トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手の気ままな空想 その3

f:id:truck_sa:20201012124914j:plain
空想の翼を広げ

空想は健康に良いらしいです。
トラック運転手は長時間、運転席に座っているので、肉体的、精神的に疲労がたまりやすくなっています。そのストレス解消、疲労蓄積の回避のため、気持ちのリフレッシュが必要です。
そして気持ちのリフレッシュを手軽にできる手段が空想なのです。何が手軽って、何しろスマホも何も、道具などを一切使わないのですから。
ただ、空想が妄想の域まで達してしまうと現実の認識があやふやになり、安全運転ができなくなって危険です。運転を続けていて気分転換程度に空想してみるのは良いのですが、安全運転がおろそかになってはいけません。あくまでも道路状況や運転に気持ちを集中させつつ、少しだけ空想する、くらいにしましょう。
そのためにも、ハンドルを握ったまま、運転しているという状況を生かした空想をしてみるのが良いかもしれません。
または、休憩時、トラックを停めて目をつぶり、リラックスしながら空想してみましょう。この本格的な空想は、脳を休ませることになって疲労回復、ストレス解消につながります。

1. 未来のトラックを夢見る

最近のトラックはかなり進化しています。
自動ブレーキやら各種センサーが搭載され、交通事故の軽減を促進しているだけではなく、座り心地抜群の高級シートまで登場しています。
現在、運転しているトラックが中古の古びたトラックだたとしても、空想の世界では「座り心地抜群」「安全機能もバッチリ」と思い込んでみると、気分も良いかもしれません。落語家の桂枝雀師匠「おかしなことがなくても積極的に笑おうという気持ちが大切で、何もなくても笑っていれば、そのうち自然とおかしく思えてくる」と言っています。
もちろん、安全装置が実際には搭載されていない場合は、「ある」と信じて安全装置に頼ってしまっては危険です。逆に安全装置が完備されていても「安全装置は搭載されていない」と思うくらいの慎重な安全運転が必要です。
ちなみに今や、完全自動運転や空飛ぶトラックの開発も進められています。休憩時には、そうした未来のトラックを空想してニヤニヤしましょう。

f:id:truck_sa:20201019125544j:plain
自動運転自動車

2. ゲームの主人公になる

ゲームの中にはカーレースのゲームもあります。また、ゾンビなんかを撃ちまくるシューティングゲームもあります。
運転席でハンドルを握っていると、目の前の景色は後ろに流れ続けます。この感覚を生かして、レースゲームやシューティングゲームの主人公になったつもりになりましょう。前方の車や対向車、歩行者を空想の中で撃っても良いでしょう。バイクや自転車は日ごろから近くに来るとビクビクしなきゃいけない相手なので、勝手に点数をつけて高得点に設定すれば、ストレスも減るかもしれません。
もちろん、レースゲームという空想にハマってスピードを出し過ぎたり、シューティングゲームの点数の計算なんかはしてはいけません。計算に気を取られると危険ですから。

f:id:truck_sa:20201030124620j:plain
ゲームの中に入り込む

3. RPGの登場人物になる

これも要するにゲームの主人公ですが、特にRPGに絞り込んでの空想です。
RPGは旅に出るような設定が主流なので、トラックで移動しているトラック運転手にとっては空想しやすい対象なのではないでしょうか。
荷を積んで、下ろしてという作業もアイテムを見つけてゲットしたり、使って無くなったりというゲーム上の状況に当てはめることができます。
RPGは旅の仲間を増やすこともできますから、これは空想で勝手に設定しましょう。1人孤独な仕事がにぎやかになるでしょう。

f:id:truck_sa:20201030130146j:plain
RPGの登場人物?

4. タクシー運転手になる

どうせハンドルを握っているのですから、トラック運転手以外の職業ドライバーになったつもりになりましょう。
例えばタクシー運転手です。タクシーですから、運んでいるのは商品や製品や部品などではなく、です。人を乗せているつもりになって、その人が快適に過ごせるような、ていねいで慎重な運転をするのです。気分転換もできて安全運転を厳守できるので、これぞ一石二鳥。
大型トラックの運転手なら、バスの運転手になったつもりになると、より現実味を帯びた空想になります。現実的過ぎて、空想している感じが薄くなるかもしれませんが、「毎度ご乗車ありがとうございます」なんて車内アナウンスをしてみると、いかにも空想っぽくなります。

f:id:truck_sa:20200117121055j:plain
バス運転手

5. YouTuberになったつもりになる

トラック運転手の副業としてオススメなのが、仕事の合間にブログなんかを書いたり、YouTubeに動画をアップしてアフィリエイトで稼ぐことです。
ですが、ブログを書くのも面倒だし、動画を撮ってアップするのも面倒だという人もいるでしょう。
しかし、空想でやるならカンタンです。一文にもなりませんが。
トラックを運転して道路を走っているという状況を生かし、旅に出て各地の様子をリポートしている風なYouTuberになってみましょう。やってみて「YouTuberも意外と楽しいな」と気づけば、実際にYouTuberになるのも良いのではないでしょうか。内容にもよりますが、もしかしたら収入にも結び付くかもしれません。

f:id:truck_sa:20201030131849j:plain
自撮りで動画を撮影

6. 大型ロボットを操縦する

大型トラックは車体が大きい分、死角が多く、角を曲がるときも周囲を巻き込んでしまう危険が高いので、普通自動車より運転が難しいと言われています。
しかし、それだけにその大きな機械を自在に操る醍醐味も大きいと言っていいでしょう。
せっかく「大きな機械」を自在に操っているのですから、いっそ巨大ロボットを操縦していると空想しましょう。
巨大ロボットを操って、怪獣が暴れる現場に駆け付ける空想も楽しいですし、敵国のロボット軍団が集まる戦場にはせ参じるのも気分が上がるかもしれません。

f:id:truck_sa:20201009133255p:plain
ロボット

7. 観光スポットに行った気になる

長距離トラックの運転手は仕事で観光地に行くこともあります。
しかし、長距離トラックの運転手でなければ、トラックで行く先は日常的に勝手知ったる地域ですし、長距離トラックの運転手であっても行き先が必ずしも観光地とは限りません。
それなら空想で、仕事で行った先を勝手に観光スポットだと思い込みましょう。昔は観光スポットでも何でもなかった工業地帯が、船から眺める夜景スポットとして注目される世の中です。どんな場所でも気持ち次第で「見るべきスポット」になったりするものです。

f:id:truck_sa:20201030132345j:plain
工業地帯

8. 心霊スポットに行った気になる

某タクシー会社が夏になると「心霊タクシー」を走らせるように、ちょっとだけドキドキ、ヒヤヒヤしたいという需要から「心霊スポットに行ってみたい」気持ちは多くの人が持っているようです。
とは言え、実際に心霊スポットに行くのはやはり怖いものです。
それなら、空想で今走っている道路を勝手に「心霊スポット巡りの道中」だと思ってみましょう。それこそ、運転がより慎重になるかもしれません。くれぐれも、空想なのに怖くなって、早く通り過ぎようとしてスピードを出し過ぎないように。そんなにスピードを出すと、いつの間にあなたの足元に、ホラ…。

f:id:truck_sa:20201030133447j:plain
出そうな道

9. 政治を批判する

運転とは関係なく、普段はあまり考えないことを考えてみるのも良いかもしれません。
自らの生活を振り返り、満たされないと思ったら、その満たされない思いの原因を探ってみましょう。結局、「政治が悪い」という結論に落ち着くでしょう。政治家は大企業の経営者のことは優先しますが、庶民がどうなろうが無関心ですから、庶民が困っていることのほとんどは政治家のせいだと言い切ってもイイと、言えなくもないような気がして仕方ない今日この頃です。
ただし、この空想を突き詰めるのは、トラックを停めて休憩するときにしましょう。怒りに我を忘れて運転すると危険です。

f:id:truck_sa:20201030133717j:plain
政治には常に批判的に

10. 模範的運転手になりきる

普段とは違う者になりきるのが空想です。職業ドライバーの一翼を担うトラック運転手全員が目指すのは、やはりていねいでおだやかで、環境にも優しいエコドライブに取り組み、交通ルールと交通マナーをしっかり守る模範的なプロドライバーです。
そのプロ中のプロになりきってハンドルを握りましょう。「なりきる」という気持ちが肝心です。落語家の桂枝雀師匠「おかしなことがなくても積極的に笑おうという気持ちが大切で、何もなくても笑っていれば、そのうち自然とおかしく思えてくる」と言っていますから。

f:id:truck_sa:20201030133917j:plain
模範的な運転を

最後に

くどいようですが、安全運転の邪魔にならないよう、空想に集中し過ぎないように注意を。集中するなら安全運転に集中しましょう!

f:id:truck_sa:20190624134914j:plain
安全運転に集中して力こぶれ!

交通事故を起こしやすい人

f:id:truck_sa:20191205132853j:plain
天候の悪化も交通事故の可能性を高めます


車を運転する人は誰もが、交通事故を起こしたくない、交通事故に遭いたくないと思っているはずです。少なくとも一般常識のある人は交通事故を起こしたくない、交通事故に遭いたくないと思っています。
交通事故の原因にはさまざまなものがあります。天候も影響しますし、車両の不調も大いに関係します。しかし、何と言っても重要なのが、運転する人の意識ではないでしょうか。気のゆるみやストレス、体調不良などによって正しい判断を迅速に行うことが困難になり、運転を誤って事故を起こしてしまうわけです。
そのため、一般常識があって、交通事故を起こしたくない、交通事故に遭いたくないと思っている人でも、ときに交通事故を起こしたり、交通事故に遭ってしまいます。
ちなみに、もし交通事故のことを気にせず運転している人がいたら、ぜひその思いを改めてほしいものです。

1. 感情的になりやすい人

運転中に感情を乱したらオシマイです。
分かりやすいのは怒りでカーッとなってしまうことです。また、運転していると、思わずイラっとなってしまうこともいろいろあったりします。
そもそも車は、好きなように望む場所へ、人間が普通は出せないスピードで運んでくれる便利なものです。そのスピードが爽快感をもたらします。
そのため、この便利さ爽快感を阻害するもの、渋滞や他の車の想定外の動きなどに遭遇すると、思わずイラっとします。これは人間ならば、ある意味仕方ないと言えるのですが、イラっときても早めに平静な精神状態に戻れば、あまり問題はないでしょう。
ただ、感情的になりやすい人はイラっとくる回数も多く、また、イラっとしてイライラし始めると、その状態が長く続いてしまいます。そうすると、事故を起こさないようにしようという理性が失われ、冷静な判断ができず、そのため事故を起こしてしまうことになります。
感情的になりやすい人は、あおり運転、危険運転をしてしまう危険も高いです。気をつけましょう。
怒るだけではなく、大きな悲しみの感情に襲われたときも冷静な判断は難しくなるので、運転は控えたほうがいいでしょう。

f:id:truck_sa:20190830131337j:plain
カッとなった人

2. せっかちな人

とにかく先へ先へ行きたいというせっかちな人も危険です。関西で言うところの「いらち」です。
こういう人は急いで先へ行きたいので、前にノロノロ運転の車があったりすると、イライラします。
気持ちが焦ってしまうので、判断を誤ったり、ハンドル操作やアクセル・ブレーキ操作を誤ってしまうかもしれません。

f:id:truck_sa:20210115130654j:plain
先を急ぐ車

3. 自己中心的な人

いわゆる「オレ様」な人です。こういう人は、自分なりの運転に関するルールを自分勝手につくり上げ、そのオレ様ルールを守っていないと自分勝手に判断した他の運転手に不当な怒りを感じ、その自分勝手な正義に基づいて他の運転手を理不尽に罰しようとして、あおり運転や危険運転をしてしまいます。
こうしたあおり運転や危険運転をされた側の運転手の冷静な判断安全な運転のおかげで、交通事故につながらないこともありますが、あおり運転や危険運転のために人命を落とす事件も起きています。

f:id:truck_sa:20200907135237j:plain
オレ様な人

4. 見栄っ張りな人

見栄っ張りな人は、周囲から「より良い存在」として見られたい、称賛されたいと思ってしまいます。そのため、同乗者がいるときに慎重な運転をして「臆病なヤツ」なんて思われたくないというだけのことで、スピード違反をしてしまう可能性があります。とても危険です。
自分を強く見せたいがために「俺は命知らずなんだぜ」なんて言って無謀な運転する人もいるかもしれません。

f:id:truck_sa:20210115132237j:plain
命知らず

5. おっちょこちょい

うっかりアクセルとブレーキを踏み間違えてしまう人です。
そんな極端な人はいないかもしれませんが、駐車場に停めるときに柱や隣の車、壁などに思わずぶつけてしまう人はいます。根っから不器用な人です。
もちろん、駐車場でぶつけるだけならまだ「かわいい」とも言えます。できれば、自分は「おっちょこちょい」と自覚し、慎重な運転を心掛けてくれると世界平和に一歩前進です。
そして、そのうっかりがたとえ些細でも、事故につながらないよう祈るばかりです。

f:id:truck_sa:20210115132822j:plain
うっかり

6. 負けず嫌いな人

周囲に自分より運転がうまいと感じる人がいたり、運転中に自分の車より高級そうな車が走っているのを見掛けたり、何か競争心に火をつけるようなことがあると、思わず冷静な判断ができなくなる人は危険です。
負けず嫌い自体は、特別に悪いことでも何でもありません。怖いのは負けず嫌いによって冷静な判断ができなくなることです。冷静な判断ができなくなり、誰かを「負かしたい」自分勝手に思ってしまうと、無理なハンドル操作やスピードの出し過ぎをしてしまい、それによって事故を起こしてしまうかもしれません。

f:id:truck_sa:20210115134049j:plain
勝ち負けを競う

7. 自信過剰な人

安全運転に必要なのはていねいでおだやかな運転です。それには慎重さが欠かせません。
自信過剰な人は、自分にはできないこと、自分には難しいことに対して「できる」と根拠もなく思ってしまい、自分にできないことや難しいことをやってしまう可能性があります。
例えば、無理な追い越しです。運よく、無事に追い越しできればいいのですが、できなければ大惨事です。

f:id:truck_sa:20210115134512j:plain
大惨事

8. 傲慢な人

これも「オレ様」な人です。ただ、単に自己中心的なだけではなく、自分は他の者たちより偉い、特別な存在だと自分勝手に思い込んでいる人です。
こういう人は、他の車に道を譲ったりしません。運よく、常識と良識を持つ人が傲慢な人の思惑通り、道を譲ってくれると問題も起こらないかもしれませんが、傲慢な人同士がお互いに譲らないと、事故を起こしてしまう危険があります。
偉いかどうかは他人が判断することです。それに、仮に「偉かった」からと言って、それが何だと言うのでしょう。偉いから優遇されるべきだと言うのでしょうか。本当に「偉い人」は自分の優遇を望むのではなく、自ら他人を優遇してあげるのではないでしょうか。

f:id:truck_sa:20201001125951j:plain
オレ様な人 その2

9. 危機意識の欠ける人

世の中には「オレ様が交通事故なんて起こすわけはない」と、根拠もなく勝手に思い込んでいる人がいます。しかし、くどいようですが、交通事故は車を運転するすべての人に起こり得ることです。確率が高いか低いかは運転手や車の状態、天候、地域性などによってバラバラですが、少なくとも可能性はあらゆる運転手にあります。
だからこそ、あらゆる運転手が安全運転を意識しなければいけないのです。
「オレ様は交通事故なんて絶対に起こさない。実際、今までウン十年も運転しているが、交通事故は起こさなかったし、遭わなかった」という人もいるでしょう。しかし、それは単に運が良かった、ツイてたからです。

f:id:truck_sa:20210115134914j:plain
ギャンブルにはツキも必要

10. 無謀な人

交通事故のことを気にせず運転している人はゼロではないかもしれません。つまり「オレ様が交通事故なんて起こすわけはない」という危機意識の欠如ではなく、「交通事故を起こしても構わない」と思っている人です。
こういう人には、できれば運転をやめてほしいのですが、自由国家である日本ではそんな強制はできません。そういう人も交通事故に遭えば考えを改めるかもしれませんが、意外とそういう人に限って交通事故に遭わずに過ごしている可能性もあります。しかし、それはやはり運が良いからに過ぎません。くわばら、くわばら

f:id:truck_sa:20210115135235j:plain
くわばら、くわばら

最後に

日本は自由国家なので、たとえ「交通事故を起こしやすい人」であっても、その人に車の運転をやめるように強制することはできません。と言いますか、強制してはいけないのです。
もし、上記の項目を見て、自分がどれかに当てはまると思った人は、自分が「交通事故を起こしやすいかもしれない」自覚を持ちましょう。運転が慎重になるかもしれません。

f:id:truck_sa:20200118135051j:plain
慎重に

プロ中のプロと言える一流のタクシードライバーとは

f:id:truck_sa:20200215125109j:plain
プロフェッショナル

タクシー業界は人手不足でもあり、求人広告はいつも出ています。
また、タクシードライバーとして働くのに必要な資格と言えば二種運転免許くらいで、並外れた学歴も豊富な財力も人もうらやむ美貌も必要ありません。最近は年齢の上限も上がっているようです。
つまり、比較的に誰もがなりやすい職業となっています。しかも、タクシードライバーの給与は歩合制となっていて、お客さんを乗せれば乗せただけ、給与も上がる、やればやっただけ稼げる職業でもあります。ひそかに人気職業になっているなんて話も聞きます。
確かに「誰でも就きやすい職業」かもしれません。しかし、タクシー会社に就職してドライバーとしてデビューしただけでは「立派なプロ」とは言えません。接客業でもあるタクシードライバーは、なりたての新人はやはり緊張して焦ってしまい、うっかりミスもするものです。
こうした新人特有の緊張や失敗を克服して「立派なプロ」となってこそ、本当にタクシードライバーという仕事が「やればやるだけ稼げる職業」となるのです。

そこで今回は、どっからどう見ても「立派なプロ」と言えるタクシードライバーと見なされる10箇条を紹介します。目安として、自分に当てはめてみるのも一興かと。


1. 道に迷わない

タクシードライバーの仕事は、ほぼ初対面のお客さんが指定する場所までそのお客さんを運ぶことです。行きつけの場所に行く偶然はあまりありません。ましてや、タクシードライバーになりたてのころは、ほぼ毎回初めての場所に行くことになります。
もちろん、タクシードライバーとしてデビューする前の研修期間に地理を覚えることになりますが、緊張激しい新人の場合、覚えたてのことが頭から抜け落ちることもあります。本当に知らない場所を指定されることもあります。
これはもちろん、タクシードライバーとして経験を積むことで、克服していくことです。
それでも、道に迷ってしまうこともあるかもしれません。そしてタクシードライバーが道を知らなかったり、道に迷うと、お客さんは高確率で激怒します。
そんなことにならないよう、一流のタクシードライバーになるため、1本でも多くの道を覚えましょう。オフの日でも、マイカーで営業エリアから車で行ける地域を隅々まで走ってみるなど、努力するしかありません。

f:id:truck_sa:20190826130931j:plain
迷路

2. 常に愛想良くできる

タクシードライバーの仕事は接客業でもあります。
その反面、「タクシーに乗ったらドライバーがとても無愛想だった」なんてネットの書き込みもチラホラ目にします。
もちろん、多くのタクシードライバーが誠意ある接客を心掛け、常にお客さんの快適さを考えているはずです。しかし、中には不埒なタクシードライバーもいますし、普段は愛想の良いタクシードライバーも疲れがたまれば、愛想よくしていられない精神状態になったりもします。また、横柄な態度のお客さんや、タクシードライバーに暴言を吐くお客さんにはイラっとすることもあるでしょう。タクシードライバーとて人間です。
それでも、常にお客さんの快適さを考えるのが「立派なプロ」です。もちろん、暴力をふるったり、凶器で脅すようなお客さんがいれば、警察に通報すべきですけど。

f:id:truck_sa:20190613102746p:plain
接客業

3. 車線変更をスムーズにできる

タクシーに乗りたいと思う歩行者は、歩道にいることが多いです。そして空車っぽいタクシーを見つけると、手を挙げて合図します。
タクシードライバーは、歩道などから手を挙げて「停まって」と合図を送る人を見つけたら、タクシーを安全に歩道に寄せて停め、その人を乗せます。
右車線を走っていても、スムーズに左側の歩道に寄せなければいけません。もたもたしていると、他のタクシーがその人を乗せてしまうこともあります。また、他の車の走行を妨げることになり、やむなくその人を乗せるのをあきらめ、スルーすることになるかもしれません。
そうやってタクシーに乗りたい人をスルーすると「タクシーに無視された」と、その人の気持ちにモヤモヤを残すことにもなります。
乗せるときだけではなく、お客さんを降ろすときもスマートにタクシーを歩道に寄せ、お客さんを安全に降ろさなければいけません。
さまざまな道路状況の中でスムーズにタクシーの運転ができてこそ、本当にプロのタクシードライバーだと言えるのです。

f:id:truck_sa:20200215131345j:plain
どんなときもうまく車線変更を

4. 健康管理ができる

健康管理はあらゆる職業ドライバーにとって重要です。体調不良は交通事故につながりかねないからです。
また、不特定多数のお客さんを乗せるタクシードライバーは、インフルエンザなどの感染リスクにも対処しなければいけません。
健康でなければ仕事でフルに自身の能力を発揮できないという意味では、あらゆる仕事で健康管理は大切です。

f:id:truck_sa:20200215131635p:plain
健康管理は大切

5. 清潔さを大事にする

タクシードライバーは接客業でもあるので、お客さんが不快に感じないよう、髪型、服装、靴など、清潔な身だしなみを心掛けなければいけません。
もちろんタクシー車内も常に清潔に保つ必要があります。タバコ、ギョーザなどの臭いも要注意です。
今はタクシーの禁煙化が進んでいますが、例えば、車外でタバコを吸って運転席に座っても、後から乗ったお客さんがタバコの臭いを感じることもあります。
タクシードライバー自身がタバコを吸ったり、ギョーザなど臭いの強いものを食べたとしても、それを消すようにしましょう。
また、明らかにギョーザを食べたと分かるお客さんが乗ったとしても、そのお客さんが降りた後、臭いを消すようにしましょう。
そして当然、車内の清掃も日ごろからきちんとしなければいけません。お客さんが乗る座席だけではなく、運転席周辺も整理整頓しておかなければ、いざと言うとき、余計なものがあると運転の妨げになるかもしれません。

f:id:truck_sa:20200215132048j:plain
清潔に

6. いつも冷静沈着

多くの職業で、いつも冷静沈着であることを心掛けていると、かなりのトラブルを克服することができます。
タクシードライバーは特に、車の運転を安全に行うためにこれがとても重要です。タクシーの運転には、いろいろなトラブルのタネがつきものだからです。
渋滞でイライラすることもあります。イラっとくるお客さんが乗ってくることもあります。そんなときに恐れたり、焦ったりして冷静は判断ができないと、無用なトラブルが起こりかねません。
いつも冷静沈着でいてこそ、道に迷わず、常に愛想よくでき、スムーズにお客さんの乗降もできるというものです。

f:id:truck_sa:20190606125935p:plain
クールに

7. 工夫と努力を欠かさない

タクシードライバーの給与は歩合制であることが多く、お客さんをたくさん乗せた分だけ高い給与を得ることができます。
そのため、いかに多くのお客さんを乗せるかが、高収入を得るための鍵となります。
「タクシーに乗りたい」という人を見つけるには、営業エリアでの人の流れをつかまなければいけません。いわゆる情報戦なわけです。
そうした情報を収集し、そこでお客さんを乗せることができるかどうかの実証を繰り返してさらにデータとして蓄積し、そこからさらに実証を重ねます。
また、地域のイベント情報、人気スポット、人が集まる場所だけではなく時間などの情報にもアンテナを張ります。
つまり、タクシードライバーの仕事にはマーケティングが重要なのです。ただ漫然とタクシーを運転しているだけでは一流とは言えません。

f:id:truck_sa:20200215132419j:plain
アンテナ

8. あきらめない

とは言え、マーケティングをしっかり行えば絶対に大丈夫とも言い切れないのが、人生というものです。経済とはそういうものです。予測のつかない事態も起こり得ます。
タクシーに乗りたい人は、人が集まるところに行けば見つかりやすくなりますが、人が集まるところは渋滞になる可能性もあり、かえってタクシーの仕事の効率が悪くなるかもしれません。
また、情報を集めてその実証を繰り返している日々の中、なかなか成果を上げられない日もあるでしょう。そんな日が続くこともあるかもしれません。さらにそんなときに限って「タクシー業界の景気が悪化」だの「タクシードライバーの仕事はAIに取って替わられる」だの、ネットでマイナスな記事を目にするかもしれません。
くじけそうになるでしょう。しかし、雨の日ばかりじゃありません。日照りも永遠に続くわけじゃありません。
あきらめない、負けないと踏ん張り、工夫努力を続ければ、必ず道は開けます。そうしてあきらめなかった人が、一流のプロとなれるのです。

f:id:truck_sa:20200215132720j:plain
雨の日

9. 臨機応変

タクシーの運転には、いろいろなトラブルのタネがつきものです。
多くのドライバーが「避けたい」と思う渋滞は、事前に情報を入手することも可能で、目的地への途中で発生しているなら、抜け道を考えることが正しい選択と言えるでしょう。
また、夜の繁華街でお客さんを乗せる場合、その人が酔っ払っていることはある程度予測できます。酔ってからまられるなどのトラブルはあらかじめ想定しておくと、対処も楽になるかもしれません。
しかし、乗せたお客さんが酒を飲んでいなくても傍若無人な人だったり、予測がつきにくいこともあります。
交通事故を避ける方策に「だろう運転」より「かもしれない運転」というものがあります。目の前の視界が悪い角があるとき、その角から急に子どもは飛び出してこない「だろう」と予想するのではなく、子どもが飛び出してくる「かもしれない」と考え、慎重に運転しようということです。
タクシードライバーの仕事も、一瞬先に何があるかは分かりません。「最悪を覚悟して最善を尽くす」を指針とすれば、たいていのトラブルは克服できるはずです。

f:id:truck_sa:20190607130244p:plain
迷惑なお客もいます

10. 運転技術より安全運転

タクシードライバーは仕事として、多くの日数の長い時間、タクシーを運転します。
そのため、自然と運転技術が向上するということがあります。だからと言って、自信過剰は禁物です。
運転技術が上達したと自覚できれば、それはうれしいことかもしれませんし、それでよりスムーズな運転ができればお客さんの満足度も上がります。
しかし、それで自分の運転技術を誇示しようとしたり、周囲の車の運転を見下してイラっとしたりすると、安全運転をおろそかにしてしまうかもしれません。
運転技術は良ければ良いに越したことはありませんが、それより大事なのは無事故無違反を守ることです。おだやかで優しい運転です。

f:id:truck_sa:20191018124142j:plain
事故は避けたい

最後に

タクシードライバーの仕事は接客業でもありますが、テレビに出てくるお笑い芸人やアナウンサーのような巧みな話術がなくても大丈夫です。たとえたどたどしいしゃべりでも、一所懸命ていねいに話せば、相手にちゃんと伝わります。

f:id:truck_sa:20190607151929p:plain
お笑い芸人


f:id:truckman:20190709135527p:plain

トラック運転手の仕事が「ラクで楽しい」理由10選

f:id:truck_sa:20200213124447j:plain
ラクで楽しい

世の中に「ただ座っているだけでお金がチャリンチャリンと入ってくる仕事」はありません。
そう思うと、多少辛い仕事でも覚悟ができ、覚悟ができると辛いことも乗り越えられたりできるものです。だからって、「何でもかんでも我慢せえ」という話ではありません。
要するに「気の持ちよう」ということです。
ここのところ人手不足が続いているトラック運転手の仕事は「過酷で低収入」というイメージが広がっているようですが、実態は「ラクだなあ」「楽しいなあ」と思える面もあります。もちろん「辛い」「大変」という面もあります。しかし、「ラクだ」「楽しい」面に気持ちを集中すれば、案外、天職と思えたりもするものです。
また、どの職業もそうですが、会社によっても労働環境はずいぶんと違ってきます。トラック運転手の仕事には「ラクだ」「楽しい」と思える面も確実に存在するので、就職先としての会社を納得いくまで調べましょう。


1. 運転が主な仕事だから

トラック運転手に限らず、あらゆる職業ドライバーの主な仕事は「車の運転」です。「車の運転」が大好きという人なら、その好きなことをやっていることで収入を得られるのですから、こんな楽しいことはありません。
「絵を描く」のが好きな人が画家になったり、「歌を歌う」のが好きな人が歌手になったりするのと同じです。ただ、画家や歌手で生活していこうとすると、結構大変ですが、トラック運転手は確実に収入になるので、むしろ画家や歌手より素敵な仕事なのかもしれません。
そこまで「車の運転」が好きではないという人にとっても、要するに「車の運転してりゃお金になる」と思えば、こんな「ラク」な仕事はないのじゃないでしょうか。
もちろん「車の運転は苦手」とか「苦痛」という人には向かない仕事です。

f:id:truck_sa:20191227143834j:plain
仕事の大半は運転

2. 仕事中は1人が基本だから

トラック運転手の仕事は「1人が基本」です。運転席の隣には誰もいません。自宅の自室で1人で過ごしているのと、ほぼ変わらない状態です。
そう考えると、とてつもなく「気楽」な状態だと言えます。好きなときにオナラもでき、鼻をほじることもできます。
もちろん、運転席の窓はガラス張りなので、見ようと思えば外から見ることはできます。しかし、運転席の運転手が何をしているか、真剣に見ている人なんてほとんどいません。しかも、大型トラックなら運転席の位置が高く、たとえ横に自動車がいても、トラック運転手の顔を見ることはできません。

f:id:truck_sa:20191114130708j:plain
1人が基本

3. 音楽聞いたり、タバコ吸ったり自由にできるから

くどいようですが、トラック運転手の仕事は「1人が基本」です。安全運転さえしっかりしていれば、運転席は自由な空間です。自由な空間で過ごせるのだから、これは「楽しい仕事」だと言えるでしょう。
好きな音楽も聞きたい放題ですし、タバコだって吸えます。ここが、同じ職業ドライバーでも、お客さんを乗せるタクシー運転手やバス運転手とは違う点です。もちろん、一般的な企業では、オフィスで音楽を自由に聞きまくったりはできませんし、最近はオフィスを禁煙にしている会社も増えています。
とは言え、タバコの吸い過ぎは健康に良くないので気をつけましょう。

f:id:truck_sa:20200213130621j:plain
吸い過ぎ注意

4. 休憩をしっかり取れるから

トラック運転手の仕事は拘束時間が長くて過酷だと言われがちですが、実際は法令によってしっかり休憩時間が決められています。しっかり休憩を取らないと、疲労が交通事故を招きかねないからです。
具体的には4時間ごとに30分は休憩しないといけないことになっています。
さらに、トラック運転手の拘束時間には休憩時間も含まれていて、1日13時間までとなっています。状況によって1日最大16時間まで認められますが、15時間以上の拘束は週に2回までです。
また、勤務が終わって次の勤務に就くまで8時間の休息を取らなければいけないことになっています。
これだけしっかり心身を休めることができるので、それほど「過酷」とは言えないでしょう。

f:id:truck_sa:20200213130950j:plain
休憩時間

5. 休みもしっかりあるから

トラック運転手には休憩時間、休息時間とは別に休日もあります。
法的にトラック運転手は24時間の休日に加えて8時間の休息を取らなければいけないことになっています。24時間プラス8時間なので32時間です。
どんな仕事でも1週間に1日以上の休みを取らなければいけません。法律上の義務です。
これに加えて、会社の制度としての休日もあります。
こうした安全運転のための休憩時間、休息時間、休日の確保を適切に行わせていない会社はブラック企業です。
ただ、近年はトラック運転手は人手不足が深刻化しているので、休日出勤しなければならないケースも増えています。とは言え、この休日出勤も「2週間に1日まで」というルールがあります。

f:id:truck_sa:20191114131605j:plain
休日

6. 旅行気分を味わえるから

トラック運転手の仕事の中でも長距離トラックの場合、普段の生活圏から離れ、遠方に行くことになるので、これはもうちょっとした旅行です。
一般的なビジネスマンでも出張がありますが、これと同じようなものです。旅行好きな人にとっては、見慣れない風景を楽しむ絶好のチャンスです。きっとこの仕事を「楽しい」と思えるでしょう。
ただ、ビジネスマンの出張が主に鉄道や飛行機を使うのと違って、トラック運転手は自分で運転します。しっかり道を間違えないように気をつけなければいけません。
道を覚えるのが苦手という人は、近場で決められたルートを回るルート配送トラックの仕事を選びましょう。

f:id:truck_sa:20200213132025j:plain
観光旅行

7. ご当地グルメを食べることができるから

見知らぬ土地に行く長距離トラックの運転手は、その土地土地のご当地グルメを味わう機会もできます。ご当地グルメをいろいろ味わいたい人にとっては「楽しい仕事」だと言えるに違いありません。
もちろん、仕事のスケジュールがきつくて、それほどしょっちゅうご当地の名物を満喫はできないかもしれません。逆に、ご当地名物をしっかり体験したいからと、効率的な仕事を心掛けるようになるかもしれません。
また、比較的スケジュールがきつくないないときは、その地方に行く楽しみが倍増するでしょう。

f:id:truck_sa:20191108132002j:plain
ご当地グルメ

8. やればやっただけ稼げるから

自由やご当地グルメより、人生で大事なことは何より「お金」だと考えている人もいるでしょう。
トラック運転手の仕事は「やればやっただけ稼げる仕事」になっています。最近は荷積み荷下ろしにもフォークリフトを使うなど、あまり筋力を必要としない仕事も多くなっていますが、そうした作業を人力で行う仕事もまだまだあります。しかし、トラック運転手の仕事は、キツイ仕事のほうが給与が良かったりします。
さらに中型トラックより大型トラック、大型トラックよりトレーラーと、運転するための免許が高度になる分、給与が上がり、また運ぶ荷が危険物だったりすると危険物取扱者免許が必要で、それでさらに給与は上がります。
ラクではありませんが、それだけ稼ぎが上がれば、「お金」に最上級の価値観を置いている人にとっては「楽しい仕事」となること請け合いです。

f:id:truck_sa:20190819131146j:plain
たっぷり稼げる

9. 出世や派閥とは無縁だから

一方、人生を何より「気楽にのほほんと」過ごしたい人もいます。
一般的な大企業であれば、誰もが出世しようとあくせく働き、ことあらば他人を蹴落とそうと必死になり、心休まるときはありません。いつ自分が蹴落とされるかを考えると、誰も信用できずいつも不安です。
昔は大企業であれば年功序列が当たり前で、黙っていれば出世もできました。力を持つ派閥に入っていれば、その力で他人より出世することもできました。
ですが、今は実力主義が主流です。自分なりの努力と工夫を重ね、あくせく働き、独自の成果を出さないと出世は望めません。心身ともに疲弊します。
一方、トラック運転手は部長職だの出世だのが基本的にはありません。もちろん、中には独立して起業し、自ら経営者になる人もいますが、その気なれば生涯、現場で働き続けることができます。しかも今はトラック運転手は人手不足になっていて、定年を延長している会社も多くなっています。
「気楽にのほほんと」働き続けることも可能なわけです。のんびりとトラック運転手人生を楽しみたい人にとって、こんな気楽なことはないでしょう。

f:id:truck_sa:20190808123302p:plain
気楽

10. 社会貢献がやりがいになるから

仕事の意義を社会貢献に求める人もいます。トラック運転手は物流を支えることで日本経済を支える仕事なので、これほど立派に社会貢献できる仕事はないでしょう。
トラック運転手が荷を運ばなければ、各地の工場で操業がストップするだけではなく、スーパーやコンビニに商品が並ばず、ネットショップやメルカリで購入した商品だって手元には届かないのです。
トラック運転手は日本社会を支えているとも言えます。「社会に貢献している」という達成感は仕事に対する大きなやりがいとなります。やりがいとは充実感であり、人は充実感があると楽しさや幸福を感じることができるのです。

f:id:truck_sa:20190610134728p:plain
充実

最後に

大切なのは「ラクで楽しい」仕事を見つけることではなく、仕事の中に「ラクで楽しいこと」を見つけることです。

f:id:truck_sa:20200213133233j:plain
探せば見つかるはず

女性タクシードライバーに向いている女性のタイプ

f:id:truck_sa:20191209132033j:plain

ドライバー業界全体が深刻な人材不足に陥っています。タクシー業界も同様です。
そのため、タクシー業界は求人募集も多く、高齢者、女性にも広く門戸を開いています。
女性タクシードライバーは昔から存在しましたが、その数は微々たるものでした。しかし、東京都ではこの25年で女性タクシードライバーの数が約1000人急増している、なんて数字も挙がっています。
国土交通省もタクシー業界での人材不足解消に向け、女性ドライバーの数を2013年度から2020年度にかけて倍増(約6700人→約14000人)するために「女性ドライバー応援企業」認定制度を創設しました。女性のタクシー会社への就職を後押しする制度です。
タクシードライバーはタクシーという密室で乗客と2人きりになることもあり、それを不安に感じる女性もいます。これも車載カメラの設置で、タクシードライバーの安全は以前より守られるようになり、だんだん女性が安心して働ける環境が整ってきていると言えます。
タクシードライバーは接客業でもあるので、そもそも世間はタクシードライバーに女性のていねいさ、繊細さを求めています。
そんなわけで今回は、タクシードライバーにはこんな女性が向いているはず、というタイプを紹介します。これを読んで「もしかしてこれって、ワタシのこと?」と瞳がキラキラした女性は、こぞってドライバー専門の求人サイトでタクシードライバーの求人を探してみましょう。


f:id:truckman:20190709135527p:plain

1. たくさん稼ぎたい人

タクシードライバーの仕事は歩合制であることが多く、やればやっただけ稼げる仕事です。
ただ、タクシードライバーの平均年収は300万円台と言われていますが、男女別のデータでは男性が年収300万円台となっているのに女性は年収300万円弱となっています。微妙に女性が低くなっています。ですが、これは、女性が昼間だけの勤務を選択していることが多く、一方、ほとんどの男性が稼ぎの多い隔日勤務を選択しているからだと言われています。
とは言え、タクシードライバーの給与は歩合制になっていることが多く、お客さんを乗せれば乗せただけ稼げる仕事になっていて、そこに男女差はありません。女性でも男性と同様の勤務であれば、年収1000万円以上も可能なはずです。
女性の中には高収入の男性と結婚して、男性の収入を当てにしようと思う人もいます。それはそれで結構なことですが、中には「男の収入なんか頼らない。当てにしない」という人もいます。
そんな人は自ら起業したり、タクシードライバーになっているとかいないとか。

f:id:truck_sa:20191129124056j:plain
たくさん稼ごう

2. 仕事と家庭の両立をしたい人

タクシードライバーの仕事は大まかに、一般的なサラリーマンと同じ「昼日勤務」、夕方から翌朝までの「夜日勤務」、早朝から翌日の朝まで、約21時間が勤務時間となる「隔日勤務」から選ぶことができます。
また、パートタイム勤務もあるので、いろいろな都合に合わせて勤務することができます。
他の職場が勤務時間に関して融通が利かず、困っているのであれば、一度タクシー会社で働くことを考えてみましょう。

f:id:truck_sa:20191209133158j:plain
バランスが大事

3. 人間関係のストレスから離れたい人

女性はおしゃべり好きな人が多く、そのため、何かと他の女性とともに行動しがちです。ただ、人の付き合いには「合う」「合わない」があり、ときとしてこの「他人との付き合い」がわずらわしくなることがあります。
トラブルに発展することもあります。こんなときは、心の底から「人間関係のストレスから逃れたい」と思います。
そんな人に朗報です。
タクシードライバーは基本的に1人で仕事をします。1人でお客さんを見つけ、1人でタクシーを運転します。人間関係によるわずらわしさはほぼありません。
たとえ、苦手なタイプのお客さんが乗ってきたとしても、目的地に着くまで我慢すれば終わります。

f:id:truck_sa:20191209133356p:plain
絡み合った人間関係

4. 車の運転が苦にならない人

タクシードライバーの主な仕事は、タクシーを運転することです。勤務時間のほとんど、タクシーを運転することになります。
そのため、「車の運転が苦手なことのベスト3に入る」なんて人には向きません。逆に「運転することが3時のおやつの次に好き」という人には天職とも言えます。

f:id:truck_sa:20191209133514j:plain
運転好き

5. おもてなしの気持ちが強い人

タクシードライバーの仕事をより具体的に言うと、タクシーを運転してお客さんを安全に、快適に、迅速に目的地まで運ぶことです。ただタクシーを運転するだけではなく、接客業でもあります。
そのため、接客という、人とのコミュニケーション力を極めた仕事をしたい人にはおススメの仕事です。
そして一般的に女性は男性よりコミュニケーション力が優れていると言われています。

f:id:truck_sa:20191209133836j:plain
快適に過ごしてもらう

6. 学歴・職歴は低いけど正社員になりたい人

タクシー業界は長年人手不足に悩んでいます。そのため、採用に際して学歴を重視していない会社が多いです。
タクシードライバーの正社員になる難度はあまり高くありません。学歴が低く、職歴があまりなく、普通自動車第一種免許のみ所持の人でもタクシードライバーの正社員の内定を獲得することができます。レッツ、ビギン!

f:id:truck_sa:20191209134734j:plain
偏差値社会をぶっ潰す勢い

7. 地域に貢献したい人

タクシードライバーはさまざまな形で地域に貢献できる仕事です。
特に地方の町なら、公共交通機関に代わる、地域住民の大事な足になります。自分で運転できない高齢者などにとっては、とても大きな存在です。
観光地では、観光スポットに案内してくれる観光タクシーのドライバーとして、地域の観光産業に貢献することもできます。
また、キッズタクシー、福祉タクシーなど、ある特有のサービスを提供するタクシーも登場しています。タクシーを運転しながら子育て支援や福祉に携わることができるわけです。
こうした地域貢献、社会貢献に尽力したい人にタクシードライバーの仕事はおススメです。

f:id:truck_sa:20191129131113j:plain
子育て支援も

8. 自分というものをしっかり持っている人

タクシードライバーの仕事は社会貢献になっているにも関わらず。世間にはタクシードライバーを低く見る傾向があります。どうやら日本にはまだ身分制度が残っているようです。
タクシードライバーとして就職するのに学歴があまり関係ないからかもしれません。タクシーに乗ったとき、タクシードライバーの態度や言動を不快に感じた人がいるからかもしれません。
タクシードライバーを「ただ車を運転するだけでたくさん稼いで、たくさん休みやがって」と妬み、やっかんでいるからかもしれません。
どっちにしろ、こういった世間の目に過敏に反応しちゃう人は、タクシードライバーとして楽しく仕事をするのは難しいでしょう。
逆に、ありのままの自分になろう、少しも怖くないワと考える人は、タクシードライバーとして毎日を面白おかしく過ごせるはずです。

f:id:truck_sa:20191209135138p:plain
身分制度

9. 個人事業主のように働きたい人

タクシードライバーとしてたくさん稼ぐには、ただ漫然とタクシーを運転していてはいけません。
タクシーを使用してくれる人の流れを考え、情報を集めて分析し、予測を立てて行動し、成果を上げる必要があります。タクシードライバーはタクシー会社の従業員ではありますが、たくさん稼ぐには経営者のような考え方、動きが求められます。
そしてタクシードライバーは基本的に1人で仕事をするので、ほとんど個人事業主のようなものです。

f:id:truck_sa:20191209135423p:plain
経営者として考え、行動する

10. 自由でいたい人

人間関係や世間のイメージから自由でいたい人に向いているのが、タクシードライバーの仕事です。
くどいようですが、タクシードライバーは基本的に1人で仕事します。個人事業主のようなものです。
お客さんを探してタクシーを走らせているとき、右に行くか、左に行くか、決めるのはタクシードライバーです。やればやっただけ稼げる仕事ですが、やらなければやらないだけ収入が落ちる仕事でもあります。多くのことがドライバーの自己裁量に任せられています。
お客さんを乗せれば、行き先はお客さんが決めますが、なるべく早く着くルートを決めるのはタクシードライバーであることが多いものです。
勤務時間も選択に幅があり、自由な時間として休みを多く確保することもできます。

f:id:truck_sa:20191209135929j:plain
自由だーっ!

ビジネスマンがトラック運転手に転職する理由

f:id:truck_sa:20191213134906j:plain
ルンルン気分

トラック運転手の仕事にはさまざまなメリットがあります。デメリットもありますが、メリットもちゃんとあります。
そして人と仕事、人と会社には相性があります。はたから見て「あの人は仕事が楽しそうでイイなあ」なんてうらやましく思っても、実は本人は嫌々仕事しているかもしれません。「あの人はなぜ、あんな辛い仕事をしているんだろう」と不思議に思っていたとしても、もしかすると本人はルンルン気分(死語)で仕事しているかもしれません。
人は高い給与に惹かれ、そこそこ大きな会社に就職しようとします。とにかく必死に就職します。若いとなおさらです。若いうちは「みんなが高い給与の大きな会社を目指すから自分も」と、相性、つまり「合う」「合わない」をあまり考えずに就職先を選んでしまいます。
大きな会社に就職してからも、あまり物事を深く考えず「大きな会社で高い給料をもらっている自分は勝ち組。自分は偉い」なんて思っている人はそのままその会社に居続けます。
一方「なんか、それって違くね」と気付いた人は、さっさと転職を考えます。「みんながそうするから」ではなく「自分はこうしたいから」を考えるようになるわけです。

そうして転職を決意した人の中には、トラック運転手になって、ルンルン気分(2回目)で仕事している人もいます。今回は、そんなルンルン気分(くどい)の理由、ではなく、トラック運転手への転職理由をゆるく10個選んでみました。

1. 会社での人間関係に疲れた

大企業は同僚も多く、そこには当然「合わない」人もいます。「合わない」人と一緒に仕事をしなければいけないのは、とかく疲れます。仕事なので、一緒にいなければいけない時間も長く、余計に疲れます。
同僚だけではなく、上司の存在も大きいです。
やたらと昔の成功話を自慢してくる上司。自分のミスを部下のせいにする上司。部下の手柄を横取りする上司。パワハラ、セクハラが日常茶飯事の上司。とにかく偉そうに威張る上司。昨日言ったことと今日の発言が全然違う上司。どれも最悪です。相当疲れます。
そんな職場に居続けると、後輩や部下もできます。
まだ仕事も覚えていないのに自己主張ばかりする後輩。口先ばかり達者な後輩。こちらから指示を出さないと何もしない後輩。タメ口で話してくる後輩。どれも最悪です。滅法疲れます。
こんな会社での人間関係に疲れた人は、わずらわしい人間関係のない職場に移りたいと心底願います。
それで見つけたのがトラック運転手です。トラック運転手の仕事の大半は「1人でトラックを運転すること」なので、人間関係が全くないとは言いませんが、わずらわしい人間関係は「ほとんどない」とは言えます。

f:id:truck_sa:20191109121241j:plain
疲れた

2. 学歴ではなく実力で稼ぎたくなった

今はそれなりの規模の企業でも成果主義、実力主義が広まっていますが、中には相変わらず年功序列で給料が上がるところもあります。学歴偏重主義が生き残っている企業もあります。
思うように力を発揮できない人も、とにかく地道にコツコツ働いていれば給料が上がるので、それはそれで必要な制度です。特別大きな成果を出せなくても、地味に働き続ける存在も企業には必要です。
しかし、中には「俺のほうが実力があり、成果を上げているのに、アイツのほうが学歴が俺より良いってだけで出世が早く、給料も上がっているなんて!」と、ムカつく人もいます。やればやっただけ稼げる職場で仕事をしたいと考えます。
それで見つけたのがトラック運転手です。トラック運転手の給与は固定給+歩合給+諸手当、もしくは日給+歩合給+諸手当であることが多く「やればやっただけ稼げる仕事」であり「やらなければやらないだけ稼ぎの減る仕事」になっています。
とにかく「何をどうしても毎月同じ給与」ではないのです。働きに応じて給与を稼ぎたいと思っている多くの人が、トラック運転手になります。

f:id:truck_sa:20190927131820j:plain
がっつり稼ぐ

3. 職歴を問われずに転職したかった

転職のきっかけはいろいろあります。やむを得ない事情で一度退職し、少ししてから再び就職活動を始めるという人もいます。
以前勤めていた会社が、退職者の復職に広く門戸を開けている場合、復職する人もいるでしょう。そうじゃない会社もあります。また、退職時の事情から復職しにくい人もいるでしょう。
そんなとき、前職の経験を問わず、誰でも歓迎という業界がトラック運転手の業界です。運転免許さえ持っていれば、トラックを運転するための免許取得を支援してくれる会社まであります。普通免許で2トントラックの運転から始められる場合もあります。
トラック運転手の業界は長年人手不足状態が続いていて、交通事故を起こしたことがあるという人でもない限り、やる気さえあればトラック運転手として就職できるハードルは低いと言えます。

f:id:truck_sa:20191213140502j:plain
免許さえあれば

4. 起業するためにできるだけ稼ぎたかった

大企業でビジネスマンとして経験を積むうち、自ら起業したいと考えるようになる、骨のある若者もいます。
しかし、若気の至り、若いがゆえに給料は結構遊びに使ったりして、起業のための資金が手元にありません。どうせ今の会社は辞める気満々なので、早めに辞めて、資金を貯めるために一時、何か他の仕事をしようと思ったとき、ちょうど良いのがトラック運転手の仕事だと気づきます。
トラック運転手はやればやっただけ稼げる仕事ですし、人手不足なので求人も多くて「こういう働き方をしたい」という要望に合わせて会社を探しやすくなっていますから。

f:id:truck_sa:20190624134131j:plain
資金を集める

5. 運転好きだった

子どもころから車が好きで、運転免許を取得できる年齢になると同時に免許も取得し、車の運転を楽しみますが、就職は周囲の流れに乗ってしまい、給料は高いもののあまり面白みを感じられない会社に入ります。
「仕事が楽しくない」と感じながらも、母親から「仕事はそういうもの。楽しみは趣味として休みにあればいいのよ」なんて言われ、その気になって仕事を続けます。しかし、楽しそうに仕事している同僚もいて、何か「違うな」という心のしこりが残ります。
そんなしこりがたまりにたまってきて「俺は何がしたかったんだ?」とようやく考え始めます。そこで「ずっと好きだった車の運転を仕事にしたい! トラック運転手に、俺はなる!」と気づくのです。

f:id:truck_sa:20190610134611p:plain
運転が楽しい!

6. 楽しい仕事をしたかった

世間に名の知られた一流企業だということと、給料が良いってことだけで就職した人もいるでしょう。
しかし、一流企業だけに忙しさもパなく、毎日残業で終電での帰宅が日常になったりします。そのうち、働き方改革で残業はなくなったものの、仕事量が減ったわけではないので、仕事を自宅に持ち帰る日々。
そんな職場ですから雰囲気もピリピリしていて、有給休暇も自分から取りたいとは言い出せません。
もともとその会社の仕事がしたくて入社したわけではなく、ただ社名と給料に惹かれて入社しただけなので、仕事はもちろんつまりません。
そこでハタと、もっと楽しい仕事をしたいと気づきます。もっと楽しくてやりがいのある仕事って何だろうと考えたとき、物流を支えることで日本経済に貢献し、多くの人々から喜ばれるトラック運転手の仕事に気づくのです。
社会貢献できる仕事は他にもありますが、それまでビジネスマンとして、数字だのマーケティングの専門用語に囲まれて仕事をしてきたので、ただトラックを運転しているだけでたくさん稼げるトラック運転手の仕事が「楽そうでいいや」と思えてしまったのです。

f:id:truck_sa:20190808123302p:plain
楽そう

7. 自由な仕事をしたかった

上司は面倒見がよく、同僚も気の合う連中で、なかなか良い職場だと思える環境で仕事をしている人もいるはずです。
周囲の人たちは良い人たちなので、人間関係によるストレスは少ないのですが、とにかく何をやるにも上司の決裁が必要なことに何かイラついてきます。また、仕事自体もチームワークを必要するもので、確かに仕事仲間は気の合う連中ではあるのですが「俺1人の力量でもやれることはあるはずだ」との思いが募ってきます。
要するに、仕事を自己裁量で自由にできないもどかしさです。
そんな人にとって魅力的に思えるのがトラック運転手やタクシー運転手の仕事です。行き先は決まっていても、どのルートを行くかを決めるのは運転手自身です。休憩のタイミングも食事のタイミングも自分で決められます。
タクシー運転手は乗客の言う通りにタクシーを走らせなければいけないことが多いですが、トラック運転手はかなり自由です。

f:id:truck_sa:20191213142330j:plain
自由落下

8. いつまでも第一線で働きたくなった

大企業であれば、年齢、経験を積み重ねていくと昇進し、階級が上がっていきます。階級が上になればなるほど、実際の仕事は部下に任せて、自分は部下を指導したり、育成することが主な仕事になっていきます。
もちろん、それはとても重要な仕事です。まさに年齢と経験を積み重ねた者だけができる仕事です。
しかし、中にはいつまでも第一線で仕事をしたいという人もいます。
トラック運転手やタクシー運転手はなり手が不足していることもあり、シニア世代でも働ける仕事となっています。管理職を目指す人もいますが、いつまでも第一線で働くこともできます。
どれだけ稼ぐかは、どれだけ効率的に働くかにもかかっています。どれだけ効率的に働けるか、これまで他業種で懸命に仕事してきた人なら、そこで培った経験を生かすこともできるでしょう。

f:id:truck_sa:20191213142653j:plain
元気はつらつなシニア

9. きちんとした労働環境で働きたかった

一流企業では福利厚生はしっかりしています。ただ、毎日残業ばかりだと思ってたら働き方改革で残業ができなくなり、仕事を自宅に持ち帰るようになったものの、自宅での仕事なので当然残業代は出ず、収入が減ったような気がします。いえ、気がするだけでなく、確実に減ったのです。自宅での作業を含めると仕事量は同一なのに、収入が減ったのです。こんな、べらぼうなことってあるでしょうか。
きちんと仕事をしただけ給料に反映される仕事をしたいと考える人は多いはずです。
トラック運転手の仕事は、勤務時間内だけです。「でも、トラック運転手って勤務時間が長いでしょ」という人もいるかもしれませんが、ルート配送トラックの仕事など、長時間勤務ではないトラック運転手の仕事もあります。
「でも、トラック運転手の会社って福利厚生がきちんとしていないでしょ」という人もいるかもしれませんが、それは誤解です。きちんとした会社も多いです。また、今はトラック運転手の労働環境も改善が進んでいます。転職するなら、求人サイトでしっかり確認してみましょう。

f:id:truck_sa:20190809131646p:plain
こういう残業はなくなったものの

10. 未知の業界を体験したくなった

トラック運転手の仕事は「長時間勤務で過酷な割りに給与が低い」だの「他の仕事に失敗したヤツが就く底辺職」などと言う輩がいて、世間的に悪いイメージもあります。
ただそれは、トラック運転手の仕事をよく知らない人のやっかみだったりします。やはり、専門職と言うのは、外からではなかなかうかがい知れないものがあるのです。
そんなわけで、実は実態について詳しくは知られていないのがトラック運転手の業界です。その割りに、良くないイメージだけが広がっているようです。
しかし、それだけに「じゃあ、実際はどうなんだ?」と疑問に思う人も出てきます。悪いイメージだけじゃなく、メリットや仕事の魅力も耳に入ってくると、ますます知りたくなるのが人情というものです。
そんな好奇心が限界を突破した人は、実際にトラック運転手として働いてみると良いでしょう。

f:id:truck_sa:20190607133518j:plain
未知の世界

長距離トラック運転手の仕事が大変なポイント

f:id:truck_sa:20200210130009j:plain
苦しい‥

トラック運転手の仕事の中でも、長距離を行く仕事は大型トラックを使い、また拘束時間が長いので、中型トラックや小型トラックの仕事よりも給与が高いと言われています。
やはり世の中、楽な仕事より大変な仕事のほうがたくさん稼げるわけです。
「やればやっただけ稼げる仕事」というからには「大変だなあ」という要素もしっかりあるわけです。これを言うとミもフタもありませんが、大体どんな仕事もそんなものです。どの仕事にも「良い面」「悪い面」があります。本当に楽で、座っているだけでチャリンチャリンとお金が入ってくる仕事なんてありゃしません。
もし、そんな仕事があれば、ちょっと犯罪の匂いもします。そしてご存じのように、犯罪には逮捕、刑務所暮らしという、とてつもなく大きなリスクがあります。
はたから見たら「楽そうでイイな」と思える仕事も、実際に自分がやってみると、見えないところで苦労があったり、将来性が不安だったりして、必ずしも「良い面」ばかりではなかったりします。

とにかく今回は、長距離トラック運転手の仕事の大変と思えるポイントを紹介します。あらかじめ大変だと覚悟していれば、実際にやってみて「案外楽じゃん」と思えるかもしれません。

1. 拘束時間が長い

長距離トラックの仕事は、遠い場所に荷を運ぶことです。
ルート配送ドライバーは近い場所で何か所もの配達先を回り、結果的に移動距離も長くなりますが、だからと言って長距離の仕事とは言いません。長距離トラックの長距離とは、直線距離にしての移動距離が長いことを言います。例えば、愛知県から九州、または東北まで行く仕事もあります。
そんな長距離を走るので、当然、仕事での拘束時間も長くなります。
もちろん、長距離トラックの運転手にも休憩時間があります。きちんと決められています。
とは言え、その休憩もSAで過ごしたり、レストランで過ごしたり、ときにはトラック車内で過ごすもので、自宅でリラックスして過ごすのとは違います。
自宅でしかリラックスできない人にとっては、やはりストレスになります。どこでもリラックスできる術を身に着けておくと、イイかもしれません。

f:id:truck_sa:20200210130208j:plain
リラックス

2. 作業が単調

トラック運転手の仕事の大半は「車を運転する」ことです。
こまめに荷の積み下ろしを行うルート配送の運転手と違って、長距離のトラック運転手は遠方にある届け先に着くまで、延々とトラックを運転し続けます。休憩ははさみますが。
車の運転は、作業としては単純です。
人は単純な作業を続けていると、退屈してきてしまうことがあります。
そしてあまりにも退屈すると、眠気に襲われたりもします。眠気があまりにも強いと、交通事故を起こしかねません。とても危険です。
もともと「車の運転が好き」か、少なくとも「車の運転は嫌いではない」ということでトラック運転手になったはずなので「好きなことをやっている」ことに気持ちを集中し、退屈しないように気を引き締めましょう。
とにかく安全運転が第一です。

f:id:truck_sa:20200210130402j:plain
退屈‥

3. 昔ほどは稼げない

長距離トラックの運転手は、景気が良かった昭和のころには年収1000万円を稼いでいたとも言われています。そんな昔話を聞いたトラック運転手の中には「これほど大変な仕事なのに今は年収1000万円も稼げないなんて」と愚痴をこぼす人もいるようです。
ただ、長距離の大型トラックの運転手は小型や中型のトラック運転手より年収が高く、年収400万円から800万円と言われています。決して低くはありません。IT実業家並みというわけにはいきませんが、一般的なサラリーマンと比べれば遜色のない収入ではないでしょうか。

f:id:truck_sa:20191227141451j:plain
たくさん稼げるけど

4. 交通事故のリスクがある

これはトラック運転手に限らす、また職業ドライバーに限らず、あらゆるドライバーに付きものです。
さらに、職業として車を運転するドライバーは、通勤時だけとか、土日だけしか車を運転しないような人に比べると、車を運転している時間が長い分、交通事故のリスクも高くなります。
そして長距離トラックの運転手は、他のトラック運転手より長い距離を走る分、交通事故のリスクも高くなると言えます。
それだけに、他のドライバーよりも安全運転を強く心掛ける必要があります。

f:id:truck_sa:20191018124142j:plain
交通事故は避けたい

5. 世間的なイメージが悪い

長距離トラック運転手に限ったことではなく、いろいろな職業ドライバーに対する世間のイメージはあまり高くありません。社会貢献度の高い仕事のはずなのに、悲しいことです。
特に長距離トラックは大型なので威圧感もあり、トラック運転手は「荒くれ者」と思われがちです。
実際は、トラック運転手は荷物が破損しないようにするという意味も含め、運転はとてもおだやかでていねいです。
ただ、荒い運転をするトラック運転手や、マナー違反をするトラック運転手が一部にいるのも事実です。
日ごろから、あらゆるトラック運転手がマナーを守り、おだやかでていねいな運転を心掛け、実践し続けるしかありません。

f:id:truck_sa:20190704134719p:plain
マナー違反

6. 大型トラックは運転が難しい

大型トラックは車体が大きい分、普通自動車や小型トラックに比べて運転が難しいです。
普通自動車に慣れてしまうと車体感覚の違いに戸惑い、また、車体が大きいので死角も多く、実際、内輪差が大きいので左折時に歩行者や自転車などを巻き込んでしまう危険も高くなります。
しかし、大型トラックの運転はそれだけ専門性の高い技術だと言えます。無事故無違反で仕事を続けると、その経験は仕事する者にとって大きな武器になります。

f:id:truck_sa:20200210131118p:plain
武器

7. 仕事中はあまり人と接することがない

トラック運転手の仕事の大半は車を運転することであり、長距離トラックの運転手は長距離を行く分、そのトラックの運転席にいる時間が長くなります。
目的地に着くまでは誰かと接することも少なくなります。トラック運転手は基本的に1人で仕事をします。
トラック運転手は孤独な仕事だと言えます。
休憩時間にスマホで人とつながったり、食事はレストランで取るようにして店員と少しでも会話するようにしているトラック運転手もいます。
また、中には「孤独だからこそイイ」という、人見知りなトラック運転手もいます。

f:id:truck_sa:20190606123009j:plain
孤独

8. 大型トラックを駐車できるところが少ない

長距離トラック運転手の仕事は拘束時間が長いので、より良い休憩をきちんと取ることが重要です。
トラック運転手は主にレストランやコンビニなどで休憩を取ります。しかし、店によっては大型トラックを停められる駐車スペースが少なかったり、なかったりします。
大型自動車を停められるスペースが2台分しかなく、しかもすでに使われていたら、駐車できる別の場所を探しに行くことにもなります。
休憩を取るのがなかなか大変です。

f:id:truck_sa:20200120132154j:plain
駐車

9. 家に何日も帰れない

長距離トラック運転手は遠方に荷を運ぶので、日帰りというわけにはなかなかいきません。少なくとも2、3日、長いと1週間くらいは家に帰れません。
中には「どうせ俺は独身で、家で家族が待っているわけじゃなし、何日家を空けても平気さ」なんてうそぶく人もいるかもしれませんが、それでもやはり自宅ほどリラックスできる場所はないはずです。
結婚していればなおさら辛いでしょう。
もっとも、結婚生活が何十年にもなると、むしろ「夫がいないほうが気楽」なんて言い出す奥さんもいるかもしれませんが。もしくは「久しぶりに会うほうが刺激があってイイ」なんて前向きな夫婦もあるかもしれません。

f:id:truck_sa:20191015134753j:plain
1人で気楽

10. 土地勘がない地域にも行かなければいけない

長距離の仕事では土地勘のない遠方の地域に行くこともあります。土地勘がないだけに、道に迷う可能性もあります。「道に迷う」ことは、職業ドライバーが特に嫌がることの1つです。
道に迷うと、納品時間に遅れる危険性が出てきます。トラック運転手は「遅れるかも」と思うと焦ってしまいます。焦ると、不安定な精神状態になり、いざと言うときに的確な判断が難しくなり、それが交通事故の原因にもなりかねません。イライラしてあおり運転をしてしまうかもしれません。
そういった危険を避けるため、トラック運転手は土地勘のない地域に行く場合、念入りに下調べを行う必要があります。

f:id:truck_sa:20190610140327j:plain
地図はしっかり覚えよう