トラックマン

トラック専門サイト

タクシードライバー体験談。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの仕事は、中卒の人や高卒の人でも就くことができる仕事だというのに、月収50万円~月収70万円の所得を得られる仕事ですから、人生逆転したい気持ちが強い人がタクシードライバーの仕事に就いています。このタクシードライバーの仕事に必須な資格は、普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許のみとなっていますから、タクシードライバーの仕事に就くのに、特別な資格は一つも必要ありません。また、タクシードライバーの仕事は人手状態不足ですから、よほどの仕事ミスをしない限り、会社を首になることもありません。今回は、タクシードライバー体験談について触れていきます。

1.タクシードライバーのお仕事を毎日していると、私が普段かかわることがないような仕事の人と会話することができ、毎日刺激をもらえますから、タクシードライバーになってから退屈だなとおもったことは一度たりともありません。タクシードライバー最高です。BY30歳男性

2. タクシードライバーのお仕事で、たくさんのお客様をタクシーに乗せることで、他の業種では考えられない歩合給を手にすることができ、年収500万円~年収1000万円の所得を得るビジネスマンになることができました。こんなにも高収入を得ていると、自分自身に劣等感をもつことなく、自分に自信をもって生きていくことができますから、充実した人生を送ることができています。BY40歳男性。

3.タクシードライバーのお仕事を始めてから、月18日の休みをもらうことができていますから、タクシードライバーの業務がない休みの日は、私自身の自己研鑽や私の趣味を堪能することや家族サービスをすることにしっかりと打ち込むことができています。そのこともあって、家族との関係も良好ですし、私自身のスキルもアップしていますし、私の趣味の充実度合いも過去にないレベルに到達しています。BY30歳男性

4.タクシードライバーの仕事は、自分のペースで仕事を開始して、自分のペースで仕事を休めますから、自分の裁量で仕事をすることができて、最高です。自分の裁量で仕事をすることで、ただ時間待つことで給料をもらう感覚から、仕事で成果を出して給料をもらう感覚を持つことができたので、タクシードライバーの仕事をすることで仕事に対する意識が変わったように思います。BY30歳男性

5.様々な職種のお客さんと毎日コミュニケーションをとっているうちに、誰とでも瞬時に仲良くなることができる能力が身についたので、タクシードライバーの仕事について本当によかったです。この自分自身に身に就いたコミュニケーション能力は、タクシードライバー以外の仕事にも役に立つはずですから、自分の将来は明るいとおもいますね。ちょっとばかし、ポジティブすぎるかな。BY40歳男性

6.タクシー乗り場でボケーと時間をつぶしているときが、一番自分が幸せだなーと感じる時間ですし、タクシードライバーは、仕事中ずっとあくせく働かなくても良いですから、まったり仕事をしたい自分には転職です。まあ、そんなことをいっているから、自分は、月収30万円~月収50万円程度の給与しか得られないタクシードライバーだったりするのですけどね。BY50歳男性

7.タクシードライバーの仕事を長期間していると、どの場所に行けばタクシーを利用してくれるお客さんがいるのか?がわかるようになってきて、自分のタクシーにたくさんのお客さんを乗せることができるようになってきます。自分のタクシーにたくさんのお客さんを乗せることができるようになってからは、月収60万円を毎月稼ぐことができるタクシードライバーとして日本に君臨してます。BY50歳男性

8.タクシードライバーの仕事をしていて、お客様からありがとうの言葉をもらうたびに、心が温かい気持ちになって、タクシードライバーの仕事に就いてよかったなーの気持ちを持つことができます。この気持ちを持てるようになってから、自分のいろいろな人に優しくすることができるようになりましたし、タクシー会社の上司さんにも感謝の気持ちをもてるようになりました。BY40歳男性。

9.タクシードライバーは、常に一人で行う仕事となっていますから、上司に見張られながら仕事をすることが嫌な自分はタクシードライバーの仕事が天職となっていますね。でも、上司に見張られていないことをいいことに、タクシードライバーの仕事をサボると、月収20万円~月収30万円の稼げないタクシードライバーになってしまいうので、要注意ですよ。BY20歳男性。

10 .タクシードライバーの仕事は、タクシーにお客さんを乗せて、一日中タクシーを運転するだけで、月収50 万円の所得がもらえますから、仕事で大きなプレッシャーを感じることもなく、自分が満足できる額の給与をもらえる最高の仕事です。今の仕事に不満を感じている人はタクシードライバーの仕事に転職することを一考してみては?。BY30歳男性。

11.何百キロもの長距離をタクシーで移動するお客さんを獲得すると、一日で10万円~30万円のお金をお客様から受け取ることになり、タクシー会社から自分が腰を抜かすほどの歩合給を受け取ることができちゃいます。この経験をすると、タクシードライバーの歩合給の魅力に取り付かれてしまい、タクシードライバー以外の仕事につけなくなってしまいます。BY50歳男性

これら11個のタクシードライバー体験談からわかったことは、タクシードライバーの仕事は、他の仕事よりも、給与も年間休日も多く、仕事の充実度も高い仕事だということ。この現状がありますから、同世代よりも優れた待遇で働きたい人は、今の恵まれない仕事をさっさとやめて、恵まれた仕事のタクシードライバーの仕事に就くことをおすすめします。

ドラピタ

ドラピタ

トラック運転手学歴不問の理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手の正社員の仕事に就くには、高卒以上の学歴が必要不可欠となっていると思い込んでる日本人が多発していますが、実際にトラック運転手の正社員の内定を得るには、中卒以上の学歴と普通自動車第一種免許の資格を所持していればOKだったりします。ですが、中卒よりも大卒のほうが数段優秀だろうと思っているトラック運送会社の面接官は多いですから、大卒の学歴を所有しているとトラック運転手の正社員の仕事に簡単に就くことができてしまいます。今回は、トラック運転手学歴不問の理由10選に触れていきます。

1.トラック運転手の業務にコネが必要ないから。

多くの大企業の営業職で大卒が雇用される理由は、自社の大卒の営業マンで大卒特有のコネを利用して、多くの契約を獲得して欲しいから。この前提が大企業の正社員職には存在しているので、大企業の正社員になるには大卒であることが必須になっていますが、トラック運転手の業務は、トラックを用いて商品を目的地まで送り届けることのみとなっているので、トラック運転手の業務には何のコネも必要ありません。

2.トラック運転手の正社員が人手不足。

いまや、多くの人が大企業の正社員になりたいや自動車を運転する仕事には就きたくないとごねることが影響して、トラック運転手の正社員が人手不足状態に陥っています。この現状を打破したいトラック運送会社の多くは、大卒だけではなく、高卒や中卒の人を自社のトラック運転主として積極的に雇用しています。

3.正社員の仕事に就いたはいいものの、すぐに正社員の仕事を投げ出す大卒が増加中。

多くの大卒の人は、ありとあらゆる仕事に就ける選択肢があるせいか、少しでも正社員の仕事に気に入らないことがあると、すぐに正社員仕事を離職してしまいます。こういう大卒を自社のトラック運転手の正社員として雇用して痛い目にあっているトラック運送会社は、大卒以外の高卒や中卒を積極的に雇用しています。

4.トラック運転手の正社員の仕事に学力は不要。

トラック運転手の正社員の仕事に必要な能力は、トラックを長時間運転することができる能力と、一日10時間以上の仕事を月20日行える精神力と、一人で黙々とひとつの業務を遂行することができることの3つであり、学力はまったく不要です。このことを知っているトラック運送会社の面接官は、学歴や学歴を自社のトラック運転手の正社員の採用基準にはしていません。

5.トラック運転手の正社員の採用基準は、トラック運転手の業務に必須の資格をもっているかどうか。

トラック運転手の正社員の採用基準は、OOの有名大学を出ているとかではなくて、普通自動車第一種免許を所持しているかや中型自動車免許を所持しているや大型免許を所持しているかとなっていますから、中卒や高卒でも普通自動車第一種免許と中型免許と大型免許を所持していれば、簡単にトラック運転手の正社員の仕事に就くことができます。

6.20代、30代のトラック運転手を雇用したいトラック運送会社の増加。

大卒の優秀な人を雇用したいとこだわっていると40代以上のトラック運転手しか雇用することができませんから、20代、30代のトラック運転手を雇用したいトラック運送会社は、大卒以外の高卒や中卒の人を自社のトラック運転手として雇用するようになっています。

7.トラック運転手の仕事に就くことが夢の人を雇用したいトラック運送会社の増加。

大企業に就職できないからトラック運転手の仕事に就く人は、少しでもよさそうな正社員の内定を得るとすぐにトラック運転手の正社員の仕事をやめてしまいますが、トラック運転手の仕事に就くことが夢の人は、少しでもよさそうな正社員の内定を得ても、トラック運転手の正社員の仕事を辞めることはありません。このことを知っている多くのトラック運送会社は、トラック運転手の仕事に就くことが夢の人を積極的に自社のトラック運転手として雇用しています。

8.そもそも、就職活動は縁。

就職活動は学歴がすべてだと思われがちですが、企業と縁があれば大卒でなくても正社員の内定をもらうことができますし、企業と縁がなければ大卒であっても正社員の内定をもらうことができません。この実情がありますから、何でも間でもOOの会社の内定を得るには、OOの学歴が必要だと決め付けることはできません。

9.トラック運送会社は、お金に対する執着心が強いトラック運転手を求めている。

お金に対する執着心が薄いトラック運転手の正社員は、仕事でいやなことがあるとすぐにトラック運転手の正社員の仕事を離職していまいますが、お金に対する執着心が強いトラック運転手の正社員は、仕事でいやなことがあっても、すぐにトラック運転手の仕事を離職しません。この実情をしっているトラック運送会社は、お金に対する執着心が強い人を自社のトラック運転手の正社員として雇用しています。

10.トラック運転スキルが高い人を雇用したいトラック運送会社の増加。

トラック運転スキルが低い人は、トラックで事故を起こしてしまい、トラック運送会社に莫大な損益を与えますが、トラック運転スキルが高い人は、トラックで事故を起こさないため、トラック運送会社に損益を与えません。この実情がありますから、多くのトラック運送会社は、学歴問わず、トラック運転スキルが高い人を自社のトラック運転手として雇用しています。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー学歴不問の理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの正社員になるのには、最低でも高卒以上の学歴が必要であるとほとんどの日本人が思い込んでいますが、実際にタクシードライバーの正社員の内定を得るには、高卒や大卒の学歴すら必要なく、普通自動車第一種免許と高卒の資格を所持していれば十分なのです。ですが、中卒よりも高卒のほうが優秀だと思い込んでいるタクシー会社の面接官は多いですから、高卒の学歴を持っているとタクシードライバーの正社員の内定を容易にGETすることができます。今回は、タクシードライバー学歴不問の理由10選に触れていきます。

1.タクシー会社の面接官は、学歴=優秀さにならないことを知っている。

今の時代、高校や大学は誰でも卒業することができる時代であることを知っているタクシー会社の面接官が増加するとともに、中卒の人でも容易にタクシードライバーの正社員の内定を得られるようになっています。この現状がありますから、学歴が低いけど正社員の職に就きたい気持ちが強い人は、タクシー会社の正社員の仕事を就くことを自分の選択肢に入れることをおすすめします。

2.タクシードライバーの業務に、学力が必要ない。

タクシードライバーの業務に必要な能力は、自動車を運転するスキルと人を不快にさせない容姿と誰とでも仲良くなれるコミュニケーションスキルの三つとなっていますから、学力はタクシードライバーの業務にまったく必要ありません。この現状がありますから、日本のタクシー会社のほとんどは、学歴を自社のタクシードライバーの正社員の採用基準にはしていません。

3.タクシードライバーの正社員は人手不足。

タクシードライバーの正社員は人手不足状態となっていますから、自社のタクシードライバーは大卒しか雇わないと決め付けてしまうと、日本のタクシードライバーの正社員不足が加速することになります。この現状がありますから、日本タクシー会社のほとんどは、大卒以外の高卒や中卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として積極的に採用しています。

4.タクシー会社の多くは、タクシードライバーの業務に必須の資格を保持している人材が欲しい。

タクシードライバーの業務は、普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許の二つを所持している人しか行うことができませんから、多くのタクシー会社は、学歴よりもタクシードライバーの業務に必須の資格〔普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許〕を所持している人を自社のタクシードライバーの正社員の内定を出しています。この現状がありますから、何が何でもタクシードライバーの正社員の内定が欲しい人は、必須の資格〔普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許〕を所持しておきましょう。

5.若い人を雇用したいタクシー会社の増加。

高学歴の40歳以上の人よりも、30歳以下の学歴が低い人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用したいタクシー会社が増加していますから、学歴が低い人でも年齢が30歳以下であれば、容易にタクシードライバーの正社員になることができます。この現状がありますから、何が何でもタクシードライバーになりたい人は、20代のうちにタクシードライバー正社員採用面接を受けよう。

6.自動車運転スキルが高い人が欲しいタクシー会社の本音がある。

学歴が高い自動車運転スキルが低い人はタクシードライバーの業務をきっちりかっきりこなすことができないことや、学歴が低い自動車運転スキルが高い人はタクシードライバーの業務をきっちりかっきりとこなすことができる実情を多くのタクシー会社は知っていますから、何が何でもタクシードライバーになりたい人は、毎日自動車を運転して自動車運転スキルを高めておこう。

7.学歴が高い人がタクシードライバーの仕事を選ばないから。

学歴が高い人は、誰もが知っている会社の正社員になる傾向が高く、タクシードライバー正社員の職に就くことがありませんから、多くのタクシー会社は、大卒以外の人を自社のタクシードライバーとして積極的に採用しています。この現状がありますから、大卒以外の人も、積極的にタクシードライバーの正社員採用面接を受けて、夢のタクシードライバーの正社員になろう。

8.タクシー会社は、熱意あるタクシードライバーを欲しているから。

日本のタクシー会社は、学歴が高く、タクシードライバーの仕事に熱意を持っていない人よりも、学歴が低く、タクシードライバーの仕事に熱意がある人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。この現状がありますから、タクシー会社の面接官に、自分がどうしてタクシードライバーになりたいかを熱烈にアピールをして、夢のタクシードライバーの正社員になろう。

9.タクシー会社は、お金を稼ぎたい気持ちが強いタクシードライバーを欲しているから。

日本のタクシー会社は、お金を稼ぐ気持ちが低い大卒の人よりも、月収50万円以上稼ぎたい気持ちが強い高卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。この現状がありますから、タクシー会社の面接官に、自分がタクシードライバーになって多額の給料を稼ぎたい理由をアピールすることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。

10. タクシードライバーの仕事をやめない人を欲しているから。

日本のタクシー会社は、自分の欲望をかなえるためにすぐに仕事をやめてしまう大卒の人よりも、組織のために仕事を頑張ってくれる高卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用したいと思っています。この現状がありますから、自分がタクシードライバーの正社員として、長期間タクシー会社で働く意思があることをタクシー会社の面接官に伝えることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。

ドラピタ

ドラピタ

大卒でタクシードライバーになる人が増えている理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
大卒で人事職や事務職や工場職や公務員になっても、月収20万円~月収25万円ほどしか稼ぎ出すことができませんから、大卒で月収50万円の給与を得たい人の多くは、月収50万円~月収100万円稼げる仕事であるトラック運転手やタクシードライバーやフルコミの営業職の仕事に就く選択をしています。ですが、タクシードライバーの仕事で多数のお客さんを獲得することができなければ、月収50万円を稼ぐことができず、月収20万円のビジネスマンになってしまいます。今回は、大卒で、タクシードライバーになる人が増えている理由10選に触れていきます。

1.供給過多の業種で正社員の内定を獲得することが難しいから、

大卒であっても、供給過多の業種〔求人倍率が低い仕事〕の正社員の内定を獲得することは至難の業ですから、供給過多の業種の正社員の内定を獲得を諦めた人が、人手不足の業種〔タクシードライバーやトラック運転手〕の正社員の求人に応募して、人手不足の業種の正社員の内定を獲得しています。このように臨機応変に正社員の内定を獲得する人がいる一方で、供給過多の業種の正社員の内定にこだわってしまい、なかなか正社員の内定を獲得できない人も多数います。

2.タクシードライバーは自由度が高いから。

タクシードライバーは、自分のペースで仕事をして、自分のペースで休憩を取ることができる仕事となっていますから、時間を待って給料をもらう退屈な仕事をしたくない人がタクシードライバーの正社員の仕事についています。ですが、タクシードライバーの仕事が自由度が高い仕事であることをいいことに、タクシードライバーの業務をサボってしまうと、いつまでたっても月収20万円のタクシードライバーのままです。

3.タクシードライバーの仕事は年間休日120日あるから。

世間一般の月収100万円稼げる会社の多くは、年間休日が80日ほどで、プライベートを全く重視することができず、仕事漬けの人生を送ることになります。このような地獄生活を送ることを避けたい大卒の人の多くは、年間休日120日が保障されているタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。

4.タクシードライバーは月収50万円以上を稼ぐことができるから。

大卒なのに、月収20万円~月収30万円ぽっきりしか稼ぐことができない仕事につくことだけは避けたいと思っている人は、月収の安い仕事につくことをやめて、月収50万円以上の給与を得られるタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このタクシードライバーの正社員の内定を得るには、学歴よりもタクシードライバーになりたい気持ちが重要となっていることをお忘れなく。

5.他の大卒者とは違う仕事をしたい人の増加。

大卒で、大企業の総合職の仕事に就くという周りと同じことをすることに魅力を一切感じない人の多くは、新卒で大企業の内定を蹴って、タクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような行動を取る大卒者の多くが、タクシードライバーの仕事で多くのお客様を獲得することに成功して、年収600万円~年収800万円の所得を得ることができています。

6.タクシードライバーは、50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者の減少。

今から10年前は、タクシードライバーは50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者が多数いて、20代30代の若い大卒者がタクシードライバーの仕事に就くことはあまりありませんでしたが、2018年現在では、タクシードライバーは20代30代の人が就く仕事であると思っている大卒者が増加して、多くの20代30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

7.タクシードライバーは、月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者の減少。

今から10年前は、タクシードライバーは、月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者が多かったことから、大卒でタクシードライバーの仕事に就く人はあまりいませんでしたが、2018年現在では、タクシードライバーは、月収50万円~月収70万円稼げる仕事であることが多くの大卒者に浸透して、多くの20代30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

8.人間的に成長したい大卒者の増加。

コミュニケーションスキルと卓越した空間把握スキルと自動車運転スキルの3つが高いレベルで求められるタクシードライバーの業務を毎日こなしているうちに、人間的に成長することができますから、人間的に大きく成長したい気持ちを持っている大卒者の多くは、タクシードライバーの正社員の仕事についています。

9.起業資金を貯めるために、タクシードライバーの仕事に就く大卒者の増加。

タクシードライバーの仕事を3年すれば、貯金1000万円ためることも不可能ではないですから、起業資金1000万円をさくっと稼ぎたい大卒者の多くがタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような選択をした大卒者の多くが、タクシードライバー独立後に、年収2000万円~年収1億円稼ぐビジネスマンとなり、大きな成功をつかむことができています。

10.タクシードライバーの仕事は気楽。

ブラック企業の営業職だと、多数のお客様の契約を獲得しないと、上司や社長からものすごい勢いで怒られてしまいますが、タクシードライバーの仕事は、多数のお客様を獲得できなくても、給料が安くなるだけで、上司や社長からものすごい勢いで怒られることがないので、とても気楽です。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー高卒でもなれる理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの正社員求人の応募基準は、学歴不問とタクシードライバーの仕事をしたい熱意を持っていることと普通自動車第一種免許を所持していることの3つの基準を満たしているかどうかとなっていますから、中卒や高卒や大卒はタクシードライバーの正社員の採用基準には入っていません。ですが、タクシー業界も、他の業界同様、年齢が若くて、学歴が高ければ高い求職者のほうが重宝とされていますから、どうしてもタクシードライバーの正社員になりたい人は、年齢が若いうちにタクシードライバー正社員採用面接をうけましょう。今回はタクシードライバー高卒でもなれる理由10選について、触れていきます。

1.タクシードライバー業界は、高卒が一番有利。

中卒だと、学校を辞めたときのようにタクシードライバーの仕事を辞めてしまうのではないかの不安から、タクシー会社は中卒者の雇用に積極的になることができませんが、高卒だと、しっかりと高校を卒業していることだし、タクシードライバーの仕事を何十年も継続してくれるはずという期待からタクシー会社は高卒者の雇用に積極的になることができます。

2.タクシードライバーになりたい気持ちが強い高卒をタクシー会社が欲している。

タクシー会社は、タクシードライバーになりたい気持ちが強い人材を雇用したいという気持ちを持っていますから、タクシードライバー採用面接で自分がいかにタクシードライバーになりたいのかという熱い気持ちを面接官に伝えることができれば、高卒でもタクシードライバーの正社員になれます。ですが、タクシー会社の面接官に嫌われてしまうと、面接で何を言っても正社員として採用されることはありません。

3.普通自動車第一種免許を所持している高卒をタクシー会社が欲している。

タクシードライバーの業務に必須となっている普通自動車第一種免許を所持しているかつ、ペーパードライバーでない人材であれば、80パーセント~90パーセントの確率でタクシードライバーの正社員になれます。また、タクシードライバーの業務に必須の普通自動車第二種免許については、タクシードライバーの正社員採用後に、所属しているタクシー会社が普通自動車第二種免許取得費用を全額負担してくれます。

4.普通自動車第二種免許を所持している高卒をタクシー会社が欲している。

多くのタクシー会社は、自社の社員の普通自動車第二種の取得費用30万円を浮かせたいと思っていますから、普通自動車第二種免許を所持している高卒の人を積極的に自社のタクシードライバーの正社員として採用しています。この現状がありますから、何がんでもタクシードライバーの正社員になりたい人は、普通自動車第二種免許を所持しておくことをおすすめします。

5.就職活動は運ゲー。

タクシー会社に限らず、ほとんどの会社の正社員の内定は、面接官に好かれれば、容易に内定をGETすることができますし、面接官に嫌われれば、容易に内定をGETすることができませんから、就職活動は運ゲーでしかありません。この現状がありますから、中卒であっても、高卒であっても、タクシー会社の面接官にすかれれば、容易にタクシー会社の正社員になることができます。

6.大きな大志を持っている高卒を欲するタクシー会社が多い。

家を買いたいや、大切な家族を養って生きたいや、自分の車を持ちたいや、OOの国に行く費用を貯めたいなどの大志を持っている人の多くは、自分の大志を達成するために、我武者羅に仕事を頑張りますから、多くのタクシー会社は、大きな大志を持っている人に、自社のタクシードライバーの正社員の内定を出しています。この現状がありますから、タクシー会社の面接では、自分がOOの大志をもっていることを必死にアピールすることこそが、タクシードライバーの正社員の近道だとおもいます。

7.奨学金の借金や、家のローンがある人を欲するタクシー会社が多い。

奨学金の借金や、家のローンがある人は、借金を返済するまで仕事をやめる選択をすることがありませんから、多くのタクシー会社は、奨学金の借金や、家のローンがある人を自社の正社員として採用しています。この現状がありますから、タクシードライバー正社員の志望動機が何にも思い浮かばない人は、奨学金の借金を返済するために、タクシードライバーになりたいとタクシー会社の面接官に、素直に伝えましょう。

8.学歴よりも、負けず嫌いな人材を欲するタクシー会社が多い。

学歴が高く、やる気がないタクシードライバーは、お客様を獲得することができず、タクシー会社の負債社員になってしまいますから、多くのタクシー会社は高卒でやる気がある有能なタクシードライバーを自社の正社員として採用しています。この現状がありますから、どうしてもタクシードライバーの正社員になりたい人は、タクシー会社の採用面接では、自分がいかに負けず嫌いなのかということをアピールするようにしよう。

9.タクシードライバーになろうとする大卒が少ない。

多くの大卒は、タクシードライバーは大卒がつく仕事ではないと勝手に思い込んでいることが影響して、タクシードライバー業界は未来ある若い人が不足していますから、高卒で30才以下の人であれば、問答無用でタクシードライバーの正社員の内定をGETすることができます。この現状がありますから、どうしても正社員の内定を得たい人は、タクシードライバーの正社員の求人に応募しよう。

10.タクシードライバー業界は世代交代の時期が来ている。

今タクシー業界では、60代のタクシードライバーがこぞって定年退職していますから、タクシー会社は自社のタクシードライバー不足を補うために、学歴問わず20代~40代の人を積極的に自社のタクシードライバーとして採用しています。この現状がありますから、20歳~40歳でタクシードライバーの正社員になりたい人は、タクシードライバーの正社員の求人に応募することをおすすめします。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー中卒でもなれる理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの業界は未曾有の人手不足の状態に陥っていますから、タクシー会社のほとんどはやる気のある普通自動車第一種免許を所持している中卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。ですが、中卒に寛容なタクシードライバーの世界でも、普通自動車第一種免許を所持していない中卒の人を自社のタクシードライバーとして雇用しませんから、どうしてもタクシードライバーになりたい中卒の人は普通自動車第一種免許を取得することをおすすめします。今回は、タクシードライバー中卒でもなれる理由10選に触れていきます。

1.高卒、大卒だからといって、優秀とは限らない。

2018年現在では、金さえされば猫も杓子も高校と大学に行くことが可能になっている世の中ですから、高卒大卒だからといって優秀な人材とは限りません。このことを知っている多くのタクシー会社は、優秀ではない高卒と大卒の人を雇用することを避けて、優秀で自発的に動くことができる中卒の人材を積極的に雇用していますから、中卒であることに引け目を感じてタクシードライバーの正社員の仕事に応募すること躊躇する必要はありません。

2.タクシー業界は深刻な人手不足。

20代~30代の若者は、楽な仕事をしたい意欲〔自動車を運転することをしたくない〕が強くなっていることもあって、四六時中タクシーと呼ばれる自動車を運転しなければいけない仕事に就こうとする20代~30代の若者が減少していまい、タクシー業界は深刻な人で不足状態に陥っていますから、タクシー会社の多くは多数の中卒の人を自社のタクシードライバーとして雇用しています。

3.就職活動は縁。

就職活動は、能力がすべてだと思われがちですが、能力が低くても、面接官にこの人と一緒に働きたいと思わせることができれば、容易に正社員の内定を手にすることが可能です。また、タクシードライバーの就職活動も同様で、タクシー会社の面接官にこの人と一緒に働きたいと思わせることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができます。

4.タクシー会社は職歴と学歴をあまり重視しない。

タクシー会社の多くは、職歴と学歴をまったくというほど重視しておらず、コミュニケーション能力が高いことや自動車運転スキルが優れていることや必要最低限のルックスを有していることを重視していますから、中卒だからといって、タクシードライバーの正社員になることを諦めてはいけません。ですが、中には学歴を重視するタクシー会社もありますから、高卒程度の学歴を有しておいてもよいでしょう。

5.タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人を雇用したいタクシー会社は多い。

タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人の多くは、タクシードライバーの業務を長期に渡って遂行してくれる人が多いですから、一人の人材に長期間タクシードライバーとして活躍してほしい気持ちを持っているタクシー会社は、タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人を積極的に正社員雇用しています。ですが、タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人であっても、タクシー会社の面接官に嫌われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定をGETすることができます。

6.中卒だから、逢えて雇用される。

中卒の人は、高卒や大卒の人のように、簡単に正社員の職を手にすることができないことを知っていますから、一度正社員の職についたら、正社員の仕事を離職することはほとんどありません。この現状を知っているタクシー会社は、すぐに仕事を離職する可能性がある高卒や大卒を雇用することをやめて、長期間仕事を続けてくれる中卒を自社の正社員として雇用しています。

7. 20代の中卒はタクシー業界では重宝にされる。

2018年現在のタクシー業界は、40歳以上のおじさんタクシードライバーが多くを占めていて世代交代ができていない状況下にありますから、世代交代を図りたいタクシー会社の多くは、20代の中卒の人を自社の正社員として雇用することに積極的です。ですが、20代の中卒の人は、学歴不問のベンチャー企業に就職する傾向が強く、タクシー会社のタクシードライバーの正社員になる選択をする人があまりいないため、タクシードライバーの人手不足問題は解決されていません。

8.タクシードライバーにエリートはいらない。

タクシー会社の求めている人材は、コミュニケーションが高く、自動車の運転が上手い人材であって、大卒で無駄にプライドが高いだけで仕事がなにもできない人材ではありませんから、己の中卒の学歴を卑下せずに、中卒の人は思い切って、タクシードライバーの正社員採用面接に応募しよう。

9.中卒はハングリー精神が強い。

中卒はハングリー精神が強く、月収50万円以上の給与を手にして、大卒を見返してやる気持ちを持っていますから、仕事を本気で頑張ってくれる人材を雇用したいタクシー会社は、ハングリー精神が強い中卒を積極的に自社の正社員として雇用しています。

10.ルックスがすべて。

タクシードライバーの仕事は、接客業であり、お客さんを不快にさせない必要最低限のルックスが求められていますから、中卒でルックスがよく、人に好印象を与える人であれば、自社の社員のルックスにこだわるタクシー会社から正社員の内定を得られます。

ドラピタ

ドラピタ

年収2000万円稼げる仕事20選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
年収100万円で大貧民で、年収200万円でちょい貧民で、年収300万円~年収500万円で平民で、年収600万円~年収1000万円で富豪で、年収1000万円以上で大富豪となっていますから、大富豪になって人生を謳歌したいと思っている人は年収2000万円稼げる仕事に就くことをおすすめします。ですが、年収2000万円の仕事の求人倍率はとても高く、他者を圧倒するスキルや学歴がないと、年収2000万円稼げる仕事に就くことができませんから、学歴もスキルもない人は自分で事業を起こして、年収2000万円稼ぐしかありません。今回は、年収2000万円稼げる仕事20選に触れていきます。

年収2000円の手取り。

年収を2000万円稼ぐことができれば、子供を4人以上養うことも可能ですし、月10回以上一日数万円のお金を使うことができますから、誰もが欲する理想の生活を送りたい人は年収2000万円稼げるビジネスパーソンになろう。また、年収2000万円の所得税は40パーセントで、大雑把な手取りは年間1200万円ほどとなっていますから、多くの人が思っているよりは年収2000万円の人は裕福な生活を送ることができるわけではありませんが、税金をひいた後でも月収100万円のお金を自由に使うことができ、普段の生活で金不足の状態に陥ることはありません。

年収2000万稼げる仕事20選。

1.フルコミッションの不動産の営業マン。

フルコミッションの不動産の営業マンとなり、お客さんの契約をたくさん獲得することができれば、年収2000万円~年収4000万円の所得を手にすることが可能ですから、年収2000万円の勝ち組になりたい人は、今の仕事を辞めて、フルコミの不動産の営業マンの仕事に転職しよう。ですが、フルコミの不動産の営業マンとして、お客さんの契約をまったく獲得できなければ、月収が0円となり、日々の生活も間々なくなりますから、日々の生活を安定させたい人は、固定給ありの正社員の仕事に就くことをおすすめします。

2.親が大富豪のニート

親の大富豪のニートは、毎月自由に使うことができるお金を親から200万円ほど受け取ることができますから、税金の心配を一切することなく、毎月200万円以上のお金を使うことができます。ですが、親の大富豪のニートは、親の事業がうまくいかなくなった瞬間、毎月の給料が0円になってしまいますから、親が大富豪のニートは一生安泰というわけではありません。

3.開業医。

矢とわれの医者は、月収100万円ほどで、少し豪遊したらすぐに吹き飛んでしまう程度の給与しかえることができませんから、人生を思いっきり楽しむことができるお金を稼ぎたい人の多くは、開業医になっています。逆に、開業医は、月収200万円~月収1000万円ほどで、お金を使っても使い切れないほど稼ぐことができますから、人生を思いっきり稼ぐことができます。

4.プルデンシャル生命保険の営業マン

プルデンシャル生命保険の営業マンは、プルデンシャルの莫大な歩合額×獲得したお客さん=自分の月給となっていますから、お客さんを大量に獲得することができれば、年収2000万円~年収2億円の給料を手にすることができます。ですが、プルデンシャル生命保険の営業マンは、完全歩合制の世界ですから、お客様を一人も獲得することができなければ、月収0円のつきもあります。

5.プロ野球選手

NPB所属のプロ野球選手は、一軍の控え選手で年収2000万円~年収3000万円の給与を得ることができ、一軍のメイン選手で年収数億円の給与を得ることができますから、年収2000万円以上の所得を得たい人は、プロ野球選手になるしかありません。ですが、プロ野球選手として、結果を出すことができなれば、突然球団から戦力外通告をされてしまい、給与0の人になってしまいますから、プロ野球選手という職業にもデメリットはあります。

6.プロのスーパーアフィリエイター

プロのスーパーアフィリエイターとは、ウェブサイトの広告収入のみで、年収2000万円~年収数億円の所得をていますから、会社員の収入に満足できなくなった人は今の仕事をやめて、プロのスーパーアフィリエイターの仕事に就くことをおすすめします。ですが、スーパーアフィリエイターは、自分のサイトの検索順位が大幅に落ちれば、自分の収入が大幅に下落するデメリットが存在していますから、すさまじい給料よりも安定した給与を得たい人はスーパーアフィリエイターよりも公務員になることをおすすめします。

7.有料NOTE販売者。

有料NOTE販売者とは、知名度がそこそこある人が、数万円以上ある有料NOTEを自分のファンに売りつけることで、年収2000万円~年収数億円の所得を得ている人のことをさします。この有料NOTE販売者になるデメリットは、第三者から情報商材〔有料NOTE〕販売で、楽してお金をかせぎやがってと嫉妬されてしまうところにありますね。

8.年収1000万円のサラリーマンをしつつ、副業でも1000万円稼いでいる人。

年収1000万円のサラリーマンになることで、確実に1000万円稼ぐ環境を作ることができるし、副業で1000万円稼ぐことで会社を首になっても1000万円の給与を維持することができるし、いいことばかりですね。ですが、二つの仕事を同時で行うことをしてしまうと、どちらの仕事も中途半端となってしまい、数億円の大金を稼ぎだすことができませんから、会社を辞めて、副業を本業にして数億円稼ぐのがベストの選択といえます。

9.チャンネル登録者数50万人以上のyoutuber

チャンネル登録者数50万人以上のyoutuberは、年収1000万円~年収数億円稼ぐことができていますから、会社にいかずに動画投稿でお金を稼ぎたい人はyoutuberになることを視野にいれてみよう。このチャンネル登録者数50万人のyoutuberになるには、子供が喜びそうな大量消費動画や1000円ガチャ動画動画を大量にyoutubeにアップロードすることが必須となっています。

10.FXトレーダー

FXトレーダー9割は、FXトレードに失敗して、己のトレード資金の大半を為替相場で溶かす末路をたどることになりますが、FXトレーダーの一割は、FX取引で年2000万円~数十億円の利益を生み出すことに成功しています。この一割の年収2000万円以上稼ぐFXトレーダーになるには、ハイレバレッジでの取引を何度も成功さることと、損切りラインでの損切りを徹底すれば良いだけですね。

11. バーチャルyoutuber

チャンネル登録者数50万人以上のバーチャルyoutuberは、年収2000万円以上の大金を稼いでいますから、顔出しせずに動画投稿でお金を稼ぎたい人は、バーチャルyoutuberになることを視野にいれてみよう。このチャンネル登録者数50万人のバーチャルyoutuberになるには、ルックスがかわいい美少女の二次元キャラが超かわいい萌えボイスで話している動画をyoutubeにアップロードをすれば良いだけですね。

12.大企業の会社役員。

大企業の会社役員になれば、年収2000万円~年収数億円の給与を手にすることができますから、確実に年収2000万円以上のビジネスパーソンになりたい人は、大企業の会社役員を目指そう。ですが、大企業の会社役員になるには、数十年以上の時間要しますから、20代や30代の若いうちに社会の成功者になりたい人は大企業の会社員になるのではなく、起業して大きな成功を収めて年収2000万円以上のビジネスパーソンになることをめざしましょう。

13.中小企業の会社役員

中小企業の会社役員になれば、年収2000万円~年収4000万円の給与を得ることができますから、数年以内に年収2000万円以上のビジネスパーソンになってやる野望を持っている人は、中小企業の会社役員を目指そう。この中小企業の会社役員になるには、中小企業の正社員として、仕事で輝かしい結果を出すことを5年程継続すればよいだけですから、そんなに中小企業の会社役人になるのは難しいことではありません。

14.キーエンスの営業マン

キーエンスの営業マンとして、多数の契約をたくさん獲得することができれば、年収2000万円~年収3000万円の給与を得ることは不可能ではありませんから、手堅く年収2000万円の給与を得たい人は、即効で今の仕事を辞めて、キーエンスの営業マンになることをおすすめします。ですが、キーエンスの営業マンとして並の仕事の結果しかだすことができなければ、年収500万円~年収1000万円しか稼ぐことができません。

15.仮想通貨トレーダー

仮想通貨ブームが起こっているときは、仮想通貨の価値が100倍~10000倍に跳ね上がることが頻繁に起きていたので、仮想通貨の取引で利益を出すことはそんなに難しいことではありません。ですが、仮想通貨ブームが終わってしまった今では、仮想通貨の価値が跳ね上がることはほとんどないので、2018年8月現在で仮想通貨の取引で多額の利益を出すことは難しいです。

16.未来性がある事業を立ち上げる

トラック運転手やタクシードライバーの仕事を数年して貯めたお金を元手にして、未来性がある事業を立ち上げれば、年収2000万円~年収数億円のビジネスマンになるのも、そんなに難しいことではありません。ですが、未来性がある事業を思いつくことが容易なことではありませんから、未来性がある事業を思いつかないけど年収2000万円稼ぎたい人は、年収2000万円以上稼げる会社の正社員になることをおすすめします。

17.マグロ漁師

マグロ漁師になって、一ヶ月のうちに一匹何百万円もするマグロを何匹も釣ることができれば、年収2000万円~年収数億円の所得を得ることができている人になれませす。ですが、マグロ漁師になっても、マグロを吊り上げることができなければ、年収2000万円はおろか、年収200万円も稼ぐことができませんから、マグロ漁師はリスクが高い仕事となります。

18.ナマコ漁師

ナマコ漁師になって、500グラム10万円もするナマコを大量に捕獲して、捕獲したナマコをインターネット販売することをすれば、年収2000万円~年収数億円の所得をサクッと稼ぐことができてしまいます。このナマコ漁師になるにには、特殊なスキルも特殊な人脈もなにもいりませんから、スキルも人脈なしで年収2000万円稼ぎたい人はナマコ漁師になることをおすすめします。

19.DJ

有名な曲を何曲も作成している有名DJになれば、一回DJをやるだけで2000万円以上の大金を手にすることができますから、年収2000万円をはるかに凌ぐ所得を得たい人は、有名DJになることをおすすめします。ですが、ほとんどのDJは無名で曲を作ることができませんから、年収2000万円の所得を得ているDJはごく少数となってい現実があることをわすれてはいけません。

20.インターネット古事記。

日本で誰も知らないくらい知名度がある人が、自分の口座にお金を振り込んでくれーと自分のファンに訴えれば、一瞬で2000万円を超えるお金が自分の口座に振り込まれますから、知名度がある人はインターネット古事記になって、お金をたくさん稼ごう。

ドラピタ

ドラピタ