トラックマン

トラック専門サイト

今できるトラックドライバー不足対策

手をこまねいて見ているだけ

少子化が止まらないせいもあり、多くの業界で人手不足が深刻化しています。
今現在、特に人手不足だと感じていない会社は、今の従業員を天からの贈り物と思って大事にしましょう。
人間関係のストレスが少なく、給料が歩合制なので「やればやっただけ稼げる」と揶揄され、「世にもおいしい仕事」と注目されるトラックドライバーも、人手不足だったりするそうなので、そりゃもう深刻具合が分かろうというものです。
でも、手をこまねいていてはいけませんぞ。


1. 仕事に見合った給料にする

トラックドライバーの給料は歩合制なことが多く「やればやっただけ稼げる」と言われたりするそうです。実際は年収300万円~700万円と言われていて、年収700万円なら何となく「おいしい仕事」と言うのも納得できそうな、年収300万円ならそうでもないような、フクザツな気持ちになります。
ただ、今より物価も安い昭和の昔には年収1000万円も珍しくなかったなんて話も聞きますから、業界参入の規制緩和のせいで価格破壊が起こったのだから政治家の失策で昔ほど稼げなくなったというのが事実のようです。
トラックドライバーの仕事にもいろいろな種類があり、中でも長距離の仕事は長いと1週間くらいは家に帰れません。いわば「過酷」と言える仕事です。
それなら、その「過酷さ」に見合った給料であれば、多くの人がトラックドライバーになりたがるはずです。
仕事に見合った給料にしましょう。

仕事に見合った給料

2. 経営の合理化を図る

とにかく会社経営でもかなりの出費となるのが人件費です。ですから、世の経営者はこぞって人件費を削りたがるのですが、会社は人材があってこその存在なので、その人材をないがしろにしては本末転倒というものです。
まずは経営を見直し、人件費以外を削ることを考えましょう。経営の合理化を図り、何としてでも賃金アップを図るのです。

無駄を見直そう

3. 仕事の合理化を図る

トラックドライバーの給料を仕事に見合ったものにするには「過酷さ」を減らす取り組みも必要です。
物流・運送業界は昔ながらの慣習が残っているところも多く、さまざまな事務書類のデジタル化が進んでいない会社も多いそうです。
トラックドライバーの作業も見直し、合理化、効率化できるところは進めて「過酷さ」を減らしましょう。

ツライ

4. 見た目に気を配る

トラックドライバーは体力仕事でもありますし、着る物が窮屈だったりすると運転に差し支えます。宅配便のドライバーは会社からユニフォームを支給されてはいますが、それでもヨレヨレになりがちです。
やはり業界の外から職業を見るとき、清潔感は重視します。トラックドライバーも常に清潔感があるよう、見た目に気を配ると、若い人が見ても「あんな仕事に就きたい」と思わせられるのではないでしょうか。

正装

5. 女性採用に力を入れる

トラックドライバーはもともと「男の世界」と思われ、実際、圧倒的に男性ドライバーが多かったようです。
そんな中、トラックドライバーの人手不足が大きな問題になってくると、やはり一番に目をつけられたのが「女性の積極的採用」です。
ですが、これがなかなかうまくいきません。
だからと言って、物事はあきらめたら終わりです。女性にアピールしても反応が薄いからもういいや、ではなく、あきらめずに粘り強くアピールを続けましょう。

女性の活躍

6. シフトを工夫する

女性の積極的採用を成功させるには、ただアピールしているだけではいけません。多くの女性たちが「働きたい」と思えるような魅力的な職業魅力的な職場にしていかなくてはいけません。
そのためには女性用更衣室や女性用トイレを増やしたり、男性ドライバーや経営陣の意識改革を断行することも必要です。
また、育児中の女性が就職しやすいよう、世界からマタハラをなくし、世界中で男性の育児参加を促進する必要もあります。「日本からなくす」「日本中で促進する」なんて、ケチケチした考えではいけません。世界を変えるのです。
ただ、世界はそんなに簡単には変わりませんから、まずは育児中の女性が働きやすいよう、シフトを工夫するところから始めましょう。育児中の女性は子どもの急な発病などで急に欠勤せぜるを得なくなることもあります。そんなときでも仕事に穴を空けないようにする工夫が必要なのです。
そうした工夫を面倒がっていては、いつでもたっても世界を変えることはできず、世界を変えられなければ人手も集まらず、会社経営の未来は暗いままとなります。

男性も意識改革を

7. 他社と連携する

トラックドライバー不足対策としてドライバーを増やす算段をするだけではなく、少ないドライバーでうまく仕事を回す算段もすると効果的でしょう。
シフトの工夫もその1つですが、他社と連携し、同じ地域への配送をまとめて行ったり、遠方への配送でドライバーを交代するシステムを構築するなどの工夫をしましょう。

連携

8. 効果的な求人媒体を使う

トラックドライバーを増やす手段として、多くの会社が求人サイトを利用しているはずです。
ドライバーを増やすなら、やはりドライバー専門の求人サイトを利用したほうが効果的です。ドライバー専門の求人サイトなら、利用者も比較検討しやすいよう、細かく、ていねいに会社の情報が載っているはずです。また、会社ならではの特長も、専門ライターが書いてくれるのでとても分かりやすいです。

大勢集めよう

9. 人材教育に力を入れる

効果的な求人媒体を活用して人を集めても、うまく育ってくれることがなく、退職者が相次ぐようでは、トラックドライバー不足はいつまでも解消されません。
人材教育に力を入れ、安全運転を守る、責任感のあるトラックドライバーを育てましょう。

教育する

10. 選挙に行く

少子化が止まらなかったり、物価高が止まらなかったり、増税が止まらなかったり、円安が止まらなかったり、人間不信が広まったり、世界平和が実現しなかったり、宇宙開発が進まなかったり、そもそもトラックドライバーの低収入を招いたり、今のトラックドライバー不足は政治家にも大きく責任があるようです。
選挙に行って、明るい未来を実現してくれる政治家を選びましょう。

政治家

トラックドライバーを増やす妙案

「大変だ!」

トラックで荷を運ぶだけで年収400万円~700万円を稼ぎ、ひょっとすると「こんなにおいしい仕事はないんじゃないか」と思えるトラックドライバーですが、「トラックドライバーなんてのは、長時間労動で激務だ」という印象が多くの人に根付いているのか、多くの運送会社はトラックドライバーの採用活動に苦労しています。
その結果、運送・物流業界は未會有のトラックドライバー不足に陥っているようです。トラックドライバーがいなければ、人々の生活も経済活動も滞ってしまうので、さあ大変!です。
この現状を変えるには、「トラックドライバーなんてのは、長時間労動で激務だ」という印象を変えなければいけません。ですが、人は一度思い込むと、その考えを変えることができませんから、トラックドライバーへの印象がそう簡単に変わることはありません。
人は何て悲しい生き物なのでしょう。


1. 少子化を止める

実は、トラックドライバーだけではなく、あらゆる業界で人手不足が起きています。その原因の1つが少子化です。
つまり、出生率が低下し、生まれてくる数が減ってきているので、子どもの数、若者の数が減り、新しく仕事に就こうという層が薄くなっているので、あらゆる業界で採用活動に苦労しているというわけです。
少ない若者を、多くの企業で取り合っているのです。
となると、少子化を止める、つまり、子どもがじゃんじゃん生まれるようになれば、若者も増え、多くの会社が採用活動に苦労しなくなるという結論が導き出されます。
頭が良いはずの政治家さんたちも、もう随分昔からこの少子化対策に取り組んでいるようですが、全く成果が出ません。頭が悪いんでしょうか。
このまま少子化が止まらなければ、国が滅ぶでしょう。

少子化をストップ

2. 給料を上げる

人はいろいろな理由で仕事をします。
その作業が好きだから、その仕事が自分に合っているから、その職場が自宅に近いから、楽そうだから、モテそうだから、などなどです。
しかし、一番はやはり「生活費のため」かもしれません。
となると、ある職業により多くの人を集めるには「給料を上げる」ことが一番の近道です。
ただ、トラックドライバーの給料を上げるとなると、その分、配送料も値上がりしますが。

高収入

3. 法律で義務付ける

トラックドライバーがいなくなると、皆さんが困ります。
スーパーやコンビニに商品が並ばず、工場は稼働せず、ネットショップでポチった商品が届くこともありません。トラックドライバーがいなくなると、荷を運ぶトラックが走らなくなるということで、それはすなわち、人体で血流が止まるのと同じようなことなわけです。
そうならないよう、法律で「トラックドライバーになること」義務付けると良いかもしれません。「国民は18歳になったら3年間はトラックドライバーとして働くこと」みたいな法律です。
そうなれば、トラックドライバーが不足するなんてこともないでしょうし、とにかくほとんどの国民がトラックドライバーを経験するわけですから、トラックドライバーへの「間違ったイメージ」も払拭されるでしょう。
義務付けされた期間が終わった後も、そのままトラックドライバーとして働く人も出てくるかもしれません。

空になったスーパーの棚

4. 税的に優遇する

法律で義務付けるということは、つまり「強制」です。
ということは、恐らく多くの国民が反発するでしょう。ただ、政治家はこれまでも「多くの国民が反発した法案」も、国民を無視してゴリ押ししてきたので、「国民は18歳になったら3年間はトラックドライバーとして働くこと」みたいな法律も成立させるかもしれません。
それはともかく、国民がきちんと真剣に反対してこの「強制」が成立しなかった場合、トラックドライバーの仕事に報酬以外の「うまみ」を加えるのが、トラックドライバーを増やすことにつながるのではないでしょうか。
例えば、税的に優遇するといったことです。
トラックドライバーは市民税やら消費税やら、あらゆる税金を半額にするといった優遇措置を施します。大勢の人がトラックドライバーの求人に殺到するに違いありません。

うまみを加える

5. 免許取得支援を充実させる

トラックドライバー不足が続く原因には「少子化」「トラックドライバーという仕事のマイナスイメージ」がありますが、そもそも若者が「車を運転する」ことへの興味を失っていて、普通自動車運転免許の取得も減ってきていることもあったりするようです。
というわけで、若者に「車の運転」にどんどん興味を持ってもらい、車の免許を取ってもらいましょう。実際に車を運転してみれば「車の運転を仕事にできたら、どんなに素敵なことでしょう」と考えるかもしれません。
今も、運送会社への入社時には普通免許の所持だけでOKで、トラックの運転に必要な中型運転免許、大型運転免許の取得は入社後に、会社の支援で可能なところも増えています。
ただ、やはり中型、大型の免許の取得は普通免許より難しかったりします。それでためらう若者もいるかもしれません。
業界全体で、若者の免許取得をバックアップすれば、そんな若者たちの背中を優しく押してあげることにもなるでしょう。

免許

6. 労働環境を改善する

「トラックドライバーなんてのは、長時間労動で激務だ」という印象が多くの人に根付いていることが、トラックドライバー不足の1因にもなっています。
どの仕事にもツラいこと、苦しいことはあるものですが、トラックドライバーの仕事にも実際、ツラいこと、苦しいことがあります。
「トラックドライバーなんてのは、長時間労動で激務だ」という印象を持ちつつも、奇跡的にトラックドライバーになった人が、そんなツラいこと、苦しいことに直面すると、「やはり、懸念した通りだった」と思ってしまい、その結果、トラックドライバーが定着しないことにもなります。
実際、歴史がある物流・運送業界は、歴史が長いだけに古くからの慣習が残り、それがトラックドライバーの労働環境を悪くしてしまっているのも事実です。
そんな労働環境は即刻改善しましょう。グズグズしている場合ではありません。
労働環境が改善されれば、「こんなにおいしい仕事はないんじゃないか」ということになり、多くの人たちがトラックドライバーの求人に殺到するのではないでしょうか。

長時間労働で激務だ

7. SNSなどでアピール

若者へアピールするなら、今はSNSです。
効果を上げるには、SNSによってマーケティング手法を行うSNSマーケターに依頼すると良いでしょう。

Webのマーケティング

8. 囲い込む

極論ですが、人は生活できなくなれば、それまで避けていたトラックドライバー職などに就こうという人も増えるかもしれません。
生活費によって労働者を囲い込むわけです。
あくまでも極論です。

囲い込み

9. トラックドライバーを増やす

トラックドライバーを増やすためには、トラックドライバーを増やすことが一番の近道かもしれません。何だかとても頭が悪い文章のようです。
つまり、トラックドライバーのなり手が減少している一因には、トラックドライバーの仕事が増えている割りに人手が少ないので、1人当たりのトラックドライバーの仕事が過酷になっているから、ということがあります。ちなみにトラックドライバーの仕事が増えているのは、ネット通販の普及で配達する荷が増えているからということもあるようです。
というわけで、トラックドライバーを増やして仕事に余裕が出れば、トラックドライバーの仕事のキツさが薄まるのでトラックドライバーが増える、という理屈です。やはり、とても頭が悪い文章です。

仕事の増加

10. 最後は政治の力

トラックドライバーを増やすための一番の近道としてトラックドライバーを増やすには、少子化を止め、トラックドライバーの給料を上げ、トラックドライバーを税的に優遇することが必要です。
事業者が給料を上げると配送料の値上げが起こるので、ここは税金から投入すべきです。そのためにまずは政治家の給料を減らし、公務員のボーナスも減らします。
つまり、トラックドライバーを増やす手立ては、最終的にはすべて政治の力にかかっているわけです。

「先生、お願いします」

トラックドライバー不足を改善する短絡的な方法

とんでもないこと

近年、「トラックドライバーは長時間労動で激務」という印象が多くの労働者に根付いていることが影響してトラックドライバー不足が続いていると、まこしやかに言われています。
単にそう言うと、いかにも皆がトラックドライバーという職業を嫌がっているようにも聞こえるのですが、実はそうでもなく、近年のトラックドライバー数はずっと横ばいが続いているそうですばい。
ただ、確かに少子化も止まっていないので、トラックドライバーをどんどん増やさなければいけません。トラックドライバー不足をこのまま放置しておくと、とんでもないことになります。
どうしたら良いのでしょう。


1. テレビでアピールする

トラックドライバーの魅力を伝えるテレビ番組をつくってもらいましょう。
N●Kあたりがつくると、変に真面目過ぎたり、逆にトンガリ過ぎたりするかもしれないので、民放のほうが無難かもしれません。
今はいろいろな番組で素人さんにスポットを当てる企画がヒットしていたりもしますから、トラックドライバーにスポットを当ててもヒットするはずです。人気者が出てくる可能性もあります。
もちろん、ドラマでも物流・運送業界を取り上げ、今どきのイケメンや美女にトラックドライバーを演じてもらいましょう。
ですが、今の若い人はあまりテレビを見ず、スマホに夢中なので、テレビでのアピールもあまり効果がないかもしれません。
それでもテレビの話題もネットニュースになるので、やらないよりはマシです。

テレビ

2. 給料をアップする

人は就職先を探すとき、給料の金高をかなりの割合で気にします。
試しに、トラックドライバーの給料を税金を使ってでも今の2倍にしましょう。トラックドライバー数は増加に転じるはずです。
財源はどうするかという問題もありますが、それはまた2か月後くらいの発表ということで、よろしくお願いします。

給料

3. 運転免許を取得支援する会社を増やす

トラックドライバーが仕事をするには、運転するのが大型トラックの場合、大型運転免許、中型トラックの場合は中型運転免許が必要です。
普通の人は滅多に所持していません。
そこで現在、普通自動車運転免許さえ持っていれば、大型運転免許中型運転免許の取得は入社後でもOKという会社が増えているそうです。
さらには、取得費用を立て替えてくれて後々給料から少しずつ引いていったり、費用の一部を支給してくれたり、中には全額支給してくれたりする会社もあるようです。
入社後に取得を支援してくれる会社をどんどん増やしましょう。
トラックドライバーとして就職するとき、中型や大型の運転免許取得は1つのハードルになっていますから、そのハードルを低くすることになります。

免許

4. 若くても役員になれるようにする

実力さえあれば、若くても役員になれることをトラックドライバーの求人でアピールすれば、若くても役員になりたいと思う優秀な若者を採用できます。
ただ、今の若者は「役員になって責任を負うのがイヤだ」「若いうちに役員になって目立ちたくない」と思う人もいるようです。
責任を負うかどうかとか、目立つかどうかは置いておいて、どんな仕事でもいろいろな経験を積むことは、労働者としてと言うより、人として必ず貴重な財産になるという事実を、しっかりアピールすることも忘れずに。
もちろん役員になれば収入もアップしますし。

貴重な財産

5. 若者への期待をアピールする

このところトラックドライバーは不足しているだけではなく、高齢化が進んでいます。そのため、多くの運送会社では若い人材に熱烈に期待しています。若くて丈夫で真面目で、長く働き続けてくれる人材を求めています。
もちろん、会社側も人材を「ただの使い捨て」などと思わず、最初はなかなかうまくできなくても根気良く育てる気持ちを持って募集しなければいけません。
労働者は道具ではないのです。

「期待しているぞ」

6. 中高年への期待もアピールする

いくら若い人材に来てほしいからといって、40代、50代の優秀な人材を無視してはいけません。
若い人はこれから育てる楽しみ、言い換えれば、これから育っていく人材を見る楽しみがありますが、中高年には、思わぬ掘り出し物の人材がいるかもしれません。
これまで本人は自覚していなかったものの、トラックドライバーの仕事に意外な才能を発揮する、そんな中高年を積極的に探しましょう。

「期待しているよ」

7. 賞与もアップする

くどいようですが、労働者はやはり給料の金高を気にしがちです。
月給とともに賞与もアップさせ、会社としていかに従業員を大切にしているかをアピールしましょう。
思い切りが肝心です。

賞与

8. 年間休日を128日以上にする

給料の金高と同時に、労働者がどうしても気になるのが休日の日数です。ワーク・ライフ・バランスです。
一般的なサラリーマンは週休2日が普通ですが、週休2日制の場合、年間休日は104~105日間だそうです。
そんな中、「どうだ!」と言わんばかりに年間休日を128日間以上にしましょう。何だか、すごく従業員の私生活を大切にしてくれてる感が出ます。

休日

9. 高校や大学にアピールする

一般企業は人事担当者などが高校や大学に足繫く通い、求人関係の担当者に自社のことをアピールして、学生たちに関心を持ってもらおうとします。
運送会社もこうした行動をドンドン展開しましょう。
小学校や中学校にも行って、子どもたちに向けて社会見学的にトラックドライバーの仕事を紹介する時間をつくってもらえば、子どものころからトラックドライバーの仕事を正しく理解し、職業選択の1つとして関心を示すのではないでしょうか。

子どもにもアピール

10. 法律で義務化する

トラックドライバー不足が今よりさらに進めば、そう遠くない未来では、物流が止まり、我々は日々の生活に困り、企業も活動できなくなり、日本はあっという間に干上がってしまいます。
国の存亡がかかっているわけです。
日本滅亡を回避するには、20歳になった日本に住む若者は1人残らず、一度は運送会社に就職しなければならないという法律をつくってしまうしかありません。
もちろん、期間を設けての就業ですが、本人の意志でそのまま継続勤務することもできます。毎年、必ず20歳の若者がある一定期間はトラックドライバーになるので、何とか物流を止めずに済むかもしれません。そこでトラックドライバーの仕事の魅力に気付き、勤務継続を言い出す若者が増えれば、トラックドライバー不足も解消し、やがては義務化制度も撤廃されるでしょう。

法整備

最後に

いずれも少し短絡的に過ぎるアイデアかもしれませんが、試してみると案外いけるかもしれません。トラックドライバー不足、解消されると良いですね。

短絡的過ぎるのも危ないですが

トラックドライバーは消えゆく職業なのか

消えゆく

トラックドライバーの人手不足が続いているにも関わらず、ネットショッピングの普及もあって物量の量は増大の一途をたどり、世は麻のごとく乱れ、トラックの自動運転システムの開発が進められています。
トラックドライバーが足りないから自動運転システムの開発が進められているのに、自動運転システムが完成したらトラックドライバーは全員失業するかもしれない、なんて声も上がっています。
もちろん、ある日を境に全国のトラックドライバーが一斉に失業するなんてことはあり得ません。
それでも少子化が進んでいるので、トラックドライバー以外のいろいろな職業が、人ではなくAIが代わりに行うようになっていくのでしょう。
そんな未来ではきっと、大富豪と呼ばれる人たちや政治家たちは仕事や日々の雑用をすべてAI任せ、機械任せ、自動システム任せにして楽々な生活を手に入れ、庶民たちは皆が失業し、路頭に迷い、犯罪に走る者が多くなる、なんてことになるのかもしれません。


1. すぐには消えない

トラックドライバーという職業がときどき「消えゆく職業」と言われるのは、自動運転システムの開発が大きな理由です。
理屈としては、トラックを運転しているトラックドライバーは、AIがトラックを運転するようになれば必要なくなるというものです。
とは言え、確かにAIはトラックの運転はやってくれるでしょうけど、トラックの運転以外はやってくれないわけです。
そしてトラックドライバーの作業はトラックの運転だけではありません。しかも、トラックの運転も完全にAIに任せて良いようになるのは、まだずっと先のはずです。トラックが道路上を走っていれば、想定外のことが必ず起こるものですが、AIが想定外の事態に完全に安全に対処できなければいけないからです。
そんなわけで、自動運転システムが実用化されても、人とAIが作業を分担するようになるでしょう。しばらくは同乗するドライバーが必要です。
また、自動運転システムが完成しても、費用の問題から全国一斉の導入も無理でしょう。

想定外の事態

2. いずれ消えるかも

自動運転システムが開発されてもしばらくは自動運転システムにトラックドライバーが乗り込み、パイロットが自動操縦で飛行機を飛ばすように、いざというとき以外はAIに運転を任せるという働き方になるでしょう。トラックドライバーの仕事がとても楽になるわけです。
飛行機も長い間、そんなやり方で飛んできたので、トラックもしばらくはそうなるはずです。
しかし、AIは進化していきますし、また、ロボットの開発も進んでいます。いずれ、人型のロボットが人間と全く同じ作業をやるようになれば、トラックも人型ロボットが運転するようになるでしょう。
人型ロボットなら、運転以外のトラックドライバーの作業もすべてできるので、人間のトラックドライバーは要らないわけです。
かなりの遠い未来のことかもしれませんが、案外早く実現するかもしれないですね。

人型ロボット

3. カタチが変わるかも

自動車がない時代、荷物は荷車で、人は駕籠で運んでいました。船も使われていました。ただ、船はエンジンで動かすのではなく、帆船でした。馬も移動や輸送に使われていました。
今はガソリン燃料によるトラックが多くの荷を運んでいます。一方、普通自動車などはそろそろ電気自動車や電気とガソリンを使うハイブリッドが主流になりつつあります。
トラックはなかなか電化も進みませんが、それゆえそろそろカタチが変わるのではないか、変わってほしいという思いも多くの人たちの中に生まれているかもしれません。
安全機能もますます進化してほしいものです。
また、自動運転システムの実用化も待たれるところですが、先頭を走る1台のトラックだけにトラックドライバーが乗って運転し、そのトラックが数台の無人トラックを従えて走るという隊列走行も実験が行われています。これも人手不足対策にとても有効です。

昔の輸送

4. 周囲も変わるはず

トラックドライバーという職業が不要になるには、自動運転システムが本当に完全に安全に作動してくれないといけません。
明らかに安全とは言えない電動キックボードなどを無免許で運転できるようにした政府ですが、完全に安全とは言えないトラックの自動運転システムを実用化するのに、何の法整備もしないということは、まさかしないでしょう。きっと法整備するはずです。
完全無人トラックの実用化にも、もちろんきちんとした法整備が必要です。
トラックドライバーという職業が消えるのは、そういう完全自動運転システムの環境がきちんと整備された、さらにその先のことでしょう。

法整備

5. 人も変わる!

トラックドライバーの人手不足が言われていますが、トラックドライバーの数は横ばいだそうです。決して減っていっているわけではないのだとか。
ただ、人手が増えもしないのに仕事が激増しているので、その結果、トラックドライバー不足という状態になっているようです。
トラックドライバーは辞めずに、そのまま仕事を続けていき、若い人がなかなか加わらないので、トラックドライバーの高齢化が進みます。年齢を重ねると、人の身体機能は衰えていきます。トラックドライバーとて例外ではありません。
自動運転システムが導入されれば、すぐには完全無人トラックにはならず、人間のドライバーがAIを活用しながら荷を運ぶことになるでしょう。運転の大部分をAIが行うので、トラックドライバーは楽になります。
高齢化して身体機能が衰えても十分仕事をできるでしょう。

高齢ドライバー

6. 良いほうに変わる

トラックドライバーはますます高齢化する可能性が高いと言わざるを得ませんが、歳を重ねるということは、それだけ経験値を増やして技能が向上するということです。世間一般では引退しているはずの高齢者が政治家に多いのは、その経験値を期待されてのことなんですけどね。
それはともかく、トラックドライバーは高い技能を必要とする専門職なので、経験値を増やして技能を向上させたトラックドライバーはどの会社でも重宝されるでしょう。
ガソリン燃料で動くトラックが使われる限り、貴重な人材と言われ続けるに違いありません。

経験を重ねて技能を向上

7. 会社も変わる

トラックドライバーという職業の歴史は長いです。トラックドライバーは物流を担う、社会にとってとても重要な職業で、社会が続く限り、物流が廃れることはなく、トラックドライバーの役割も廃れることはないわけです。
物流はただ単に「続く」だけではなく、時代ととも進化していきます。物流の量は増加の傾向にありますから、物流事業も拡大していく可能性が高いです。
物流の進化とともに事業を変化させることができる会社が、この先も長く生き残っていくでしょう。進化に対応できない会社は消えていくのかもしれません。

会社

8. 社会も変わる

トラックの自動運転システムが実用化され、トラックドライバーや運送会社の在り方も変わっていけば、社会全体も変わっていくかもしれません。
トラックドライバーの人手不足が深刻化している中、自動運転システムの開発とともに始まったのが、女性の積極的採用です。外国人雇用の幅を広げようという声も高まっています。
いわゆる多様化というやつです。
女性を積極的に採用したり、外国人雇用の幅を広げるという取り組みは、自動運転システムの開発とは別に、時代の流れとして当然の成り行きです。
時代の流れの中でトラックドライバーが本当に役割を失っていくのなら、消えゆく職業だと言えますが、女性の積極的採用を進めたり、外国人の雇用の幅を広げようという動きがあるからには、やはりまだまだ消えそうにないということかもしれません。

社会が変わる

9. 人類も変わる

トラックドライバーという職業が消えてしまうとしたら、完全にAIが管理する社会になるということかもしれません。
しかし、それまでは人がAIとともに働く時代が続くでしょう。
人類はこの数千年の間に知識を増やし、技術を高め、多くの病気を克服してきましたが、生き物としてはそれほど大きな変化は遂げていないようにも思えます。
AIとともに働く時代になって、人類も今度こそ進化していかないと、トラックドライバーとともに人類そのものが消えていくしかないのかもしれません。

人類への進化

10. 輝く未来に向けて

トラックドライバーは消えゆく職業ではなく、カタチを変えていく職業なのかもしれません。何しろ、社会が続く限りは物流がなくなることはなく、トラックドライバーは物流を支える重要な職業なのですから。
AIによる自動運転システムが実用化されても、トラックドライバーはAIとともに生き残っていくと考えられます。社会を構成するのが人であれば、仕事にも人の手がどうしても必要になるからです。
AIが人間の仕事に取って替わっても、そのAIをチェックし、仕事振りをチェックするのは人間です。
それとも、いつかAIと人類は立場が逆転し、AIのために人間が働くようになるのでしょうか。

輝く未来に

最後に

消えゆく職業と言うと、あらゆる職業がそうなのかもしれません。

消えゆく

もしも、タクシードライバーが〇〇だったら

もしもの世界

タクシードライバーのイメージというと「自由度が高い」「楽そう」「礼儀正しい」「運転がていねい」「おしゃべり」でしょうか。仕事内容や生活面では「キツイ仕事」「長時間労働」「低収入」「生活が不規則」「景気に左右される」といったイメージでしょうか。
しかし、職業をあるイメージでくくってしまうのは不毛なことです。タクシードライバーにもいろいろな人がいるはずでしょうし、会社や営業エリアによって収入やキツさも違ってくるはずです。
どんな職業だってそうです。教師、医師、警察官、美容師、中小企業診断士、殺陣師、大道芸人にもいろいろな人がいるでしょう。
さあ、これからあなたの目はあなたの体を離れ、「もしもこんなタクシードライバーがいたら?」という不思議な世界に入っていくのです



1. もし無責任なら

タクシードライバーが無責任なら、タクシーに乗り込んで目的地を告げても、タクシーが目的地に着くことはないでしょう。タクシードライバーが無責任なら「乗客を目的地まで運ぶ」というタクシードライバーの責務を果たさないでしょうから。
きっと、その目的地に行く途中のどこかでタクシーから下ろされます。そのため、目的地までたどり着くには、何台かのタクシーを乗り継ぐことになります。
それどころか、そもそもタクシーに向かって手を挙げても止まってくれないでしょう。

俺知~らない

2. もしのんきなら

タクシードライバーがのんきなら、タクシードライバーはたとえお客さんを乗せていたとしても、自分が休憩したいタイミングで休憩したり、食事を取ったりします。そのため、急な用事があってタクシーを使っても、その用事に間に合わなくなります。
急いでいるときにタクシーを使っていた人たちはふと気がつきます。「待てよ、そもそもそんなに急ぐことないじゃないか。救急車じゃないんだから、人の命に関わるわけでもないし」と。
多くの人がのんきになり、きっと平和な世の中になるでしょう。

のんきそうな人

3. もしマッチョなら

タクシードライバーは柔らかい物腰で接客しますから、お客さんの中には「俺を恐れている」勘違いし、タクシードライバーを見下す人がいたりします。
そんなタクシードライバーが、見るからにマッチョなタフガイだったら、無駄にタクシードライバーを見下す人も減るでしょう。もしかしたら、タクシードライバーが巻き込まれる犯罪事件も減るかもしれません。

マッチョ

4. もし方向オンチなら

タクシードライバーが道に迷ったりしたらシャレになりません。お客さんからのクレームも当然覚悟しなければならないでしょう。多くの人がバスや鉄道のような公共交通機関ではなく、タクシーを利用するのは、目的地の近く、ではなく、目的地まで早く着きたいからです。
そんなタクシードライバーが方向オンチだとしたら、道に迷いまくってなかなか目的地までたどり着かないということになります。
こうなると、お客さんのほうに忍耐強さが求められます。大丈夫です。タクシードライバーが方向オンチであっても、強い責任感を持っていますから、どんなに道に迷おうとも必ず目的地にたどり着きます。
それがどうしてもイヤなら、自動運転装置を早く実用化してもらいましょう。黙っていても、道に迷うことなく目的地にたどり着きます。

迷った

5. もしレーサーみたいなら

タクシードライバーには本来、レーサーのような運転技術は必要ありません。タクシードライバーは必要以上にタクシーのスピードを上げることはなく、お客さんを安全に運べば良いのですから。
そんなタクシードライバーがレーサー並みの運転技術を持っていたら、ついつい猛スピードでタクシーを運転してしまうかもしれません。
そうなったら、急ぎの用事に遅れることはなくなるでしょう。ただ、そんな猛スピードのタクシーは乗り心地はあまり良くないかもしれません。もしかしたら車酔いしてしまうかも。
ただ、タクシードライバーが街中でレーサーのようにタクシーを運転したら、スピード違反危険運転などで逮捕されてしまいそうです。

レーサー

6. もしおしゃべりなら

タクシードライバーの仕事は接客業でもあります。そのため、まるでテレビタレントのような流暢な会話でお客さんをもてなしてくれるのではないかとイメージしてしまう人もいるかもしれません。
しかし、バーなどのスタッフではないので、ていねいな会話ができても、楽しく場を盛り上げる会話ができるとは限りません。
また、タクシーの利用客の多くが、タクシーではできれば静かに過ごしたいと思っているので、そもそもタクシードライバーに場を盛り上げるような会話術は求められていません。
そんなタクシードライバーがおしゃべりだったら、お客さんを乗せるごとにマシンガントークを炸裂させるでしょう。何しろ、お客さんを乗せていないタクシードライバーは基本的に1人でタクシーに乗っていますから「誰かとしゃべりたい」という欲求がたまる一方です。そんなところにお客さんを乗せたら、そりゃおしゃべりが止まらなくなるでしょう。
そのおしゃべりが、聞いていて楽しいかどうかはまた別の話ですが。

おしゃべり

7. もし最強なら

タクシードライバーは接客業でもあります。そして世の中には「お客様は神様」という言葉を自分に都合の良いように曲解し、接客業のスタッフに対して横柄な態度を取る人がいます。困ったことです
しかし、そんなタクシードライバーが最強の格闘スキルを身に付けていたとしたらどうでしょう。最強なのに、接客業なのでムチャクチャていねいな物腰なわけです。見るから怖そうで強い人よりも、少し微笑みながら強さを秘めている人のほうが、よほど怖いです。
タクシー強盗や、タクシードライバーへの暴行事件、乗り逃げや置き逃げなどの行為はなくなるでしょう。凶器を持った誰かがどこかに立てこもったら、警察に代わってタクシードライバーがそいつを捕まえても良いくらいです。
タクシードライバーには誰も逆らえないのです。

最強

8. もし高収入なら

タクシードライバーの給料は歩合制になっていることが多く、やればやっただけ収入が上がる一方、あまり仕事できなかったら収入は上がりません。
しかしもし、タクシードライバーの給料が毎月同額で、それも政治家並みの額だったらどうでしょう。仕事をたくさんしようが、しなかろうが、とにかく高収入なのです。
きっと誰もがタクシードライバーになりたがるでしょう。普通運転免許第二種運転免許を取ろうとして大勢が自動車教習所に殺到し、教習所は大いに儲かります。若い人は運転免許の取得に興味がない? どこの国の話?になるでしょう。
タクシードライバー不足問題は一瞬にして解決です。

収入

9. もし眉目秀麗なら

タクシードライバーは今や40代~50代の男性が多いそうです。60代、70代も珍しくありません。
つまり、おじさんが圧倒的に多いわけです。
そんなタクシードライバーが、おじさんはおじさんでも、眉目秀麗なおじさんばかりだったら、きっとモテまくるでしょう。それが若いイケメンだったらなおさらです。
もしかしたら、そんなおじさんやイケメンに会いたくて、タクシー会社に女性が押し掛けるかもしれません。隔日勤務明けの早朝の時間帯を狙って、タクシー会社で出待ちのファンが現れる可能性もあります。
同僚になりたくて女性タクシードライバーが激増する可能性もおろそかにはできますまい。
タクシードライバー不足問題は一瞬にして解決です。

ハンサム

10. もし世襲制なら

多くの業界同様、タクシー業界も人手不足が続いています。
そんなタクシードライバーが世襲制になったら、とりあえず若いなり手を確保することはできます。
ただ、人手不足問題は解決するとは限りません。子どもがいないタクシードライバーだっていますから。
それに、いくら親がタクシードライバーでも、どうしてもタクシードライバーになるのはイヤで、家出してしまう子が出てくるかもしれません。
そんな子を強制的に連れ帰り、イヤでもタクシードライバーにさせるようになったら、恐怖政治の始まりです。くわばら、くわばら。

世襲制

最後に

タクシードライバーにもいろいろな人がいるはずです。それでも、無責任だったり、方向オンチだったりするタクシードライバーは、できればいてほしくありません。

タクシー


f:id:truckman:20190709135527p:plain

トラックドライバーの仕事を簡単にひと言でまとめると

人気

人々の生活や企業の経済活動が廃れない限り、なくなることがないのが物流業界で、その最先端で活躍するトラックドライバーの仕事は、今や人気職業となって飛ぶ鳥を落としているとか、いないとか言われています。


1. こんなにおいしい仕事はない

トラックドライバーの仕事の大半は「トラックの運転」です。
トラックドライバーには「毎日トラックを運転しているだけでこんなにたくさん給料をもらえるなんて、何ておいしい仕事なんだ」と喜んでいる人も多くいるそうです。
トラックドライバーの給料は歩合制になっていることが多く、そのため、ハードにたくさん働けば給料が上がる仕組みなわけです。「おいしい仕事」と喜んでいる人は、きっとハードにたくさん働いているに違いありません。

おいしい

2. ウルトラ難しい

トラックドライバーの仕事の大半は「トラックの運転」ですが、ただ漫然とトラックを運転していればいいわけではありません。トラックドライバーの仕事の本質は「荷を安全に運ぶこと」です。
荷の安全を確保するためには、ていねいでおだやかな運転をする必要があります。結構難しいです。急ブレーキ急なハンドル操作急な加速はいけません。積んである荷が崩れ、傷んでしまう可能性があるからです。
また、トラックは普通自動車より車体が大きいので、その分、運転も難しいとされています。
2つの難しさが重なっているので、ウルトラマンZなら「ウルトラ難しいぜ」と言うでしょう。
「そんなの簡単じゃん」と言う人は、ぜひトラックドライバーになって物流に貢献してください。

難しい

3. 難しいけど楽

トラックドライバーとして荷を安全に運ぶのは確かに難しい仕事ではあります。
とは言え、そうした技能はたゆまぬ努力の積み重ねで向上するものです。技能が向上すれば、それほど難しいと思うこともなく、仕事できるものです。
そうなると、むしろ「トラックの運転だけでこんなに稼げるなんて、何て楽なおいしい仕事なのでしょう」という境地に達するかもしれません。
ただし、そんなときに油断は禁物です。油断には「交通事故の危険」という落とし穴があります。
それに技能が向上を続けると、いつかにブチ当たり、それが悩みの種になったりします。そんなときは先輩や上司に相談してみましょう。

4. 優しくなければできない

トラックドライバーと言うと、荒々しいところもある、タフガイの仕事に思われる節もあります。テレビやドラマに登場するトラックドライバーは荒々しいタフガイであることが多いので、そういうイメージが広がっているのかもしれません。
しかし、実際にはていねいでおだやかな運転が求められる、つまり繊細さが重視される仕事です。何よりも「運んでいる荷を守りたい」という優しさが必要です。
守らなければいけないのは荷だけではありません。
トラックは大きいので、ぶつかったときも相手の被害が大きくなりがちです。周囲の人や自動車、建物も「守りたい」という優しさがあれば、思わずぶつけてしまうような乱暴な運転をすることはないはずです。
トラックドライバーはタフでなければできないかもしれませんが、優しくなければトラックドライバーの資格はないと言えるでしょう。

優しい

5. 「合う」「合わない」は人による

トラックドライバーは優しいタフガイに向いている仕事かもしれません。しかし、どの仕事でもそうですが、性格的に「合う」「合わない」もあります。
トラックドライバーは基本的に1人で仕事をしますので、運転席という空間の中で長時間1人で過ごすことに耐えられそうにないという人は無理かもしれません。

合う、合わない

6. 男も女も関係ない

トラックドライバーは優しいタフガイに向いている仕事かもしれませんが、やはり「合う」「合わない」もあります。ですから、優しいタフガイでも「合わない」人には難しい仕事となります。
トラックドライバーは昔は「男の仕事」と言われ、「男の世界」でした。と言いますか、世の中の多くの仕事が「男の仕事」と言われ、社会とは「男の世界」だったわけです。
しかし、それははるか昔の話です。今は、多くの仕事の適性に性別は関係ないことが分かってきています。
他の多くの仕事もそうですが、向いているかどうかに男だから、女だからということは関係ないのです
トラックドライバーの仕事も同様です。この人には合うが、この人には合わないという個人差はありますが、男女差はありません。

男と女

7. 単調でしんどい

トラックドライバーの仕事は高度な技能を必要とする専門職で、思うよりは難しい仕事ですが、技能の向上によって「楽な仕事」と思えたりもします。
ただ、やることは荷を積んでトラックを運転し、荷を下ろすということの繰り返しです。昨日と今日でやることがガラリと違う、ということはありません。
同じ毎日の中に、季節などの微妙な変化を感じる人でもなければ、毎日の繰り返しで「単調だからしんどい仕事」と感じてしまう人もいるでしょう。

しんどい

8. 危険もある

トラックドライバーの仕事を「単調でしんどい」と感じてしまう人もいるかもしれませんが、「危険」があることを忘れてはいけません。「交通事故の危険」です。
また、荷の積み下ろしのときに発生するかもしれない「荷崩れ」という危険もあります。荷崩れを起こすと荷が破損するだけではなく、崩れてきた荷が足などに落ちて負傷してしまうという危険もあるのです。くわばら、くわばら。

危険に注意

9. 未来は明るい

トラックドライバーは物流を担う、世にも重要な職業です。
トラックドライバーが荷を運ばなければ、人々の生活も企業の活動も成り立たないでしょう。人々の生活や企業の活動が続く限り、なくならないのがトラックドライバーの仕事です。将来性はとても明るいと言えます。

明るい

10. 一概には言えない

トラックドライバーの仕事はおいしい仕事であり、ウルトラ難しく楽でもあるけど単調でしんどく危険もある代わりに明るい未来が待っています。
そうしたいろいろな要素を含んでいます。
さらに勤める会社や、就く仕事の内容によっても、いろいろと違いが出てきます。
楽とかしんどいとか、給料が安いとか高いとか、一概には言えないわけです。

いろいろある

最後に

どんな仕事なのか実感したい人は、ドライバー専門の求人サイトを活用してトラックドライバーになってみましょう。

なってみよう!

トラックドライバーのおやつ戦略 食欲と時間管理の葛藤

食べるの大好き

世の中には「食べ物に関心がない」「食事に興味がない」という、食べることが大好きな人からは理解できない人が実在します。
しかし、食べることが大好きな人は、食事の時間が近づくとワクワクしますし、メニューを選んでいるときもやはりワクワクします。
そんな食べるのが大好きな人がトラックドライバーになると、トラックを運転していてもつい食べ物のことを考えたりします。ただ、トラックドライバーは時間に追われることも多く、決まった時間に食事ができなかったりします。そんなときは、食事までの「つなぎ」としておやつ軽食を食べて耐え忍びます。
食事をきちんと食べた後でも、小腹が空いておやつ軽食を食べてしまう、ということもよくあります。
しかし、トラックドライバーが多くの時間を過ごすのはトラックの運転席です。運転席で何かを食べるとなると、やはりベタつかないものや、片手で手軽に食べられるタイプのお菓子が良いのかもしれません。手がベタつくと、その後で触ったハンドルなどもベタついてきます。また、ポロポロと食べカスが落ちると、狭いすき間に入り込んだりして車内が汚れます。
おやつもよく考えて選ぶ必要がありそうです。



1. ガム

ガムは口に放り込んでしまえば、後は延々と噛むだけなので、手がベタついたり、こぼして車内を汚す心配もありません。甘みのある味なら、疲れを癒してくれるとも言われています。
それに、中には辛口で眠気覚ましにもなりそうな、刺激的なガムもあります。職業ドライバーには最適なおやつかもしれません。オススメです。
ただ、刺激的ではあっても、眠気が強いと、すぐに眠くなるので要注意です。また、ガムは、食べ終わると口から出してゴミ箱などに捨てるものですが、トラックの窓からのポイ捨ては厳禁です。
それに、ガムは噛みはしても食べるものではないので、お腹を満たすことはできないのでご了承ください。

ガム

2. 飴

飴は口に放り込んでしまえば、後は延々と口の中で転がすだけなので、手がベタついたり、こぼして車内を汚す心配もありません。甘みのある味なら、疲れを癒してくれるとも言われています。
それに、中には辛口で眠気覚ましにもなりそうな、刺激的な飴もあります。職業ドライバーには最適なおやつかもしれません。オススメです。
ただ、刺激的ではあっても、眠気が強いと、すぐに眠くなるので要注意です。
また、飴は高温に置かれると溶けて袋にくっついたり、味が変質してしまうことがあります。真夏は避けたほうが良いかもしれません。真冬も、暖房を効かせまくった車内で溶けてしまう可能性があります。
ちなみに、飴に似たお菓子である氷砂糖や金平糖は溶けにくいそうなので、真夏や真冬でも大丈夫かもしれません。

3. チョコレート

おやつの中で人気が高いのがチョコレートです。栄養価も高い上においしいので、トラックドライバーもこれさえあれば勇気りんりんです。
ただ、チョコレートも飴同様、高温下では溶けやすく、注意が必要です。その点、砂糖でコーティングしてあるチョコレートや、ビスケットなどの中にチョコレートを注入したチョコ菓子なら安心です。

チョコレート

4. タブレット

長時間の運転による疲れを何とかしたいときには、ブドウ糖などの栄養素を含んだタブレットやラムネ菓子がオススメです。
歯で噛み砕くときの食感は眠気覚まし的な効果があるとも言われています。
夏には、熱中症対策のタブレットも良いでしょう。

タブレット

5. グミ

グミも口に放り込んでしまえば、後は噛むだけなので、手がベタついたり、こぼして車内を汚す心配もありません。甘みのある味なら、疲れを癒してくれるとも言われています。
また、鉄分やコラーゲン、マルチビタミンなど、健康食品としての機能を謳ったグミも登場しています。
硬いグミはしっかり噛まないといけませんが、噛むことは眠気覚ましに効果的とも言われています。オススメです。

グミ

6. スルメ

噛むことは眠気覚ましに効果的ですが、グミが普及する前に「よく噛まないといけない食品」として一般的だったのが、スルメです。
乾物なので保存性も高く、長時間持ち歩く常備食にはうってつけではないでしょうか。
噛めば噛むほど味わい深くなるのがスルメなので、グミよりも長く噛み続けられるところも良いです。

スルメ

7. おしゃぶり昆布

おしゃぶり昆布は、昆布をカットして食べやすいように味付けした食品のことです。
噛めば噛むほど旨みや甘みがじわじわと染み出てくる食品なので、じっくり噛んで食べましょう。

干し昆布

8. ドーナツ

一方、車内で食べるのにあまりふさわしくないかもしれないのがドーナツ。砂糖などをまぶしてあるものは、食べている途中でそれがポロポロ落ちてきて車内が汚れます。細かいので、シートのすき間に入り込んで厄介です。
食べカスも落ちそうです。
どうしてもドーナツを食べたくなったら、お店の駐車場にトラックを停め、店内で食べるのが良いかもしれません。

ドーナツ

9. ポテトチップス

おやつの定番と言えばポテトチップスですが、これもトラック車内で食べるにはちょっと考えもの。手でつまむと100%くらいの割合で手が油でべたつきますし、食べこぼしもありがちです。
休日の楽しみに取っておくのが無難かもしれません。

ポテトチップス

10. アイス

真夏に、いえ、オールシーズンで食べたくなるのがアイスです。
ただ、これも車内で食べるにはハードルが高いと言えます。
棒を差してあるアイスキャンディやアイスクリームは、食べている途中で溶けてきて手や車内を汚す危険があります。無難なのは、トラックを停止させてカップに入ったアイスクリームを食べることです。「アイスもなか」も良いですが、もなかの生地が車内にこぼれないように注意しなければいけません。

アイスクリーム

最後に

くれぐれもガムを窓から捨てたり、その他のお菓子の包装紙などをポイ捨てしたりはしないように気をつけてください。
また、おいしくても食べ過ぎには注意。偏食もいけません。

食べ過ぎ注意