トラックマン

トラック専門サイト

タクシードライバー学歴不問の理由10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの正社員になるには、最低でも高卒以上の学歴が必要であるとほとんどの日本人が思い込んでいますが、実際にタクシードライバーの正社員の内定を得るには、高卒や大卒の学歴すら必要なく、普通自動車第一種免許と中卒の資格を所持していれば十分なのです。ただ、中卒よりも高卒のほうが優秀だと思い込んでいるタクシー会社の面接官は多いですから、高卒の学歴を持っているとタクシードライバーの正社員の内定を容易にGETすることができます。
今回は、タクシードライバー学歴不問の理由10選に触れていきます。

1.タクシー会社の面接官は、学歴=優秀さにならないことを知っている

今の時代、高校や大学は誰でも卒業することができることを知っているタクシー会社の面接官が増加するとともに、中卒の人でも容易にタクシードライバーの正社員の内定を得られるようになっています。この現状から、学歴が低く、正社員の職に就きたい気持ちが強い人は、タクシー会社の正社員の仕事を就くことを自分の選択肢に入れることをおすすめします。

2.タクシードライバーの業務に学力が必要ない

タクシードライバーの業務に必要な能力は、自動車を運転するスキルと、人を不快にさせない容姿、誰とでも仲良くなれるコミュニケーションスキルの3つとなっています。学力はタクシードライバーの業務に全く必要ありません。この現状から、日本のタクシー会社のほとんどは、学歴を自社のタクシードライバーの正社員の採用基準にはしていません。

3.タクシードライバーの正社員は人手不足

タクシードライバーの正社員は人手不足状態となっていますから、自社のタクシードライバーは大卒しか雇わないと決め付けてしまうと、日本のタクシードライバーの正社員不足が加速することになります。この現状から、日本タクシー会社のほとんどは、大卒以外の高卒や中卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として積極的に採用しています。

4.タクシー会社の多くは、タクシードライバーの業務に必須の資格を保持している人材が欲しい

タクシードライバーの業務は、普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許の2つを所持している人しか行うことができません。多くのタクシー会社は、学歴よりもタクシードライバーの業務に必須の資格(普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許)を所持している人に、自社のタクシードライバーの正社員の内定を出しています。この現状がありますから、何が何でもタクシードライバーの正社員の内定が欲しい人は、必須の資格(普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許)を所持しておきましょう。

5.若い人を雇用したいタクシー会社の増加

高学歴の40歳以上の人よりも、30歳以下の学歴が低い人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用したいタクシー会社が増加しています。そのため、学歴が低い人でも年齢が30歳以下であれば、容易にタクシードライバーの正社員になることができます。この現状から、何が何でもタクシードライバーになりたい人は、20代のうちにタクシードライバー正社員採用面接を受けましょう。

6.自動車運転スキルが高い人が欲しいというタクシー会社の本音がある

学歴は高いが自動車運転スキルが低い人は、タクシードライバーの業務をきっちりかっきりこなすことができない。学歴は低いが自動車運転スキルが高い人は、タクシードライバーの業務をきっちりかっきりとこなすことができる。そうした実情を多くのタクシー会社が知っているので、何が何でもタクシードライバーになりたい人は、毎日自動車を運転して運転スキルを高めておきましょう。

7.学歴が高い人がタクシードライバーの仕事を選ばないから

学歴が高い人は、誰もが知っている会社の正社員になる傾向が高く、タクシードライバー正社員の職に就くことがありません。そのため、多くのタクシー会社は、大卒以外の人を自社のタクシードライバーとして積極的に採用しています。大卒以外の人も積極的にタクシードライバーの正社員採用面接を受けて、夢のタクシードライバーの正社員になりましょう。

8.タクシー会社は、熱意あるタクシードライバーを欲しているから

日本のタクシー会社は、学歴が高く、タクシードライバーの仕事に熱意を持っていない人よりも、学歴が低くてもタクシードライバーの仕事に熱意がある人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。タクシー会社の面接官に、自分がどうしてタクシードライバーになりたいかを熱烈にアピールをして、夢のタクシードライバーの正社員になりましょう。

9.タクシー会社は、お金を稼ぎたい気持ちが強いタクシードライバーを欲しているから

日本のタクシー会社は、お金を稼ぐ気持ちが低い大卒の人よりも、月収50万円以上稼ぎたい気持ちが強い高卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。この現状から、タクシー会社の面接官に、自分がタクシードライバーになって多額の給料を稼ぎたい理由をアピールすることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。

10. タクシードライバーの仕事をやめない人を欲しているから

日本のタクシー会社は、自分の欲望をかなえるためにすぐに仕事をやめてしまう大卒の人よりも、組織のために仕事を頑張ってくれる高卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用したいと思っています。この現状から、自分がタクシードライバーの正社員として、長期間タクシー会社で働く意思があることをタクシー会社の面接官に伝えることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。

ドラピタ

ドラピタ