トラックマン

トラック専門サイト

大卒でタクシードライバーになる人が増えている理由10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
大卒で人事職や事務職や工場職や公務員になっても月収20万円~25万円ほどしか稼ぎ出すことができません.。それで、大卒で月収50万円の給与を得たい人の多くは、月収50万円~100万円を稼げる仕事であるトラック運転手やタクシードライバーやフルコミの営業職の仕事に就く選択をしています。ですが、タクシードライバーの仕事で多数のお客さんを獲得することができなければ、月収50万円を稼ぐことができず、月収20万円のビジネスマンになってしまいます。今回は、大卒で、タクシードライバーになる人が増えている理由10選に触れていきます。

1.供給過多の業種で正社員の内定を獲得することが難しいから

大卒であっても、供給過多の業種(求人倍率が低い仕事)の正社員の内定を獲得することは至難の業です。供給過多業種の正社員の内定獲得を諦めた人が、人手不足の業種(タクシードライバーやトラック運転手)の正社員の求人に応募して内定を獲得しています。このように臨機応変に正社員の内定を獲得する人がいる一方で、供給過多の業種の正社員の内定にこだわってしまい、なかなか内定を獲得できない人も多数います。

2.タクシードライバーは自由度が高いから

タクシードライバーは自分のペースで仕事をして、自分のペースで休憩を取ることができる仕事となっています。そのため、時間を決められて給料をもらう退屈な仕事をしたくない人がタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。ですが、タクシードライバーの仕事が自由度が高い仕事であることをいいことに、タクシードライバーの業務をサボってしまうと、いつまでたっても月収20万円のタクシードライバーのままです。

3.タクシードライバーの仕事は年間休日120日あるから

世間一般の月収100万円稼げる会社の多くは、年間休日が80日ほどで、プライベートを全く重視することができず、仕事漬けの人生を送ることになります。この地獄のような生活を送ることを避けたい大卒の人の多くは、年間休日120日が保障されているタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。

4.タクシードライバーは月収50万円以上を稼ぐことができるから

大卒なのに、月収20万円~30万円ぽっきりしか稼ぐことができない仕事に就くことだけは避けたいと思っている人は、月収の安い仕事に就くことをやめて、月収50万円以上の給与を得られるタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このタクシードライバーの正社員の内定を得るには、学歴よりもタクシードライバーになりたい気持ちが重要となっていることをお忘れなく。

5.他の大卒者とは違う仕事をしたい人の増加

大卒で、大企業の総合職の仕事に就くという、周りと同じことをする人生に魅力を一切感じない人の多くは、大企業の内定を蹴って、新卒でタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような行動を取る大卒者の多くが、タクシードライバーの仕事で多くのお客様を獲得することに成功し、年収600万円~800万円の所得を得ています。

6.タクシードライバーは50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者の減少

今から10年ほど前は、タクシードライバーは50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者が多数いて、20代、30代の若い大卒者がタクシードライバーの仕事に就くことはあまりありませんでした。ですが、2018年現在では、タクシードライバーは20代、30代の人が就く仕事であると思っている大卒者が増加し、多くの20代、30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

7.タクシードライバーは月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者の減少

今から10年ほど前は、タクシードライバーは月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者が多かったことから、大卒でタクシードライバーの仕事に就く人はあまりいませんでした。ですが、2018年現在では、タクシードライバーは月収50万円~70万円を稼げる仕事であることが多くの大卒者に浸透し、多くの20代、30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

8.人間的に成長したい大卒者の増加

コミュニケーションスキルと卓越した空間把握スキルと自動車運転スキルの3つが、高いレベルで求められるタクシードライバーの業務を毎日こなしているうちに、人間的に成長することができるのがタクシードライバーの仕事です。そのため、人間的に大きく成長したい気持ちを持っている大卒者の多くは、タクシードライバーの正社員の仕事に就いています。

9.起業資金を貯めるためにタクシードライバーの仕事に就く大卒者の増加

タクシードライバーの仕事を3年すれば、貯金1000万円を貯めることも不可能ではありません。起業資金1000万円をサクッと稼ぎたい大卒者の多くがタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような選択をした大卒者の多くが、タクシードライバーからの独立後、年収2000万円~1億円を稼ぐビジネスマンとなり、大きな成功をつかむことができています。

10.タクシードライバーの仕事は気楽

ブラック企業の営業職だと、多数のお客様の契約を獲得しないと上司や社長からものすごい勢いで怒られてしまいます。タクシードライバーの仕事は、多数のお客様を獲得できなくても給料が安くなるだけで、上司や社長からものすごい勢いで怒られることがないので、とても気楽です。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー高卒でもなれる理由10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの正社員求人の応募基準は、学歴不問でタクシードライバーの仕事をしたい熱意を持っていることと普通自動車第一種免許を所持していることという基準を満たしているかどうかとなっています。中卒や高卒、大卒はタクシードライバーの正社員の採用基準には入っていません。ですが、タクシー業界も他の業界同様、年齢が若く、学歴が高ければ高いほど重宝されています。どうしてもタクシードライバーの正社員になりたい人は、年齢が若いうちにタクシードライバー正社員採用面接を受けましょう。今回はタクシードライバーが高卒でもなれる理由10選について触れていきます。

1.タクシードライバー業界は高卒が一番有利

中卒だと、学校を辞めたときのようにタクシードライバーの仕事を辞めてしまうのではないかという不安から、タクシー会社は中卒者の雇用に積極的になることができません。高卒だと、しっかり高校を卒業していることだし、タクシードライバーの仕事を何十年も継続してくれるはずという期待から、タクシー会社は高卒者の雇用に積極的になることができます。

2.タクシードライバーになりたい気持ちが強い高卒をタクシー会社が欲している

タクシー会社は、タクシードライバーになりたい気持ちが強い人材を雇用したいという気持ちを持っています。タクシードライバー採用面接で自分がいかにタクシードライバーになりたいのかという熱い気持ちを面接官に伝えることができれば、高卒でもタクシードライバーの正社員になれます。ですが、タクシー会社の面接官に嫌われてしまうと、面接で何を言っても正社員として採用されることはありません。

3.普通自動車第一種免許を所持している高卒をタクシー会社が欲している

タクシードライバーの業務に必須となっている普通自動車第一種免許を所持し、ペーパードライバーではない人材であれば、80パーセント~90パーセントの確率でタクシードライバーの正社員になれます。また、タクシードライバーの業務に必須の普通自動車第二種免許については、タクシードライバーの正社員採用後に、所属しているタクシー会社が取得費用を全額負担してくれます。

4.普通自動車第二種免許を所持している高卒をタクシー会社が欲している

多くのタクシー会社は、自社の社員の普通自動車第二種の取得費用30万円を浮かせたいと思っています。そのため、普通自動車第二種免許を所持している高卒の人を積極的に自社のタクシードライバーの正社員として採用しています。この現状から、何がなんでもタクシードライバーの正社員になりたい人は、普通自動車第二種免許を所持しておくことをおすすめします。

5.就職活動は運ゲー

タクシー会社に限らず、ほとんどの会社の正社員の内定は、面接官に好かれれば容易にGETすることができますし、面接官に嫌われれば容易にGETすることはできません。就職活動は運ゲーでしかありません。この現状から、中卒であっても高卒であっても、タクシー会社の面接官に好かれれば容易にタクシー会社の正社員になることができます。

6.大きな志を持っている高卒を欲するタクシー会社が多い

家を買いたい、大切な家族を養って生きたい、自分の車を持ちたい、海外に行く費用を貯めたいなどの大志を持っている人の多くは、それを達成するためにガムシャラに仕事を頑張ります。そのため、多くのタクシー会社は大志を持っている人に、自社のタクシードライバーの正社員の内定を出しています。この現状から、タクシー会社の面接では、自分が大志を持っていることを必死にアピールすることこそが、タクシードライバーの正社員の近道だと思います。

7.奨学金の借金や家のローンがある人を欲するタクシー会社が多い

奨学金の借金や家のローンがある人は、借金を返済するまで仕事をやめる選択をすることがありません。ですから、多くのタクシー会社は奨学金の借金や家のローンがある人を自社の正社員として採用しています。この現状から、タクシードライバーの正社員の志望動機が何にも思い浮かばない人は、奨学金の借金を返済するためにタクシードライバーになりたいと、タクシー会社の面接官に素直に伝えましょう。

8.高学歴の人材よりも、負けず嫌いな人材を欲するタクシー会社が多い

学歴が高く、やる気がないタクシードライバーはお客様を獲得することができず、タクシー会社の負債社員になってしまいます。ですから、多くのタクシー会社は高卒でやる気がある有能なタクシードライバーを自社の正社員として採用しています。この現状から、どうしてもタクシードライバーの正社員になりたい人は、タクシー会社の採用面接では、自分がいかに負けず嫌いなのかをアピールしましょう。

9.タクシードライバーになろうとする大卒が少ない

多くの大卒は、タクシードライバーは大卒が就く仕事ではないと勝手に思い込んでいることが影響して、タクシードライバー業界は未来ある若い人が不足しています。そのため、高卒で30歳以下の人であれば、問答無用でタクシードライバーの正社員の内定をGETすることができます。この現状から、どうしても正社員の内定を得たい人は、タクシードライバーの正社員の求人に応募しましょう。

10.タクシードライバー業界はに世代交代の時期が来ている

今タクシー業界では、60代のタクシードライバーがこぞって定年退職しています。タクシー会社は自社のタクシードライバー不足を補うために、学歴問わず20代~40代の人を積極的に自社のタクシードライバーとして採用しています。この現状から、20歳~40歳でタクシードライバーの正社員になりたい人は、タクシードライバーの正社員の求人に応募することをおすすめします。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー中卒でもなれる理由10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの業界は未曾有の人手不足の状態に陥っています。ほとんどのタクシー会社はやる気のある普通自動車第一種免許を所持している中卒の人を、自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。ですが、中卒に寛容なタクシードライバーの世界でも、普通自動車第一種免許を所持していない中卒の人を自社のタクシードライバーとして雇用しません。どうしてもタクシードライバーになりたい中卒の人は普通自動車第一種免許を取得することをおすすめします。今回は、タクシードライバーに中卒でもなれる理由10選に触れていきます。

1.高卒、大卒だからといって優秀とは限らない

2018年現在では、金さえあれば猫も杓子も高校と大学に行くことが可能になっている世の中です。高卒、大卒だからといって優秀な人材とは限りません。このことを知っている多くのタクシー会社は、優秀ではない高卒、大卒の人を雇用することを避けて、優秀で自発的に動くことができる中卒の人材を積極的に雇用しています。中卒であることに引け目を感じてタクシードライバーの正社員の仕事に応募することを躊躇する必要はありません。

2.タクシー業界は深刻な人手不足

20代~30代の若者は、楽な仕事をしたい意欲(自動車を運転することをしたくない)が強くなっています。それもあって、四六時中タクシーと呼ばれる自動車を運転しなければいけない仕事に就こうとする20代~30代の若者が減少していまい、タクシー業界は深刻な人手不足状態に陥っています。そのため、タクシー会社の多くは多数の中卒の人を自社のタクシードライバーとして雇用しています。

3.就職活動は縁

就職活動は能力がすべてだと思われがちですが、能力が低くても面接官に「この人と一緒に働きたい」と思わせることができれば、容易に正社員の内定を手にすることが可能です。また、タクシードライバーの就職活動も同様で、タクシー会社の面接官に「この人と一緒に働きたい」と思わせることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができます。

4.タクシー会社は職歴と学歴をあまり重視しない

タクシー会社の多くは、職歴と学歴を全くというほど重視しておらず、コミュニケーション能力が高いことや自動車運転スキルが優れていること、必要最低限のルックスを有していることを重視しています。中卒だからといって、タクシードライバーの正社員になることをあきらめてはいけません。ですが、中には学歴を重視するタクシー会社もありますから、高卒程度の学歴を有しておいてもよいでしょう。

5.タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人を雇用したいタクシー会社は多い

タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人の多くは、タクシードライバーの業務を長期に渡って遂行してくれます。ですから、1人の人材に長期間タクシードライバーとして活躍してほしいタクシー会社は、タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人を積極的に正社員として雇用しています。ですが、タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人であっても、タクシー会社の面接官に嫌われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定をGETすることができません。

6.中卒だから、あえて雇用される

中卒の人は、高卒や大卒の人のように、簡単に正社員の職を手にすることができないことを知っています。ですから、一度正社員の職に就いたら離職することはほとんどありません。この現状を知っているタクシー会社は、すぐに仕事を離職する可能性がある高卒や大卒を雇用することをやめ、長期間仕事を続けてくれる中卒を自社の正社員として雇用しています。

7. 20代の中卒はタクシー業界では重宝される

2018年現在のタクシー業界は、40歳以上のおじさんタクシードライバーが多くを占めていて世代交代ができていない状況下にあります。そのため、世代交代を図りたいタクシー会社の多くは、20代の中卒の人を自社の正社員として雇用することに積極的です。ですが、20代の中卒の人は、学歴不問のベンチャー企業に就職する傾向が強く、タクシードライバーの正社員になる選択をする人があまりいないため、タクシードライバーの人手不足問題は解決されていません。

8.タクシードライバーにエリートはいらない

タクシー会社の求めている人材は、コミュニケーション力が高く、自動車の運転が上手い人材であって、大卒で無駄にプライドが高いだけで仕事がなにもできない人材ではありません。己の中卒の学歴を卑下せずに、中卒の人は思い切ってタクシードライバーの正社員採用面接に応募しましょう。

9.中卒はハングリー精神が強い

中卒はハングリー精神が強く、月収50万円以上の給与を手にして大卒を見返してやる気持ちを持っています。仕事を本気で頑張ってくれる人材を雇用したいタクシー会社は、ハングリー精神が強い中卒を積極的に自社の正社員として雇用しています。

10.ルックスがすべて

タクシードライバーの仕事は、接客業であり、お客さんを不快にさせない必要最低限のルックスが求められています。中卒でルックスがよく、好印象を与える人であれば、自社の社員のルックスにこだわるタクシー会社から正社員の内定を得られます。

ドラピタ

ドラピタ

年収2000万円稼げる仕事20選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
年収100万円で大貧民で、年収200万円でちょい貧民で、年収300万円~500万円で平民で、年収600万円~1000万円で富豪で、年収1000万円以上で大富豪となっています。大富豪になって人生を謳歌したいと思っている人は、年収2000万円を稼げる仕事に就くことをおすすめします。ですが、年収2000万円の仕事の求人倍率はとても高く、他者を圧倒するスキルや学歴がないと年収2000万円を稼げる仕事に就くことができません。学歴もスキルもない人は自分で事業を起こし、年収2000万円を稼ぐしかありません。今回は、年収2000万円を稼げる仕事20選に触れていきます。

年収2000万円の手取り

年収を2000万円を稼ぐことができれば、子どもを4人以上養うことも可能ですし、月10回以上1日数万円のお金を使うことができます。誰もが欲する理想の生活を送りたい人は年収2000万円稼げるビジネスパーソンになりましょう。ただ、年収2000万円の所得税は40パーセントで、大雑把な手取りは年間1200万円ほどとなっています。多くの人が思っているよりは裕福な生活を送ることができるわけではありませんが、税金を引いた後でも月収100万円のお金を自由に使うことができ、普段の生活で金不足の状態に陥ることはありません。

年収2000万円を稼げる仕事20選

1.フルコミッションの不動産の営業マン

フルコミッションの不動産の営業マンとなり、お客さんの契約をたくさん獲得することができれば、年収2000万円~4000万円の所得を手にすることが可能です。年収2000万円の勝ち組になりたい人は、今の仕事を辞めてフルコミの不動産の営業マンの仕事に転職しましょう。ですが、フルコミの不動産の営業マンとしてお客さんの契約を全く獲得できなければ、月収が0円となり、日々の生活もままなくなります。日々の生活を安定させたい人は、固定給ありの正社員の仕事に就くことをおすすめします。

2.親が大富豪のニート

親が大富豪であれば自分はニートでも、毎月自由に使うことができるお金を親から200万円ほど受け取ることもできるかもしれません。税金の心配を一切することなく、毎月200万円以上のお金を使うことができます。ですが、親が大富豪のニートは親の事業がうまくいかなくなった瞬間、毎月のお金が0円になってしまいますから、一生安泰というわけではありません。

3.開業医

医者でも病院の勤務医は月収100万円ほどで、少し豪遊したらすぐに吹き飛んでしまう程度の給与しか得ることができません。人生を思いっきり楽しむことができるお金を稼ぎたい人の多くは、開業医になっています。逆に開業医は、月収200万円~1000万円ほどで、お金を使っても使い切れないほど稼ぐことができますから、人生を思いっきり楽しむことができます。

4.プルデンシャル生命保険の営業マン

アメリカ最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の生命保険会社プルデンシャル生命保険の営業マンは、プルデンシャルの莫大な歩合額×獲得したお客さん=自分の月給となっています。お客さんを大量に獲得することができれば、年収2000万円~2億円の給料を手にすることができます。ですが、プルデンシャル生命保険の営業マンは、完全歩合制ですからお客さまを1人も獲得できなければ、月収0円の月もあります。

5.プロ野球選手

NPB所属のプロ野球選手は、一軍の控え選手で年収2000万円~3000万円の給与を得ることができ、一軍のメイン選手で数億円の年収を得ることができます。年収2000万円以上を得たい人はプロ野球選手になるしかありません。ですが、プロ野球選手として結果を出すことができなれば、突然球団から戦力外通告をされてしまい、給与0の人になってしまいます。プロ野球選手という職業にもデメリットはあります。

6.プロのスーパーアフィリエイター

プロのスーパーアフィリエイターとは、ウェブサイトの広告収入のみで年収2000万円~数億円の所得を得ています。会社員の収入に満足できなくなった人は今の仕事をやめて、プロのスーパーアフィリエイターの仕事に就くことをおすすめします。ですが、スーパーアフィリエイターは自分のサイトの検索順位が大幅に落ちれば、収入が大幅に下落するデメリットが存在しています。すさまじい給料よりも安定した給与を得たい人はスーパーアフィリエイターよりも公務員になることをおすすめします。

7.有料note(ノート)販売者

知名度がそこそこある人が、数万円以上ある有料noteを自分のファンに売りつけることで、年収2000万円~数億円の所得を得ています。この有料note販売者のデメリットは「情報商材(有料note)販売で楽してお金を稼ぎやがって」と第三者から嫉妬されてしまうところにありますね。

8.年収1000万円のサラリーマンをしつつ副業でも1000万円稼いでいる人

年収1000万円のサラリーマンになることで確実に1000万円稼ぐことができ、副業で1000万円稼ぐことで会社をクビになっても1000万円の年収を維持でき、いいことばかりですね。ですが、2つの仕事を同時に行うことをしてしまうと、どちらの仕事も中途半端となってしまい、数億円の大金を稼ぎだすことができません。会社を辞め、副業を本業にして数億円稼ぐのがベストの選択と言えます。

9.チャンネル登録者数50万人以上のyoutuber

チャンネル登録者数50万人以上のyoutuberは、年収1000万円~数億円を稼ぐことができています。会社に行かずに動画投稿でお金を稼ぎたい人はyoutuberになることを視野に入れてみましょう。このチャンネル登録者数50万人のyoutuberになるには、子供どもが喜びそうな大量消費動画や1000円ガチャ動画を大量にyoutubeにアップロードすることが必須となっています。

10.FXトレーダー

FXトレーダーの9割は、FXトレードに失敗して己のトレード資金の大半を為替相場で溶かす末路をたどることになります。一方、FXトレーダーの1割はFX取引で年2000万円~数十億円の利益を生み出すことに成功しています。この1割の年収2000万円以上稼ぐFXトレーダーになるには、ハイレバレッジでの取引を何度も成功させることと、損切りラインでの損切りを徹底すれば良いだけですね。

11. バーチャルyoutuber

チャンネル登録者数50万人以上のバーチャルyoutuberは、年収2000万円以上の大金を稼いでいます。顔出しせずに動画投稿でお金を稼ぎたい人は、バーチャルyoutuberになることを視野に入れてみましょう。このチャンネル登録者数50万人のバーチャルyoutuberになるには、ルックスがかわいい美少女の二次元キャラが超かわいい萌えボイスで話している動画をyoutubeにアップロードをすれば良いだけですね。

12.大企業の会社役員

大企業の会社役員になれば、年収2000万円~数億円の給与を手にすることができます。確実に年収2000万円以上のビジネスパーソンになりたい人は、大企業の会社役員を目指しましょう。ですが、大企業の会社役員になるには数十年以上の時間を要します。20代や30代の若いうちに社会の成功者になりたい人は大企業の会社員になるのではなく、自ら起業して大きな成功を収め、年収2000万円以上のビジネスパーソンになることを目指しましょう。

13.中小企業の会社役員

中小企業の会社役員になれば、年収2000万円~4000万円の給与を得ることができます。数年以内に年収2000万円以上のビジネスパーソンになってやるという野望を持っている人は、中小企業の会社役員を目指しましょう。中小企業の会社役員になるには、中小企業の正社員として仕事で輝かしい結果を出すことを5年程継続すればよいだけですから、そんなに難しいことではありません。

14.キーエンスの営業マン

自動制御機器(PLCと周辺機器)、計測機器、情報機器などの開発製造販売を行うキーエンスの営業マンとして、多数の契約を獲得できれば、年収2000万円~3000万円の給与を得ることは不可能ではありません。手堅く年収2000万円の給与を得たい人は、即効で今の仕事を辞め、キーエンスの営業マンになることをおすすめします。ですが、キーエンスの営業マンとして並の仕事の結果しか出せなければ、年収500万円~1000万円しか稼ぐことができません。

15.仮想通貨トレーダー

仮想通貨ブームが起こっているときは、仮想通貨の価値が100倍~10000倍に頻繁に跳ね上がっていたので、仮想通貨の取引で利益を出すことはそんなに難しいことではありませんでした。ですが、仮想通貨ブームが終わってしまった今では、仮想通貨の価値が跳ね上がることはほとんどないので、2018年8月現在で仮想通貨の取引で多額の利益を出すことは難しいです。

16.未来性がある事業を立ち上げる

トラック運転手やタクシードライバーの仕事を数年して貯めたお金を元手にして、未来性がある事業を立ち上げれば、年収2000万円~数億円のビジネスマンになるのもそんなに難しいことではありません。ですが、未来性がある事業を思いつくことは容易ではありませんから、未来性がある事業を思いつかないけど年収2000万円を稼ぎたい人は、年収2000万円以上稼げる会社の正社員になることをおすすめします。

17.マグロ漁師

マグロ漁師になって1ヶ月のうちに1匹何百万円もするマグロを何匹も釣ることができれば、年収2000万円~数億円の所得を得ることができます。ですが、マグロ漁師になってもマグロを釣り上げることができなければ、年収2000万円はおろか年収200万円を稼ぐこともできません。マグロ漁師はリスクが高い仕事と言えます。

18.ナマコ漁師

ナマコ漁師になって500グラム10万円もするナマコを大量に捕獲してインターネット販売すれば、年収2000万円~数億円の所得をサクッと稼ぐことができてしまいます。このナマコ漁師になるには、特殊なスキルも特殊な人脈も何もいりません。スキルも人脈もなしで年収2000万円稼ぎたい人はナマコ漁師になることをおすすめします。

19.DJ

有名な曲を何曲も作成する有名DJになれば、一回DJをやるだけで2000万円以上の大金を手にすることができます。年収2000万円をはるかに凌ぐ所得を得たい人は、有名DJになることをおすすめします。ですが、ほとんどのDJは無名です。年収2000万円の所得を得ているDJはごく少数という現実があることを忘れてはいけません。

20.インターネット古事記

日本で誰も知らないくらい知名度がある人が、自分の口座にお金を振り込んでくれーと自分のファンに訴えれば、一瞬で2000万円を超えるお金が自分の口座に振り込まれます。知名度がある人はインターネット古事記になってお金をたくさん稼ぎましょう。

ドラピタ

ドラピタ

楽しい仕事20選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
多くの日本人は、仕事は辛くて楽しくないものであり、我が人生に不要なものであると思い込み、仕事を心の底から楽しむことができていません。この状況を変えるには、多くの日本人がどんな仕事でも楽しい部分が多くあり、仕事の楽しい部分を満喫しようと思えるようになれば良いだけなのです。ですが、一度楽して生活することを知ってしまった日本人の多くは、仕事の楽しさよりも労働時間の短さを重視するようになってしまいます。多くの日本人は、仕事の楽しい部分を見ようともしていません。今回は楽しい仕事20選に触れていきます。

仕事は人生の暇つぶしであり、最高に楽しい娯楽である

仕事で職場の人や仕事でかかわる人とコミュニケーションを取ることは、人生の最高の暇つぶしになるし、一見大変に思える仕事にはまると、大変な仕事が楽しい娯楽になります。この本質に気づいた人の多くは、仕事をすればお金も多くもらえるし、人生の暇つぶしになるし、友達もたくさんつくれるし、仕事が己の趣味になるし、仕事をすることはいいことばかりだなーと思うようになります。ですが、多くの日本人は仕事をしたくないという気持ちが異常に強くなっているせいか、仕事を楽しむことができず、仕事は人生の暇つぶしであり、最高に楽しい娯楽であることに気づくことなく人生を終えていきます。

楽しい仕事20選

1.この世に存在する仕事すべて

この世に存在する仕事すべてで、仕事のやりがい、この仕事にしかないメリット、この仕事でしか得られない出会い、この仕事でしか得られないスキルの4つを獲得できます。このことを知ってしまった人の多くは、仕事の選り好みをすることをやめて、自分が就ける正社員の仕事に就き、月収30万円~100万円の給与を手にすることに成功しています。

2.月収100万円以上稼げる仕事

月収100万円以上稼げる仕事は、仕事での辛いこと、労働時間がとてつもなく長いこと、年間休日がとても少ないこと、職場での人間関係が良くないことの4つの災難があっても、給料日に100万円以上のお金を手にすれば、嫌なことすべてを忘れることができ、また仕事をがんばろうと思うことができます。ですが、お金に対する執着心がない人は、月収100万円以上稼いだところで、仕事でのストレスを0にすることができません。お金に対する執着心がない人は、年間休日120日で月収20万円の待遇の会社で仕事をするようにしましょう。

3.正社員雇用の仕事すべて

正社員であれば、自分の勤めている会社のために本気で仕事をがんばろうと思うことができます。日々の業務にも全力をささげることができ、仕事を心の底から楽しいと思うことことができます。ですが、正社員になっても、他の人に仕事をさせて自分だけは楽しようという人は、自分の勤めている会社のために本気で仕事をがんばろうと思うことができず、仕事を心の底から楽しいと思うことができません。

4.フルコミッションの営業

フルコミッションの営業は、契約のゲット数×数万円=歩合給という形で毎月の仕事が給料に反映されます。歩合だけで月収数百万円を超えるぞという気持ちを持ち、日々の仕事を全力でがんばることができます。ですが、フルコミ営業で仕事の契約を1個も手にすることができない人は、毎月の給料が0になってしまいますから、仕事をするのが無意味ではないかという絶望的な気持ちを持つことになります。

5.仕事で結果を出せば役職が上がる仕事

仕事で結果を出せば役職が上がる仕事であれば、会社での発言権をUPさせるためにもっと仕事をがんばるぞーという気持ちを持つことができます。80パーセントの力を出して日々の業務を行うことができます。逆に、仕事で結果を出しても役職が一向に上がらない仕事であれば、仕事をがんばるだけ無駄という気持ちを持つことになり、日々の業務を全くがんばることができません。

6.完全週休二日が保障されている仕事

完全週休二日が保障されている仕事であれば、労働時間が長くても、休日遊ぶために仕事を本気でがんばりまくるぞーという気持ちを持つことができます。仕事の業務を全力でがんばりたい人は、完全週休二日の仕事に就くことをおすすめします。逆に、完全週休二日が保障されていない仕事で労働時間も長いと、何のために仕事をしているのだろうという気持ちを持つことになり、日々の仕事を楽しいと思うことができなくなります。

7.自分の得意分野を仕事にする

自分の得意分野を仕事にすれば、仕事で辛いと感じることもありませんし、今よりももっと自分のスキルを伸ばしてやるぞーという気持ちを持つことができます。ポジティブな気持ちを持って仕事を楽しみたい人には、自分の得意分野の仕事をおすすめします。逆に、自分の得意分野以外のことを仕事にしてしまうと、日々の仕事の業務を行うこと自体が辛くなってしまい、仕事を楽しいと思うことができません。

8.自分がやりたいことを仕事にする

自分がやりたいことを仕事にすれば、仕事で多少大変なことがあっても、仕事の大変なことすべてを乗り越えてやるぞーという気持ちを持つことができます。仕事の苦難のすべてを乗り越えたい人には、自分がやりたいことを仕事にすることをおすすめします。逆に、自分のやりたくないことを仕事にしてしまうと、仕事で大変なことがあるたびに仕事を辞めたいと思ってしまいます。

9.ストレスがたまらない仕事に就く

自分のやりたい仕事ではなく、ストレスが全くたまらない仕事に就けば、毎日楽しい気持ちを持って仕事場に行くことができ、ひとつの仕事を長期間行うことができますね。逆に、ストレスがたまる自分のやりたくない仕事に就けば、毎日暗い気持ちで仕事場に行くことになり、ひとつの仕事を長期間行うことができません。

10.仕事内容が簡単なことを仕事にする

仕事内容が難しいことを仕事にすると、仕事場に行くことがおっくうになってしまい、仕事場に行きたくないなーという気持ちを持ってしまいます。あまり難度が高い仕事に就くことはあまりおすすめできません。逆に、誰でもできるような難度が低い仕事をすると、仕事場に行くことがそんなに嫌ではなくなり、暇だからもっと仕事したいなーという気持ちになりますから、難度が低い仕事に就くことをおすすめします。

11.事務職

事務職は、職場の人と仲良くなることさえできれば、職場の人とおしゃべりを思う存分楽しみながら職務を行うことができます。人とのコミュニケーションを取ることが得意な人にぴったりなお仕事となっています。ですが、人とのコミュニケーションを取りたくない人が事務職の仕事をすると、上司にゴマをすったりするのに疲れて、自分のメンタルの状態が悪くなることがあります。

12.ユーチューバー

ユーチューバーとは、自分のプライベート動画をyoutubeにアップロードして、動画の再生回数×0.1円の広告収入を得ている人のことを指します。このユーチューバーになれば、毎日会社に行くことなく、人生のほとんどの時間を遊びに費やすことができます。ですが、ユーチューバーの仕事は、youtubeという動画投稿サイトがなくなったら成り立たなくなる仕事ですから、どの仕事よりも収入が0になるリスクが高いです。

13.ライター

ライターは、1文字1円~5円の単価でブログメディアやニュースサイトの記事を書いている人のことを指します。ライターになれば毎日カフェや自宅で、自分のペースでまったりと仕事することができ、精神的なストレスとは皆無な生活を送ることができます。ですが、ライターの仕事は他者と会話をすることがほとんどなく、常時寂しくて仕方ない状態に置かれてしまいます。

14.今まで誰もやったことがないことを仕事にする

今まで誰もやったことがないことを仕事にすれば、誰も体感したことがない充実した人生を送ることができ、サラリーマンでは考えられない給与を手にすることができます。誰もやったことがないことを仕事にして失敗しても、自分の命を失うことにはなりません。誰でもリスク0で今まで誰もやったことがないことを仕事にすることに挑戦できます。

15.自分のグッズを販売する仕事

インターネット上で有名人になって、自分のグッズをインターネットで販売することを仕事にできれば、毎日自分のペースでまったり仕事をすることができ、仕事で大きなストレスを感じることがほぼなくなります。自分のグッズ販売の仕事は、人気がなくなり、グッズが売れなくなったら収益が0になるリスクがある仕事となっています。

16. 専業FXトレーダー

専業FXトレーダーの中には、FX取引で1日1万円~10万円の収益を得ている人もいます。専業トレーダーになるには、FX取引で着実にトレード資金を増やせることと、FX取引時に素早い損切りを行い、損益を限定できることと、FX取引が好きな気持ちの3つが必要です。この3つがある人は、今の仕事から離職して専業FXトレーダーになりましょう。

17.大型トラック運転手

大型トラック運転手は、大型トラックで商品を配送先に送り届けることで、月収30万円~60万円の給与を得ています。大型トラック運転手になるには、普通自動車第一種免許と大型免許の2つを所有している必要があります。また、大型トラック運転手の仕事は、完全週休二日と年間休日110日が保障されています。

18.中型トラック運転手

中型トラック運転手は、中型トラックで商品を配送先に送り届けることで、月収26万円~35万円の給与を得ています。中型トラック運転手になるには、中型免許と普通自動車第一種免許の2つを所持している必要があります。また、中型トラック運転手の仕事は、完全週休二日と年間休日110日の両方が保障されています。

19.2トントラック運転手

2トントラック運転手は、2トントラックで商品を配送先に送り届けることで、月収20万円~25万円の給与を得ています。2トントラック運転手になるには、普通自動車第一種免許を所持している必要があります。また、2トントラック運転手の仕事は、完全週休二日と年間休日120日が保障されています。

20.タクシードライバー

タクシードライバーは、タクシーでお客様を目的地に送り届けることで、月収30万円~60万円の給与を得ています。タクシードライバーになるには、普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許の2つを所持している必要があります。またタクシードライバーの仕事は、完全週休二日と年間休日120日が保障されています。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバーに向いている人(適性がある人)10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの仕事は、お客様と楽しい会話をしつつ、タクシーでお客様を目的地に送ることです。人とコミュニケーションをとることが好きで、自動車の運転が苦にならない人であれば、タクシードライバーの仕事に向いていると言えるでしょう。タクシードライバーの正社員の仕事は、常に人手不足状態となっていますから、タクシードライバーになりたい情熱と普通自動車第一種免許の2つがあれば、タクシードライバーの正社員になることは難しいことではありません。
今回は、タクシードライバーに向いている人(適性がある人)10選に触れていきます。

1.自動車の運転が好き

タクシードライバーの業務内容には、タクシーを1日中運転することが含まれています。自動車の運転が好きな人であれば、タクシードライバーの業務が楽しいと思うことができます。逆に、自動車の運転が大嫌いな人であれば、タクシードライバーの業務が苦しいと思ってしまいます。自動車の運転が好きではない人はタクシードライバーの仕事に就くべきではありません。

2.お金を稼ぎたい気持ちが強い人

タクシードライバーの仕事は、お客様をたくさんタクシーに乗せれば乗せるほど、歩合給という形で月給がUPしていきます。お金を稼ぎたい意欲が強い人にタクシードライバーの仕事は向いています。このタクシードライバーの仕事で、たくさんのお客様を獲得できれば、月収50万円~70万円の給料を稼ぎ出すこともできます。他の職業の給料を圧倒したい気持ちを持っている人もタクシードライバーの仕事に向いています。

3.人とコミュニケーションをとることが好き

タクシードライバーの仕事は、タクシーを利用するお客様と毎日スムーズなコミュニケーションをとる必要があるので、人とコミュニケーションをとることが大好きな人に向いています。逆に、人とスムーズにコミュニケーションをとるのが苦手であれば、人とそれほどコミュニケーションをとらず、トラックを1日中運転して月収30万円~50万円を稼げるトラックドライバーの仕事に就くことをおすすめします。

4.正社員になりたい気持ちが強い人

タクシードライバーの仕事は大変で、給与が低いという偏見を持っている人が多くいるため、タクシードライバーの仕事は常に人手不足状態になっています。タクシードライバーの正社員になる難度はあまり高くありません。このような現状でタクシードライバーの正社員に求められる人材は、正社員になりたい気持ちが強く、どんな大変な仕事でも乗り越えられる人です。

5.職歴がない人

タクシードライバーの業界は人手不足状態に陥っていますから、職歴がない、普通自動車第一種免許のみの人でもタクシードライバーの正社員の内定を獲得することができます。この部分に着目して、アルバイトで給料がない状態から抜け出したい人は、月収30万円~50万円の給料を稼げるタクシードライバーの正社員採用面接を受けてみてはどうでしょうか。

6.タクシードライバーの仕事に就くことが夢の人

誰が見ても優秀な人でも、タクシードライバーの仕事が好きではない人は、すぐにタクシードライバーの仕事から離職してしまいます。そのため、多くのタクシー会社はタクシードライバーの仕事に就くことが夢の人を自社のタクシードライバーの正社員として採用しています。

7.親に寄生するニートや国に寄生する生活保護受給者になりたくない人

親に寄生するニートや国に寄生する生活保護受給者になりたくない人は、どんなに辛いことがあってもタクシードライバーの正社員の仕事を辞めることがありません。多くのタクシー会社は、自立精神が強い人を自社のタクシードライバーの正社員として採用しています。

8.目の前のことを一所懸命頑張れる人

目の前のことを一所懸命頑張れる人は、日々のタクシードライバーの業務の一つ一つを誰よりも一所懸命頑張ります。お客様の幸せを第一に考えているタクシー会社は、目の前のことを一所懸命頑張れる人を自社のタクシードライバーとして採用しています。

9.夢を持っている人

夢を持っている人は、タクシードライバーの業務で嫌なことがあってもタクシードライバーの仕事を辞める選択をすることがありません。長期間勤め上げることができるタクシードライバーを求めているタクシー会社は、夢を持っている人を自社のタクシードライバーとして雇用しています。

10.家族がいる人

家族がいる人は、家族を養わなければいけないという明確な理由を持って仕事をしています。そのため、大義名分を持っている人を自社の正社員として雇いたいタクシー会社は、家族がいる人を自社のタクシードライバーとして採用しています。

ドラピタ

ドラピタ

正社員になりたい人におすすめな仕事20選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
非正規雇用のアルバイトやフリーターの給料では、いつまでたっても大切な彼女との結婚に踏み切ることができずに寂しい人生を送ることになります。大切な人を幸せにしたい人は、非正規雇用の仕事を辞めて正社員の仕事に就くことをおすすめします。また、正社員になれば月収20万円~100万円の給料と、年間休日120日、年2回の賞与を手にすることができます。つまり、アルバイトでは考えられない給与と休みを得られます。
今回は、正社員になりたい人におすすめな仕事20選に触れていきます。

1.ルート営業

ルート営業は、既存の取引先に自社の商品を勧める仕事です。飛び込み営業やテレアポ営業のような厳しいノルマがなく、自分のペースでゆっくり仕事を行うことができます。ですが、飛び込み営業やテレアポ営業のような厳しいノルマがない代わりに、莫大な歩合給が存在していません。そのため、どんなにルート配送の仕事を頑張っても月収20万円~40万円ほどしか稼げません。

2.社員2人~5人のスタートアップの正社員

社員2人~5人のスタートアップの会社は、いつ潰れるか分からない会社ということもあってそこで仕事をしたいという人はほとんどおらず、常に人手不足状態に陥っています。社員2人~5人のスタートアップの会社の正社員の内定を手にすることはそんなに難しいことではありません。

3.週休1日制の会社の正社員

多くの日本人は、週休2日と月収30万円以上で賞与ありの会社で正社員として仕事をしたいと思っています。週休1日の会社の求人に応募する日本人はほとんどいませんから、週休1日の会社の正社員の内定を手にすることはとても簡単です。ですが、週休1日では、休みの日も仕事の疲れをとるだけになってしまい、自分のプライベートを充実させることはできません。自分のプライベートを充実させたい人は週休2日の会社で働くことをお勧めします。

4.年間休日120日が保障されている正社員

年間休日120日が保障されている会社の正社員は、週2日の休みに仕事のストレスをすべて取り除くことができます。そのため、仕事が辛いという感情を抱くことがほとんどありません。ですが、年間休日120日ある正社員の求人には、多くの応募が殺到します。年間休日120日ある正社員の内定を手にすることは、かなり難度が高いものとなっていますね。

5.年間休日110日が保障されている正社員

年間休日が110日が保障されている会社の正社員は、年間休日120日の正社員のように長期休暇をとることができませんが、確実に週2日を休むことができます。年間休日110日を激務だと思い込んで、年間休日110日の会社の正社員を選択肢から外してしまうのはもったいないですね。年間休日110日の仕事にはトラック運転手やタクシードライバー、営業職、事務職、人事職などがあります。

6.介護職

介護職は、体の不自由な老人のお世話を長時間しなければいけない仕事ということもあって、楽な仕事をしたい人が就くことはほとんどありません。そのため、介護職の正社員の内定を手にすることは比較的簡単です。ですが、介護職員はたとえわがままな要望でもむやみに拒否したりできません。覚悟と知識、技術を備えた人が介護職の仕事を長期間続けるのに向いていると言えます。

7.事務職

事務職は、肉体的にも精神的にも楽な仕事というイメージもあって、楽な仕事をしたい人が求人に殺到します。ですが、事務職の正社員の内定を手にすることはとてつもなく難しいです。そんな事務職の正社員の待遇は月収18万円~25万円と賞与1回、年間休日120日となっていて、長期間安定したメンタルで仕事ができる待遇です。

8.施設警備員

施設警備員の多くは、クーラーが効いている施設で1日8時間~12時間立っている仕事です。若い人にとっては、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかる仕事ではないと言えます。そんな施設警備員の正社員の待遇は月収17万円~26万円と年間休日110日~120日で、比較的大きなストレスを貯めることがなく、幸せなメンタルで仕事できます。

9.フルコミの営業職

フルコミッションの営業職で契約をたくさん取れば、年収2000万円~3億円の給与を手にすることができます。フルコミ営業なら、短期間で数億円のお金を稼ぎ、遊んで暮らす余生を実現させることもできます。ですが、フルコミの営業職は契約を1つも取ることができないと、月収0円なんて月もあり、ある程度の貯金がある人以外は、固定給のある営業職の仕事に就くほうが得策かもしれません。

10.スタートアップ企業のプログラマー

大企業のプログラマーになるには、知名度が高い学歴と並外れたプログラミング能力が必要です。学歴がない人は大企業のプログラマーになることはほとんど無理です。逆に、スタートアップ企業のプログラマーは学歴不問で、それなりのプログラミング能力を所持していれば就けますから、学歴がない人でもスタートアップ企業のプログラマーになることができます。

11.飲食店の正社員

飲食店の正社員の仕事は、拘束時間もかなり長く、仕事中常に動きっぱなしということもあって、そのキツさに耐え切れなくなり、入社2ヶ月ほどで辞めてしまう人が多くいます。そのため、飲食店の正社員の仕事は常に人手不足となっています。また、飲食店の正社員の待遇は年間休日110日と月収25万円~50万円、年1回以上の賞与ありとなっています。

12.テレアポの営業マン

テレアポの営業マンは1日10時間~12時間、ひたすら電話をかけ続ける作業を淡々と繰り返します。電話をかける作業自体に慣れれば、想像する以上に楽な仕事かもしれません。また、テレアポの営業マンの正社員の待遇は、年間休日110日~120日と月収25万円~40万円、年2回の賞与ありとなっています。

13.自衛隊

自衛隊は1日8時間みっちりと体を鍛える訓練を毎日繰り返すので、体を鍛えることが好きな人にぴったりな仕事となっています。しかも、公務員なので正社員のように会社がなくなって無職になるリスクがほとんどありません。自衛隊の仕事に就けば、無職になるかもとおびえる必要がありません。そして、自衛隊は人手不足ですから、入隊はそれほど難しいことではありません。

14.SEO対策

SEO対策の仕事は、企業のホームページの内部リンクや外部リンクの対策を行い、Googleの検索順位を上昇させることがメインとなっています。肉体的にも精神的にも負担が少ない仕事かもしれません。ですが、度重なるGoogleのアップデートに対応できないSEO企業が続出していることもあって仕事は激減している現状があります。

15.小売業界の正社員

小売業界は、ブラックなイメージを持っている若者の増加で未曾有の人手不足に陥っています。小売業界の正社員の仕事に就くことは難しいことではありません。この仕事の待遇は月収18万円~40万円と年2回の賞与、年間休日110日ほどとなっています。

16.年間休日60日ほどで年収2000万円稼げる会社

年間休日60日ほどで年収2000万円稼げる会社は、世間ではブラック企業と判断され、多くの人の選択肢から除外されています。そのため、年間休日60日ほどで年収2000万円稼げる会社は常に人手不足に陥っていて、正社員になる難度はかなり低めとなっています。

17.自分の就きたい仕事

年間休日や月収、賞与といった部分を重要視するのではなく、自分の就きたい仕事で正社員になるのが一番後悔しない選択と言えます。ですが、どんなに就きたいと思っていた仕事でも、実際に業務をしてみたらやりたいことではなかったなんてことも多いです。自分が就きたいかどうかよりも、年間休日や月収、賞与といった部分を重要視したほうが良い場合もあります。

18.残業代がもらえる仕事

基本給に残業代が含まれていて、残業しても残業代を支払わない会社はブラック企業となっています。そんな、残業代がもらえない会社の正社員になることだけは避けましょう。逆に、基本給に残業代を含まず、残業した時間に応じて残業代を支払う会社はホワイト企業です。残業代がもらえる会社の正社員になることをおすすめします。

19.大型トラック運転手

多くの日本人は、大型トラック運転手の業務を行うために必須の資格である大型自動車第一種免許を所持していません。ですが、この大型免許を所持していれば容易に大型トラック運転手になることができます。大型トラック運転手の待遇は年間休日100日~110日と月収35万円~50万円、年2回の賞与となっています。

20.タクシードライバー

タクシードライバーの仕事は40歳以上のおじさんが就く仕事というイメージが世間一般に広がっていることもあって、20歳~40歳のタクシードライバーの人手不足が引き起こされています。20歳~40歳で普通自動車第一種免許を所持している人は、容易にタクシードライバーの仕事に就けます。タクシードライバーの待遇は年間休日110日と月収50万円、年1回~2回の賞与ありとなっています。

ドラピタ

ドラピタ