トラックマン

トラック専門サイト

ルート配送ドライバーの年収。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
日本人の多くは、ルート配送ドライバーの年収が240万円ぽっきりしかないと思い込んでいますから、自らルート配送ドライバーの仕事に就こうとする人はごく少数となっていて、ルート配送の人手不足が引き起こされています。ですが、実際のルート配送ドライバーの年収は、2トントラックで300万円で、4トントラックで400万円で、大型トラックで500万円となっていますから、多くの人が思っているほどルート配送ドライバーの年収は低くありません。今回はルート配送ドライバーの年収に触れていきます。

ルート配送ドライバーの年収について。

ルート配送ドライバーの年収は、大型トラックのルート配送ドライバー>4トントラックのルート配送ドライバー>2トントラックのルート配送ドライバーの順となっていますから、お金をたくさん稼ぎたい気持ちが強い人は、大型トラックのルート配送ドライバーになることをおすすめしす。ですが、ルート配送ドライバーの年間休日の多さは、2トントラックのルート配送ドライバー>4トントラックのルート配送ドライバー>大型トラックドライバーとなっています。また、ルートドライバーの一日の労働時間の長さは、大型トラックのルート配送ドライバー>4トントラックのルート配送ドライバー>2トントラックのルート配送ドライバーとなっています。

1.2トントラックのルート配送ドライバー

2トントラックのルート配送ドライバーは、大型トラックや4トントラックのルート配送ドライバーよりも月収が低めに抑えられている代わりに、年間休日が120日と多く、一日の労働時間が8時間~9時間ほどとなっていますから、お金よりも自分の時間を大切にしたい人は、2トントラックのルート配送ドライバーになっています。ですが、お金を稼ぎたい人からしたら、2トントラックのルート配送ドライバーの月収20万円は少ない水準となっていますから、お金を稼ぎたい人は月収30万円~月収50万円稼げる大型トラックや4トントラックのルート配送ドライバーの仕事に就くことが多いみたいです。

2.4トントラックのルート配送ドライバー

4トントラックのルート配送ドライバーは、月収が25万円~月収30万円を手にすることができるだけでなく、年1回~2回の賞与を手にすることができるため、年収400万円以上の所得を得ることができる仕事になっていますから、日本国民の平均的な所得を手にしたい思いを持っている人に4トントラックのルート配送ドライバーはぴったりな仕事となっています。ですが、4トントラックのルート配送ドライバーは、年間休日が110日ほどとなっていますから、年間休日120日じゃないと嫌だという人は、年間休日が120日の2トントラックのルート配送ドライバーの仕事についています。

3.大型トラックのルート配送ドライバー。

大型トラックのルート配送ドライバーは、月収30万円~月収50万円を手にすることができるだけでなく、年2回~3回の賞与を手にすることができるため、年収500万円~年収700万円の所得と得ることができる仕事になっていますから、周りの知人よりもお金を稼ぎたい人に、大型トラックのルート配送ドライバーはぴったりな仕事となっていますね。ですが、大型トラックのルート配送ドライバーは、年間休日が100日~110日となっていますから、年間休日が120日ほしいという人は、年間休日が120日以上ある仕事についていますね。

ドラピタ

ドラピタ