トラックマン

トラック専門サイト

ルート配送の転職や就職について

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送の仕事について、多くの人がかっこいいというイメージを持っていないことが影響して、ルート配送の正社員の仕事は常に人手不足状態に陥っています。ルート配送の正社員採用面接でルート配送の正社員になりたい気持ちを運送会社の面接官にぶつけることができれば、容易にルート配送の正社員の仕事に就くことができます。ですが、運送会社の面接官に、こいつはあまりやる気がなさそうで、覇気を全くというほど感じることができないと思われてしまうと、ルート配送の正社員の仕事を手にすることができなくなってしまいます。
今回は、ルート配送の転職や就職について触れていきます。

ルート配送ドライバーになるための資格

ルート配送ドライバーといっても、2トントラックドライバー、4トントラックドライバー、大型トラックドライバーの3つに分類されています。自分のなりたいルート配送ドライバーに応じて、取得するべき免許が変わってきます。また、ルート配送ドライバーとして、運送会社に入社するときに必要な資格は、普通自動車第一種免許のみとなっています。これに加え、中型免許や大型免許を取得しておけばOKとなっています。

1.ルート配送(2トントラックドライバー)

ルート配送(2トントラックドライバー)になるために必要な資格は、普通自動車第一種免許のみとなっています。ルート配送の2トントラックドライバーになる難度はそこまで高くありません。ですが、2トントラックのルート配送ドライバーは、大型トラックや中型トラックのルート配送ドライバーよりも休みが多い代わりに、大型トラックや中型トラックのルート配送ドライバーよりも給料が低めに設定されています。

2.ルート配送(4トントラックドライバー)

ルート配送(4トントラックドライバー)になるために必要な資格は、普通自動車第一種免許と中型免許の2つとなっています。ルート配送の4トントラックドライバーになる難度はそこそこ高いです。その理由は、4トントラックを自由自在に運転できるようになるには、自動車を運転するセンスが必要になってくるからですね。また、中型免許を取得するのにかかる費用は、25万円程度となっています。

3.ルート配送(大型トラックドライバー)

ルート配送(大型トラックドライバー)になるために必要な資格は、普通自動車第一種免許と大型免許の2つとなっています。ルート配送の大型トラックドライバーになる難度は、多くの人が思っている以上に高いです。その理由は、大型トラックを自由自在に運転できるようになるには、常人を凌駕する卓越した自動車運転スキルが必要になってくるからです。また、大型免許を取得するのにかかる費用は30万円~35万円ほどとなっています。

ルート配送ドライバーの収入の話

ルート配送ドライバーの仕事は、あまり収入が多くないのではないかという思い込みから、お金に対する執着心が強い人はルート配送の仕事に就くことを避けることが多いです。ですが、実際のルート配送ドライバーの仕事は月収28万円~月収40万円の給与と、年間休日110日~120日の待遇を手にすることができます。お金と休みの両方を手に入れたい人はルート配送ドライバーの正社員の仕事に就くことをおすすめします。それに、ルート配送ドライバーの仕事は人手不足状態に陥っていますから、皆が思っているよりも簡単にルート配送の正社員の仕事に就けます。

1.ルート配送ドライバー(2トントラックドライバー)

ルート配送の2トントラックドライバーは、1日の労働時間が8時間~9時間に抑えられているだけでなく、月収20万円~25万円の給与と年2回の賞与、年間休日120日の待遇を得ることができます。ですが、ルート配送の2トントラックドライバーは、4トントラックや大型トラックのルート配送ドライバーのように月収30万円~月収40万円の給与を得ることができません。お金をたくさん稼ぎたい人は、4トントラックや大型トラックのルート配送ドライバーの仕事に就くことをおすすめします。

2.ルート配送ドライバー(4トントラックドライバー)

ルート配送ドライバー(4トントラックドライバー)は1日の労働時間が9時間~10時間ほどとなっていて、月収25万円~月収30万円ほどの給与と年2回~3回の賞与、年間休日110日の待遇を手にすることができます。この4トントラックのルート配送ドライバーは、家族を養うことには十分の給与を手にすることができますから、大切な家族を養っていかなければいけない立場に置かれている人には、4トントラックのルート配送ドライバーの仕事に就くことをおすすめします。

3.ルート配送ドライバー(大型トラックドライバー)

大型トラックのルート配送ドライバーは、1日の労働時間が12時間~14時間ほどとなっていて、月収40万円~月収50万円の給与と年2回~3回の賞与、年間休日120日の待遇を手にすることができます。この大型トラックのルート配送ドライバーになれば、自分がほしいと思っているもののほとんどを購入することができます。物欲が強く、ほしいものがたくさんある人は、大型トラックのルート配送の仕事に就くことをおすすめします。

ルート配送ドライバーの転職や就職の現状

若い人は、人事職や事務職、ショップ店員、年収1000万円以上稼げる営業職、コンサルタント、ウェブデザイナー、プログラマーなどの仕事に就きたがる傾向があり、自動車の運転を1日こなさなければいけないルート配送の仕事に就く選択をする人はほとんどいません。このことが、ルート配送を含む運送業の人手不足につながっています。そのため、本人のやる気と普通自動車第一種免許の2つを所持していれば、たいていの人はルート配送の正社員の仕事に就けるので、何が何でも正社員になって安定した生活を手にしたい人は、ルート配送の正社員の職に就くことをおすすめします。また、ルート配送の正社員になれば、年収400万円の給与と年間休日120日の待遇を手にすることができるので、仕事が辛すぎて精神的な病をわずらうことはほとんどありません。

ルート配送の新卒市場の現状

大卒で新卒の多くは、誰もが知っている大企業の営業マンや、誰もが知っている大企業の人事職、誰もが知っている大企業のプログラマーなどの仕事に就きたがる傾向があり、新卒でルート配送の正社員の仕事に就く人はあまり多くありません。このような現状があるせいか、ルート配送ドライバーの正社員の多くが30代以上となっていて、20代のルート配送ドライバーが不足している状況に陥っています。ですが、大卒の新卒がルート配送の仕事に就くことを選ばないことにより、30代のビジネスマンや高卒の新卒、40代のビジネスマンが容易にルート配送ドライバーの正社員職に就けています。大卒の新卒がルート配送の仕事に就くことを避けることは悪いことばかりではありません。

40代や50代でもルート配送の正社員の仕事に転職や就職できる

40代や50代になると、どの会社も自分を正社員雇用してくれないと思い悩むかもしれませんが、多くの運送会社は40代や50代の人をルート配送の正社員として雇用しているから、40代や50代になったからといって、正社員雇用を諦める必要はありません。ですが、40代や50代でルート配送ドライバーの正社員の職を手に入れるには、20代のルート配送ドライバー志望者よりも能力的な部分で優れていなければいけませんから、容易に40代や50代でルート配送の正社員の職を手にすることはできません。

ルート配送ドライバーの仕事はおすすめ

ルート配送ドライバーは、常に自分のペースで仕事を行うことができ、仕事中わずらわしい人間関係に悩むこともなく、他の仕事と同水準の給与を手にすることができ、年間休日120日あり、ほかの仕事よりも多く休むことができ、1日の労働時間が8時間でほかの仕事に比べても労働時間が少なめになっています。ルート配送ドライバーは誰もが納得した待遇と環境で仕事をすることができる仕事です。しかも、ルート配送ドライバーの仕事は人手不足状態に陥っていますから、多くの運送会社は、やる気がある人をガンガン自社のルート配送の正社員として採用しています。このチャンスをものにして、ルート配送ドライバーの正社員の職に就くことができれば、将来に不安を持つことがない生活を送ることができます。

また、2トントラックと4トントラックのルート配送ドライバーについては、年間休日と労働時間が長距離トラックのルート配送ドライバーよりも短く設定されているため、自分の趣味に思う存分時間を費やすことができ、月収20万円~月収40万円ほど稼ぐことができ、自らの収入に劣等感を覚えることもほとんどありませんね。

ルート配送ドライバーの仕事は、日本からなくなる可能性はほぼ皆無と断言できる職業となっていますから、ひとつの仕事を長期間行い、ひとつの仕事のプロフェッショナルになりたい人は、ルート配送ドライバーの仕事に就くべきですね。このルート配送の正社員の仕事に容易につけるチャンスを生かして、人生で一度はルート配送の仕事を体験してみるのもいいのではないでしょうか。

総括

ルート配送ドライバーの仕事は給与と休みが少なく、ただトラックを運転するだけの退屈な仕事だと思っている人が日本に多く存在しているようですが、実際のルート配送ドライバーは、1日8時間~9時間ほどトラックを運転している、年間休日は110日~120日ほどある、賞与も年1回~2回ある、社会保険完備で将来に不安を持たなくてもすむなどの待遇が備え付けられていますから、誰もが満足できる待遇が得られる仕事となっています。

今の仕事内容に飽きてしまったり、今の仕事の待遇に不満を覚えてしまった人は、今就いている仕事を退職し、誰もが満足できる待遇を手にすることができるルート配送の仕事に就いてみましょう。

ドラピタ

ドラピタ