トラックマン

トラック専門サイト

正社員になりたい人におすすめな仕事20選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
非正規雇用〔アルバイトやフリーター〕の給料では、いつまでたっても、大切な彼女と結婚に踏み切ることができないため、寂しい人生を送ることになりますから、大切な人を幸せにしたい人は、非正規雇用の仕事を退職して、正社員の仕事に就くことをおすすめします。また、正社員になれば、月収20万円~月収100万円の給料と年間休日120日と年2回の賞与を手にすることができますから、アルバイト時代では考えられない給与と休みを得られます。今回は、正社員になりたい人におすすめな仕事20選に触れていきます。

1.ルート営業

ルート営業は、既存の取引先の人に自社の商品を勧めるだけの仕事になっていますから、飛び込み営業やテレアポ営業のような厳しいノルマがなく、自分のペースでゆっくり仕事を行うことができます。ですが、ルート営業は飛び込み営業やテレアポ営業のような厳しいノルマがない代わりに、莫大な歩合給が存在していませんから、どんなにルート配送の仕事をがんばっても、月収20万円~月収40万円ほどしか稼げません。

2.社員2人~5人のスタートアップの正社員

社員2人~5人のスタートアップの会社は、いつ潰れるかわからない会社ということもあって、社員2人~社員5人のスタートアップの会社で仕事をしたい人はほとんどおらず、常に社員2人~社員5人のスタートアップの会社は人手不足状態に陥っていますから、社員2人~社員5人のスタートアップの会社の正社員の内定を手にすることはそんなに難しいことではありません。

3.週一休みの正社員。

多くの日本人は、週二日休みと月収30万円以上賞与ありの正社員で仕事をしたいと思っていることもあって、週一休みの会社の求人に応募する日本人はほとんどいませんから、週一休みの会社の正社員の内定を手にすることはとても簡単です。ですが、週一休みでは、休みの日に仕事の疲れをとるのみになってしまい、自分のプライベートを充実させることはできませんから、自分のプライベートを充実させたい人は週2日休みの会社で働くことをお勧めします。

4.年間休日120日が保障されている正社員。

年間休日120日が保障されている正社員は、週二日の休みの間に仕事のストレスをすべて取り除くことができますから、仕事をすることが辛いという感情を抱くことがほとんどありません。ですが、年間休日120日ある正社員の求人には、多くの求職者の応募が殺到しますから、年間休日120日ある会社の正社員の内定を手にすることはかなり難易度が高いものとなっていますね。

5.年間休日110日が保障されている正社員。

年間休日が110日が保障されている正社員は、年間休日120日の正社員のように、長期休暇をとることができませんが、確実に週2日を休むことができますから、年間休日110日を激務だと思い込んで、年間休日110日の会社の正社員の仕事に就くことを選択肢から外してしまうのはもったいないですね。また、年間休日110日の仕事は、トラック運転手やタクシードライバーや営業職や事務職や人事職などがあります。

6.介護職

介護職は、体の不自由な老人のお世話を長時間しなければいけない仕事ということもあって、楽な仕事をしたいひとが介護職の仕事につくことはほとんどありませんから、介護職の正社員の内定を手にすることは簡単です。ですが、介護職は、わがままな老人の要望をすべて聞かないといけませんから、寛容な気持ちを持っている人しか介護職の仕事を長期間続けることはできません。

7.事務職

事務職は、肉体的にも精神的にも楽な仕事ということもあって、楽な仕事をしたい人が事務職の求人に殺到しますから、事務職の正社員の内定を手にすることはとてつもなく難しいです。そんな事務職の正社員の待遇は、月収18万円~月収25万円と賞与1回と年間休日120日となっていて、労働者が長期間安定したメンタルで仕事ができる待遇のすべてがあります。

8.施設警備員。

施設警備員は、クーラーがかなり効いている施設で、一日8時間~12時間立っている仕事になっていますから、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかる仕事ではありません。そんな施設警備員の正社員の待遇は、月収17万円~月収26万円と年間休日110日~120日となっていて、労働者が大きなストレスを貯めることがなく、幸せなメンタルで仕事ができる待遇のすべてがあります。

9.フルコミの営業職

フルコミの営業職で契約をたくさん取れば、年収2000万円~年収3億円の給与を手にすることができますから、フルコミ営業で短期間で数億円のお金を稼いで、余生を遊んで暮らす生活を実現させることができます。ですが、フルコミの営業職は、契約を一つも取ることができないと、月収0円なんて月もありますから、ある程度の貯金がある人以外は固定給のある営業職の仕事に就くのが得策。

10.スタートアップ企業のプログラマー。

大企業のプログラマーになるには、知名度が高い学歴と多くの人を凌ぐプログラミング能力が必要となってきますから、学歴がない人は大企業のプログラマーになることはほとんど無理です。逆に、スタートアップ企業のプログラマーは、学歴不問で、それなりのプログラミング能力を所持していれば就ける仕事となっていますから、学齢がない人でもスタートアップ企業のプログラマーになることができます。

11.飲食店の正社員

飲食店の正社員の仕事は、拘束時間もかなり長く、仕事中常に動きっぱなしということもあって、飲食店の正社員の仕事のきつさに耐え切れなくなり、入社二ヶ月ほどで飲食店の正社員の仕事をやめてしまう人が多くいますから、飲食店の正社員の仕事は常に人手不足となっています。また、飲食店の正社員の待遇は、年間休日110日と月収25万円~月収50万円と年1回以上の賞与ありとなっています。

12.テレアポの営業マン。

テレアポの営業マンは、一日10時間~12時間ひたすら電話をかけ続ける作業を淡々と繰り返すものとなっていますから、電話をかける作業自体になれてこれば、自分の想像以上に楽なしごととなっています。また、テレアポの営業マンの正社員の待遇は、年間休日110日~120日と月収25万円~月収40万円と年二回の賞与ありとなっています。

13.自衛隊。

自衛隊〔公務員〕の仕事は、一日8時間みっちりと体を鍛える訓練を毎日繰り返すものとなっていますから、体を鍛えることが好きな人にぴったりな仕事となっています。しかも、自衛態は、公務員で、正社員のように会社がなくなって無職になるリスクがほとんどありませんから、自衛隊の仕事につけば、無職になることにおびえる必要がありません。そして、自衛態は人手不足の仕事となっていますから、自衛隊の職に就くのは難しいことではありません。

14.SEO対策。

SEO対策の仕事は、企業のホームページの内部リンクや外部リンクの対策をして、企業のホームページのグーグルの検索順位を上昇させることがメインとなっていますから、肉体的にも精神的にも負担が少ない仕事となっています。ですが、度重なるグーグルのアップデートに対応できないSEO企業が続出していることもあって、SEO対策の仕事は激減している現状があります。

15.小売業界の正社員。

小売業界の正社員は、ブラックであるのイメージを持っている若者の増加で、小売業会社は未曾有の人手不足に陥っていますから、小売業界の正社員の仕事に就くことは難しいことではありません。この小売業界の正社員の仕事の待遇は、月収18万円~月収40万円と年二回の賞与と年間休日110日ほどとなっています。

16.年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社。

年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社は、世間ではブラック企業と判断され、多くの日本人から勤める会社先から除外されていることもあって、年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社は常に人手不足に陥っていますから、年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社の正社員になる難易度はかなり低めとなっています。

17.自分の就きたい仕事の正社員になる。

年間休日や月収や賞与といった部分を重要視するのではなく、自分の就きたい仕事に正社員になる選択をするのが、自分が一番後悔しない選択といえます。ですが、どんなに自分の就きたい仕事と思っていても、実際に就きたい仕事の業務をしてみたら、自分のやりたいことではなかったなんてことも多いですから、自分の就きたい仕事に就くことよりも、年間休日や月収や賞与といった部分を重要視したほうがよい場合もあります。

18.残業代がもらえる仕事の正社員になる。

基本給に残業代が含まれている形を取って、残業をしても残業代を支払わない会社はブラック企業となっていますから、残業代がもらえない会社の正社員になることだけは避けましょう。逆に、基本給に残業代を含まない形を取って、残業をした時間に応じて、残業代を支払う会社はホワイト企業になっていますから、残業代がもらえる会社の正社員になることをおすすめします。

19.大型トラック運転手。

多くの日本人は、大型トラック運転手の業務を行うために必須の資格である普通自動車第一種免許を所持していませんから、大型免許を所持していれば容易に大型トラック運転手になることができます。この大型トラック運転手の待遇は、年間休日100日~110日と月収35万円~月収50万円と年二回の賞与となっています。

20.タクシードライバー

タクシードライバーの仕事は、40歳以上のおじさんが就く仕事というイメージが世間一般に広がっていることもあって、20台~40歳のタクシードライバーの人手不足が引き起こされていますから、20歳~40歳の普通自動車第一種免許所持の人は容易にタクシードライバーの仕事に就けます。このタクシードライバーの待遇は、年間休日110日と月収50万円と年1回~二回の賞与ありとなっています。

ドラピタ

ドラピタ

トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕がトラック運転手の仕事に就くと、毎日10時間トラックの運転をすることが楽しくて仕方がなくなり、トラック運転手の仕事に就いてよかったと思うことができます。逆に、トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕がトラック運転手の仕事につくと、毎日10時間もトラックの運転をすることが嫌になり、トラック運転手の仕事に就いたことを公開するようになります。この二つの事例を判断材料とすると、トラック運転手は、トラックの運転が好きな人にぴったりな仕事と言えます。今回は、トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕10選に触れていきます。

1.ストレス耐性がある人

トラック運転手の仕事は、週5日労働かつ年間休日110日固定かつ一日10時間労働固定となっていますから、ある程度ストレス耐性がある人しか、トラック運転手の仕事を長期で行うことができません。ですが、週6労働かつ年間休日50日かつ一日16時間固定のブラック企業で仕事をしている人もいますから、特別トラック運転手の仕事がストレス耐性が高くなければできない仕事というわけではありません。

2.ひとつのことに熱中することができる人

トラック運転手は、ひとつのことに熱中すること〔トラックの運転を行うこと〕ができる人に適性がある仕事と言えますから、三度の飯よりもトラックの運転が好きだという人は、今の仕事を辞めて、トラック運転手の仕事に就きましょう。ですが、トラック運転手の仕事を毎日していると、毎日トラックを運転することの繰り返しに飽きてきますから、トラックの運転手の仕事を楽しむには、トラックの運転以外の楽しみを見つけるしかありません。

3.月収30万円以上の給与を得たい気持ちが強い人。

大型トラック運転手やタンクローリードライバーの正社員の仕事は、月収30万円~月収50万円の給与と年二回の賞与を手にすることができますから、最低でも月収30万円以上の給与を得たいと思っている人は、大型トラック運転手やタンクローリードライバーの正社員の仕事に就くことをお勧めします。また、大型トラック運転手になるには、大型免許と普通自動車第一種免許が必須で、タンクローリードライバーになるには、大型免許と普通自動車第一種免許と危険物乙4種の資格が必須です。

4.一人で仕事をすることが好きな人。

トラック運転手の仕事は、一人でトラックを長時間運転する仕事となっていますから、他人に干渉されることを嫌い、一人で仕事を好きな人には、トラック運転手の仕事は向いています。ですが、孤独には絶対に耐えることができない寂しがりやの人が、トラック運転手の仕事についてしまうと、常に一人でいることに耐え切れなくなってしまい、トラック運転手の仕事を離職してしまいます。

5.どんな仕事にもハマることができる人。

どんな仕事にもハマることができる人であれば、トラック運転手の仕事のすべてにハマることができ、トラック運転手の仕事を長期間続けることができちゃいます。ですが、あの仕事はいやだ、この仕事は嫌だといっている人がトラック運転手の仕事につくと、トラック運転手の仕事の嫌な部分に耐え切れなくなり、トラック運転手の仕事をすぐに離職してしまいます。

6.目の前の仕事を本気でがんばれる人。

大きな夢を持たず、とりあえず目の前の仕事を本気でがんばれる人であれば、日々のトラックの運転も全力でがんばることができるし、配送先の人とも円滑な関係を築くことができます。逆に、目の前の仕事をがんばることができない人であれば、日々のトラックの運転を全力で頑張ることもできないし、配送先の人とのコミュニケーションも適当なものとなってしまいます。

7.養わなければいけない家族がいる人。

養わなければいけない家族がいる人は、どんなにトラック運転手の仕事をやめたくても、トラック運転手の仕事を辞めたら家族が路頭に迷うことになりますから、トラック運転手の仕事をやめることができません。そのため、養わなければいけない家族がいる人は、自分の一時の感情を抑え、長期間トラック運転手として、大活躍してくれることでしょう。

8.正社員で働きたい人。

大型自動車免許や中型自動車免許や普通自動車第一種免許を所持している人が減少していることが影響し、トラック運転手の仕事は未曾有の人手不足となっていますから、トラック運転手になりたい気持ちが強い人であれば、容易にトラック運転手の正社員の仕事に就くことができます。ですが、トラック運送会社の面接官に、こいつからは、トラック運転手になりたい熱意が伝わってこないとおもわれてしまうと、トラック運転手の正社員の内定を手にすることができません。

9.年間休日が110日ほしい人。

トラック運転手のほとんどの正社員は、年間休日110日以上の休みを得ていますから、最低でも年間休日110日はほしいと思っている人にトラック運転手の仕事はぴったりと言えます。また、大型トラック運転手と中型トラック運転手とタンクローリードライバーの年間休日が110日で、2トントラック運t年手の年間休日は120日ほどとなっています。

10.起業資金を1000万円ためたい人。

将来起業して大きな成功をするために起業資金1000万円ためたい人は、起業資金の1000万円がたまるまでは、トラック運転手の仕事を誰よりも頑張ることができますから、トラック運転手の仕事に適性があるといえます。ですが、起業資金1000万円をためたい人は、起業資金1000万円がたまると同時にトラック運転手の仕事を離職する選択をとりますから、運送会社の面接官の人は、起業意欲ある人を自社のトラック運転手として雇用することはあまりおすすめできません。

ドラピタ

ドラピタ

転職してよかった職業20選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
低賃金で、年間休日120日以下で、上司にいい人がいない会社をさっさと退職して、月収30万円以上保障で年間休日120日以上で上司にいい人がいる会社に転職をすることこそが、自分の人生を楽しく生きるコツですから、いい条件の求人を見つけたら、今の会社を思い切って辞めて、夢と希望にあふれた会社に転職するのが最適な選択なのではないのかなと私は思いますね。今回は、転職してよかった職業20選に触れていきます。

1.フルコミッションの営業マン

フルコミッションの営業マン〔完全歩合制〕は、契約を獲得すればするほど給与が跳ね上がる給与システムを採用していますから、若くして月収100万円~月収1000万円の給与を手にしたい人にこそしていただきたいお仕事となっています。ですが、フルコミの営業マンは、営業仕事でお客様の契約を獲得することができなければ、給与が0の月がありますから、毎月安定した給料がほしい人は、固定給がある営業マンになることをおすすめします。

2.大学の警備。

大学の警備は、クーラーでキンキンに冷えた大学構内を歩き回ったり、クーラーでキンキンに冷えた警備員室で大学構内を監視するだけの職業となっていますから、精神的にも肉体的な仕事で月収20万円の給与を手にしたい人におすすめな仕事となっています。また、大学の警備は、仕事の勤務態度がよほど悪くない限りは、仕事を解雇されることがありませんから、数年~数十年のスパンで仕事をしたい人にぴったりです。

3.ウェブメディアのライター

ウェブメディアのライターは、自宅でウェブメディアに寄稿する記事を書く仕事となっていますから、自宅の自分のペースでのんびりゆくーりと仕事をしたい人におすすめな仕事となっています。また、1文字1円ライターの人の月収は10万円~20万円程度で、1文字2円ライターの人の月収は20万円~40万円程度で、一文字3円ライターの人の月収は50万円~60万円程度となっています。

4.事務職

事務職は、クーラーでキンキンに冷えた会社内で、来客の対応や上司の会話相手を務めや営業職のサポートや会社の書類の作成を行う仕事になっていますから、会社内の人と楽しくコミュニケーションをとる仕事をしたい人にぴったりなお仕事となっています。ですが、事務職は、営業職のような歩合システムが存在していないですから、一生懸命事務職の仕事を頑張っても月収20万円~月収30万円ほどしか稼ぎ出すことができません。

5.人事職

人事職は、クーラーで適度な温度になっている会社内で、自社に入社したい人の採用面接をする仕事となっていますから、会社の人材を雇う仕事に挑戦したいと思っている人にぴったりな仕事となっています。ですが、人事職は、営業職のように、月収50万円~月収100万円以上稼げる仕事ではないですから、最低でも月収50万円を稼ぎたい人は、歩合の額が大きい営業職の仕事について月収100万円稼ぐことをおすすめします。

6.無職

無職は、クーラーが聞いている誰もいない部屋で、四六時中オンラインゲームをしたり、好きなアニメをするだけの仕事となっていますから、自分の好きなことを好きなだけやれる生活を送ることができちゃう仕事となっています。ですが、無職は、その他職業のように、月収20万円の固定給が存在している仕事ではないですから、最低でも月収20万円稼ぎたい人にはあまり向いていない職業です。

7.ゲーム開発者

ゲーム開発者は、温度管理が適切された会社内で、会社の主力サービスであるゲーム開発を一日8時間~10時間行うことで、月収20万円~月収100万円の給与を手にすることができますから、他人とコミュニケーションを極力とらずに多額の給与を得たい人にぴったりな仕事です。ですが、ゲーム開発者は、パソコンを長時間操作することが多い仕事で、ゲーム開発者の多くは運動不足になっていますから、太りたくない人はゲーム開発者以外の仕事をすることをおすすめします。

8.大型トラック運転手

大型トラック運転手は、一日10時間~15時間大型トラックを運転することで、月収35万円~月収50万円の給与を手にすることができますから、大好きな大型トラックを毎日すきなだけ運転しつつ、それ相応の給与もほしい人にぴったりな仕事となっています。この大型トラック運転手の正社員の内定を獲得するには、普通自動車第一種免許と大型免許の両方を所持している必要がありますから、大型トラック運転手になりたい人は、普通自動車第一種免許と大型免許を取得することを忘れないようにしよう。

9.中型トラック運転手

中型トラック運転手は、一日8時間~12時間中型トラックを運転することで、月収20万円~月収30万円の給与を手にすることができますから、大好きな中型トラックを毎日好きなだけ運転したい欲求を持っている人にぴったりな仕事となっています。この中型トラック運転手の正社員の内定を手にするには、普通自動車第一種免許と中型免許の両方を所持している必要がありますから、中型トラック運転手になりたい人は、中型免許と普通自動車第一種免許の二つを取得するようにしよう。

10.2トントラック運転手

2トントラック運転手は、一日8時間~9時間2トントラックを運転することで、月収20万円と年間休日120日の待遇の両方を手にすることができますから、仕事よりもプライベートを優先したい人にぴったりな仕事となっています。この2トントラック運転手の正社員の内定を手にするには、普通自動車第一種免許を所持する必要がありますから、2トントラック運転手の正社員面接を受ける前に、普通自動車第一種免許を取得するようにしよう。


11. ホームページの作成。

ホームページの作成は、企業の公式ホームページを作成する作業を行うことで、月収25万円と年間休日128日の待遇を手にすることができますから、人並みの給料と人並みの休みがほしい人に適している仕事となっています。このホームページ作成の仕事に就くには、HTMLとPHPを駆使して、COOLなデザインのホームページを作れる人材になる必要があります。

12.プロの家庭教師の仕事。

プロの家庭教師の仕事は、大学受験や高校受験や中学受験を控える子供に勉強を教えることで月収30万円以上の給与を得ていますから、肉体的にきつくなく、給料もそこそこよい仕事に尽きたい人に、プロの家庭教師の仕事はぴったりです。このプロの家庭教師の仕事に就くには、有名大学の学歴と有名大学に余裕で合格できる学力の二つが必要となっています。

13.タクシードライバー

タクシードライバーの仕事は、お客様をタクシーで目的地にまで送り届ける数が増えれば増えるほど、毎月の給料額がアップする仕事となっていますから、仕事のやりがいよりも、お金をがっぽり稼ぎたい人にぴったりな仕事となっていますね。このタクシードライバーの業務を行うには、普通自動車第一種免許と普通自動車第二種免許の二つが必要なっています。また、普通自動車第二種免許にかかる費用は、所属先のタクシー会社が全額負担してくれます。

14.固定給ありの営業マン。

固定給ありの営業マンは、営業の仕事で契約をとることができなくても、必要最低限の固定給を手にすることができますから、フルコミ営業のような給料が0で生活することができない状況に陥ることがありません。ですが、固定給の営業マンであっても、営業の仕事で何ヶ月も契約をとることができなければ、勤めている会社の正社員雇用を解雇されてしまいます。

15.大企業の営業マン。

大企業の営業マンは、売れて当然の商品をお客さんに売るだけの仕事ですから、大企業の営業マンの仕事で契約をとる難易度はそんなに高くありません。逆に、ベンチャー企業やスタートアップの営業マンは、売れること自体がめずらしい商品をお客さんに売るだけの仕事ですから、べンチャー企業やスタートアップの営業マンの仕事で契約を取ることの難易度はかなりたかいです。

16.霊柩車のドライバー

霊柩車のドライバーは、亡くなった人と遺族を葬儀会場や自宅に送り届ける仕事ですから、誰かのためになる仕事をしたい人にぴったりな仕事となっています。また、霊柩車のドライバーは、月収20万円以上保障と年間休日120日と一日の労働時間8時間固定となっていますから、ワークライフバランスの環境で仕事をしたい人にもぴったりな仕事となっていますね。

17.タンクローリードライバー

タンクローリードライバーは、危険物であるコンクリートや石油が詰まれたタンクローリートラックを一日10時間~13時間を運転する仕事ですから、一風変わった仕事をしてみたい人にぴったりな仕事となっています。また、タンクローリードライバーの正社員の待遇は、月収35万円以上と年間休日110日どとなっていますから、程よい給料と程よい休みがほしい人にぴったりな職業となっています。

18.年間休日120日ある仕事全般。

年間休日が120日以上あれば、休みの日に仕事でたまった疲れを完全に体から抜き取ることができるし、休みの日に自分の趣味に全力で打ち込むことができるし、休みの日に資格の勉強にも全力で打ち込むことができるし、休みの日に恋人と旅行にいくことができますから、人間らしい生活を送りたい人は、年間休日120日ある仕事につこう。逆に、年間休日が100日をきる仕事であれば、休みの日に仕事でたまった疲れを完全に体から抜くことができないし、休みの日は体の疲れで趣味どころではないし、休み日は体の疲れで資格の勉強どころではないし、休日も体の疲れで恋人との旅行どころではない。

19.月収100万円以上の仕事全般。

月収100万円以上の給与を得ていれば、一人暮らしをしても毎月10万円の貯金をすることができるし、月収100万円もあれば大好きな彼女との結婚に踏み切ることができるし、休みの日に思い切って旅行にいくことができるし、恋人の誕生日を盛大に祝うことができますから、人生をハッピーに生きたい人は、月収100万円以上稼げる仕事に就こう。逆に、月収20万円以下の仕事は、一人暮らしをしても毎月貯金をすることができないし、月収20万では大好きな彼女との結婚に踏み切ることができないし、休みの日は金がないから遊べない。

20.自分のやりたいと思える仕事全般。

自分のやりたい仕事をしていれば、12時間以上の仕事でもつらいと感じることがなくなるし、仕事でのつらい事も楽しいことのひとつと思えるし、月収が多少すくなくても我慢することができるし、長期間ひとつの会社に勤めることができますから、人生を誰よりも楽しみたい人は、自分のやりたいと思える仕事につこう。


ドラピタ

ドラピタ

大卒でトラック運転手になる人が増えている理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
今日本では、事務職や人事職の月収が20万円~25万円程度と相場が決まっているため、事務職や人事職の仕事ではいつまでたっていも社会の底辺から抜け出すことができませんから、社会の底辺からいち早く抜け出したいと思っている大卒は、月収25万円~50万円のお金を稼ぎ出すことができる大型トラック運転手や中型トラック運転手の仕事に就いています。今回は、大卒でトラック運転手になる人が増えている理由10選について書いていきます。

1.トラック運転手の正社員は安定だから。

スタートアップの会社やベンチャー企業の多くは、一年~5年以内の間に会社が倒産してしまう恐れがあるため、大卒の人が求めている人が求めている安定がありませんから、安定を求めている大卒の人は、何十年も正社員として働ける運送会社のトラック運転手の正社員の仕事についています。ですが、トラック運転手は、トラックの運転を毎日を行わなければいけませんから、トラックの運転が好きな人しか務まらない厳しい現状があります。

2.トラック運転手の仕事は就職難易度が高くない。

大型免許や中型免許や普通自動車第一種免許を所持していない人が増加するとともに、大型トラック運転手と中型トラック運転手が深刻な人手不足状態に陥っていますから、就職がなかなかできない大卒の人は、トラック運転手の正社員の求人に応募してみるのも一考ですね。また、トラック運送会社は、自社の幹部候補になりうる優秀な大卒を募集していますから、大卒の看板があれば、トラック運転手の正社員になるのも容易です。

3.トラックを運転するのが大好きな大卒もいる。

トラックを運転することが三度の飯よりも大好きだという人は、大卒でしか就けないエリート系の仕事に就く選択をせずに、中型トラック運転手や大型トラック運転手の正社員の仕事に就くことを選択しています。

4.月収30万円以上の給与を得たい大卒の増加。

月収30万円以上稼ぎたい大卒の人の多くは、月収20万円~月収30万円の給与しか得られない仕事に就くことを避けて、月収30万円稼げる中型トラック運転手や月収50万円稼げるトラック運転手の仕事についています。また、中型トラック運転手や大型トラック運転手は、月収が高いだけでなく、賞与やその他手当ても充実しています。

5.貯金を増やしたい大卒の増加。

月収20万円で一人暮らしをすることを選んでしまった大卒の人は、一ヶ月に貯金を1万円ほどしかためることができず、いつまでたっても何のために仕事をしているのだろうという状況から抜け出すことができません。このような現状に陥りたくない大卒の人は、最初から月収30万円以上のお金を稼げる大型トラック運転手の正社員になる選択をとっています。

6.コミュニケーションをとりたくない大卒の増加。

コミュニケーションをとる事が好きではない大卒の多くは、他人とコミュニケーションをとる事が多い営業職やコンサルタント職に就くことを避けて、他人とコミュニケーションをとることがすくないトラック運転手の仕事につきます。ですが、他人とコミュニケーションをとる回数が少ないトラック運転手の仕事は、常に一人でいることが多いですから、寂しがりやには向いている仕事とはいえません。

7.一度はトラック運転手の仕事を体験してみたいと思っている大卒の増加。

今までは、トラック運転手以外の仕事を頑張ってきた大卒の人も、突然の心情の変化から、一度はトラック運転手の仕事を体験してみたいという思いをもち、今の仕事を退職して、トラック運転手正社員に転職します。このような流れでトラック運転手の仕事に就く大卒の人がもっと増えれば、トラック運転手の人手不足問題が解決されるはず。

8.就職活動を時間を費やすのが無駄だと気づいた大卒の増加。

就職活動に時間を費やすのが時間を費やすのが無駄だと気づいた大卒の人は、就職難易度が高い企業を受けることをやめて、就職しやすい運送会社のトラック運転手正社員の求人に応募して、見事トラック運転手の正社員の内定を手にしてます。また、トラック運転手の正社員の内定を手にする確率をあげるには、運送会社の面接官に普段から自動車を運転していることをアピールすることが重要となってきます。

9.年間休日100日が保障されている仕事に就きたい大卒の増加。

ブラック企業の営業職は年間休日が50日ほどとなっているため、プライベートも何もあったものではないことを知っている大卒の多くは、ブラック営業職を避けて、年間休日が100日以上が保障されているトラック運転手正社員の仕事に就きます。このような流れで就職活動を行う大卒の人が増えてきているため、トラック運転手の人手不足問題は解決されつつあります。

10.運送会社が大卒の人を積極的に採用している。

大卒の人は、卒業難易度が高い大学卒業をクリアしている根性がある人ですぐに仕事をやめないことを多くの運送会社は知っていますから、大卒の人を自社のトラック運転手の正社員として積極的にこようしています。このような流れができつつあるので、これからトラック運転手になりたい人は、積極的にトラック運転手の正社員採用面接をうけましょう。

ドラピタ

ドラピタ

トラック運転手は中卒でもなれる理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手の仕事は、それ相応の収入と年間休日を手にすることができる仕事のため、大卒と高卒しか就くことができない仕事だと思っている人も日本には多くいます。ですが、トラック運転手の仕事は、人手不足の状態になっていますから、多くのトラック運送会社は、大卒と高卒では中卒の優秀な人を積極的に自社のトラック運転手の正社員として迎え入れたいと思っています。このような現状が存在しているため、中卒でトラック運転手になりたい人は、不採用になることを恐れることなく、トラック運転手の正社員の求人に応募しよう。今回はトラック運転手は、中卒でもなれる理由10選にふれていきます。

1.中卒は、安易に仕事をやめない。

大卒の人は、俺はトラック運転手の仕事よりも給料の高い仕事に就けるはずだと思いから、トラック運転手正社員の仕事を突然やめてしまうことがあります。逆に、中卒の人は、俺はトラック運転手の仕事をやめたら正社員の仕事に就くことができないという思いから、トラック運転手の正社員の仕事を突然やめるという暴挙に出ることはありません。

2.中卒は、素直。

大卒の人は、俺は天下無敵の大卒だぞの気持ちを持っていて、自分よりも学歴が低い人の命令を素直に聞いてくれないことを知っている運送会社は、大卒の雇用に慎重になっています。逆に、中卒は中卒の俺を雇ってくれた会社には感謝の気持ちをもちたいと思っていて、上司の命令をしなおに聞いてくれることを知っている運送会社は、中卒を積極的に雇用しています。

3.トラック運転手の採用基準は、業務に必要な免許を所持しているかどうか。

トラック運転手の採用基準で重視とされていることは、業務で必要な免許〔大型免許、中型免許、普通自動車第一種〕を所持しているかどうかであり、大卒や高卒や中卒であるかということはあまり重要視されていませんから、学歴が中卒でトラック運転手の正社員の人は、大型免許と中型免許と普通自動車第一種免許の3つを取得して、トラック運転手の正社員の求人に応募すべし。

4.トラック運送会社の面接官に気に入られるかどうかがすべて。

トラック運送会社の面接官に気に入られれば、学歴が低く、普通自動車第一種免許のみ所持の人でもトラック運転手の正社員になることができます。逆に、トラック運送会社の面接官に嫌われてしまうと、学歴が高く、三種の仁義〔大型免許、中型免許、普通自動車第一種〕のすべてを所持している人でもトラック運転手の正社員になることはできません。

5.トラック運転手になりたい気持ちが強ければ、学歴は関係ない。

トラック運送会社の面接官の人は、熱血な人が多いため、学歴よりもトラック運転手になりたい気持ちが強いかどうかを優先しますから、中卒でトラック運転手の正社員になりたい人は、運送会社の面接官に、自分がこんなにもトラック運転手になりたいんだの熱い気持ちを伝えよう。そうすれば、トラック運送会社の面接官に、自分のトラック運転手になりたい気持ちが届いて、トラック運転手の正社員の内定を手にすることができます。

6.トラックを運転することが苦にならなければ学歴は関係ない。

トラック運転手の仕事は、一日8時間~10時間のトラックの運転を週5日行わなければいけないため、トラックを運転することが好きな人しか、トラック運転手の仕事を長期間続けることができません。このことを知っているトラック運送会社の面接官は、採用基準のひとつに、トラックを長時間運転することが平気であるかをいれていますから、中卒でトラック運転手になりたい人は、面接官に、自分はトラックを運転することが大好きですと伝えよう。

7.大卒は楽な仕事を選びたがるため、トラック運転手は常に人手不足。

大卒は、楽な仕事を選びたがり、トラック運転手の仕事を選択しないため、トラック運転手の仕事は常に人手不足になっていますから、多くの運送会社は高卒や中卒で優秀な人材を自社の正社員として雇用したいと思っています。このことを知っている中卒の人は、トラック運転手の正社員の求人に応募して、見事トラック運転手の正社員の内定を手にすることができます。

8.中卒は、ハングリー精神がある。

中卒のトラック運転手は、学歴という部分で人よりも劣っていることを自覚しているため、今の自分の立ち位置をどうにかしたいとおもっていますから、トラック運転手の業務を全力でがんばります。このことをしっている運送会社の面接官は、大卒よりも中卒でやる気がある人に自社のトラック運転手の正社員の内定を出します。

9.大型免許を所持している人の減少。

日本人のほとんどの人は、普通自動車第一種免許を所持していても、大型トラック運転手の業務を行うために必須の大型免許を不所持ですから、自動的に大型トラック運転手になる選択肢を自動的に放棄しています。そのこともあって、トラック運送会社は大型トラック運転手の正社員雇用に苦労していますから、中卒でも大型免許を所持していれば、大型トラック運転手の正社員になれます。

10.中型免許を所持している人の減少。

日本人のほとんどは、普通自動車第一種第一種免許を所持していも、中型トラック運転手の業務置こうために必須の中型免許を不所持ですから、自動的に中型トラック運転手になる選択しを放棄しています。そのこともあって、トラック運送会社は、中型トラック運転手の正社員雇用に苦労していますから、中卒でも中型免許を所持していれば、中型トラック運転手の正社員になれます。

ドラピタ

ドラピタ

トラック運転手は高卒でもなれる。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手の仕事は、大変で年間休日も80日くらいないと思っている人が多くいるせいか、トラック運転手の仕事は常に人手不足状態に落ちっていますから、大卒でない高卒でも、普通自動車第一種免許を所持していれば、トラック運転手は高卒でもなることができます。ですが、高卒でも、トラック運転手面接時に、運送会社の面接官に、自分がペーパードライバーであることが悟られてしまうと、トラック運転手の正社員不採用通知になることがありますから、運送会社の面接官には、毎日自動車を運転していると言うのが最適です。今回は、トラック運転手は、高卒でもなれる理由10選に触れていきます。

1.トラック運転手の仕事は、学歴よりもペーパードライバーではないかどうかを重視する。

トラック運送会社の多くは、大卒で普通自動車第一種免許所持のペーパードライバーよりも、高卒で普通自動車第一種免許所持のバリバリ自動車を運転できる人を採用したいとおもっていますから、高卒でも自分のドライブスキルに自信がある人は、思い切って、トラック運転手の正社員の仕事に応募することをおすすめします。

2.トラック運転手の仕事は学歴よりも中型自動車運転免許と大型自動車運転免許を所持しているかどうかを重視する。

トラック運送会社の多くは、大卒で普通自動第一種免許を所持している人よりも、高卒で普通自動車第一種免許と中型免許と大型免許の3つを所持している人を採用したいとおもっていますから、高卒でトラック運転手になりたい人は、トラック運転手の正社員採用面接をうけるまえに、中型免許と大型免許を取得しておくのがよいでしょう。

3.トラック運転手の正社員になれるかどうかは運。

トラック運送会社の社長に気に入られれば、多少社会人のスキルだったり、トラック運転スキルがなかったり、大型免許と中型免許不所持でも、トラック運転手の正社員の仕事に就くことができます。逆に、トラック運送会社の社長に嫌われると、大型免許と中型免許所持で社会人スキルが抜群の人でも、トラック運転手の正社員の仕事に就くことができません。

4.トラック運転手になりたい気持ちを、トラック運送会社の面接官に伝えられるかどうか。

高卒で中型免許と大型免許を所持している人であっても、トラック運転手になりたい気持ちをトラック運送会社の面接官に伝えることができなければ、トラック運転手の面接官に、トラック運転手の仕事に熱意がない奴はすぐにトラック運転手の仕事をやめるだろうから、自社のトラック運転手の正社員にすることはできないと判断されてしまいます。逆に、高卒で普通自動車第一種免許しかもっていない人であっても、トラック運転手になりたい気持ちをトラック運送会社の面接官に伝えることができれば、トラック運転手の面接官に、トラック運転手の仕事にこんなにも熱意がある人は、何十年もトラック運転手の仕事をしてくれるだろうと判断されます。

5.若ければ若いほど、トラック運転手の正社員になりやすい。

40代になると、トラック運転手の正社員として働ける時間が20年しかないことが影響して、20代の人よりもトラック運転手の正社員になる難易度が高めとなっています。この現状があるため、高卒で年齢が若い人は、トラック運転手の正社員として働ける時間が40年以上あることが影響して、40代の人よりもトラック運転手の正社員になれるなれる可能性がかなり高い。

6.常にトラック運転手の正社員の求人がでている運送会社に応募する。

たまにしかトラック運転手の正社員の求人をださない運送会社は、トラック運転手の正社員が不足していないため、トラック運転手の正社員の内定をそう簡単にはだしません。ぎゃくに、頻繁にトラック運転手の正社員の求人を出している運送会社は、トラック運転手の正社員が不足しているため、容易にトラック運転手の正社員の内定をだしてくれます。

7.高卒でも25才以下であれば、職歴なしでもOK。

高卒で30才以上であれば、それ相応の職歴がなければ、トラック運転手の正社員の内定を手にすることができませんが、高卒で25才以下であれば職歴がなくても、これから人生頑張ればよいという意味もこめて、トラック運転手の正社員の内定を手にすることができます。

8.高卒は謙虚だと、運送会社の人に思われている。

大卒は、無駄にプライドばかり高く、上司の言うことを聞かない人が多いため、大卒を敬遠するトラック運送会社もありますが、高卒は、プライドがあまり高くなく、上司の言うことを聞く人が多いため、高卒を歓迎しているトラック運送会社が多くあるから、高卒でもトラック運転手の正社員になるチャンスがあり。

9.高卒は大卒のように選択肢が豊富ではない。

大卒は、さまざまな職業に就く選択肢が豊富に用意されているため、すぐにトラック運転手の正社員の仕事を投げ出す人が多いことから、大卒を敬遠するトラック運送会社はたくさんあります。逆に、高卒は、就くことができる職業の数が限定されているため、多少の苦難を乗り越え、長期間トラック運転手の正社員の仕事をする人が多い人から、高卒はトラック運送会社に歓迎されています。

10.トラック運転手になるには、根性があるかないかが大事。

トラック運送会社の面接官が、自社のトラック運転手の正社員を雇う上で一番で重要としていることは、仕事を長期間勤め上げられる根性があるかどうかのみで、学歴は採用基準の中では、あまり重要ではない要素。

ドラピタ

ドラピタ

ルート配送ドライバーが気楽な理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ルート配送ドライバーの仕事は、営業職のようなノルマもなければ、他者と円滑なコミュニケーションをとる必要もなければ、突然勤め先の会社から正社員雇用の打ち切り似合うこともなければ、月収20万円以下とボーナスがない待遇で働くこともなければ、上司からパワーハラスメントやセクシャルハラスメントを受けることもないですから、ルート配送ドライバーの仕事はどの仕事よりも気楽なものとなっています。ですが、ルート配送の仕事はとても大変であるの意識が多くの人に根付いてしまっているため、ルート配送の正社員の仕事は人手不足の状態に陥っています。今回は、ルート配送ドライバーが気楽な理由10選に触れていきます。

1.ルート配送ドライバーの仕事にはノルマがない。

営業職の場合は、契約のノルマを達成しないと、勤め先の会社から雇用打ち切りに会うことがありますから、常に無職になるのではないかといった精神状態に陥ることもあります。それに比べて、ルート配送ドライバーの仕事は、商品をお客様に届けるだけの仕事になっていますから、仕事で結果を出さなければいけないという緊迫した状況下で仕事をしないで済みます。この部分に大きな魅力を感じて、ルート配送の正社員の仕事に就く人は多いみたいですね。

2.ルート配送ドライバーの正社員は、突然の雇用の打ち切りがない。

若者の車離れが理由で、ルート配送ドライバーの正社員は人手不足の状態に陥っているため、よほどのポカを犯さない限りは、運送会社からルート配送ドライバーの正社員の職を解雇されることはありません。ですが、運送会社の経営状態が突然悪くなり、ルート配送ドライバーの正社員雇用打ち切りなんてこともありますから、経営状態がかなり良い運送会社のルート配送ドライバーの正社員になることをおすすめします。

3.ルート配送関係なく、正社員は気楽。

ルート配送ドライバーの仕事とか関係なく、正社員雇用は、毎月20万円~100万円の給与を手にすることできますから、正社員は個人事業主に比べたら、とても気楽ですね。逆に、個人事業主は、仕事で結果を出さなければ、月収0円~10万円のお金しか手にすることができないなんてこともありますから、個人事業主は、正社員より大変なメンタルで生きていかなければいけません。

4.ルート配送ドライバーの仕事が大変なのは最初だけ。

ルート配送ドライバーの仕事は、トラックの運転になれないうちは、ルート配送の仕事はとても大変だなーという気持ちをもってしまいますが、トラックの運転に慣れてくると、ルート配送の正社員の仕事は気楽でいい仕事だなーとおもうことができます。ですが、仕事をすることが心の底から嫌いな人はいつまでたってもルート配送の仕事を好きになることができないという驚愕の事実がありますね。

5.ルート配送ドライバーの仕事は他人と円滑のコミュニケーションをとらなくてもいい。

営業職の場合、他人と円滑なコミュニケーションをとる必要がありますから、他人と円滑なコミュニケーションをとることが苦手な人が営業職の仕事に就くとうつ病になってしまうことも。逆に、ルート配送ドライバーの仕事は、他人と円滑なコミュニケーションをとる必要がない仕事ですから、コミュ障の人でも楽しくルート配送ドライバーの仕事をこなすことができます。

6.ルート配送ドライバーの正社員の待遇はかなり良い。

多くの日本人は、ルート配送ドライバーの正社員の月収を15万円~月収18万円で賞与もない社会の底辺がつく仕事じゃないかと思い込んでいますから、ルート配送ドライバーの正社員の仕事に率先して就く日本人の数は限られています。ですが、実際のルート配送ドライバーの正社員の待遇は月収20万円~30万円で、賞与ありとなっていますから、多くの日本人が思っているよりは、ルート配送の正社員の待遇は良いものとなっています。

7.ルート配送ドライバーの正社員は、普通自動車第一種運転免許所持のみでなれる。

2トントラックのルート配送ドライバーの正社員であれば、普通自動車第一種運転免許所持のみで就くことができますから、2トントラックのルート配送ドライバーの正社員になることができます。それ以外だと、中型トラックのルート配送ドライバーであれば、普通自動車第一種運転免許と中型免許所持でなることができますし、大型トラックのルート配送ドライバーであれば、普通自動車第一種免許と大型免許の二つを所持でなることができます。

8.ルート配送ドライバー仕事は、激務ではない。

ルート配送以外の激務と分類される仕事の多くは、週1日の休みしか与えられていないだけでなく、一日の労働時間時間も13時間~15時間ほどなっていますから、ルート配送ドライバー以外の仕事では激務に耐えることができず、鬱病になっている人が多くいます。逆に、ルート配送の正社員の仕事は、完全週休二日制で、一日の労働時間も8時間~10時間ほどとなっていますから、ルート配送の仕事でメンタルが病んでしまうことはあまりありません。

9.ルート配送ドライバーの仕事はパワハラやセクハラがすくない。

ルート配送ドライバーの多くは、一日中トラックを運転して、お客様に商品を届ける業務を行っていますから、ルート配送の仕事では、他業種よりもパワハラやセクハラの被害がよりいっそう少ないものとなっています。このような現状があるので、上司との亀裂で今の仕事が続けられないという人はルート配送ドライバーの仕事につくことをご一考してみてください。

10.ルート配送ドライバーの仕事は楽しい。

ルート配送ドライバーは、自分の大好きなトラックを一日中運転することができる仕事となっていますから、自動車の運転が好きな人からしたらルート配送の仕事は楽しくて仕方がないものです。

ドラピタ

ドラピタ