トラックマン

トラック専門サイト

ルート配送ドライバーが気楽な理由10選

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送ドライバーの仕事は、営業職のようなノルマもなければ、他者と円滑なコミュニケーションをとる必要もなければ、突然勤め先の会社から正社員雇用の打ち切り似合うこともなければ、月収20万円以下とボーナスがない待遇で働くこともなければ、上司からパワーハラスメントやセクシャルハラスメントを受けることもないですから、ルート配送ドライバーの仕事はどの仕事よりも気楽なものとなっています。ですが、ルート配送の仕事はとても大変であるの意識が多くの人に根付いてしまっているため、ルート配送の正社員の仕事は人手不足の状態に陥っています。今回は、ルート配送ドライバーが気楽な理由10選に触れていきます。

1.ルート配送ドライバーの仕事にはノルマがない。

営業職の場合は、契約のノルマを達成しないと、勤め先の会社から雇用打ち切りに会うことがありますから、常に無職になるのではないかといった精神状態に陥ることもあります。それに比べて、ルート配送ドライバーの仕事は、商品をお客様に届けるだけの仕事になっていますから、仕事で結果を出さなければいけないという緊迫した状況下で仕事をしないで済みます。この部分に大きな魅力を感じて、ルート配送の正社員の仕事に就く人は多いみたいですね。

2.ルート配送ドライバーの正社員は、突然の雇用の打ち切りがない。

若者の車離れが理由で、ルート配送ドライバーの正社員は人手不足の状態に陥っているため、よほどのポカを犯さない限りは、運送会社からルート配送ドライバーの正社員の職を解雇されることはありません。ですが、運送会社の経営状態が突然悪くなり、ルート配送ドライバーの正社員雇用打ち切りなんてこともありますから、経営状態がかなり良い運送会社のルート配送ドライバーの正社員になることをおすすめします。

3.ルート配送関係なく、正社員は気楽。

ルート配送ドライバーの仕事とか関係なく、正社員雇用は、毎月20万円~100万円の給与を手にすることできますから、正社員は個人事業主に比べたら、とても気楽ですね。逆に、個人事業主は、仕事で結果を出さなければ、月収0円~10万円のお金しか手にすることができないなんてこともありますから、個人事業主は、正社員より大変なメンタルで生きていかなければいけません。

4.ルート配送ドライバーの仕事が大変なのは最初だけ。

ルート配送ドライバーの仕事は、トラックの運転になれないうちは、ルート配送の仕事はとても大変だなーという気持ちをもってしまいますが、トラックの運転に慣れてくると、ルート配送の正社員の仕事は気楽でいい仕事だなーとおもうことができます。ですが、仕事をすることが心の底から嫌いな人はいつまでたってもルート配送の仕事を好きになることができないという驚愕の事実がありますね。

5.ルート配送ドライバーの仕事は他人と円滑のコミュニケーションをとらなくてもいい。

営業職の場合、他人と円滑なコミュニケーションをとる必要がありますから、他人と円滑なコミュニケーションをとることが苦手な人が営業職の仕事に就くとうつ病になってしまうことも。逆に、ルート配送ドライバーの仕事は、他人と円滑なコミュニケーションをとる必要がない仕事ですから、コミュ障の人でも楽しくルート配送ドライバーの仕事をこなすことができます。

6.ルート配送ドライバーの正社員の待遇はかなり良い。

多くの日本人は、ルート配送ドライバーの正社員の月収を15万円~月収18万円で賞与もない社会の底辺がつく仕事じゃないかと思い込んでいますから、ルート配送ドライバーの正社員の仕事に率先して就く日本人の数は限られています。ですが、実際のルート配送ドライバーの正社員の待遇は月収20万円~30万円で、賞与ありとなっていますから、多くの日本人が思っているよりは、ルート配送の正社員の待遇は良いものとなっています。

7.ルート配送ドライバーの正社員は、普通自動車第一種運転免許所持のみでなれる。

2トントラックのルート配送ドライバーの正社員であれば、普通自動車第一種運転免許所持のみで就くことができますから、2トントラックのルート配送ドライバーの正社員になることができます。それ以外だと、中型トラックのルート配送ドライバーであれば、普通自動車第一種運転免許と中型免許所持でなることができますし、大型トラックのルート配送ドライバーであれば、普通自動車第一種免許と大型免許の二つを所持でなることができます。

8.ルート配送ドライバー仕事は、激務ではない。

ルート配送以外の激務と分類される仕事の多くは、週1日の休みしか与えられていないだけでなく、一日の労働時間時間も13時間~15時間ほどなっていますから、ルート配送ドライバー以外の仕事では激務に耐えることができず、鬱病になっている人が多くいます。逆に、ルート配送の正社員の仕事は、完全週休二日制で、一日の労働時間も8時間~10時間ほどとなっていますから、ルート配送の仕事でメンタルが病んでしまうことはあまりありません。

9.ルート配送ドライバーの仕事はパワハラやセクハラがすくない。

ルート配送ドライバーの多くは、一日中トラックを運転して、お客様に商品を届ける業務を行っていますから、ルート配送の仕事では、他業種よりもパワハラやセクハラの被害がよりいっそう少ないものとなっています。このような現状があるので、上司との亀裂で今の仕事が続けられないという人はルート配送ドライバーの仕事につくことをご一考してみてください。

10.ルート配送ドライバーの仕事は楽しい。

ルート配送ドライバーは、自分の大好きなトラックを一日中運転することができる仕事となっていますから、自動車の運転が好きな人からしたらルート配送の仕事は楽しくて仕方がないものです。

ドラピタ

ドラピタ