トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手が過酷な理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手は、お金を多額に稼げるメリットがある代わりに、決められた時間にお客様の元に商品を届けなければいけなかったり、週に5日も仕事をしなければいけなかったり、一日10時間以上の労働時間が定められていたり、操作難易度が高いトラックを運転する必要があったり、仕事の無断欠勤が許されない仕事だったり、トラックが長時間路上に駐車していると近隣住民にいやな目で見られたり、商品をお客様に届けてもお客様に感謝されないこともあったり、仕事で大活躍しても年収1000万円を超えなかったり、トラック運送会社が年功序列の昇進システムだったり、仕事内容が毎日同じことの繰り返しだったりするなど過酷な要素がたくさんある仕事です。今回は、トラック運転手過酷な理由10選にふれていきます。

1.トラック運転手は決められた時間にお客様の元に商品を届けなければいけない。

トラック運転手は、決められた時間にお客様の元に商品を届けなければいけない仕事ですから、いつ何時も仕事をサボることができない過酷な仕事ですね。ですが、仕事をサボれないトラック運転手の仕事でも、昼休み休憩や晩御飯を食べる休憩はきっちりととることができるので、そこまで過酷とは言い切れません。

2.トラック運転手は、週に5日も仕事をしなければいけない。

フリーランスやニートやFXとレーダーや仮想通貨トレーダーは、週2~週3日の労働しかしておらず、毎日が天国のような状態となっていますが、トラック運転手は、週5日の労働が義務付けられており、トラックの運転が好きな人以外は、毎日が辛いと感じる状態になっています。ですが、トラック運転手の正社員は、不安定な非正規雇用者とは違い、毎月安定して月収30万円~月収50万円の所得と年二回~賞与と年間休日110日以上の待遇を得られるメリットがあることを決して忘れてはいけない。

3.長距離トラック運転手は、一日10時間も労働しないといけない。

長距離トラック運転手は、一日10時間も労働をしないといけない仕事ですから、仕事をすることが嫌いな人や仕事をする楽しみを知らない人には向かない仕事となっています。また、中型トラック運転手や2トントラック運転手は、一日8時間~10時間程度の労働時間となっており、そこまで大変な仕事ではないですね。

4.操作難易度が高いトラックを運転する必要がある。

トラック運転手は、トラック(操作難易度が高い車)を運転する必要がある仕事ですから、自動車の運転が得意ではない人からしたら、とんでもない程過酷な仕事と感じることでしょう。逆に、トラックの運転が得意な人であれば、トラック運転手は大して大変ではない仕事と感じることでしょう。

5.仕事の無断欠勤が許されない仕事。

トラック運転手がお客様に迷惑をかけるとトラック運送会社に仕事がこなくなってしまう事情があるため、トラック運転手は仕事の無断欠勤が許されない仕事ですから、仕事をすることが嫌いで無断欠勤を繰り返す人からしたら、トラック運転手の仕事を過酷と感じざる負えない。ですが、トラック運転手以外の仕事の多くが、無断欠勤禁止になっていますから特別トラック運転手が過酷というわけではありません。

6.トラックが長時間路上に駐車していると近隣住民にいやな目で見られる。

お客様に商品を届けるときに、トラックを路上に長時間駐車をしていると、このトラックの排気ガスくさいなーと近隣住民に思われてしまいます。ですが、多くの人は、トラック運転手がいなければ、日本経済が回らないことをしっていますから、トラックが排気ガスを多く出しても多めにみてくれますね。

7.トラック運転手が、商品をお客様に届けても、お客様に感謝されない。

配送サービスで商品が送られてくることが当たり前のことであると多くのお客様が思っているため、トラック運転手が、商品をお客様に届けても、お客様に感謝されないことが多いです。ですが、多くのトラック運転手は、感謝されるために仕事をやっているのではなく、お金を稼ぐために仕事をやっていますから、お客様に感謝されないことを不満に思っているトラック運転手はほとんどいません。

8.仕事で大活躍をしても年収1000万円を超えない。

トラック運転手の仕事で大活躍をしても、年収500万円~年収700万円の給与を得られますが、年収1000万円の給与を得ることはできません。ですが、社会一般の多くの人は、年収400万ほどの給与しか得られていないことを基準にすると、年収500万円~年収1000万円得られるトラック運転手は高所得者といわざるおえません。

9.トラック運送会社が年功序列の昇進システム

トラック運転手として長くトラック運送会社に勤めていればいるほど、上の役職になれる年功序列のシステムが採用されているため、若いトラック運手手が上の役職につけることはほとんどありません。ですが、多くのトラック運転手は、毎日気楽に楽しく生きていければよいと思っている人が多いため、運送会社の年功序列のシステムに不満を持っている人はほとんどいません。

10.トラック運転手は、仕事内容が毎日同じことの繰り返しだったりする

トラック運転手は、トラックを長時間運転することを毎日繰り返す仕事のため、毎日同じことを繰り返すことが苦痛に感じる人には向かない仕事といえます。ですが、毎日同じことを繰り返すことを苦痛に感じない人からしたら、トラック運転手はストレスがたまらない最高の仕事と思っていることが多いです。

終わりに

トラック運転手を過酷に感じるかは人による。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバーの就職や転職の話。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーは、礼儀作法がある普通自動車免許所持者の60才未満の条件を満たしていれば、誰でもなることができる職業ですが、60才以上になってくるとタクシードライバーの正社員採用面接を通過できなってしまいますから、タクシードライバーになりたい人は、60歳になる前にタクシードライバーに転職なり、就職することをおすすめします。このタクシードライバーの正社員として、タクシー会社に雇用されれば、タクシー会社の費用もちで、普通自動車第二種免許を取得させてもらえますから、自分の懐を痛めずに新たな資格を取得したい人には、タクシードライバーの仕事はぴったりです。それに、タクシードライバーの業務を長年行えば、卓越したコミュニケーション能力と卓越したタクシー運転スキルが身につきます。今回は、タクシードライバーの就職や転職の話に触れていきます。

タクシードライバーに必要な資格。

タクシードライバーの正社員に雇用されるには、高卒以上の学歴と普通自動車第一種免許の資格と仕事に対する執着心と謙虚な人間であるかどうかの4つが必要です。これら4つの条件を満たしていなく人でも、タクシー業界が人手不足ということが影響して、タクシードライバーの正社員の内定をGETしていますから、普通自動車だ一種免許しかもっていないでもタクシードライバーの正社員の内定をGETできます。タクシードライバーの正社員の内定をGETしたら、会社の費用で普通自動車第二種免許を取得した後に、タクシードライバーの業務を開始することになります。

タクシードライバーに新卒の採用面接をクリアするには?

タクシードライバーに新卒の採用面接をクリアするには、負けず嫌いな人間であることと普段から自動車を運転していることとバイトを長期間継続していることと丁寧な言葉遣いができていることとコミュニケーションを円滑に行えることの5つを持っている人間だということを面接官に的確に伝えることが大事。この5つのことが面接官に的確に伝われば、この人はタクシードライバーの仕事に向いている人だから、御社のタクシードライバーの正社員として採用したいなあと面接官に思わせることができ、見事タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができます。

1.負けず嫌いな人間であること。

負けず嫌いの人は、あいつに負けたくないの気持ちを強く持っていて、負けたくないから仕事を頑張るのだ的な気持ちを仕事のモチベーションにできるため、どんな仕事も一生懸命行う人が多い。ですが、負けず嫌い=優秀な人間ではないこともありますから、負けず嫌いだからという理由のみで、自社の社員を採用してしまうと、後で痛い目にあいます。

2.バイトを長期間継続していること。

バイトを長期間継続している人の多くは、多少のいやなことが起きても仕事をやめない人ですから、長期間自社で働いてくれる人を雇用したい経営者は、バイトを長期間継続している人を雇用することを徹底しよう。逆に、バイトを短期間でやめてしまう人は、少しのいやなことが起きたら仕事をやめてしまう人ですから、長期間自社で働いてくれる人を雇用したい経営者は、バイトを短期間でやめてしまう人を雇用することをやめよう。

3.普段から自動車を運転していること。

タクシードライバーは、普段から自動車を運転することが多い職種ですから、普段から自動車を運転ひている人を自社のタクシードライバーとして採用すれば、即戦力のタクシードライバーとして活躍すること間違いなしですね。逆に、普段から自動車を運転していない人がタクシードライバーになってしまうと、タクシードライバーの業務を円滑にこなすことができず、タクシードライバーとして活躍することが難しい。

4.丁寧な言葉遣いができるかどうか。

タクシードライバーは、お客様とコミュニケーションをとる回数が多い職業なので、常に丁寧な言葉使いが求められる仕事という側面があり、タクシー会社は丁寧な言葉遣いができる人材を採用したいと思っています。当然、丁寧な言葉使いができない人は、お客様とトラブルを起こす可能性が高くなってしまいますから、タクシードライバーの正社員として採用されません。

5.コミュニケーションを円滑にとれるかどうか。

タクシードライバーは、人を不快にさせない円滑なコミュニケーションをとることができなければ、リピート客をGETすることができず、多額の給与を得ることもできなくなってしまいます。この現状を知っているタクシー会社の人事は、人を不快にさせない円滑なコミュニケーションを行える人を積極的に自社のタクシードライバーの正社員として採用するようにしています。

タクシードライバーの中途採用面接をクリアするには?

今の仕事をやめて、タクシードライバーに転職したい人が、タクシードライバーの中途採用面接をクリアするには、仕事で自動車の運転業務をこなしていたことと、正社員勤務暦が長いことと、ハングリー精神を持ち合わせていることと、タクシードライバーになりたい気持ちが強いことと、明らかにやばい人ではないことと、接客や営業職をした過去をもっていることなどの要素を持っていると、タクシードライバーの中途採用面接をクリアできる確率が上昇します。

1.仕事で自動車の運転業務をこなしていたこと。

タクシードライバーの業務のほとんどは、自動車の運転業務となっていますから、仕事で自動車の運転業務をこなしていた経験があれば、容易にタクシードライバーの業務に適応できます。この現状を多くのタクシー会社は知っているため、仕事で自動車運転業務を行っていた人を積極的に、タクシー会社は自社のタクシードライバーの正社員として採用しています。

2.正社員勤務暦が長いこと。

正社員勤務暦が長ければ長いほど、多くの困難を乗り越える力がある人なのだということを多くのタクシー会社はしっていますから、タクシードライバー正社員採用面接で、正社員勤務暦が長いことを面接官にアピールすることができれば、夢のタクシードライバー正社員になるにも夢ではありません。逆に、正社員勤務暦が短ければ、面接官に、こいつは根性がないやつだと思われてしまい、タクシードライバーの正社員採用面接で不採用になります。

3.ハングリー精神を持ち合わせていること。

ハングリー精神を持ち合わせている人であれば、タクシードライバーの仕事で結果を出すために、我武者羅になってタクシードライバーの業務を遂行します。この現状を多くのタクシー会社は、人生逆転したい気持ち〔ハングリー精神〕を持っている人を自社のタクシードライバーの正社員として採用する傾向があります。逆に、ハングリー精神が全くなく、働きたくない気持ちがあることをタクシー会社の面接官に見破られると、タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができません。

4.タクシードライバーになりたい気持ちが強いこと。

タクシードライバーになるのが自分の夢だという気持ちを持っている人であれば、タクシードライバーの仕事を誰よりも熱意を持って行うので、タクシードライバーの仕事で大きな結果をだします。この現状を多くのタクシー会社は知っているため、タクシードライバーの正社員の内定をGETしたい人は、タクシードライバーの採用面接で、タクシードライバーになりたい気持ちを面接官にぶつけてみましょう。

5.明らかにやばい人ではないこと。

明らかにやばい人を自社のタクシードライバーとして採用してしまうと、自社のタクシードライバーがお客様と大きなトラブルを起こしてしまい、自社の評判を大きくさげることにつながります。この現状を多くのタクシー会社がしっているため、真面目で気性が荒くない人を自社の社員として採用するようにしているタクシー会社は多いです。

6.接客業や営業職をした過去をもっていること

接客業や営業職をした過去を持っている人を自社のタクシードライバーとして採用すると、自社のタクシードライバーがお客様を不快な気持ちにさせない対応ができるため、自社の評判UPにつながります。この現状の多くを多くのタクシー会社が知っているため、接客業や営業職をした過去を持っている人を自社の社員として採用するようにしているタクシー会社は多いです。

タクシードライバーに就職や転職するメリット。

タクシードライバーはなんかあまりかっこいい仕事ではないから、タクシードライバーにならない選択をしている人が日本には一定数いますが、タクシードライバーは多くの日本人が思っている以上に、仕事にやりがいを感じることができたり、他の仕事を凌駕する自由度が高い仕事だったり、多額の給与がもらえる仕事だったりします。この現状をしてっている人の多くが、今の給与がす少ない仕事をやめて、タクシードライバーに就職や転職をしているようです。

1.タクシードライバーの仕事にやりがいを感じれる。

タクシードライバーは、タクシーでお客様を目的地に送り届けることで、お客様からありがとうの言葉をいただくことができ、幸せな気持ちになれます。このメリットを一度でも体感した人の多くが、タクシードライバーに転職してよかったなあと思っています。

2.他の仕事を凌駕する自由度が高い仕事。

タクシードライバーは、自分が仕事をしようと思うタイミングで仕事をして、自分が休みたいと思うタイミングで仕事を休めるメリットがあります。このメリットを一度でも体験すると、自分のタイミングで休んだり、仕事したりすることができない仕事をしたくないと思うようになります。

3.多額の給与がもらえる仕事。

事務職や警備員や人事職やルート営業は、固定給月収20万円~月収30万円ほどしか得られず、給与の額に少なからず不満をいだきますが、タクシードライバーは、固定給20万と歩合給30万円と年二回のボーナスで年収600万円稼げるので、給与の額に不満をいだくことがありません。

終わりに、

タクシードライバーは夢と希望にあふれた職種ですね。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー稼げる地域10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーは、タクシーに乗る余裕がある金持ちが多い都市部のほうがお金を稼ぐことができますが、タクシーに乗る余裕がない人が多い地方では、わざわざお金を使ってまで、タクシーに乗る人が少ないため、あまりお金を稼ぐことができません。こういう現状があるため、お金を大きく稼ぎたいなあと思っているタクシードライバー志望者は、都市部のタクシードライバーの正社員になって、お金はそこそこ稼げればいいかなと思っているタクシードライバーは、地方のタクシードライバーになろう。今回は、タクシー稼げる地域10選について触れていきます。

1.東京

東京は、年収の平均が全国で一番高く、非正規雇用者の時給も全国で一番高く、想像を絶する金持ちが多数住んでいる都市ですから、東京都民はタクシーに乗ることを積極的に行います。こういう現状があるため、東京のタクシードライバーになれば、大きな努力や苦労をすることなく、タクシーにたくさんのお客様をのせることができ、多額の給与を稼ぎ出せます。ですが、タクシーにたくさんのお客様を乗せる=仕事が多忙になるため、まったりと仕事をしたい人は、東京のタクシードライバーになることを避けるのが、最適です。

2.大阪。

大阪は、日本で一番観光客が多く、非正規雇用者の時給も高く、そこそこお金を持っている人が多数住んでいる都市ですから、大阪府民はタクシーに乗ることに積極的ですね。こういう現状があるため、大阪でタクシードライバーの業務を行えば、月収50万円以上の給与を稼ぎ出すことも不可能ではありません。それに、大阪都民はトーク力が抜群ですから、タクシードライバー業務中に、お客様と楽しい会話を楽しめます。

3.名古屋。

名古屋は、日本の三大都市のひとつで、月収30万円以上のビジネスマンが多く住んでいる都市ですから、タクシーを積極的に利用する名古屋市民は一定数います。こういう現状があるため、東京や大阪のタクシードライバーに引けを取らない給与を稼ぎたい人は、名古屋でタクシードライバーをすることをおすすめします。それに、名古屋市民は、人とあまりコミュニケーションをとるのが嫌いな人が多いですから、お客様と会話せずに、タクシーの運転の仕事に集中することができます。

4.北海道。

北海道は、日本で一番国土面積が広い県の一つで、年収450万円~年収500万円を稼ぐビジネスマンが多数住んでいる都市ですから、タクシーを頻繁にご利用する北海道民はたくさんいます。こういう現状があるため、地方で多額の給与を稼ぎたいと思っているタクシードライバー志望者は、北海道でタクシードライバーの正社員になることをおすすめします。それに、北海道はでかい県ですから、タクシーの移動距離も大きくなるため、北海道のタクシードライバーは、半端でない額の給与を得ています。

5.奈良県。

奈良県は、世界や日本の都市部から観光客が多く訪れる県の一つで、奈良県に住んでいる人の所得水準もまあまあ高くなっていますから、タクシーを頻繁に利用する奈良県民や観光客はたくさんいます。こういう現状があるため、奈良県で待ったり生活しつつ、年収400万円くらい稼ぎたいと思っている人は、奈良県でタクシードライバーの正社員になることをおすすめします。それに、奈良県は、鹿がたくさん住んでいる県ですから、鹿と戯れて心を癒すことができます。

6.兵庫県の芦屋市。

.兵庫県の芦屋市は、年収500万円~年収700万円の所得を得ている人が多い地域で、日本で6番目に所得水準が高い地域になっていますから、タクシーを乗ることに抵抗感がない兵庫県の芦屋市民は多い。こういう現状があるため、洗練された住宅風景が魅力の兵庫県の芦屋市で生活しつつ、年収500万円稼ぎたい人は、兵庫県の芦屋市でタクシードライバーの正社員になることをおすすめします。それに、兵庫県の芦屋市は、高所得者が多い都市ですから、治安がとてもよく、とても住みやすい。

7.神奈川県の二宮町。

神奈川県の二宮町は、歴史を感じる神社や大自然を感じることができる海や大自然が多く残る公園がある地域で、日本で10番の所得水準が高い地域になっていますから、タクシーを利用してくれる観光客や神奈川県の二宮町民が多数存在しています。こういう現状があるため、観光地域で自然を思う存分堪能しつつ、年収600万円稼ぎたい人は、神奈川県の二宮町のタクシードライバーになることをおすすめします。それに、神奈川県の二宮町の高所得者層は、心に余裕がある人が多く、とてもいい人が多いです。

8.福岡県

福岡県は、県内総生産が全国9位で、福岡県民の一定数は年収500万円~年収1000万円の給与を得ていますから、タクシードライバーの活動場所として福岡県はぴったしです。こういう現状があるため、ご飯もおいしく、観光名所が多い福岡県で人生を謳歌したい人には、福岡県でタクシードライバーになることをおすすめします。それに、福岡県は福岡ソフトバンクホークスというプロ野球球団もありますから、プロ野球観戦が趣味の人にとっては最高の土地です。

9.神奈川県の横浜市

神奈川県の横浜市は、年収400万円~年収600万円の所得を得ている人が多い地域で、日本で45番目に所得水準が高い地域になっていますから、タクシードライバーの活動場所として、神奈川県の横浜市はぴったしです。こういう現状があるため、横浜独自の風土に触れ合ってみたい人には、神奈川県の横浜市でタクシードライバーになることをおすすめします。それに、神奈川県の横浜市には、横浜ベースターズというプロ野球球団もありますから、プロ野球が三度の飯よりも好きな人にとっては最高の土地です。

10.千葉県

千葉県は、年収380万円~年収520万円の所得を得ている人が多い地域で、観光がさかんで観光客が多く訪れる地域にもなっていますから、タクシードライバーの活動場所として、千葉県はぴったしです。こういう現状があるため、観光資源が多い千葉で観光を楽しみたい人は、千葉県でタクシードライバーになることをおすすめします。それに、千葉県には、ディズニーランドもあるし、千葉ロッテマリーンズというプロ野球球団もありますから、プロ野球とディズニーが大好きな人には最高の土地です。

ドラピタ

ドラピタ

稼げるタクシードライバーにありがちな10個の特徴。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーは、時給制の仕事ではなく、基本給+歩合製の仕事ですから、ただ仕事時間にタクシーにお客さんを乗せることができばければ、微々たる額のお金しか稼ぐことができません。逆に、優秀なタクシードライバーは、仕事時間中にタクシーにたくさんのお金を乗せることに成功して、普通のサラリーマンでは考えられない給料〔月収50万円~月収100万円〕を稼ぎ出しています。この優秀なタクシードライバーになるには、卓越したタクシー運転スキルだけでなく、お客様にいやな思いをさせない接客スキルも必要です。

1.上司に監視されていないからといって、仕事をさぼらない。

稼げないタクシードライバーは、上司に監視されていないことをいいことに、タクシードライバーの業務中に、ゲームセンターで遊んだり、タクシーの中で寝たりして、仕事をさぼっています。逆に、稼げるタクシードライバーは、上司に監視されていようがいまいが、タクシードライバーの業務をサボることなく、タクシーに次から次へとお客様を乗せて、多額の歩合給を稼ぎ足します。この稼げるタクシードライバーになるには、お金を稼ぐために、仕事をがんばるぞという強い意志を持つ必要があります。

2.お客様を不快にさせるルックスをしていないかどうか。

お客様を深いにさせるルックスをしているタクシードライバーのタクシーを利用したいと思う人はいませんから、タクシードライバーとして結果を出したい人は、お客様に好かれる清潔感があるルックスをしているかどうかが重要となってきます。ここでいう清潔感があるルックスとは、イケメンとか不細工とかではなく、ひげをしっかりと処理しているか、人に不快感を与えない髪形をしているかどうかです。

3.タクシードライバーの仕事を自営業だと認識できているかどうか。

タクシードライバーの仕事をサラリーマン感覚でやってしまうと、お客さまを獲得することに必死になることなくなり、タクシードライバーの仕事で最高の結果を出すことができなくなります。逆に、タクシードライバーの仕事を自営業感覚で行うと、お客様を獲得することに本気になることが可能になり、タクシードライバーの仕事で最高の結果をだすことができます。ここでいう最高の結果とは、タクシーにたくさんのお客様を乗せて、たくさんの歩合給を会社からいただくことをさします。

4.タクシーの運転がうまいかどうか。

タクシーの運転が下手なタクシードライバーは、お客様を不快な気持ちにさせる最悪なタクシーの運転を行ってしまい、リピート客をGETすることができません。逆に、タクシーの運転がうまいタクシードライバーは、お客さまを不快な気持ちにさせない最高のタクシーの運転をすることができ、リピート客をGETします。ここでいうお客様を深いにさせない最高のタクシーの運転とは、寄り道をしないで、最短ルートで目的地に到着することをさします。

5.お客様に目的地への行き方を聞かないこと。

稼げないタクシードライバーは、お客様に目的地への行き方を聞いて、お客様にいらぬストレスをあたえてしまい、リピート客をGETすることができません。逆に、稼げるタクシードライバーは、お客様に目的地への行き方を一切きかず、お客様にいらぬストレスを与えることがないから、リピート客をGETすることができます。

6.タクシードライバーの仕事を楽しいと思っていること。

タクシードライバーの仕事がつまらないと思っていれば、タクシードライバーの仕事がいやだと思っている気持ちがお客様に伝わり、お客様を不快な気持ちにさせてしまい、リピート客をGETできません。逆に、タクシードライバーの仕事を楽しいと思っていれば、タクシードライバーの仕事を楽しんでいる様子がお客様に伝わり、お客様自身も幸せな気持ちになれますし、リピート客をGETできます。

7.常に全力でタクシードライバーの業務をおこなうこと。

タクシードライバーの業務を手を抜いて行っていれば、このタクシーの運ちゃんは全くがっばっていないから、次はこの人のタクシーには乗りたくないとお客様思われてしまい、リピート客がつきません。逆に、タクシードライバーの業務を常に全力で行っていれば、このタクシーの運ちゃんがんばっているから、今度もこの人のタクシーに乗ろうとお客様に思わせることができ、リピート客をGETできます。

8.トーク力があること。

タクシードライバーの業務中に、己のトーク力でお客様を楽しい気分にさせることができれば、こんなに楽しい気分になれるのなら、次もこの人のタクシーに乗ろうとお客様に思わせることができ、リピート客をGETすることができます。ですが、中には、タクシードライバーと会話をあまりしたくないお客様もいるので、むやみやたらにお客様に話しかけるのは得策とはいえません。

9.人相がよいかどうか。

人相がよいタクシードライバーであれば、お客様にこの人と同じ空間にいるのがいやではないなと思っていただけますから、リピート客をGETできます。逆に、人相が悪いタクシードライバーであれば、お客様にこの人と同じ空間にいるのがいやだと思われてしまい、リピート客をGETすることができません。

10.タクシーの中が臭いか臭くないか。

タクシーの中が臭いと、お客様にこんなに臭いタクシーにはもう二度と乗りたくないと思われてしまいますから、リピート客をGETできずにおわります。逆に、タクシーの中が臭くないと、このタクシーは臭くないからもう一度乗りたいと思っていただけますから、リピート客をGETできます。

ドラピタ

ドラピタ

40代タクシードライバーが増加中の理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバー業界は、根性も自動車運転スキルもない20代や30代よりも根性と自動車運転スキルがある40代をタクシードライバーの正社員として採用するようにしています。このような実情があるので、若いものには根性と自動車運転スキルでは絶対に負けいないという自信をもっている40代の人が、タクシードライバーの仕事を就職先の選択肢にいれれば、あっという間にタクシードライバーの正社員になれてしまいます。ですが、タクシードライバー業界も、素直で礼儀正しい人を採用したいという思いをもっていますから、いくら自動車運転スキルと根性がある人でも素直で礼儀正しくなければ、タクシードライバーの正社員の内定をGETできないという厳しい現実があります。40代タクシードライバーが増加中の理由10選に触れていきます。

1.タクシードライバー業界は年齢に寛容だから。

営業職や人事職や事務職や肉体労働系の仕事は未経験は35歳までという厳しい年齢制限を備え付けており、40代の仕事未経験者の人を受け入れることに全く寛容ではありません。それに比べて、タクシードライバー業界の仕事は、未経験は60歳まで歓迎という甘い年齢制限を備え付けており、40代のタクシードライバー未経験者を受け入れることに寛容です。ですが、いくら年齢制限に甘いタクシー業界であっても、普通自動車第一種免許を所持していない人を採用することはほとんどないので、タクシードライバーの正社員の面接を受ける前に、普通自動車第一種免許を取得しておこう。

2.職場の人間関係に一切悩みたくない40代の増加。

営業職や人事職や事務職の仕事を長年してきた40代は、少なからず職場での人間関係で悩んできた過去をもっており、次就く仕事は職場の人間関係で一切悩まないものがいいなあと心の底から思っている。この40代の人達が、人間関係に悩むことがないタクシードライバーの正社員職に積極的に転職しているため、40代のタクシードライバーの数は増えています。ですが、タクシードライバーは人間関係の悩みはない仕事である一方、自動車を常に運転することが求められるので、自動車の運転をすることが嫌いな人には向きません。

3.家族をなにがなんでも養っていかなければいけない40代の増加。

営業職や人事職や事務職の仕事でそこそこの給与を得ている40代の家族持ちが失業して、月収20万円ほどしか得られない仕事を選択すると、自分の家族を養うことができなくなってしまいます。このような状態に陥りたくない40代の家族持ちの人は、月収25万円~月収60万円の給与が得られ、自分の家族を養うことができるタクシードライバーの正社員の仕事を選択しています。ですが、タクシードライバーの仕事は、タクシーにたくさんのお客さんをのせなければ、月収50万円以上の給与を得られないといった問題を抱えています。

4.コミュニケーション能力が高い40代が多い。

今の20代はyoutuberやブロガーのような人と関わりを持たない仕事でお金を稼ぎたいという欲求を持っている人が多いのに対し、40代のビジネスマンは人と接することが多い仕事でお金を稼がないと意味がないと思っている人が多く、40代のビジネスマンは20代ビジネスマンよりコミュニケーション能力も高いです。このコミュニケーション能力が高い40代ビジネスマンが転職先にタクシードライバーを選択していることもあり、40代タクシードライバーが増加中です。

5.今の自分の力を確かめたい40代の増加。

多くの40代サラリーマンは、仕事場に拘束された時間に応じて給与を得ており、自分が仕事でだした結果に応じて給与を得ておらず、今の自分の仕事の実力がどれほどのものか把握できていません。こういう仕事スタイルを続けていることに嫌気が指してしまった40代のサラリーマンは、完全実力主義「結果を出せば出すほど給与がアップする」仕事であるタクシードライバーの正社員職に転職しています。ですが、タクシードライバーは仕事で結果を出さなければ、必要最低限の給与しか得られないというリスクを抱えていることをお忘れなく。

6.みじめな思いをしたくない40代が多い。

20代の正社員の若者に40代の自分「アルバイト」が命令をされることだけは避けたいと思っている人は、誰でもなれるアルバイトを避け、比較的就職難易度が低いタクシードライバーの正社員になる選択をしています。このタクシードライバーの正社員の就職難易度が低い理由は、20代の若者の自動車を運転したくない人が増加しているからにほかならない。

7.同世代の仲間が多い職種で働きたいと思っている40代が多い。

営業や事務職や人事職は20代の人がメインの仕事で、40代のおじさんオバサンが就ける仕事でないことから、同世代と一緒に働きたいと思っている40代は同世代が多く働いている業界であるタクシードライバーの仕事を選択することが多いみたいです。

8.今まで挑戦したことがない仕事をしてみたいなと思っている40代の増加。

20代のうちは、多くの人がトラック運転手やタクシードライバー以外の仕事をしていますが、40代で新しい仕事をしたいと思った時に選択肢に入る仕事がタクシードライバーだったりします。そんな感じで、40代になったビジネスマンの多くが、タクシードライバーの仕事に就いています。

9.世間体が良い仕事がしたいと思っている40代の増加。

40代で契約社員やアルバイトだと、この人40代にもなって自立してないんだという目で周りから見られることがありますが、40代のタクシードライバー正社員であれば、この人は自立したビジネスマンなんだという目で周りから見てもらえます。こういう実情があるため、世間体を気にする40代は、タクシードライバーの正社員の仕事を選択しています。

10.それなりの給与と休みが欲しいと思っている40代の増加。

週一休みで月収20万円の過酷な環境で長年仕事をしてきた40代が、それなりの給与と週休二日休める仕事であるタクシードライバーの仕事に転職する選択をしており、40代のタクシードライバーが増加しています。こういう実情があるため、タクシードライバーの人手不足問題も解消されつつあります。

ドラピタ

ドラピタ

30代タクシードライバーが増加中の理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバー業界は、40代と50代と60代の人材はそろっていますが、20代と30代の人材は不足しています。このような実情があるので、就職先が見つからず、人生途方にくれている20代と30代はタクシードライバーの仕事を就職先の選択先にいれれば、直ちにタクシードライバーの正社員の座をGETできます。ですが、タクシードライバーは接客業ですから、極端にコミュニケーション能力が低かったり、必要最低限の礼儀がなかったりすると、20代30代であっても、タクシードライバーの正社員の内定をなかなか獲得することができません。今回は、30代タクシードライバーが増加中の理由10選について触れていきます。

1.仕事の何度が高い仕事をすることに疲れてしまった30代ビジネスマンの増加。

若いころから30代に至るまで、テレアポ営業や飛び込み営業という難易度が高い仕事を続けてきたビジネスマンの多くは、常に、テレアポの仕事を今後何十年もやっていくのは無理だという気持ちとあまりストレスがたまらない仕事をしたいと思っています。このビジネスマン達が、2018年時に、難易度が高い仕事を退職して、タクシードライバーの仕事に転職しており、タクシー業界は活気にみちています。

2.自由度が高い仕事を一度でして見たいなあと思っている30代ビジネスマンの増加。

若いころから30代に至るまで、狭い部屋に何十時間も換金されることが多い仕事を続けてきた30代ビジネスマンの多くは、常に、もっと自由度が高い仕事をしたいなあーと毎日心の中でつぶやきながら生きています。このビジネスマン達が、2018年時に、自由度が低い仕事を退職して、自由度が高い仕事のタクシードライバーの仕事に転職しており、タクシー業界はかつてないほどの活気に満ちています。

3.歩合制の仕事で、月収50万円以上の給与を稼ぎたいなと思っている30代ビジネスマンの増加。

若いころから30代にいたるまで、固定給の月収20万円しか稼げない仕事を続けてきた30代ビジネスマンの多くは、もっともっとお金が稼げる仕事をして、自分のほしいものを購入したり、自分の行きたい場所に好きなだけいけるだけのお金を稼ぎたいと常に思いながら生きています。このビジネスマン達が、2018年時にお金が稼げない固定給月収20万円の仕事をやめて、お金が稼げる歩合制のタクシードライバーに転職しており、タクシー業界はかなり盛り上がっています。

4.一度でいいから、タクシードライバーの仕事をしてみたいなあと思っている30代ビジネスマンの増加。

若いころから30代にいたるまで、車を運転する業務がない仕事を続けてきた30代ビジネスマンの多くは、一度でいいから車を運転する業務が多い仕事ができるタクシードライバーの仕事をしてみたいなーと常に思いながら生きています。この30代ビジネスマン達が、2018年時に、車を運転する機会が少ない仕事をやめて、車を運転する機会が多いタクシードライバーに転職しており、タクシー業界は今とんでもなく、盛り上がっています。

5.複雑な人間関係から開放されたいと思っている30代ビジネスマンの増加。

若いころから30代にいたるまで、会社で複雑な人間関係に悩まされる日々を送ってきた30代ビジネスマン〔人事職や事務職や営業職〕の多くは、複雑な人間関係に悩まされない仕事がしてみたいと常に思いながら生きています。このビジネスマン達が、2018年時に、複雑な人間関係に悩まされる仕事をやめて、タクシードライバー〔複雑な人間関係に悩まされることがない仕事〕に転職しており、タクシー業界は最高潮に盛り上がっています。

6.結果を出せば何も言われない職種で働きたいと思っている30代ビジネスマンの増加。

若い頃から30代に至るまで、結果を題しても何かと文句を言われる会社で働いてきた30代ビジネスマンの多くは、結果さえだせば何も文句をいわれない会社ではたらきたいなと思いながら生きています。この30代ビジネスマン達が、2018年時に、結果を出せば文句を言われない職種であるタクシードライバーに転職しており、タクシー業界の人手不足問題は解消されつつあります。

7.タクシー会社が30代ビジネスマンの雇用に積極的だから。

タクシー会社は、運転が苦手な20代を雇用することよりも、運転スキルが優れている30代ビジネスマンを積極的にタクシードライバーの正社員として採用しているので、30代タクシードライバーがすさまじい勢いで増加しています。

8.タクシードライバーがワークライフバランスが抜群な仕事であるから。

タクシードライバーは、完全週休二日と一日10時間ほどの労働と月収30万円~月収50万円の給与が保証の3つのすべての用件を満たすワークライフバランスが抜群な仕事であるので、家族と過ごす時間を増やしたいと思っている30代ビジネスマンが、こぞって今の仕事をやめて、タクシードライバーの仕事に転職しています。

9.正社員で働きたいと思っているビジネスマンの増加。

30代になると、待遇のいい会社の正社員になることができず、ブラック企業の正社員になれないという実情に絶望した30代のビジネスマン達が、ブラック企業の正社員になることを避け、ホワイト企業のタクシードライバーの正社員になる選択をしています。

10.周りと違う仕事をしたいと思っているビジネスマンの増加。

30代になると、一度しかない人生なのだから、周りと違う仕事〔タクシードライバー〕の仕事をしてみようと思うようなり、今現在勤めている会社を辞めて、タクシードライバーの仕事に転職する選択をするようになります。

ドラピタ

ドラピタ

タクシー運転手の労働時間と年間休日の話。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシー運転手は労働時間も長く、休日も少ない激務な仕事であるということを多くの人の心の内に定着しており、タクシー運転手の仕事を選択することを辞めてしまい、事務職や人事職や警備員という楽な仕事を選択する人が多発してます。ですが、タクシー運転手は、1日の労働時間が長い代わりに、月の休みが16日~18日もあるホワイトな仕事となっていますので、ワイクライフバランスを重視したい人にこそタクシー運転手の仕事をするべきなのです。今回は、タクシー運転手の労働時間と休日の話に触れていきますね。

タクシー運転手の労働時間について。

タクシー運転手は、自分自身で働くスタイルを選ぶことができる唯一の職業で、1日10時間働いて月8日~10日休むスタイルと1日19時間働いて月16日~18日休むスタイルの二つがあります。しかも、1日19時間働いて月16日~18日休むスタイルは、きちんと休憩が2時間~4時間取れるというおまけがあるので、仕事がしんどいという気持ちになることがありません。

1.1日10時間働いて、月8日~月10日休むスタイルについて。

1日10時間働くスタイルの場合は、タクシー運転手が昼間に10時間仕事を行うのか?と夜に10時間仕事を行うのか?という部分を選択することが可能になっていますから、タクシー運転手は労働者自身が望むワークスタイルを実現できる仕事となっています。ですが、今の若者は、1日6時間~8時間しか働きたくないという甘えん坊だらけですから、タクシー運転手の仕事は若者には全くというほど人気がありません。こういう現状を変えるのは、若者が仕事をするのが楽しいんだという意識をもつようになるしかない。

2.1日19時間働いて、月16日~18日休むスタイルについて。

1日19時間働くスタイルの場合でも、タクシー運転手は、1日中タクシーを運転しているわけでなく、1日の労働時間の半分はタクシーの中で休憩していることになるので、1日19時間も働くのかーと怯える必要はまったくありません。むしろ、仕事をしているのに、1日8時間も自由な時間があるのかーとポジティブな気持ちを持つことが出来てしまいますので、タクシー運転手の仕事は最高ですね。

私の周りのタクシー運転手の知人も、営業マン時代は月4日~6日しか休めなかったのに、タクシー運転手になってからは1日16日~18日も休めるようになって、自分の趣味に全力投球生活ができるから、俺今本当に人生楽しんでるんだよなーと感覚を得られれているよとおっしゃっています。こういう発言をきいてしまうと、俺も今の仕事やめて、タクシー運転手になろうかなーと思ってしまいます。

タクシー運転手の年間休日の話。

多くの日本国民の認識では、タクシー運転手の年間休日は、60日~80日しかないというものとなっており、多くの日本国民はタクシー運転手になることを避けていますが、実際のタクシー運転手の年間休日は多くの国民の予想を大きく上回る多さとなっています。今回は、タクシー運転手の年間休日について触れていきますね。

1.1日8時間~10時間働いているタクシー運転手の年間休日について

1日8時間~10時間働いているタクシー運転手の年間休日は、110日~122日ほどとなっていますから、その他多くのサラリーマンと同じくらいの休みを得られます。また、タクシー運転手は、その他多くのサラリーマンとは違い、常に会社の外にいますから、会社に縛られている感覚をもたずして、タクシー運転手の業務を行うことができます。この部分に魅力を感じて、十数年以上もタクシー運転手の仕事をしてらっしゃる人が多くいます。ですが、タクシー運転手の仕事が自由なことをいいことに、タクシー運転手の業務をせずに、仕事中に遊んでばかりいると、タクシー会社から解雇されてしまうので、注意が必要です。

2.1日19時間働いているタクシー運転手の年間休日について。

1日19時間働いているタクシー運転手の年間休日は、192日~216日ほどとなっていますから、その他多くのサラリーマン以上に自由な時間を得ることができてしまいます。また、タクシー運転手は、その他の多くのサラリーマンとは違い、仕事で成果を出せば出すほど給与がアップしていく給与システムになっているので、お金と休みの両方をたくさん得たいと思っている人からの人気が高い職業となっています。ですが、タクシー運転手の給与と休みが多いことをいいことに、他の仕事をしている友人を馬鹿にする発言をしてしまうと、自分の周りから友達がいなくなってしまうので、注意が必要です。

ドラピタ

ドラピタ