

5.タクシー会社の面接官にコミュニケーションの高さをアピールする。

タクシードライバーは多くのお客様と円滑なコミュニケーションをとることが必須な職業となっていることもあって、多くのタクシー会社はコミュニケーションを円滑に行える人をタクシードライバーの正社員として雇用するようにしているので、タクシー会社の正社員採用面接では、いかに己のコミュニケーション能力が高いのかということをタクシー会社の面接官にアピールできるかということが重要となっています。

6.タクシードライバーの仕事を通じて、成長していきたいという気持ちをタクシー会社の面接官に伝える。

タクシードライバーの業務を通じて、成長していきたいという熱い気持ちをタクシー会社の面接官に的確に伝えることができれば、タクシードライバーの正社員の座を容易に獲得できます。其の理由は、どのタクシー会社も優秀な人間よりも、タクシードライバーと言う仕事に情熱と熱意を持っている人を採用したいという気持ちをもっているから。

7.タクシードライバーになることが夢だと語ろう。

どのタクシー会社の面接官も、タクシードライバー事に就くのが夢だと思っている人を採用したいと思っていますから、タクシー会社の正社員採用の面接で的確に俺はタクシードライバーになるのが夢なんだということをタクシー会社の面接官に伝えられれば、タクシードライバーの正社員の椅子をGETできます。ですが、タクシー会社の面接官に、人間的な部分で嫌われてしまうと、いくらタクシードライバーになるのが夢だと語っても、タクシードライバーの正社員内定を得られません。

8.笑顔を忘れないようにする。

タクシー会社の面接中は、絶えず笑顔を忘れないようにして、タクシー会社の面接官にこういう元気な人と一緒に働きたいと思わせることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得するこができます。ですが、タクシー会社の面接官に、コイツ愛想笑いふりまきやがってとおもわれてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定をGETできません。

9.履歴書のミスをゼロにする。

タクシー会社に提出する履歴書が、誤字脱字や修正液の訂正や二重線の訂正だらけだと、タクシー会社の面接官に、この人はいい加減な人なのかなと思われてしまい、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できずしまいになってしまいます。そうならいためにも、タクシー会社に提出する履歴書は、誤字脱字や修正液の訂正や二重線の訂正なしの綺麗な文字でかかれた履歴書を提出するのがベストとなっています。

10.過去の仕事で楽しかった思い出を面接で語る。

タクシー会社の正社員採用面接で、過去の仕事で楽しかった思い出を面接で語ると、この人は仕事を心の底から楽しめるすごい人何だという気持ちを面接官に抱かせることができ、タクシードライバーの正社員の内定を難なく手に入れることができます。ですが、タクシー会社の面接官に、楽しめる仕事なんてあるわけないだろ、なにいってんだコイツはと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができません。

終わりに、

タクシードライバーの面接テクニック10選を参考にしてみてくださいね。
ドラピタ

ドラピタ

タクシー運転手は底辺なのか?

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシー運転手は、ホワイトカラー系の仕事に就けない人が就く仕事「底辺」と言われていますが、世間一般でいうホワイトカラーの仕事も月収20万円~月収30万円ほどしか稼ぐことしかできないので、タクシー運転手が特別底辺というわけではありません。このことに気づかず、多くの22歳~24歳の就活生は、タクシードライバーを底辺と決めつけ、タクシー運転手の正社員採用の面接を受けることをせず、1つも内定をとれずに終わってしまいます。このような最悪なことを免れるには、変なプライドを捨てて、タクシー運転手の採用面接を受けに行って、タクシー運転手の正社員の座を獲得するのが最適です。

タクシー運転手が底辺ではない理由。

1.どんな仕事でも世の中には必要だから。

どんなにかっこ悪い仕事であっても、世の中に絶対に必要とされている仕事ですから、かっこ悪い=底辺と一概に決めつけてしまうのは、思考停止状態に陥っていると断言できます。このことに気づかず、タクシー運転手は底辺だと思いこんでいる日本国民は指で数えきれない程存在しています。

2. タクシー運転手は月収50万円以上のお金を稼げる仕事だから。

タクシー運転手として、大車輪の活躍をすれば、月収50万円以上の給与を余裕で稼ぎ出すことができます。それなのに、多くの日本国民は、タクシー運転手を月収17万円しか稼げない仕事なんだろうと見下して、タクシー運転手の正社員になろうとはしません。このことは、大型トラック運転手やタンクローリードライバーや中型トラック運転手やニトントラック運転手や4トントラック運転手にも言えることです。

3.タクシー運転手の仕事は楽しいから

タクシー運転手は、多くのお客様と接することができる仕事ですから、多くの職業の情報を知ることができたり、様々な人間の生き様をしることができる最高に面白い仕事です。この魅力に取り憑かれてしまうと、タクシー運転手以外の仕事に魅力を感じなくなってしまい、気づいたら20年タクシー運転手の仕事をしていたわという事態を招きます。

4.自由度が高い仕事だから。

タクシー運転手は、仕事に拘束されている時間に常に仕事をするスタイルではなく、自分の仕事を行うスタイルとなっていて、どの仕事よりも自由度が高い仕事となっています。この魅力を取り憑かれてしまうと、底辺職と言われている仕事「警備員やコンビニ店員」に就く選択をできなくなってしまい、気づいたら15年タクシーの運転手の仕事をしていたわという事態を招きます。

5.そもそも正社員雇用という時点で底辺じゃないから。

世間一般でいう底辺とは、非正規雇用であるアルバイトと契約社員のことを指し、正社員のことを指しません。それなのに、世の中では、タクシー運転手の正社員を底辺だーと叫ぶ風潮ができ、タクシー運転手業界は人手不足の状態に陥っています。この状況を打破するには、CMやインターネットメディアでタクシー運転手の魅力を大衆に知らしめるしかない。

6.タクシー運転手の正社員になれば、クレジットカードが作り放題。

タクシー運転手の正社員に対するクレジットカード会社の評価は、ある程度の給与を毎月得ている立派な社会人となっていますから、楽天カードもシルバーカードもゴールドカードも作ることができます。ですが、一部の富裕層しか作ることができないと言われているブラックカードは、タクシー運転手の正社員程度の給与では作ることはできません。

7.タクシー運転手の正社員の待遇に嫉妬している人がタクシー運転手を底辺と叫んでいるだけ。

タクシー運転手の正社員の待遇に嫉妬している底辺が、インターネットの掲示板でタクシー運転手は底辺だーと叫んでいるだけですから、現実的にはタクシー運転手は底辺でもなんでもありません。ですが、タクシー運転手は、月1億以上稼げる仕事ではないですから、超勝ち組の仕事とは言えないという現実があります。

8.自動車を運転するスキルが必要な仕事だから。

世の中では、自動車を運転することが多い仕事=底辺の仕事という構造が出来上がっていることもあって、タクシーを運転するタクシー運転手は底辺とされていますが、タクシーを運転するには、普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許の両方が必要ということもあって、タクシー運転手は無能ができる仕事ではない。それなのに、社会はタクシー運転手を底辺としています。

9.仕事にランク付けすること事態がおかしいことだから。

多くの人は、この仕事が好きだからやっている人ばかりで、仕事に底辺とか勝ち組だとかいうランク付けをして、自分の行う仕事を選択している人はほとんどいません。それなのに、タクシー運転手の仕事を底辺扱いする風潮が日本に蔓延していることはおかしいんじゃないのと思わざる終えません。

10.中卒ではタクシー運転手にはなれないから。

タクシー運転手になるには、高卒であることと普通自動車第一種免許を所持していることとと普通自動車第二種免許を所持していることの3つの条件を満たさないといけないため、中卒ではタクシー運転手になれません。ですが、常人を逸脱したコミュニケーション能力と自動車運転の力の二つを所持している中卒であれば、難なくタクシー運転手の正社員になれちゃいます。

終わりに、

タクシー運転手は底辺ではない。
ドラピタ

ドラピタ

20代のタクシードライバーが増加中の理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバー業界は人手不足ということもあって、30代以上の運転スキルが抜群の人以外の20代の運転スキルがそこそこある人を積極的に正社員雇用しています。今回は、20代のタクシードライバーが増加中の理由10選に触れていきますね。

1.月収50万円以上の給与を得られるから。

たくさんのお客様を獲得できるタクシードライバーともなれば、月収50万円~月収70万円の給与を得ることも不可能ではありません。この当たり前のことに気づいた20代の若者がこぞって、タクシードライバーの仕事に転職する現象が2018年に引き起こされています。

2.簡単に首にされない。

タクシードライバーは人手不足の仕事ということもあって、仕事で結果が出せないからという理由で雇用の打ち切りにあうことがほとんどありません。この驚愕の事実を知った20代の若社がこぞって、タクシードライバーの仕事に転職する現象が2018年に引き起こされています。

3.自分の入社したい会社に入社できない若者の増加。

リクルートやラインやグリー「若者が入社したい会社」といった大企業に入社できない若者が、正社員になりたいという理由で、タクシードライバーの正社員になっています。ですが、今よりも景気がよくなれば、若者が自分の入りたい会社に入社できるようになってしまうので、タクシードライバーの人手不足が再度引き起こされることでしょう。

4.自分の力を試したい20代若者の増加。

2018年は、自分の力を試したい20代若者が、仕事で結果を出せば出すほど給与がUPするタクシードライバーの仕事に就く選択をしているので、20代のタクシードライバーが増加中です。ですが、自分のちからを試したい若者の数が現象する時代が到来すれば、タクシードライバーの人手不足が再度引き起こされることでしょう。

5.車を運転するのが趣味の20代若者の増加。

2018年は、車を運転するのが趣味である20代若者が、こぞってタクシードライバーの正社員の仕事に就く選択をしているので、20代のタクシードライバーが増加中です。ですが、車を運転する趣味である若者が、タクシードライバー以外の仕事に就く選択をするようになってしまうと、再度タクシードライバーの人手不足が引き起こされてしまいます。

6.タクシードライバーという仕事の就職難易度の低さ。

タクシードライバーは人手不足ということもあって、若くてやる気がある20代若者であれば、容易にタクシードライバーの正社員になれちゃいます。ですが、覚悟がないものがタクシードライバーになっても、タクシードライバーの仕事が長続きしないですから、タクシードライバーの離職率はそこそこ高くなっています。

7.他人と違う仕事がしたい20代若者の増加。

他人と違う仕事をしたい若者が、こぞってタクシードライバーの職に就く選択をしていることもあって、20代タクシードライバーが増加中です。また、タクシードライバーをしていた経歴があれば、トラック運転手や営業の仕事やタンクローリードライバーの仕事に就くことが容易になります。

8.自由に仕事をしたい20代若者の増加。

タクシードライバーは、自分の仕事を行いたいタイミングで仕事を行うことができるので、自由に仕事を行いたい若者がこぞってタクシードライバーになる選択をしています。ですが、自由を求めて過ぎて、タクシードライバー業務をしない選択をすると、タクシードライバーの正社員をクビになってしまいますので、注意が必要です。

9. スキルUPさせたい20代若者の増加。

タクシードライバーは、コミュニケーション能力と自動車運転能力の二つを向上させられる仕事ということもあって、スキルUPを目論む若者がこぞってタクシードライバーの正社員になる選択をしています。ですが、スキルUPよりも楽な仕事をすることを優先する若者が増加してしまうと、タクシードライバーの人手不足が再熱してしまうので、注意が必要です。

10.ストレスレスな仕事をしたい20代若者の増加。

タクシードライバーの仕事は、上司に大きな声で人格否定されたり、お客様に罵倒されることがあまりない仕事なので、仕事でストレスをためなくない人には、タクシードライバーの仕事はぴったりです。とはいっても、ストレス=刺激が会って最高だと感じる人からしたら、タクシードライバーの仕事はストレスレスすぎて物足りなく感じてしまうことでしょう。

終わりに、

20代のタクシードライバーが増加中です。
ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー未経験者について。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
自動車を運転しない人の増加により、タクシードライバー業界は人手不足の状態になっていて、多くのタクシー会社は、タクシードライバーの業務未経験者でも、積極的にタクシードライバーの正社員として雇用しています。今回は、タクシードライバー未経験者について触れていきますね。

タクシードライバー未経験者でも歓迎。

タクシー業界は人手不足ということもあって、タクシードライバー未経験者「タクシードライバーの業務に必須の普通自動車二種免許未所持で普通自動車第一種免許の未所持」でも容易にタクシードライバーの正社員として採用されます。しかも、普通自動車二種免許取得にかかる費用は、タクシードライバー会社が全額負担してくれるので、自分で二種免許取得にかかる費用を捻出する必要がありません。このメリットがあるので、普通自動車二種免許を取得する目的でタクシードライバーになるのもあり。

タクシードライバー未経験者がタクシードライバー正社員採用される確率を高めるには?

1.自動車を頻繁に運転することをアピールする。

普段から自動車の運転を欠かさずに行っていることをタクシードライバー正社員採用面接でアピールをすると、タクシードライバーの正社員として採用される確率がぐーんと上昇します。其の理由は、タクシードライバー会社も、自動車の運転が危ういペーパードライバーに、タクシーの運転業務を任せることに不安を持っており、自社の評判を維持するためにも、自動車の運転が上手いドライバーを積極的に雇うようにしているから。

2.普通自動車二種免許を取得しておく。

タクシードライバー業務に必須な普通自動車二種免許を取得しておくと、タクシードライバー会社からこの人を雇えば、二種免許取得にかかる費用を負担しなくても済むと思われて、容易にタクシードライバーの正社員の内定を獲得することができます。とはいっても、一番大事なのは、いかにタクシードライバーの仕事をしたいのかという情熱だということをお忘れなく。

3.顔がイケメンであること。

タクシードライバーの仕事は、接客業ですから、顔がイケメンであればあるほど、仕事の成果がUPしています。この揺るぎない現実が存在するので、顔がイケメンな人は、タクシードライバーの正社員として採用されやすいです。其の逆も然りで、不細工すぎると、どれだけ有能な運転スキルを有していても、タクシードライバーの正社員として採用されません。

4.精神的な疾患を抱えていないこと。

タクシードライバーの仕事は、1日の労働時間が長く、一ヶ月の休みが17日ほどある仕事ですから、1日12時間~15時間労働することが当たり前となっています。この揺るぎない現実が存在するので、メンタルに問題がある人はタクシードライバーの業務をこなすことが困難となっています。

5.謙虚でまじめであること。

タクシー会社の面接官が、自社のタクシードライバーに求めていることは、長期間謙虚に真面目に働いてくれるかどうかということ。この条件さえ満たせば、タクシー会社はあまり優秀ではない人でも、タクシードライバーの正社員の内定を出します。

6.自動車を運転する仕事をしてきた経歴を面接官にアピールすること。

タクシー会社の面接官に、自分が自動車を運転することを長年やってきたんだということをしっかりとアピールすることができれば、かなりの高確率でタクシードライバーの正社員の内定を得られます。ですが、タクシー会社の面接官に、コイツは過剰アピールしているのではないかと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を得られなくなってしまうので、要注意です。

7.根性があること。

自分がいかに激務で大変な仕事を何年もこなしてきて、根性がある人間だということをしっかりということをタクシー会社の面接官に伝えることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。ですが、タクシーの会社の面接官に、自分で根性があるというやつは意外に根性がないと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を得られなくなってしまうので、要注意です。

8.トラック運転手をやっていた経歴をアピールする。

トラック運転手を何年もやっている=根性があって自動車運転スキルが優れている人材とタクシー会社の面接官に判断されて、高度な運転スキルが求められるタクシードライバーの正社員の内定を容易に獲得できます。ですが、タクシードライバーは、トラック運転手以上に、お客様とコミュニケーションを取らないといけない仕事ですから、こいつはコミュニケーションがないとタクシー会社の面接官に思われてしまうと、トラック運転手経験者でもタクシードライバーの正社員の内定を獲得できません。

9.年齢が若いこと。

タクシードライバー業界は人手不足ということもあって、若い社員が少なく、ある程度年齢が高い社員が多くなっており、次世代のタクシードライバーの育成ができていないタクシー会社が多いです。このこともあって、年齢が20歳~30歳の若者であれば、社会人経験があまりなくても、容易にタクシードライバーの正社員として採用されます。

10.奨学金の借金があること。

タクシードライバーの正社員になって、たくさんお金を稼いで、奨学金の借金を返済したいという志望理由をタクシー会社の面接官に伝えれば、面接官から同情を買えて、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。ですが、タクシー会社の面接官に、こういう計画性のないやつは我が社の社員にふさわしないと思われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定を得られなくなってしまいます。

終わりに、

タクシードライバー未経験者の情報について書かせていただきました。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバーの給料の詳細について

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの給料モデルは、基本給+歩合給型とフルコミッション型の二つに別れており、多くのタクシードライバーは、自分の能力に合わせて給料モデルを選択しています。今回は、タクシードライバーの給料の詳細について、触れていきます。

タクシードライバーの基本給+歩合給型。

タクシードライバーの基本給は、15万円~19万円と低く、お客様を獲得出来ないタクシードライバーの給料は年収200万円~年収300万円となっていますが、お客様を獲得できるタクシードライバーは歩合給の額が多く、年収500万円~年収700万円の給料を得ています。このようなことがあるので、タクシードライバーの仕事は仕事を頑張れば頑張るほどお金が稼げます。

基本給+歩合給型で働くメリット。

1.仕事で結果が出せなくても、月10万円程度の給与を得られれる。

基本給+歩合給型の仕事は、仕事で結果がまったくだせなくても、最低月10万円の給料を得られるので、月に一円も稼げず露頭に迷うという最悪の事態を防ぐことができます。ですが、フルコミッションの仕事に比べると、基本給+歩合給型の仕事は稼げるお金の金額が少ない事実があります。この問題を回避するには、正社員の仕事以外の収入源を1つ作れば良いだけなので、無理にフルコミの仕事にこだわる必要はありません。

2.歩合給のおかげで、仕事のやる気がでる。

歩合給でがっつりとお金を稼げる仕事は、歩合だけでOO円稼いでやるということをモチベーションにすることができるので、自ずと仕事に対するやる気が湧いてきます。ですが、歩合給が多く稼げる仕事のほとんどは、仕事で成果をだせなければ、スズメの涙ほどの給与しか得られないので、楽して大金を稼ぎたい人にはあまりおすすめできません。

3.仕事で、結果をだせば出すほど、会社の役職が上がる。

基本給+歩合給型の仕事は、仕事で結果を出せば出すほど、会社の役職があがるため、将来は管理職になって多額の給与を得たい人に基本給+歩合給型の仕事はぴったりです。また、役職が上がると、仕事の業務量が増えるという問題が発生してしまうことをお忘れなく。

タクシードライバーのフルコミッション型

タクシードライバーのフルコミッション型は、たくさんのお客様をタクシーに乗せることができれば、自分の予想を大きく上回る歩合を手にすることができ、月収~月収100万円の給料を得られます。逆に、たくさんのお客様をタクシーに乗せることができなければ、自分が目標としている歩合を手にする事ができず、月収13万円程の給料しか得ることができません。
フルコミッション型で働くメリット

1常識では考えられない年収を稼ぐ出すことが可能。

タクシー会社にタクシードライバーのフルコミッション型として採用されて、タクシードライバーとして凄まじい結果を叩き出すことができれば、タクシー業界の常識をぶち破る給料を得られます。ですが、フルコミッション型は、結果を出さなければ、給料が発生しませんから、一ヶ月の給料が0になって、普通の生活が送れなくなってしまう問題点を抱えています。この問題を回避する方法は、フルコミッション型のタクシードライバーとして働くのではなく、固定給ありのタクシードライバーとして働くようにすれば良いだけです。

2.自由に働き、自由に休める。

フルコミッション型のタクシードライバーは、自分の好きな時に仕事をして、自分の休みたい時休めることもあって、人に縛られず、自由にお仕事をしたい人にぴったりな仕事となっています。ですが、あまりにフルコミッション型のタクシードライバーが自由すぎて、ついつい仕事をさぼってしまい、まともな給料がもらえていないタクシードライバーがいるのも事実ですから、フルコミのタクシードライバーに安易にならないほうがよかったりします。この問題を回避する方法は、フルコミのタクシードライバーで月収OO円稼いで、自分の夢を叶えてやるという強い意思をモテば良いだけです。

3.自立したサラリーマンになれる。

フルコミッション型のタクシードライバーは、タクシーにたくさんのお客様を乗せなければ、多額の給料を得られないこともあって、会社からお金をもらうのではなく、自分の力でお金を稼ぐことがどういうものであるかを知ることができます。ですが、能力が低い人が無闇矢鱈にフルコミッションのサラリーマンになってしまうと、給料が0で、何のために仕事をしているのかという状況に陥ってしまうので、注意が必要です。このフルコミのタクシードライバーの給料が0になるリスクを回避するには、会社に行くだけでそれ相応の給与が得られる職種に就けば良いだけです。

4.本気で仕事をするようになる。

フルコミッション型のタクシードライバーは、仕事をして、目に見える成果を上げなければ、自分の納得のいく給与を得られないため、フルコミのタクシードライバーのほとんどが本気で仕事をしています。ですが、本気で仕事をしすぎて身体を壊しているタクシードライバーも一定数いますので、お金を稼ぎたいからといって、あまり本気になりすぎて仕事をすることはおすすめしません。何事もそうですが、6割~7割程度の力で頑張るのが、一番長続きします。

5.副業禁止規則がない。

フルコミッション型の仕事は給与が保証されていないこともあって、副業OKとしている会社が多いので、副業と本業のダブルインカムを得たい人には、フルコミッションのタクシードライバーのお仕事がぴったしです。ですが、一番自由時間があって、精神的に楽なのは、首になる確率が低く、それなりの給与と完全週休2日の待遇が偉っる仕事だということをわすれてはいけません。このことを忘れて、副業と本業の両方に本気を出してしまうと、遊ぶ時間が0になります。

終わりに、

タクシードライバーの給料について書かせていただきました。

ドラピタ

ドラピタ