トラックマン

トラック専門サイト

ルート配送ドライバーの年収

f:id:truckman:20171204143020j:plain
日本人の多くは、ルート配送ドライバーの年収が240万円ぽっきりしかないと思い込んでいます。そのため、自らルート配送ドライバーの仕事に就こうとする人はごく少数となっていて、ルート配送の人手不足が引き起こされています。ですが、実際のルート配送ドライバーの年収は、2トントラックで300万円、4トントラックで400万円、大型トラックで500万円となっています。多くの人が思っているほどルート配送ドライバーの年収は低くありません。
今回はルート配送ドライバーの年収に触れていきます。

ルート配送ドライバーの年収について

ルート配送ドライバーの年収は、大型トラックのルート配送ドライバー>4トントラックのルート配送ドライバー>2トントラックのルート配送ドライバーの順となっています。お金をたくさん稼ぎたい気持ちが強い人は、大型トラックのルート配送ドライバーになることをおすすめしす。ですが、ルート配送ドライバーの年間休日の多さは、2トントラックのルート配送ドライバー>4トントラックのルート配送ドライバー>大型トラックドライバーとなっています。また、ルートドライバーの1日の労働時間の長さは、大型トラックのルート配送ドライバー>4トントラックのルート配送ドライバー>2トントラックのルート配送ドライバーとなっています。

1.2トントラックのルート配送ドライバー

2トントラックのルート配送ドライバーは、大型トラックや4トントラックのルート配送ドライバーよりも月収が低めに抑えられている代わりに、年間休日が120日と多く、1日の労働時間が8時間~9時間ほどとなっています。お金よりも自分の時間を大切にしたい人は、2トントラックのルート配送ドライバーとして働いています。ですが、お金を稼ぎたい人からしたら、2トントラックのルート配送ドライバーの月収20万円は少ない水準となっています。お金を稼ぎたい人は月収30万円~月収50万円稼げる大型トラックや4トントラックのルート配送ドライバーの仕事に就くことが多いみたいです。

2.4トントラックのルート配送ドライバー

4トントラックのルート配送ドライバーは、月収25万円~月収30万円を手にすることができるだけでなく、年1回~2回の賞与を手にすることができるため、年収400万円以上の所得を得ることができる仕事になっています。日本国民の平均的な所得を手にしたい思いを持っている人に4トントラックのルート配送ドライバーはぴったりな仕事となっています。ですが、4トントラックのルート配送ドライバーは、年間休日が110日ほどとなっていますから、年間休日120日じゃないと嫌だという人は、年間休日が120日の2トントラックのルート配送ドライバーの仕事に就いています。

3.大型トラックのルート配送ドライバー

大型トラックのルート配送ドライバーは、月収30万円~月収50万円を手にすることができるだけでなく、年2回~3回の賞与を手にすることができるため、年収500万円~年収700万円の所得を得ることができる仕事になっています。友人知人よりもお金を稼ぎたい人に、大型トラックのルート配送ドライバーはぴったりな仕事となっていますね。ですが、大型トラックのルート配送ドライバーは、年間休日が100日~110日となっていますから、年間休日が120日ほしいという人は、年間休日が120日以上ある仕事に就いていますね。

ドラピタ

ドラピタ

ルート配送の面接テクニック

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送ドライバーは、年収400万円が保障されていて、年間休日も110日~120日ある仕事となっています。日本国民の多くの人が思っている以上に、ルート配送ドライバーの正社員の内定を獲得することはかなり難度が高いものとなっています。ですが、ルート配送ドライバーの面接テクニックを用いれば、実に簡単にルート配送の正社員の内定を自分の手中に収めることができます。
今回はルート配送の面接テクニック10選について触れていきます。

1.20代で、健康体な男子であれば、ルート配送ドライバーに誰でもなれる

運送業界は、若くて健康な男子を自社のルート配送ドライバーとして雇用したいという思いを持っています。20代で健康体な男子であれば、ルート配送ドライバーの正社員に誰でもなれます。このような現状がありますから、自分が若くて健康体な男子であるという自覚がある人は、ルート配送の正社員の採用面接をガンガン受け、ルート配送の正社員の内定をガンガン獲得していきましょう。

2.ルート配送の正社員面接を何度も受けよう

ルート配送の正社員面接を何度も受ければ、1回くらいは、ルート配送の正社員の内定が出ます。どうしてもルート配送の正社員になりたい人は、さまざまな運送会社のルート配送の正社員の採用面接を受けていきましょう。このときに気をつけることは、どのルート配送の正社員面接でも、御社に何が何でも入社したいのだという気持ちを運送会社の面接官に伝えること。

3.中小企業のルート配送の正社員面接を受けよう

大企業のルート配送ドライバーの正社員の職には、多くの求職者が殺到するため、大企業のルート配送ドライバーの正社員の職に就く難度はかなり高いものになっています。ですが、中小企業のルート配送の正社員の職には、ごく少数の求職者しか集まらないため、中小企業のルート配送ドライバーの正社員の職に就く難度はそこまで高くありません。どうしてもルート配送の正社員の仕事に就きたい人は中小企業のルート配送の正社員に就くことを選択肢に入れておきましょう。

4.30代、40代の人は、中小企業のルート配送の正社員の求人を狙い撃ちしよう

中小企業のルート配送ドライバーは、常に人手不足状態に陥っていますから、中小の運送会社は30代や40代の人でもガンガン自社のルート配送の正社員として雇用しています。また、ルート配送ドライバーの仕事は、30代と40代の人が多い仕事となっていますから、30代と40代の人がすぐに職場になじめる環境が整っています。

5.運送会社の面接官には、どこへ行くにも自動車で移動していることを伝えよう

運送会社の面接官に、どこへ行くにも自動車で移動していることを伝えることで、運送会社の面接官にこの人は1日中トラックを運転しても平気な人なんだなという印象を与えることができ、1日中トラックを運転することが多いルート配送の正社員の内定を手にすることができます。このことを言わないと、運送会社の面接官に、この人は1日中トラックを運転することができそうもないと思われてしまい、ルート配送の正社員の内定を手にすることができずに終わってしまいます。

6.運送会社の面接官に、自分は安定志向であることを伝えよう

運送会社の面接官に、自分は長期間安定した給与を得たい欲求を持っている、安定志向の人間であることを伝えることで、面接官にこの人は仕事の多少嫌なことも我慢して長期間ルート配送の仕事をしてくれる人なんだなという印象を与えることでき、見事ルート配送の正社員の内定を手にすることができます。

7.運送会社の面接官に好かれるかどうかがすべて

誰が見ても優秀な人でも、運送会社の面接官に嫌われてしまえば、ルート配送の正社員の内定を手にすることができないし、誰が見ても優秀ではない人でも運送会社の面接官に好かれれば、ルート配送の正社員になることができます。

8.普通自動車第一種免許と中型免許と大型免許のすべてを所持しておこう

普通自動車第一種免許だけでも、ルート配送の正社員の職に就くことはできますが、確実にルート配送の正社員の内定を手にするには、普通自動車第一種免許と中型免許と大型免許の3つを取得しておくことが重要となってきます。その理由は、中型免許と大型免許を所持していれば、中型トラックのルート配送ドライバーの業務や大型トラックのルート配送ドライバーの業務も行えるからと、運送会社が中型免許と大型免許取得にかかる費用を負担する必要がなくなるから。

9.お金に対する執着があることを示そう

ルート配送ドライバーの仕事は基本的には嫌なことはありませんが、たまに嫌なことがありますから、お金に対する執着心がなければ、すぐにルート配送ドライバーの仕事を辞めてしまいます。このような事態を避けたい思いを持っている運送会社の面接官は、ルート配送の正社員志望者が、お金に対する執着があるのかないのかという部分を見ています。

10.面接官を不快な気持ちにさせる言葉使いをしないように

どの職種の面接にも言えることですが、面接官を不快にさせる言葉使いをすると、正社員の内定を手にすることができず、不採用通知を手にすることになります。逆に、面接官を心地よい気持ちにさせる言葉使いをすると、正社員の内定を手にすることができます。

ドラピタ

ドラピタ

ルート配送の転職や就職について

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送の仕事について、多くの人がかっこいいというイメージを持っていないことが影響して、ルート配送の正社員の仕事は常に人手不足状態に陥っています。ルート配送の正社員採用面接でルート配送の正社員になりたい気持ちを運送会社の面接官にぶつけることができれば、容易にルート配送の正社員の仕事に就くことができます。ですが、運送会社の面接官に、こいつはあまりやる気がなさそうで、覇気を全くというほど感じることができないと思われてしまうと、ルート配送の正社員の仕事を手にすることができなくなってしまいます。
今回は、ルート配送の転職や就職について触れていきます。

ルート配送ドライバーになるための資格

ルート配送ドライバーといっても、2トントラックドライバー、4トントラックドライバー、大型トラックドライバーの3つに分類されています。自分のなりたいルート配送ドライバーに応じて、取得するべき免許が変わってきます。また、ルート配送ドライバーとして、運送会社に入社するときに必要な資格は、普通自動車第一種免許のみとなっています。これに加え、中型免許や大型免許を取得しておけばOKとなっています。

1.ルート配送(2トントラックドライバー)

ルート配送(2トントラックドライバー)になるために必要な資格は、普通自動車第一種免許のみとなっています。ルート配送の2トントラックドライバーになる難度はそこまで高くありません。ですが、2トントラックのルート配送ドライバーは、大型トラックや中型トラックのルート配送ドライバーよりも休みが多い代わりに、大型トラックや中型トラックのルート配送ドライバーよりも給料が低めに設定されています。

2.ルート配送(4トントラックドライバー)

ルート配送(4トントラックドライバー)になるために必要な資格は、普通自動車第一種免許と中型免許の2つとなっています。ルート配送の4トントラックドライバーになる難度はそこそこ高いです。その理由は、4トントラックを自由自在に運転できるようになるには、自動車を運転するセンスが必要になってくるからですね。また、中型免許を取得するのにかかる費用は、25万円程度となっています。

3.ルート配送(大型トラックドライバー)

ルート配送(大型トラックドライバー)になるために必要な資格は、普通自動車第一種免許と大型免許の2つとなっています。ルート配送の大型トラックドライバーになる難度は、多くの人が思っている以上に高いです。その理由は、大型トラックを自由自在に運転できるようになるには、常人を凌駕する卓越した自動車運転スキルが必要になってくるからです。また、大型免許を取得するのにかかる費用は30万円~35万円ほどとなっています。

ルート配送ドライバーの収入の話

ルート配送ドライバーの仕事は、あまり収入が多くないのではないかという思い込みから、お金に対する執着心が強い人はルート配送の仕事に就くことを避けることが多いです。ですが、実際のルート配送ドライバーの仕事は月収28万円~月収40万円の給与と、年間休日110日~120日の待遇を手にすることができます。お金と休みの両方を手に入れたい人はルート配送ドライバーの正社員の仕事に就くことをおすすめします。それに、ルート配送ドライバーの仕事は人手不足状態に陥っていますから、皆が思っているよりも簡単にルート配送の正社員の仕事に就けます。

1.ルート配送ドライバー(2トントラックドライバー)

ルート配送の2トントラックドライバーは、1日の労働時間が8時間~9時間に抑えられているだけでなく、月収20万円~25万円の給与と年2回の賞与、年間休日120日の待遇を得ることができます。ですが、ルート配送の2トントラックドライバーは、4トントラックや大型トラックのルート配送ドライバーのように月収30万円~月収40万円の給与を得ることができません。お金をたくさん稼ぎたい人は、4トントラックや大型トラックのルート配送ドライバーの仕事に就くことをおすすめします。

2.ルート配送ドライバー(4トントラックドライバー)

ルート配送ドライバー(4トントラックドライバー)は1日の労働時間が9時間~10時間ほどとなっていて、月収25万円~月収30万円ほどの給与と年2回~3回の賞与、年間休日110日の待遇を手にすることができます。この4トントラックのルート配送ドライバーは、家族を養うことには十分の給与を手にすることができますから、大切な家族を養っていかなければいけない立場に置かれている人には、4トントラックのルート配送ドライバーの仕事に就くことをおすすめします。

3.ルート配送ドライバー(大型トラックドライバー)

大型トラックのルート配送ドライバーは、1日の労働時間が12時間~14時間ほどとなっていて、月収40万円~月収50万円の給与と年2回~3回の賞与、年間休日120日の待遇を手にすることができます。この大型トラックのルート配送ドライバーになれば、自分がほしいと思っているもののほとんどを購入することができます。物欲が強く、ほしいものがたくさんある人は、大型トラックのルート配送の仕事に就くことをおすすめします。

ルート配送ドライバーの転職や就職の現状

若い人は、人事職や事務職、ショップ店員、年収1000万円以上稼げる営業職、コンサルタント、ウェブデザイナー、プログラマーなどの仕事に就きたがる傾向があり、自動車の運転を1日こなさなければいけないルート配送の仕事に就く選択をする人はほとんどいません。このことが、ルート配送を含む運送業の人手不足につながっています。そのため、本人のやる気と普通自動車第一種免許の2つを所持していれば、たいていの人はルート配送の正社員の仕事に就けるので、何が何でも正社員になって安定した生活を手にしたい人は、ルート配送の正社員の職に就くことをおすすめします。また、ルート配送の正社員になれば、年収400万円の給与と年間休日120日の待遇を手にすることができるので、仕事が辛すぎて精神的な病をわずらうことはほとんどありません。

ルート配送の新卒市場の現状

大卒で新卒の多くは、誰もが知っている大企業の営業マンや、誰もが知っている大企業の人事職、誰もが知っている大企業のプログラマーなどの仕事に就きたがる傾向があり、新卒でルート配送の正社員の仕事に就く人はあまり多くありません。このような現状があるせいか、ルート配送ドライバーの正社員の多くが30代以上となっていて、20代のルート配送ドライバーが不足している状況に陥っています。ですが、大卒の新卒がルート配送の仕事に就くことを選ばないことにより、30代のビジネスマンや高卒の新卒、40代のビジネスマンが容易にルート配送ドライバーの正社員職に就けています。大卒の新卒がルート配送の仕事に就くことを避けることは悪いことばかりではありません。

40代や50代でもルート配送の正社員の仕事に転職や就職できる

40代や50代になると、どの会社も自分を正社員雇用してくれないと思い悩むかもしれませんが、多くの運送会社は40代や50代の人をルート配送の正社員として雇用しているから、40代や50代になったからといって、正社員雇用を諦める必要はありません。ですが、40代や50代でルート配送ドライバーの正社員の職を手に入れるには、20代のルート配送ドライバー志望者よりも能力的な部分で優れていなければいけませんから、容易に40代や50代でルート配送の正社員の職を手にすることはできません。

ルート配送ドライバーの仕事はおすすめ

ルート配送ドライバーは、常に自分のペースで仕事を行うことができ、仕事中わずらわしい人間関係に悩むこともなく、他の仕事と同水準の給与を手にすることができ、年間休日120日あり、ほかの仕事よりも多く休むことができ、1日の労働時間が8時間でほかの仕事に比べても労働時間が少なめになっています。ルート配送ドライバーは誰もが納得した待遇と環境で仕事をすることができる仕事です。しかも、ルート配送ドライバーの仕事は人手不足状態に陥っていますから、多くの運送会社は、やる気がある人をガンガン自社のルート配送の正社員として採用しています。このチャンスをものにして、ルート配送ドライバーの正社員の職に就くことができれば、将来に不安を持つことがない生活を送ることができます。

また、2トントラックと4トントラックのルート配送ドライバーについては、年間休日と労働時間が長距離トラックのルート配送ドライバーよりも短く設定されているため、自分の趣味に思う存分時間を費やすことができ、月収20万円~月収40万円ほど稼ぐことができ、自らの収入に劣等感を覚えることもほとんどありませんね。

ルート配送ドライバーの仕事は、日本からなくなる可能性はほぼ皆無と断言できる職業となっていますから、ひとつの仕事を長期間行い、ひとつの仕事のプロフェッショナルになりたい人は、ルート配送ドライバーの仕事に就くべきですね。このルート配送の正社員の仕事に容易につけるチャンスを生かして、人生で一度はルート配送の仕事を体験してみるのもいいのではないでしょうか。

総括

ルート配送ドライバーの仕事は給与と休みが少なく、ただトラックを運転するだけの退屈な仕事だと思っている人が日本に多く存在しているようですが、実際のルート配送ドライバーは、1日8時間~9時間ほどトラックを運転している、年間休日は110日~120日ほどある、賞与も年1回~2回ある、社会保険完備で将来に不安を持たなくてもすむなどの待遇が備え付けられていますから、誰もが満足できる待遇が得られる仕事となっています。

今の仕事内容に飽きてしまったり、今の仕事の待遇に不満を覚えてしまった人は、今就いている仕事を退職し、誰もが満足できる待遇を手にすることができるルート配送の仕事に就いてみましょう。

ドラピタ

ドラピタ

ルート配送の仕事が楽しい理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送の正社員は、就職難易度があまり高くない割りに、年収400万円と年間120日の待遇を得られますから、周りの正社員に負けない給与と休みを手にしたい人は迷いを捨てて、ルート配送の正社員の仕事に就くことをおすすめします。このルート配送の仕事は、意識が高い人からは敬遠されがちですが、自分のペースでまったり仕事を行えたり、取引先のお客様に感謝されることが多いので、多くの人が思っている以上にやりがいや楽しさを感じることができます。今回は、ルート配送の仕事が楽しい理由に触れていきます。

1. 年収400万円稼げると社会的な劣等感を抱かないですむ。

年収100万円~年収200万円のアルバイトや派遣社員だと、オイラは社会の落ちこぼれかもしれないといった社会的な劣等感を抱くことになります。逆に、年収400万円稼げるルート配送の正社員だと、私は社会の中級階層にいる人間だと思えますから、社会的な劣等感を抱くことがありません。

2.ルート配送の正社員は年間休日120日もある。

年間休日が100日以下の仕事だと、毎日仕事ばかりで何のために仕事をがんばっているのだろうか?の気持ちを持つことになり、人生楽しくないんだよなあとも思うようになります。逆に、年間120日以上あるルート配送の正社員だと、遊ぶ金を稼ぐために仕事をしているの気持ちを持つことができますから、毎日の仕事をがんばろうと思えるようになります。

3.ルート配送の正社員は一日の労働時間が8時間~9時間と決められている。

世の中の多くの正社員は、一日12時間の労働をこなしているため、労働によって発生する疲労が桁違いにでかく、平日の仕事終わりに遊ぶことができません。逆に、ルート配送の正社員は、一日の労働時間が8時間~9時間と固定されているため、労働によって発生する疲労があまりなく、平日の仕事終わりに思う存分遊ぶことができます。

4.ルート配送の正社員は、会社の中に閉じこもっていなくても良い。

事務職やプログラマーだと、常に会社の中に閉じこもって仕事をしなければいけないため、閉塞感を感じながら、日々の仕事を行うことになります。逆に、ルート配送の正社員の仕事は、外で2トントラックの運転を一日8時間~9時間行うものとなっていますから、会社の中に篭って仕事をしなくても良いため、常に開放感を持って日々の仕事を行うことができます。

5.会社内での人間関係のトラブルがほとんどない。

会社内で常に閉じこもって仕事をしなければならない仕事は、会社内の人と常に関わる必要があるため、会社内での人間会計のトラブルが起きる可能性があります。逆に、ルート配送のドライバーは、外で2トントラックを運転することが多いですから、会社の内の人と関わることがないため、会社内での人間関係のトラブルがほとんどおきません。

6.ルート配送の仕事は、ノルマを求められない。

営業職やフルコミの営業職は、営業のノルマを達成できなければ、微々たるお金の給与しか得ることができないため、日々の生活費すら稼げなくなってしまいます。逆に、ルート配送の仕事は、毎日2トントラックで商品を取引先に届けることを行うだけで、年収400万円の給与を得ることができるため、日々の生活費すら稼げない苦しい状況に陥ることがありません。

7.ルート配送の正社員は、めったなことでは首にはならない。

代わりがいくらでもいる仕事は、人がやめてもすぐに次がみつかる状態に陥っていますから、お前の仕事ぶりが悪いことを理由にされて、仕事をくびになることもあります。逆に、ルート配送の正社員の仕事は、人手不足の状態に陥っていますから、お前の仕事ぶりが悪いことを理由にされて、ルート配送の正社員の立場を失うことはありません。

8.どんな仕事でも、自分が楽しもうの気持ちがあれば、楽しめる。

今の仕事がつまらないと発言している人の多くは、仕事を全力で楽しもうの精神が欠落しているため、日々の仕事を楽しむことができていません。逆に、今の仕事が楽しいと発言している人の多くは、仕事を全力で楽しもうの精神を持っているため、日々の仕事を楽しむことができます。

9.ルート配送の仕事に誇りを持てる。

ルート配送ドライバーの仕事がなければ、世の中の多くのスーパーやコンビ二に商品が並ぶことすら間々ならなくなりますから、ルート配送の仕事は世の中に必要不可欠な仕事です。このことを知っているルート配送ドライバーの仕事をしている人は、ルート配送の仕事に誇りを持ち、毎日ルート配送の仕事を楽しんでいます。

10.ルート配送の職場ではパワーハラスメントがない。

ルート配送の職場では、人の嫌がることを率先して行うことをするような人がいないため、ルート配送の職場でパワーハラスメントが発生することはありませんから、毎日パワハラの被害にあうことを恐れることなく、ルート配送の仕事に打ち込むことができます。

関連記事
truckman.dorapita.com

ドラピタ

ドラピタ

ルート配送の仕事内容と給料とは?

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送の仕事は、毎日決められた場所にトラックで商品を配送することを繰り返す仕事となっていますから、他のトラック運転手よりも労働時間が少なく、年間休日が多めに設定されており、プライベートを充実させたい人にぴったりな仕事になっています。ですが、ルート配送の仕事は、労働時間が少ないこともあり、長距離トラック運転手や中型トラック運転手よりも給与が少なめに設定されていますから、お金をがっぽりと稼ぎたい気持ちがある人は、長距離トラック運転手になることをおすすめします。また、長距離トラック運転手になればルート配送時代には考えられなかった給与とトラック運転スキルの両方を手にすることができます。今回は、ルート配送の仕事内容と給料のことに触れていきますね。

ルート配送の仕事内容。

せっかく、ルート配送のレアな仕事を皆様にお伝えする機会をブログの媒体で得られたし、ルート配送の仕事内容を超詳しくブログの読者にお伝えしようと思います。

ルート配送は、毎日届ける人が変わる配達の仕事とは違い、毎日決められた順序で自社と取引があるスーパーやコンビ二や企業に商品を届ける仕事になっていますから、遠い場所の企業に商品をトラックで配送することが嫌だと思っている人に向いている仕事です。ですが、ルート配送は、長距離トラック運転手のように、一度も行ったことがない土地に商品を配送することがありませんから、トラックで遠出をしたい気持ちがある人にはあまり向いている仕事とはいえません。

ここだけの話、ルート配送の仕事は、自動車離れが進む若者に人気がある仕事ではないこともあり、ルート配送の仕事がしたい欲が強い若者であれば、容易にルート配送の正社員の職を手にすることが可能となっています。ですが、運送会社の採用担当に、こやつはやる気がないと判断されてしまうと、20代の若者であってもルート配送の正社員になれないこともあるので、ルート配送の仕事ではやる気をアピールすることが何よりも重要なことです。

ルート配送の正社員の給料。

1.経営状態がかなり良い運送会社。

ルート配送の正社員の給料は、経営状態がかなり良い運送会社で、月収20万円~35万円と賞与1回~2回となっていますから、長期間多額の給与を得たい人は経営状態が良い運送会社のルート配送の正社員になることをおすすめします。逆に、経営状態が余りよくない運送会社のルート配送だと、月収20万円にも届かない低賃金労働を余儀なくされることもありますから、ルート配送の求人に応募する時には、応募する運送会社の経営状況を必ずチェックしておこう。

2.経営状態があまりよくない運送会社。

経営状態があまりよくない運送会社の正社員の給料は、月収16万円~月収20万円と賞与なしとなっていますから、安定した生活を送りたいと思っている人は、何が何でも経営状態が良い運送会社のルート配送の正社員になりましょう。ですが、経営状態が良い運送会社のルート配送の正社員の求人の人気は高く、他の求職者よりも優れた部分がなければ、経営状態が良い運送会社のルート配送の正社員になることはできません。

3.ルート配送のアルバイトもある。

ルート配送のあるバイトの時給は900円~950円と定められており、自動車を運転する業務がある大変な仕事という割りに、そこらへんのゲーセンよりも時給が低かったりしますから、ルート配送の仕事は正社員で行うに限る。このルート配送のアルバイトにも利点は、アルバイト雇用のため、自分が休みたいタイミングで仕事を休みを取ることができるところですね。

ルート配送の募集職種。

1.2トントラックのルート配送。

2トントラックのルート配送の仕事は、普通自動車第一種免許所持のみで就ける仕事ですから、2トントラックのルート配送の正社員の仕事に就く難易度は余り高くないですね。ですが、2トントラック運転手のルート配送ドライバーは、労働時間の短さと年間休日の多さが考慮され、大型トラックのルート配送ドライバーや4トントラックドライバーよりも給与が低めに設定されています。また、2トントラック運転手のルート配送ドライバーとして会社に雇用されると、個人が大型ドライバーや4トントラックドライバーを志望しない限りは、2トントラックドライバーのルート配送の仕事の職務を全うできます。

2.4トントラックのルート配送。

4トントラックのルート配送の仕事は、中型免許と普通自動車第一種免許の二つの免許の所持で就ける仕事ですから、4トントラックのルート配送の正社員の仕事に就く難易度はそこそこ高めとなっています。ですが、中型免許を所持している若者が少ない状態で、4トントラックのルート配送ドライバーは常に人手不足状態になっていますから、4トントラックのルート配送の仕事に就くのは難しいことではないです。

3. 大型トラックのルート配送。

大型トラックのルート配送の仕事は、大型免許と普通自動車第一種免許の二つの免許の所持で就ける仕事ですから、大型トラックのルート配送の正社員の仕事に就く難易度は、4トントラックや2トントラックの運転手よりも高くなっています。ですが、大型免許を所持している若者が少ない状態で、大型トラックのルート配送ドライバーは常に人手不足状態になっていますから大型トラックのルート配送の仕事に就くのは難しいことがではない。

ルート配送の採用面接のこと。

運送会社の面接官が自社のルート配送ドライバーの正社員を雇用する上で重要としていることは、ルート配送の仕事に就きたい気持ちが強いかどうかと卓越した自動車運転スキルの持ち主かどうかとすぐにルート配送の仕事を投げ出さない人物であるかどうか。この3つのすべての条件を満たしている人物であれば、誰でもルート配送の正社員の内定を手にすることが可能ですね。

ルート配送の面接の重要ポイント。

1.常に笑顔で面接官の人に対して良い印象を自分が持つことで、面接官も面接者に好印象もつようになり、ルート配送の正社員の内定が出る確率が高くなる。

2.採用面接の面接時間に遅刻することだけは決してしてはいけない理由は、遅刻は他人の時間を奪う行為ですから、面接官に俺の大切な時間を奪いやがってと悪い印象を与えることにつながる。

3.採用面接に持参する履歴書の間違いを修正液で訂正をしてはいけない理由は、修正液を利用する人は仕事をいい加減に行う人と判断される可能性があるから。私も履歴書を修正液を利用して、不採用になったことがあるのも理由の人湯。

4.採用面接を受けている運送会社に対する熱い気持ちを面接官に伝えることで、面接官にこの人と同僚になりたいと思わせることができ、正社員の内定が出る確率が大きく上昇する。

5.面接は縁がすべてとなっていますから、ルート採用の正社員の採用面接を沢山うけているうちに、運送会社の面接官に気に入られて、ルート配送の正社員の内定がでるのが世の常。

ルート配送の志望動機のこと。

運送会社の面接官が重要にしていることは、優秀な模範解答の志望動機ではなく、ルート配送の仕事をしたい熱い気持ちを持っている人物やどんな困難も乗り越えられる根性を持つ人物かどうかとなっていますから、自分の熱い気持ちを運送会社の面接官にぶつけることこそが、ルート配送の正社員の内定を得る最短ルートとなっています。また、ルート配送の正社員の仕事は人手不足ですから、運送会社は熱意とやる気がある人を自社のルート配送ドライバーの正社員として、ガンガン雇用しており、多くの人にルート配送の正社員になる道が開かれています。

ルート配送の志望動機を書くポイント。

1.自分の思いの丈を履歴書の志望動機欄につづることで、面接官に好印象を与えることができ、ルート配送の正社員の内定が出る確率が上がる。

2.ルート配送ドライバーとして、運送会社にどのようなメリットを与えられるのかを志望動機に書く事。

3.ルート配送のテンプレート的な志望動機を書いても、運送会社の面接官には余り評価されない。

4.ルート配送は、人手不足の業界ですから、やる気と根性があれば、ルート配送の正社員になれる。

5.将来の夢をかなえるために、どんな苦難でも乗り越える覚悟があることを志望動機の中に入れておくのもあり。
truckman.dorapita.com

ルート配送の仕事に就くメリット。

1.取引先の人と良好な人間関係を築きやすい。

ルート配送の仕事は、自社と取引があるスーパーやコンビ二や会社に商品や材料をトラックで配送する仕事になっていますから、配送先の人と良好な人間関係を気づきやすく、仕事の人間関係に悩むこともありません。また、ルート配送の仕事は、会社に常駐している機会が少ないですから、一つの場所で締め付けられて仕事をしたくない人にも向いている仕事といえます。

2.ルート配送の正社員の職は、普通自動車第一種免許のみで就ける。

ルート配送の正社員の職は、普通自動車第一種免許のみで就けるため、普通自動車第一種免許のみしか所持していないけどトラックを運転する仕事に就きたいと思っている人にぴったりなお仕事ですね。また、若いうちは、自分の可能性を試したい気持ちを持つ若者の多くが、ルート配送の仕事に就くことをしないですから、ルート配送の正社員の仕事に就くのはとても容易です。

3.ルート配送の仕事は年間休日120日以上。

長距離トラック運転手や中型トラック運転手のほとんどは、年間休日100日~110日ほどの休みしかなく、人生トラック運転手のような状態に陥ってしまいますが、ルート配送ドライバーのほとんどは、年間休日110日~124日の休みがあり、遊ぶために仕事をしてお金を稼いでいる状態になります。ですが、ルート配送は、大型トラック運転手のように、他のサラリーマンを超越する給料を稼ぐ難点を抱えている仕事ですから、多額の給与を稼ぎたい人には、あまりおすすめできる仕事ではありません。

4.ルート配送の仕事で、突然解雇通告を会社に言い渡されることはない。

ルート配送の仕事は、成果を出さなくてもよく、決められた仕事をきちんとこなすことのみが求められていますから、毎日きちんとルート配送の仕事をこなしていれば、突然会社から解雇通告を言い渡されることはない。ですが、自分が勤めている運送会社の経営状態があまりよくないと、優秀なルート配送ドライバーでも、会社から解雇通告を言い渡されることがありますから、経営状態が良い運送会社のルート配送ドライバーになることをおすすめします。

5.ルート配送の正社員は、月収20万円稼げる。

ルート配送の正社員は、月収20万円~月収30万円と年一回~2回の賞与の待遇を得られ、その他多くのサラリーマンに匹敵する給与を手にすることが可能ですから、安定した給与を毎月手にしたいと思っている人にルート配送の仕事はぴったりです。ですが、自分の実力を試したい人や月収100万円を稼ぎたい人は、ルート配送の仕事内容や給与に不満を持ち、すぐにルート配送の仕事を離職してしまいますから、お金が欲しくてたまらない人は、フルコミッションの営業職に就きましょう。

6.ルート配送の仕事は、パワハラやセクハラがない。

ルート配送の仕事は、基本一人でトラックを運転するものとなっていますから、仕事中に上司からパワハラをされたり、セクハラをされたりすることがほとんどありません。このことに多大なる魅力を感じた今の職場でパワハラやセクハラをされている人は、今の仕事を即刻やめて、ルート配送の仕事に転職することをおすすめします。どんな仕事にも言えることですが、自分がこの職場で働きないと感じたら、今の会社を辞めて、自分が働きたいと思える会社で働くのがベストです。

7.ルート配送の仕事は、自分のやりたい仕事ではないが、長期間離職せずに続けることができる仕事。

ルート配送の仕事を自分のやりたい仕事ではないといって、ルート配送の仕事を避ける人が多いですが、ルート配送の仕事は精神的なストレスが溜まらない仕事で、誰でも長期間離職せずに続けることができる仕事となっています。このことを直視するようになると、安定的な給与を長期的に得ることが大事であるの思いから、激務でやりたい正社員の仕事に就くことを避け、安定的な給与が得られるルート配送の仕事に就くようになります。

8.自分のペースで仕事を行える。

ルート配送の仕事は、常に1人で行う仕事ですから、自分のペースで仕事を行える魅力的な仕事となっています。ですが、ルート配送の仕事は、決まった時間に商品をトラックで企業に送り届けなければいけない仕事ですので、時間にルーズな方にはあまり向かない仕事であることをお忘れなく。

9.起業資金を貯められる。

ルート配送の正社員の仕事を2年~3年間行えば、400万円~600万円の起業資金を貯めることができますから、将来起業して大きな成功収めたい人はルート配送の正社員になることをおすすめします。また、ルート配送ドライバーの正社員の仕事ぶりを上司に認められれば、運送会社の経営陣に入り込むこともできます。

10.ルート配送の仕事は、世間からの評価が高い。

ルート配送の仕事は、日本経済を回転させるために、この世に必要不可欠な仕事となっていますから、世間のほとんどの人は、ルート配送の仕事をしている人を尊敬しています。ですが、自分の仕事にこそ価値があるんだと勘違いしている残念な人からは、ルート配送の仕事は誰でもできる簡単な仕事だと思われています。

ドラピタ

ドラピタ

ルート配送の志望動機10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送ドライバーの仕事は、年間休日120日と年収400万円の待遇を手にすることができることから、安定した給与と充実したプライベート生活の両方を手にしたい人からの人気が高いため、多くの人が思っている以上に就職難易度が高い仕事となっていますね。このルート配送ドライバーの仕事に就くには、普通自動車第一種免許を所持していることが必須かつ中型免許と大型免許を所持しているとなお良いとされているため、絶対にルート配送ドライバーになりたい人は、ルート配送ドライバーの正社員採用面接を受ける前に、普通自動車第一種免許を取得しておこう。今回は、ルート配送の志望動機10選に触れていきます。

1.遊ぶためのお金を稼ぐために、ルート配送の仕事に就きたいですし、ルート配送の仕事をすることで、自動車の運転スキルを今よりももっと高めていきたいので、今回はルート配送の正社員の仕事にご応募させていただきました。私は、2トントラックドライバーの仕事に慣れてきたら、中型免許と大型免許の両方を取得して、中型トラックドライバーと大型トラックドライバーの仕事の両方に挑戦していきたいです。

仕事を遊ぶためのお金を稼ぐためにすると運送会社の面接官に伝えることで、この人は自分の感情に正直な人なんだなという好印象を面接官に与えることができます。そして、2トントラックドライバーだけでなく、4トントラックドライバーや大型トラックドライバーの両方に挑戦したいと、運送会社の面接官に伝えることで、チャレンジ意欲が抜群な若者と働きたいという好印象を面接官に与えることができます。

2.無職でいることに限界を感じることが多くなり、今の無職自分のままでいいのだろうかという不安の気持ちを抑えることができなくなって、ルート配送ドライバーの正社員の仕事にご応募させていただきました。私は、このルート配送ドライバーの仕事を足がかりにして、今の情けない自分を強くて逞しい人間に変貌させていきたいと思います。

無職でいることに限界を感じたから、どうしてもルート配送ドライバーの正社員の仕事に就きたいということを運送会社の面接官に伝えることで、この人に人生逆転のチャンスを与えてあげたいと運送会社の面接官に思わせることができます。そして、ルート配送の仕事を足がかりにして、情けない自分を変えたいと、運送会社の面接官に伝えることで、自分を変えたい気持ちが強い若者なんだなという好印象を面接官に与えることができます。

3.周りの友人や知人が、正社員として多額の給与を稼ぎ出していく様子をSNSで知ることがきっかけで、月収10万円しか稼げないフリーターの自分を恥じるようになり、周りを見返すために月収20万円以上稼げるルート配送の正社員の仕事にご応募させていただきました。

月収10万円のフリーターから月収20万円以上稼げる正社員にステップアップしたいという気持ちを的確に、運送会社の面接官に伝えることができれば、ルート配送の正社員の職を手にすることができるでしょう。ですが、お金以外の部分でルート配送の仕事に就きたいということを運送会社の面接官に伝えることができないと、ルート配送の正社員の内定を手にすることができないかも。

4.ぱっと求人票をみていたら、ルート配送の正社員の求人が目に付いて、これは運命かもしれないと重い、御社のルート配送の正社員の仕事にご応募させていただきました。それに、人生一度でいいから、中型トラックや大型トラックを運転できる仕事をしたい思いもあり、御社のルート配送の正社員の仕事をしたいなとも思いました。

あーだーこーだと、運送会社の面接官に好かれるための御託を並べるよりも、率直なルート配送の正社員の志望動機を述べたほうが、ルート配送の面接官からの評価が高かったりします。そのほかにも、ドライバー職に関する仕事の意欲を運送会社の面接官に伝えることで、ルート配送の正社員の仕事いつける可能性がぐーんとUPしますね。

5.営業職で身に着けたコミュニケーションを生かして、取引先の人と円滑な関係を築くことができ、御社の会社の評判に貢献できるのではないかと思い、御社のルート配送の正社員の仕事にご応募させていただきました。

どこの会社でも、お金を稼ぎたい以上に、自社にどれだけ貢献できるのかという部分を重視していますから、自分がルート配送を仕事を通じて運送会社に多くの利益をもたらすことができるということを、運送会社の面接官に的確に伝えることができれば、ルート配送の正社員の仕事を手にすることができます。ですが、運送会社の面接官に、この人は自社に利益をもたらす人間ではないと判断されてしまうと、ルート配送の正社員の仕事につくことができません。

6.若い頃から、肉体労働系の仕事のとび職や道路工事の仕事を長期間行ってきた経験からして、自分は一般人よりも体力と自動車運転スキルは優れていますから、すぐにルート配送ドライバーの正社員の仕事に適応できるのではないかと思い、御社のルート配送ドライバーの正社員の求人にご応募させていただきました。

どこの会社でも、優秀や優秀ではないよりも、長期間心が折れずに仕事を続けてくれる人材を重宝としていますから、運送会社の面接官に自分がいかに体力と根性があるかを伝えることができれば、ルート配送ドライバーの正社員の仕事を手にすることができます。ですが、運送会社の面接官にこの人は体力も根性もない人だとおもわれしまうと、ルート配送の正社員の職を得られません。

7.私は、毎日決められたことを繰り返すルーティーンワークをすることを苦しいと思わない側の人間ですから、毎日同じことを繰り返すルート配送ドライバーの仕事に向いていると思い、今回御社のルート配送の正社員の仕事にご応募させていただきました。

ルート配送ドライバーに求められる人材は、特別な技能がある特殊な人間ではなく、毎日同じ作業を繰り返しても苦に感じない人間ですから、運送会社の面接官に、自分がいかに同じ作業を繰り返す仕事に適性があるのかということを伝えることができれば、運送会社の正社員の内定を手にすることができます。

8.将来起業して大きな成功をかなえるために、OO円の貯金をためる必要があるので、手っ取り早くお金を貯めることができる御社のルート配送の正社員の求人にご応募させていただきました。

将来の夢をかなえるためにOO円の貯金を絶対にためてやるんだという明確な目標を持っていることを運送会社の面接官に伝えることで、面接官に君のように大きな夢を持っている人と一緒に働きたいと思わせる事ができ、ルート配送の正社員の内定を手にすることができます。

9.ルート配送の正社員が内定が出るかどうかは、すべては人と人の縁で決まる。

これはすばらしいと誰もが認めるルート配送ドライバーの志望動機を運送会社の面接官に伝えても、運送会社の面接官に嫌われてしまえば、ルート配送の正社員の職を手にすることができません。逆に、あまり良いとはいえないルート配送ドライバーの志望動機を運送会社の面接官に伝えても、運送会社の面接官にすかれれば、ルート配送の正社員の職を手にすることができます。

10.ルート配送の正社員の内定を得られるかどうかは、やる気はすべて。

これは最高の答えだと誰もが認めるルート配送ドライバーの志望動機を運送会社の面接官に伝えても、運送会社の面接官にこやつはやる気がなしだと思われてしまえば、ルート配送の正社員の仕事を手にする事はでません。逆に、これは最悪の答えだと誰もが認めるルート配送ドライバーの志望動機を運送会社の面接官に伝えても、運送会社の面接官に嫌われれば、ルート配送の正社員の仕事を手に入れることができます。

ドラピタ

ドラピタ


関連記事
truckman.dorapita.com

タクシー運転手が楽しい理由とは?

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシー運転手の仕事の一般庶民のイメージは、拘束時間が長く、一日中タクシーの運転をしていなければいけないというものになっていますから、多くの庶民はタクシー運転手の仕事に率先して就こうとしません。ですが、タクシー運転手の仕事の実態は、拘束時間は長い反面、年間休日が多く、一日中タクシーの中で待機していることが多いですから、多くの庶民が思っているほどタクシー運転手の仕事は大変ではありません。
今回は、タクシー運転手が楽しい理由に触れていきますね。

1.タクシー運転手は、常に会社の外で仕事を行える

タクシー運転手以外の事務職や人事職は、常に会社内で職務を全うする必要がありますから、常に会社の人に自分の行動を見張られることになりますが、タクシー運転手は常に会社の外で仕事を行えますから、自分のペースでタクシー運転手の仕事を行えます。このタクシーの利点に魅力を感じて、タクシー運転手の仕事に就く人は、両手で数えられないほどいますね。

2.タクシー運転手は、自分のペースで仕事を休める

タクシー運転手は、自分の体がしんどいと感じたときに、すぐさま休憩をとることができますから、自分のペースで無理せず仕事を行いたい方にぴったりな仕事となっています。ですが、タクシー運転手の業務中に休みすぎて仕事をしないと、タクシー会社にタクシー運転手の正社員雇用を打ち切られることもありますから、適度にタクシー運転手の業務をこなしていきましょう。

3.タクシー運転手は、完全週休二日が保障されている

タクシー運転手は、完全週休二日が保障されている仕事となっていますから、休日に自分の趣味を思う存分堪能することができちゃいます。ですが、週一日の休みに慣れている人が、タクシードライバーの仕事に就いて突然週二日の休みを与えられても、週二日の休みに何をやればいいのか?の状態に陥ってしまいます。

4.タクシー運転手は、月収30万円~月収50万円のお金を稼げる

タクシー運転手は、普通の底辺ビジネスマンでは一生稼ぐことができないであろう月収30万円~月収50万円の給与を手にすることができますから、同世代よりもお金を稼ぎたい人にタクシー運転手はぴったりな仕事です。ですが、タクシー運転手として多くのお客様をゲットすることができなければ、月収20万円~月収30万円の給与しか手にすることができないことを知っておく必要はあります。

5.タクシー運転手の正社員は、世間から認められている

コンビ二店員やスーパーの店員をしていると、多くの人から真面目に正社員で働いていないだめ人間だという烙印を押されてしまいますが、タクシー運転手の正社員は、世間から真面目に働いている人という印象を持たれていますから、世間に認められたい気持ちが強い人はタクシー運転手の正社員になりましょう。

6.タクシー運転手は、さまざまな業種の人と関われる

タクシー運転手は、毎日タクシーにさまざまな業種のお客様を乗せることが多いですから、他の職業以上にさまざまな業種の人と関われます。このタクシー運転手でしか得られない利点に魅了されて、タクシー運転手の仕事に就いている人は世の中に多くいますね。

7.タクシー運転手の仕事に適性があれば、タクシー運転手の仕事を楽しいと思える

タクシー運転手の仕事に適性がある人は、自動車を運転することが好きで、人と関わることが大好きな人です。この2つの条件を満たしている人がタクシー運転手の仕事を始めると、回りの友人に、タクシー運転手の仕事が楽しくて仕方がないと言うようなりますね。

8. タクシー運転手の仕事に就けば、周りと違う仕事をしているんだーの気持ちを持てる

同世代と同じ職種の仕事をしていると、周りと同じような仕事をしている僕の人生ってなんなんだろうという気持ちを持つことになります。逆に、タクシー運転手の正社員の仕事をしていると、回りとはひと味違う仕事をしている僕の人生はなんなんだろうと思うようになりますね。

9. タクシー運転手の仕事を長期間することで、自動車の運転に自信をもてる

タクシー運転手の仕事で、長期間自動車を毎日乗り回すことで、不安があった自動車の運転に自信を持てます。逆に、タクシー運転手以外の、自動車を運転しない仕事を長期間していると、不安があった自動車の運転がさらに不安になっていきます。

10. どんな仕事でも楽しい

タクシー運転手に限らず、どんな仕事でも大変な部分もあれば、楽しい部分もありますから、この世界につまらない仕事なんてものは存在しません。ですが、どんなに楽しい仕事でも、1日14時間以上働くと、己の精神が病んでしまいますから、1日10時間程度働くことにとどめておくのが良いですね。


終わりに、

タクシー運転手の仕事は楽しい。
ドラピタ

ドラピタ