トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手として稼ぐには

トラック運転手は月収30万円~月収80万円とも、年収400万円~年収700万円とも言われる、高給を稼げる職業であり、完全週休2日で年間休日110日という、ワーク・ライフ・バランスも良い仕事だと言われています。言ってみれば、やればやるだけ稼げる仕事です。
それだけ稼ぐには、年齢もあまり関係ありません。20代でも年収700万円は夢ではないのです。恐らく、多くの人が「トラック運転手がそんなボロ儲けできる仕事とは思わなかった」と驚くでしょう。その通り、「ボロ儲け」できるわけではありません。それだけ稼ぐには、押さえておかなければいけないポイントがあります。
誰でもたくさん稼ぎたいものです。「誰もがたくさん稼ぎたい」と思っているのは、誰もがたくさん稼げていないからです。そりゃ、たくさん稼いでいれば「稼ぎたい」とは思いません。
いやいや、人間の欲には果てがありません。〇〇トバン〇の〇会長だって「もっと稼ぎたい」と思っているかもしれません。しかし、〇〇トバン〇の〇会長だって「もっと稼ぎたい」と思っているかもしれないくらいなので、たくさん稼ぐのは大変です。
そういった事実を肝に銘じて、以下に紹介する「トラック運転手として稼ぐ方法10選」を読んでください。少しはお役に立つかも、立たないかもしれません。

1. 大型で長距離のトラックに乗る
トラック運転手の収入は、トラックの大きさ、走る距離によって違ってきます。小型トラックで短距離を走るより中型トラックで中距離を走る、中型トラックで中距離を走るより大型トラックで長距離を走るほうが給料は高いのです。もちろん中型トラックを運転するには中型運転免許、大型トラックを運転するには大型運転免許の取得が必要です。また、長距離を走る仕事は拘束時間も長く、家に帰れずに家族と会えないことも多いです。でも、より多く稼ぐことはできます。ただ、例えば小型トラックでルート配送の仕事をすると、毎日同じルートを走って1日に何十軒も回って荷の積み降ろしをしなければなりません。荷の届け先がエレベーターの付いていないマンションの最上階、なんてこともあります。それに比べて長距離輸送は、荷の積み降ろし場所は1か所であることが多く、「体力的には大型で長距離を行くほうが、小型や中型より楽」と考えるトラック運転手も実在します。最初は小型かもくしくは中型から始め、その後大型へとキャリアアップ、収入アップを図るトラック運転手が多いです。中にはずっと中型トラックに乗っている人もいますが、それは個人の自由なので、外野がとやかく言うものではありません。

2. フォークリフトの資格を取る
大型トラックの場合、荷の積み降ろしをフォークリフトで行うことがあります。大型トラックの運転手になったもののフォークリフトの運転ができないと、思うほどの稼ぎを得ることはできません。また、運送会社の中にはフォークリフトの免許取得を支援してくれるところもあります。よほどブラックな会社でなければ、従業員の資格取得を邪魔したりはしません。「フォークリフトの免許を取りたい」というトラック運転手の熱意を仕事への「やる気」と感じ、少なくとも応援はしてくれます。

3. タンクローリーの資格を取る
何によらず、自分への投資は大切です。仕事にまつわるさまざまな資格を得るのは自己投資です。そして仕事にまつわる資格は、収入を上げる上でプラスになります。トラック運転手として収入アップを図るなら、資格を取ってより高度な仕事に就くことが大切です。タンクローリーの運転は、トラック運転手からのキャリアアップとなる仕事の1つです。そしてタンクローリーが運ぶのはガソリン、灯油、軽油、ガスなどの危険物が中心です。そのため、タンクローリーを運転するには大型運転免許のほかにも危険物取扱者などの特別な資格が必要です。さらに、車両総重量が750キロを超える車両を運転する場合は、けん引免許も取得しておく必要があります。「危険物取扱者」なんていかにも「危険」そうなので、奥さんは嫌がるかもしれません。でも、稼ぎを上げるためなので、もし奥さんに「タンクローリーの運転なんて止めて」と言われたら、きちんと説得しましょう。

4. 手積み手降ろしの仕事をする
大型トラックの仕事では、フォークリフトを使う仕事もありますが、手積み手降ろしの仕事もあります。フォークリフトを運転できないとトラック運転手の仕事の幅が狭くなるので、フォークリフトの資格は必要ですが、実際には手積み手降ろしの仕事のほうが給料は良いです。手積み手降ろしは力仕事で大変ですが、仕事中の大部分を運転席に座って運転している運転手にとって、ちょうどいい運動にもなります。また、手積み手降ろしを続けていると筋力もつき、大して大変だとも感じなくなります。特に若いうちは、なるべく手積み手降ろしを経験しておきましょう。中高年になっても手積み手降ろしをあまり苦にせずできる体力、筋力を維持しつつ、高収入を得ることができます。

5. きつい仕事をする
人が避けたがるきつい仕事は、その分、給料も多くもらえます。スケジュールがきつかったり、荷物がやっかいだったりする、そんな仕事を率先してこなしていけば、給料もそれだけアップします。世の中には「楽して稼げる仕事」なんて実在しません。〇〇トバン〇の〇会長だって、寝る間も惜しんで新しいアイデアをひねくり出し、休みも取らずに働いてそのアイデアを実現させています、たぶん。しかし、そういう人は「私はこんな苦労をした」とか「これだけ努力した」なんて軽々しく言いません。苦労をアピールすることを「はしたない」と思っているからです。「はしたない」って、今や死語ですねえ。

6. 稼げる会社を選ぶ
企業が利益を上げようとするとき、真っ先に削ろうとするのが人件費です。人員を極力削減し、給料も恐ろしく抑えます。中には労働者を低賃金でこき使う企業もなくはないです。人はそれをブラック企業と呼んでさげすみます。トラック運転手として高収入を得ようと思ったら、きちんと労働に見合った給料を払う会社を選ばないと「こんなはずじゃ、なかったのに」と後悔します。高収入のトラック運転手として働きたい人は、ドライバー専門の求人サイトを活用し、納得のいく待遇の会社を探して応募するのが良いでしょう。

7. 体を鍛える
トラック運転手は健康でなければできません。しょっちゅう風邪を引いて仕事を休んでいては、上がる給料も上がりません。また、トラック運転手は長時間運転席に座っているので、腰を痛めやすいと言われています。この腰痛が悪化してしょっちゅう休むようなことになれば、やはり給料にも響きます。長距離トラックの運転手であれば、長時間運転を続けるには、やはり健康でなければできません。トラック運転手は体が資本です。日ごろから健康管理、体力増進または維持に努め、きちんと仕事を続けられるようにしましょう。

8. 精神を鍛える
くどいようですが、トラック運転手は健康でなければできません。それは精神面でも言えることです。たくさん稼ぐためには、前述したように「きつい仕事」もこなさくてはいけません。「仕事がきつくて嫌だなあ」とか「こんなきつい仕事は続けられない」とか「もっと楽して稼げる仕事があンじゃない」なんて考えたら、たくさん稼ぐことはできません。「病も気から」と言います。「きついからこんな仕事は嫌だ」と思い続けて仕事をしていると体を壊します。すると仕事も休みがちになり、給料は減っていきます。映画「北の狼」の主人公も言っています。「仕事は楽しくなきゃ」と。きつい仕事のきつさばかりを考えていると精神的に病んでしまいかねないので「こんなんへっちゃら」と思えるよう、精神的に強くなりましょう。方法は「こんなんへっちゃら、こんなんへっちゃら」と自分に言い聞かせることです。心身ともに滅法鍛えたら、トラック運転手に限らずどんな仕事でもくじけずにでき、さまざまな人生の困難にも立ち向かっていけるはずです。

9. 安全運転を遵守する
あらゆるプロドライバーの基本が安全運転です。とにかく、これだけは遵守しましょう。最悪、人命にも関わります。仮に自分が死んでしまえば、収入も何もあったものではありません。

10. 副業を持つ
「副業? トラック運転手として稼げるって言ったじゃん。副業ってトラック運転手以外の仕事でしょ」と言うかもしれませんが、ここで言う「副業」は「トラック運転手だからこそできる」副業のことです。例えば、ブログを書いて広告で収入を得るのもその1つ。トラック運転手は基本的に1人で行う仕事で、そばに口うるさい上司も同僚もいません。また、荷役のための待ち時間が結構たくさんあります。この待ち時間にはスマホで音楽を聞いたり、スマホで電子書籍を読んだり、スマホで英会話の講義を聞いたり、さまざまな過ごし方があります。ここでブログを書いたり、自分で電子書籍を書くと、うまくやればそれが副収入に結び付いたりすることもあったりなかったりします。

ルート配送ドライバーという仕事に向いている人のタイプとは

ルート配送ドライバーは、毎日決められた場所にトラックで商品を配送するのが仕事です。毎日決められた順序で、スーパーやコンビ二、企業、個人などに商品を届けます。毎日これを繰り返します。収入は、経営状態が良い運送会社で月収20万円~35万円と賞与1回~2回、経営状態があまり良くない会社で月収16万円~20万円と賞与なしとなっています。
誰もが、なるべく経営状態の良い会社に勤めたいものです。ルート配送ドライバー以外のすべての職種で、そう思っている人が多いでしょう。もちろん世の中には、お金以外のことに価値観を置いている人もいて、何か給与以外の理由で、給与がそれほど高くない会社に勤めている人もいます。物事はきちんと多角的にとらえたいものです。
閑話休題。安定した収入を求める人は、きちんとドライバー専門の求人サイトを活用し、自分で納得のいく会社を探しましょう。そういう会社は求人への応募も多いかもしれないので、応募に関しては自分の長所、応募の動機をしっかり伝え、アピールすることが大事です。
実際、ルート配送の求人は多いので、誰もが一度は職業として考えたこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、ルート配送ドライバーという仕事に向いている人のタイプを紹介します。自分がこれに当てはまっているかを考え、「これこそ自分」と思った人は、まずは求人に応募してみましょう。


1. ルーティンワークが得意な人
ルート配送の仕事は、毎日決められた順序で荷物を届けることです。典型的なルーティンワークと言っても、誰からも「そんなん言い過ぎや」と非難されることはないでしょうし、SNSで「アイツは大げさ」という噂が拡散することもないでしょう。毎日同じことの繰り返しで、曜日の感覚がなくなるかもしれません。ただ、道路の混雑状況、街路樹の成長、街ゆく人の表情など、微妙な変化を細かく観察できる人なら、毎日の単調な繰り返しの中の新しい発見に心を揺すぶらされるかもしれません。

2. 残業したくない人
ルート配送の仕事は時間通りに、届け先に荷物を届けなければいけません。例えばコンビニに弁当を運ぶ場合、時間に間に合わず、ランチタイムに弁当が並んでいないととんでもないことになります。コンビニ弁当を当てにして来たサラリーマンやOLは昼食にありつけず、仕事への意欲をなくし、日本経済が停滞するかもしれません。ですから、ルート配送ドライバーは必死になって時間を守ります。しかし、時間通りに動くため、ルート配送ドライバーがあらかじめ決められた労働時間を超過することは滅多にありません。ただ、お中元やお歳暮の時期など、繁忙期もあります。この時期は残業もある会社もあるので、あらかじめきちんと調べ、そういう会社は避けるか、それとも残業も覚悟して応募するか、心を決めましょう。

3. 安定収入を望む人
ルート配送ドライバーの仕事はルーティンワークが基本となっています。今回は北海道へ、次回は九州へと、行く先が仕事によって変わり、その移動距離が給料にも影響する長距離トラックドライバーや、残業の増減が給料に影響するサラリーマンと違って、給料は毎月ほぼ変わりません。また、現代日本のようにルート配送が物流で大きな役割を果たしている社会では、業界としても安定しています。

4. 人間関係のストレスを避けたい人
プロドライバーの多くが、運転しているときは口うるさい上司や同僚は近くにいません。仕事中は基本的に自分1人です。ルート配送ドライバーもそうです。プロドライバーの中には、タクシー運転手やバス運転手のように接客業の要素がある職業もありますが、ルート配送ドライバーは乗客を乗せないのが基本です。もちろん、荷物の届け先の担当者に、自分とは合わない人もいるかもしれません。ですが、そういう人と友達になる必要はないので、表面的な社交辞令でやり過ごすことができます。そうしていれば、人間関係で大きなストレスを抱えることはありません。

5. クルマの運転が好きな人
ルート配送ドライバーの仕事の大半はクルマを運転することです。クルマの運転が嫌い、もしくは苦手という人は避けたほうがいいでしょう。逆に、クルマの運転が好きだという人にとっては、その好きなことを仕事にできるのですから、これほど楽しいことはないのではないでしょうか。とはいえ、「クルマの運転は楽しい」という思いにとらわれ、「俺の楽しい運転を邪魔するヤツは許さない」と思い上がると、あおり運転をするような危険な輩に成り下がってしまいます。気をつけましょうね。

6. 健康管理、体力作りができる人
ルート配送ドライバーは、ずっと運転席に座っていることになります。同じ姿勢を続けることで、腰に負担となってしまうこともあります。また、荷物の届け先によっては、自分で荷の積み降ろしをしなければならないこともあります。こうしたところから、ルート配送ドライバーは日ごろの体力作りが必要な仕事とも言われています。また、安全運転が求められる仕事でもあるので、心身ともに健康な状態でなければなりません。

7. 冷静な人
前述したように、ドライバーであるからにはルート配送ドライバーが絶対に守らなければいけないのが安全運転です。目の前にナイフを突きつけられても心臓をドキドキさせず、冷や汗もかかないくらいの冷静さまでは必要ありませんが、それでも追い越しされたとか、クラクションを鳴らされたとか、どーでもいいことでいちいちキレるような、冷静さを欠く人は、ルート配送ドライバーに向かないばかりか、早く運転免許を返上してカウンセリングを受けるべきです。

8. コミュニケーションに自信のない人
ルート配送ドライバーはタクシーやバスのように乗客を相手にするわけではないので、それほど接客の技術を磨く必要はありません。ただ、荷物の届け先とのやり取りはあります。でもそれには、社会人として当然持っているべきコミュニケーション能力があれば十分です。何か商品を買ってもらうとか、契約するような営業職並みのコミュニケーション能力は必要ないので安心してください。

9. 日本経済を支えたいという気概のある人
ルート配送ドライバー1人1人の仕事は小さいことかもしれませんが、その仕事こそが物流というものです。そして物流は今の日本社会を支えるものです。その物流業界を支えてやろうという気概のある人は、ぜひルート配送ドライバーになって業界について学んでください。ゆくゆくは業界のトップにのし上がりたいという野望を持っている人はなおさら、まずはルート配送から始めるといいかもしれません。いずれトップになったときに「現場の苦労を分かる人」として周囲から慕われます。

10. 責任感のある人
ルート配送ドライバーに限ったことではありませんが、職業人としての根幹をなす、大切な素養が責任感です。ルート配送ドライバーは大事な荷物を預かり、油断すると交通事故に巻き込まれかねない公道でクルマを運転するのですから、責任は重大です。この責任を重々自覚して仕事できる人に、ルート配送ドライバーになってほしいものです。

トラック運転手の不満10選

トラック運転手の年収は400万円~700万円で、年間休日は110日以上とも言われ、トラック運転手はとっても働きがいのある仕事だと言えます。
それなのに、ああ、それなのに、トラック業界は長年人手不足が続いています。年収400万円~700万円ではありますが、ひと昔前はさらにその上をいく高収入だったようで、そんな黄金時代を知る人が「最近、トラック運転手は稼げなくなった」なんて愚痴をこぼすからでしょうか。そりゃ、ナントカタウンの前ナントカ社長に比べりゃ、トラック運転手の収入なんて微々たるものかもしれません。それでも零細企業のシステムエンジニアに比べれば何倍も稼いでますよ、たぶん。
年収400万円~700万円と年間休日110日以上という待遇を得て仕事をしたいと思う人で、なおかつクルマの運転を苦痛と思わない人は、トラック運転手の仕事に就くと良いでしょう。
とは言え、物事には必ず2面性があります。「年収400万円~700万円と年間休日110日以上? そんなウマい話があるわけねえやい、べらんめえ!」と思う人も多いはず。「後悔先に立たず」「転ばぬ先の杖」「ならぬ堪忍するが堪忍」なんてことも言います。トラック運転手になってしまってから「思ってたのと違かった」とならないように、トラック運転手が感じている「職業上の不満」を前もって紹介します。
この10項目を心に留めつつトラック運転手になってください。

1. 拘束時間が長い
トラック運転手は労働時間が長いと思われています。ただ、それはトラックの大きさ、移動距離によって異なります。一般的に、長距離を行く大型トラックの運転手は1日12時間~15時間ほどで、確かに長時間です。ですが、その半分近くは「待ち」の時間であることも多いようです。それでも拘束時間には変わりありません。ただ、その時間は口うるさい上司や同僚がそばにいるわけではないので、英会話講座を聞くとか、お料理教室を聞いておいしい料理を頭の中で想像するとか、スマホで電子書籍を書いて出版するとか、有効に使うのも1つの方法です。また、中距離の中型トラックの運転手は1日10時間~11時間ほど、短距離の2トントラックは8時間~10時間ほどです。もちろん、2トントラックより中型トラック、中型トラックより大型トラックと、労働時間が長いほうが収入も上がります。世の中はうまくできております。

2. イメージが悪い
トラック運転手の年収は400万円~700万円とも言われていますが、「労働時間が長い」「休めない」「労働環境が劣悪」「ドレイのように働かされる」「荒くれ男たちが働いている」「給料が低い」「汚い」「危険」などのイメージが巷に広がっています。そんなわけで多くの人が「トラック運転手なんかになったら、親は泣き、恋は破れ、良いことなんかない」と考えてしまいます。確かに、労働環境が悪い会社もあるでしょう。悪質なドライバーもいないとは言いません。しかし、それは1部です。それだけを見てすべてを判断してはいけません。多くのトラック運転手は真面目に、地道に、コツコツとルールを守り、仕事をしています。「俺たちを偏見で見ないでくれ」という、トラック運転手の心の声に耳を貸しましょう。また、労働環境の改善もずいぶん進んでいます。実際、ブラックな会社もありますが、大手企業になるとほとんどは労務管理もしっかりしています。つまりイメージはしょせんイメージです。そもそもブラック企業や荒くれ男はトラック会社に限ったことではありませんし、政治家や教師、僧侶のような「高貴であるべき」イメージの職業の人にも、悪質な人はいますよね。しかし、大事なのはそこではありません。すべての国民が偏見を捨てれば良いのです。すべての国民がイメージなどに惑わされず、しっかり自分の目で物事の本質を見るようになれば、「悪いイメージで見られる」というトラック運転手の不満もなくなるでしょう。

3. 運転以外の作業が面倒
トラック運転手の仕事はトラックを運転することですが、実はそれだけはありません。荷の積み降ろしもありますし、また、指定時間通りに目的地である倉庫や店舗に着いても、前のトラックの荷役が終わるまで「待つ」のも仕事のうちです。実はこれが大変だと言います。荷の積み降ろしも手作業になると、腰への負担が相当きついです。ただ、これは現場によってはフォークリフトを使う場合もありますし、店舗や倉庫のスタッフが手伝ってくれることもあり、すべてがきついわけではありません。ですが、それでもきついことには変わりありません。また、荷の積み降ろしのついでに倉庫内の整理のような作業を指示されたりすることもあって「オレ、運転手なのに‥」と愚痴りたくもなります。

4. 駐車する場所が少ない
荷の積み降ろしを待つ間、「倉庫の敷地の外で待っていて」と言われることはよくあります。そんなときは路駐になります。暑い夏や寒い冬はエアコンを止めたくないのでエンジンはつけっぱになります。当然、ご近所の視線は南極並みに冷たくなります。コンビニの駐車場なんかに停められると便利なんですが、中には大型だと停められなかったり、すでに他のトラックで埋められてたりすることもあります。それにコンビニだって長時間停められていたら迷惑です。それだけはありません。普通に買い物したい、食事したいというときも、大型を停められる駐車場を備えた店を探すのはなかなか厄介です。駐車場で大型トラックを見掛けても「大きくて邪魔だなあ」なんて、冷たい目で見ないで。

5. 渋滞
マジ勘弁です。指定時間に間に合わなければいけないプレッシャーからストレスがたまります。小口配送の2トントラックは、勤務時間内に数をこなさないといけないので、これまたストレスが大きいです。ただ、そのために裏道、抜け道を積極的に覚えるようになります。ルート配送や宅配は、決まったルート、決まった地域を走るので、裏道や抜け道で何とか渋滞を切り抜けようとします。長距離を行く場合は、渋滞を避けて深夜に走ることもありますが、明け方に目的地近くに着き、そこの門が開くまで仮眠を取りつつ待ち、開門時間にいざトラックを発進させると、同じようなトラックによる渋滞にぶつかります。これはもう覚悟するしかないかもしれません。何事もあらかじめ覚悟しておけば、腹がすわって案外平気だったりします。

6. 食事の時間が不規則になりがち
トラック運転手は決められた時間内に荷を安全に届けることが最優先なので、それ以外のことは後回しになりがちです。道路状況などによってスケジュールも変わってきます。すると食事も、どうしても決まった時間にはできなくなります。ただ、これはおそらくトラック運転手に限ったことではないでしょう。大手企業のサラリーマンでも、忙しい時期の夕食は帰宅した午後10時以降になってしまう、なんて人は少なくないはず。

7. 待ち時間が多い
前述した通り、荷の積み降ろし待ちの時間が長いのもトラック運転手の仕事の「あるある」です。ただ、その時間は口うるさい上司や同僚がそばにいるわけではないので、これはもう英会話講座を聞くとか、お料理教室を聞いておいしい料理を頭の中で想像するとか、スマホで電子書籍を書いて出版するとか、できるだけ有効に使いましょう。好きな音楽を聞いたり、動画配信で映画やドラマを見るのも悪くありません。多い待ち時間を「プラス」ととらえるか「マイナス」ととらえるか、それはあなた次第です。

8. 荷の手積み手降ろしがきつい
トラック運転手の仕事もさまざまで、あらゆるトラック運転手が全員荷の手積み手降ろしを行うわけではありません。トラック運転手の仕事に就いてから「荷の手積み手降ろしがきついなあ」と思ったら、荷の手積み手降ろしのないトラック運転手の仕事を選択することもできます。とはいえ、トラック運転手の仕事は大きくカロリーを消費する力仕事が荷の手積み手降ろしくらいではありますが、それでもやはり体力的にはきつい仕事です。トラック運転手として清く正しく仕事して生きていくために、日ごろから体力作りに励みましょう。

9. 健康管理が大変
前述の体力作りと合わせて、トラック運転手は健康管理を怠ってはいけません。心身の健康状態が運転に影響するからです。十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事、規則正しい生活リズムが重要になりますが、その反面、それらをなかなか確保できないのも現実です。そういう現実がありますから、自分の体調を過信することの決してないよう心がけつつ、どうしたら十分な睡眠を得られるかに取り組み、偏食しないように日ごろから注意するなどの対策を講じましょう。ただ、これはやはりトラック運転手に限ったことではないでしょう。健康管理に気をつけなければいけないのは、売れっ子芸能人や選挙前の政治家、あくどく儲けている大企業のサラリーマンだって同じことなのではないでしょうか。

10. 休日、給料が少ない
トラック運転手の年収は400万円~700万円、年間休日は110日以上とも言われています。それでも中には「これだけ働いたのにこんな待遇か」と不満に思う人はいるでしょう。誰もがうらやむナントカタウンの前ナントカ社長だって「まだまだ」と不満に思っていることがあるかもしれません。恐らく人生に何1つ不満がない、なんていう人はいません。そうした不満が、己の人生に対するチャレンジ精神を呼び起こすとも言えます。

タクシー運転手という職業に興味のある人に耳寄りな話10選

タクシー運転手は長年人手不足状態が続いています。「タクシー運転手なんて、仕事に失敗して会社勤めができなくなった人間が、手に職もなくて最終的に仕方なくやる仕事」だなんて言う人もいます。一体、何サマのつもりなんでしょう。人類で初めて南極に到達したロアール・アムンセン様にでもなったつもりなのでしょうか。
しかし、そのようにタクシー運転手に対する世間的な評価は低く、それゆえに多くの日本人がタクシー運転手という職業を選択しないのが現状です。
確かに、タクシー運転手の平均年収は300万円台で、決して高額とは言えません。ただし、タクシー運転手の給料は歩合制が基本になっていて、稼いでいる人は年収1000万円以上を得ていると言います。
また、タクシー利用客の多い大都会のほうが、収入も多くなります。
さらに、高齢化の進む今の時代、タクシーは社会にとってなくてはならない、重要で意義のある仕事です。自ら運転することもできず、また最寄りにバス停、駅もないような地域に住んでいる高齢者には特に、生活を支える大切な“足”になっていると言えます。
ですから、もし仮に「ほかにやることもないからタクシー運転手“でも”やってみようか」と「でも」付きで考えている人も「自分は底辺なのか」なんて後ろ向きに考えたりせず「俺が地域を支えている」という気持ちで、大威張りでタクシー運転手になりましょう。
今回は、思わずタクシー運転手を職業として考えたくなる耳寄りな話10選を紹介します。

1. 結構稼げる
タクシー運転手の給料は基本的に歩合制で、平均年収は300万円台ですが、お客様を乗せれば乗せただけ稼ぐことができます。中には年収1000万円以上を稼いでいる人もいるそうです。タクシー運転手として収入をアップさせるためには、指定された目的地への最短ルートを瞬時に把握し、そこまで乗客に極力ストレスを感じさせないで到達できる能力が必要です。それには向上心とともに経験も必要ですが、しかしその経験も何十年といった気の長いものではなく、タクシー運転手の収入に年齢差はあまりありません。ちなみに会社の規模もタクシー運転手の収入にあまり関係ないようです。ただ、やはりタクシー利用の少ない田舎町より、タクシー利用の多い大都会のほうが稼ぎやすいようです。

2. 誰でもなれる
「タクシー運転手は底辺の仕事」などと言われるほどなので、タクシー運転手には誰でもなれます。ただし、タクシー運転手として仕事するには普通自動車第二種免許が必要です。ですが、タクシー会社で取得を支援してくれるところもあるので、そういった入社条件は求人サイトをよく見て確認しましょう。ちなみに求人サイトを見るなら、ドライバー専門の求人サイトをオススメします。かゆいところに手の届く、具体的な情報が載っています。もちろん「クルマの運転が苦手」「クルマの運転が苦痛」という人はタクシー運転手には向いていませんから、たとえ誰でもなれるからと言って、タクシー運転手になろうとするのは無謀と言うものです。

3. イメージに惑わされないで
タクシー運転手の仕事を「仕事に失敗して会社勤めができなくなった人間が、手に職もなくて最終的に仕方なくやる仕事」と考える人が多く、タクシー運転手には「底辺の仕事」というイメージがあります。しかし、だから何だと言うのでしょう。イメージって、そんなに大切なのでしょうか。そりゃ、会社経営者や政治家、俳優、歌手、タレントなど、イメージが収入に大きく影響する職業の人にとっては大切ですが、それ以外の人は、イメージうんぬんより、要するに稼げればいいのではないでしょうか。「タクシー運転手なんて、へっ」なんて見下す輩は、タクシー運転手として幸せになって見返してやりましょう。

4. いろいろなメリット
「タクシー運転手 メリット」でネット検索すると、いろいろなメリットが出てきます。「仕事中はうるさい上司や同僚がいないので気まま」「月の勤務日数が12日くらいで休日が多く、思う存分趣味を楽しめる」「中高年になってもなれる」などです。もちろん、世の中のものには必ず2面性があり、メリットがあればデメリットもあります。たとえば「嫌な乗客もいる」「勤務時間が長い」「長時間の運転で腰を痛める」などです。それでもメリットがあることもまぎれもない事実です。デメリットはしょせん、どんな仕事にも付いて回るものなので、デメリットだけを心配して、せっかく幸せになれるかもしれないチャンスをフイにするのはもったいないというものです。人生常に「最悪を覚悟して最善を尽くす」に限ります。

5. ブラック企業対策
タクシー運転手は「勤務時間が長い」ことがデメリットとして挙げられるため、「奴隷のように働かされる」とイメージしてしまう人も多くいます。しかし、それは単なるイメージであって、実際は法律で就業時間などが定められているため、そんなに劣悪な労働環境ではありません。また、特に近年は労働環境の改善もどんどん進められ、女性が子育てしながら働ける職場にしているタクシー会社も多くなっています。ただ、その会社が働きやすいかどうかは個人の価値観によって違ってきます。つまり会社が自分に「合う」「合わない」という問題があります。一番良いのは、ドライバー専門の求人サイトで具体的な情報をつかみ、「合う」と思った会社に応募することです。それでも、入社してみて「合わない」ことが分かることもあります。タクシー運転手の業界は人手不足状態ですから、仮に「合わない」会社に入ってしまっても落ち込むことはありません。転職先を探して自分に合う会社を見つけてそちらに移りましょう。実際、一般的な会社勤めを経てタクシー運転手に転職した人が、前職のほうが「何も考えずにチームプレーで仕事してれば良かっただけだったので楽で良かった」と、タクシー運転手から一般企業に再び転職した、なんて例もあります。何も考えなくてもいい代わりに人間関係にわずらわされるサラリーマンが良いか、自ら積極的に考えて仕事しなければいけない代わりに、変な人間関係に悩まされることなく気ままに働けるドライバーが良いか、これはやはり「合う」「合わない」です。

6. 触れ合い
ドライバーは基本的に「1人で気ままにできる仕事」です。ただ、そんなドライバーの中でもタクシー運転手はお客様を乗せて走るので「接客業」の比重が大きいドライバー稼業です。タクシー運転手は、いかにお客様に快適に過ごしてもらうかを考えて仕事しなければいけません。お客様が会話を求めていれば、心地良い会話の時間を提供しますし、必要最小限の会話を求めていれば、そのように対応します。どちらにしても「1人で気ままにできる仕事」ではあっても「孤独な仕事」ではありません。時には感謝されたり、チップをいただけちゃったりもします。そんな、乗客との触れ合いは、タクシー運転手の仕事に誇りとやりがいをもたらします。

7. 人生の深さを学ぶ
タクシー運転手は基本的に接客業です。毎日、いろいろなお客様を乗せます。大企業の重役、田舎から出てきた高齢者、酔っぱらったサラリーマン、自国の製品を売り込みにきた外国人、観光客、水商売のお姉様、身体障がい者、芸能人と、あらゆる人たちが乗客になる可能性があります。まさに人生のさまざまな縮図を見ることになります。もしかしたら深夜の業務で心霊体験するかもしれません。こんないろいろな体験ができる仕事は、そう滅多にあるもんじゃないでしょうね。

8. 自分の人生を生きる
自分の人生は自分で決めましょう。タクシー運転手の仕事は「底辺」と思われがちですが、他人からどう思われても関係ありません。入社して「合わなかった」「会社選びを間違った」と思うこともあるかもしれませんが、そんなときはとっとと転職しましょう。自分の人生を他人のせいにしてはいけません。他人には感謝しつつ、人生の責任は自分で取るのです。ましてや、今の若者は「何でもかんでもスマホに依存し、自分から能動的に考え、能動的に行動することができない」なんて昭和世代から批判されがちです。タクシー運転手は「自ら考え、積極的に乗客を探しに行かないと稼げない職業」なので、そんなタクシー運転手になって昭和オヤジたちを見返してやりましょう。

9. 未来予想
クルマの自動運転技術の開発が着々と進んでいます。人手不足の続くトラック、タクシーの運転も近い将来、自動運転システム、ロボットに取って替わられると言われています。しかし、トラック、タクシーの運転を完全無人化するのはそう簡単ではないでしょう。コンピューター制御のシステムは、完全に人の手が離れるほどにはなっていません。ましてやクルマの運転となるとシステム整備だけではなく、法律の整備なども必要です。まあ、法律を整備する段階になれば、また与党が強行採決をして国民の理解なんかお構いなしに進めてしまうでしょうけど。それはともかく、高齢化社会が進む中、タクシーの需要は確実に伸びます。高齢化社会を支えるということは、日本社会そのものを支えることになります。今のうちにタクシー運転手になると、国や社会から感謝されます。そりゃ、表立って「タクシー運転手になってくれてありがとう」とは言われないかもしれませんが、心の底ではすべての国民が手を合わせて感謝する日がくるでしょう。

10. 楽しい
タクシー運転手の仕事の大半は「クルマを運転すること」です。「クルマを運転すること」が大好きな人にとっては、その「大好き」を仕事にできるので、仕事が楽しくて仕方なくなるはずです。また、タクシー運転手が乗るタクシーも、今やさまざまなデザインのものが登場しています。2017年にリリースされたジャパンタクシーは、最近やけに車いす利用者からの苦言が飛び交っていますが、今後はそこも改善されていくでしょう。そのジャパンタクシーのデザインは、今までのタクシーへの固定概念を覆すものでした。今後はもっと洗練されたデザインのタクシーが登場するはずで、そんなタクシーを運転する仕事がますます楽しくなるに違いありません。

バス運転手のメリット10選

トラックやタクシーの運転手同様、バス運転手も人手不足が続いているそうです。鉄ちゃんと呼ばれる鉄道ファンは鉄道の運転士になりたがる人もいるようですが、バスファン、バスマニアは鉄ちゃんより少ないのでしょうか。
人手不足が続くトラック業界は人材を女性に求めて「トラガール促進プロジェクト」を進めていますし、バス業界も一般社団法人 女性バス運転手協会が設立されて女性バス運転手の増加に努めています。けど、鉄道会社は特に人材募集の取り組みをやっていないようなので、やはりファンの規模や思いが違うのでしょう。
バス運転手も人手不足が続いているので、就職しやすいようです。ただ、以前、観光バスの運転手が劣悪な労働環境のせいもあって事故を起こしたことなんかが、バス運転手の悪いイメージを広めてしまったのかもしれません。
皆さん、イメージばかりをむやみに鵜呑みにしてはいけません。ここでは、バス運転手のメリットを並べてみます。選択すべき職業の1つとして、ぜひご検討ください。

1. 年収が平均で440万円から450万円
バス運転手の収入は、勤務先の規模、勤務する地域などで異なりますが、平均では年収440万円~450万円と言われています。一般的なサラリーマンと比べて遜色ない収入と言えるでしょう。ただ、年齢、経験でも違いがあり、20代では年収200万円台後半~300万円台とも言われています。また、観光バスの場合は繁忙期、閑散期があるので、やはり乗務する日が少なくなる時期は、給与も下がる傾向があります。

2. 基本的に残業なし
路線バスは毎日決められた時間に決められたルートを走るので、基本的にバス運転手の勤務時間が決められた時間を超過することはありません。観光バスも基本的には決められた時間で走行するので、やはり想定外の残業になることはないでしょう。

3. 路線バスの運転手なら業務はワンマン
路線バスの運転手は1人で仕事します。口うるさい上司も、足を引っ張る同僚も近くにいません。口うるさい上司や、足を引っ張る同僚と一緒に働かなければいけないサラリーマンに比べれば、職場の人間関係によるストレスはないと言っていいでしょう。ちなみに1人で業務を行うバスをワンマンバスと言うのですが、これは昔、バスには切符を切ったりする車掌がいたので、車掌が同乗するバスではないことを示す言葉として使われていました。一方、観光バスはバスガイドが同乗することがあります。とはいえ、バス運転手はバスの運転に専念しなければいけないので、やはり1人での仕事が勤務時間の大半を占めることに変わりはないでしょう。

4. 専門職なので仕事は安定
バス運転手として働くには大型二種運転免許が必要です。大型二種運転免許の受験資格は「21歳以上で、普通自動車免許か大型一種運転免許、もしくは大型特殊自動車免許の取得後3年以上が経過していること」です。また、合格率は10%ほどとも言われていて、それなりに難関になっています。つまり、バス運転手は専門的な技術を使う、それなりの専門職だと言えます。それだけに一度バス運転手となれば、その実績は業界で重宝され、勤務先を変える際にも「手に職を持った者」として優遇されるでしょう。

5. 路線バスは公共事業
地方の過疎地域をも走る路線バスは公共事業です。一般の企業であれば、収益の悪い事業はあっという間に打ち切られますが、公共事業であれば、多少収益が悪くても需要がある限り、続けることになります。高齢化がますます進む現代社会において、公共交通機関であるバスに頼らざるを得ない高齢者が増える状況の中、社会から必要とされるバス業界はとても安定した業界です。

6. 乗客とのふれあいが楽しい
路線バス、観光バスは接客業でもあります。同じ大型自動車でもトラックは商品などの荷を運びますが、バスが運ぶのは乗客です。かと言って、タクシーのように1対1で、こまめに接客する必要はありません。それでも、ていねいな運転で乗客を快適に運んでいると「ごくろうさま」や「ありがとう」などの言葉をかけてくれる乗客もいます。そんなときにひそかなうれしさを感じるのが、バス運転手の仕事です。

7. 就職先が豊富
バス業界も運転手の高齢化によって人手不足が続いています。今後もバス運転手の求人は継続して行われるはずです。いろいろな地域や、路線バス、観光バス、または施設の送迎バスなど、勤務先を幅広く考えれば、就職先も豊富に見つかるでしょう。

8. カッコいい
自動車という機械を自在に操る運転手はそもそもカッコいい仕事です。大型自動車であるバスはまた、普通自動車とは違ったコツ、テクニックが求められ、それをこなす運転手は当然、カッコよく思われます。「おおきいくるまをうんてんする」バス運転手は子どもたちの憧れの対象にもなります。

9. 好きなことを仕事にできる
バス運転手は、ほかのプロドライバー同様、「クルマの運転が好き」だという人がなるべき仕事です。そりゃ、仕事している大半の時間が「クルマの運転」に費やされるので「クルマの運転」が嫌い、もしくは苦手な人は避けるべき仕事でもあります。逆に言えば「クルマの運転が好き」という人にとって、その好きなことをずっとしていて仕事になるのですから、こんなにいいことはありません。好きなことを仕事にしているので、嫌なことを無理矢理やらされることでのストレスなどはないでしょう。

10. 決まった、同じ道を走るので安心
同じプロドライバーでも、タクシー運転手は乗客が指示する場所に行かなければいけないので、そこまでの道順を知らないと到着時間が遅れて乗客を不快にする恐れがあります。しかし、バス運転手は観光バスでも路線バスでも、走るルートは決まっているので、一度覚えてしまえば「知らない道を行く」という不安に駆られることはありません。ただ、その分、同じことの繰り返しの毎日に飽きてしまう人は向かないでしょう。毎日、同じことを淡々と繰り返すことが得意な人は、バス運転手として働くと、きっと極上の幸福感を獲得できますよ。

効くか効かないかは運次第な、ルート配送ドライバーを増やす試み10選

ルート配送ドライバーの仕事は、毎日決められた順序で自社と取引があるスーパーやコンビ二、企業に商品を届けることです。拘束時間の長い長距離トラックドライバーと違い、基本的に毎日同じ時間に帰宅できます。おまけに、ルート配送ドライバーの正社員の給料は、経営状態がかなり良い運送会社で月収20万円~35万円と賞与1回~2回となっています。安定した生活をお望みの多くの国民にとって、何を置いても就きたい仕事ではないでしょうか。
ただし、経営状態のあまりよろしくない運送会社に就職してしまうと、月収16万円~月収20万円と賞与なしもあり得ますから、安定した生活を送りたいと思っている人はドライバー専門の求人サイトを思う存分フル活用して、納得のいく就職先を探すといいでしょう。
また、ルート配送ドライバーの仕事は長距離トラック運転手よりも労働時間が短いこともあり、長距離トラック運転手よりは給与が少なめに設定されています。“安定した収入”ではなく“莫大な収入”を目指す人には長距離トラック運転手のほうが向いているとも言えなくはありません。ですが、拘束時間が長距離トラック運転手より短いことでの充実したプライベート、毎日同じルートを回ることでの安定した収入を得たい人には、ルート配送ドライバーが向いていると、誰かが言っていた気がします。
そんなルート配送ドライバーですが、近年は人手不足状態が続いているそうです。ルート配送ドライバーの仕事が“単純なルーティンワーク”に思えて「単調な毎日なんてゴメンだね」とうそぶきたくなる若さゆえの過ちが蔓延しているせいかもしれません。
しかし、世の中には「仕事は単純なルーティンワークのほうがいいし、肴は炙ったイカでいい」派もいることでしょう。ただし、そんな酸いも甘いも噛み分けた人でも「あまりイメージが良くない」といった理由から、ルート配送ドライバーの仕事を避けているかもしれません。これはとてももったいない話です。
そこで今回は、ルート配送ドライバーを増やす試みを提案します。

1. ルート配送ドライバーを主人公にした映画やドラマを作る
カッコいいアイドルやスターがルート配送ドライバーをカッコよく演じれば、多くの人がルート配送ドライバーに憧れます。運送会社がアイドルにセールスドライバーを演じさせてテレビCMを制作していますが、そういう意図があるのでしょう。セールスドライバーだけではなく、ルート配送ドライバーも優しく、スマートで、さわやかだというイメージを広めるため、ルート配送ドライバーを主人公とした映画やドラマを制作してヒットさせましょう。元敏腕刑事のルート配送ドライバーが、配送の合間に事件を解決する「ルート配送ドライバーの探偵日誌」とか、温泉地を舞台にした「湯けむりルート配送ドライバーの事件推理」とか、ルート配送ドライバーを巡る三角関係を描いた「ルート配送ドライバーに愛されすぎて困っています」とか、ルート配送ドライバーがファムファタールに惑わされる「ルート配送ドライバーは二度ベルを鳴らす」とか、謎のルート配送ドライバーが主人公を翻弄する「上海から来たルート配送ドライバー」とか。

2. ルート配送ドライバーの給料を莫大にする
ルート配送ドライバーの給料は月収20万円~35万円で、月収25万~40万円と言われている長距離トラックドライバーに比べるとやや低い傾向にあります。ここは、一気にルート配送ドライバーの給料を増やせば、ルート配送ドライバーになりたいという人も増えるでしょう。ただ、ルート配送ドライバーの給与を一気に高額にすると、その分、ルート配送ドライバーの配送料が上がり、ルート配送ドライバーの配送料が上がると、ルート配送ドライバーが配送しているものの値段も上がる可能性があります。ルート配送ドライバーはコンビニの商品を配送したりしますから、コンビニの商品が値上がりします。コンビニ商品が値上がりすると、多くの国民がコンビニで商品を買うことを控えるようになり、その結果、コンビニの売り上げが減って、コンビニの数が減り、ルート配送の仕事も減ります。すると「ルート配送ドライバーが足りない」という状況もなくなるでしょう。しかし、多くの国民はコンビニには減ってほしくないと思っています。

3. 外国人をルート配送ドライバーとして雇用する
外国人材受け入れ制度が新しく整備され、従来よりも幅広く外国人材の受け入れが始まろうとしています。ただ、今のところドライバーという職種はこの制度の対象にはなっていません。そこで、トラックドライバーやタクシードライバーといったドライバーの職種にも外国人材を受け入れましょう。日本に働きにくる外国人は素直で勤勉で真面目なので、ドライバーとしても熱心に仕事をしてくれるでしょう。ほかの業種より、安定した収入と充実したプライベートが得られる仕事として、ルート配送ドライバーは多くの外国人に人気職業となるはずです。これでルート配送ドライバーの人手不足は間違いなく解消されます。

4. コンビニ店員を美人やイケメンにする
ルート配送ドライバーの仕事の代表が、コンビニへの商品の配送です。また、ルート配送ドライバーの仕事の大半は「1人で車を運転すること」なので、ほとんどのルート配送ドライバーは孤独に仕事しています。ルート配送ドライバーにとって、数少ない「人とコミュニケーションを取れる」機会が、コンビニで商品を降ろすときです。このコンビニの店員が美人、またはイケメンであれば、ルート配送ドライバーの士気も上がります。積極的に「コンビニに行きたい」と思うようになるかもしれません。そんな期待感からウキウキした気分で仕事をするルート配送ドライバーは、仕事が楽しくて仕方ないという表情になるでしょう。そんなルート配送ドライバーを見た多くの国民が、自分もルート配送ドライバーとして楽しく仕事したいと思うに違いありません。

5. ルート配送ドライバーの制服をオシャレにする
ルート配送ドライバーの制服を、誰もが着てみたい!と切望するような、オシャレでカッコいいものにします。すると多くの国民が、オシャレでカッコいい制服を着るためにルート配送ドライバーになりたがる、かもしれません。May be.

6. ルート配送ドライバー賛歌を作って世に広める
ルート配送ドライバーを称える歌を作り、すべての国民がルート配送ドライバーを尊敬する風潮を演出しましょう。すると多くの国民が、自分もルート配送ドライバーになって国民から尊敬されようと考えます。作詞作曲は、いろいろなお題に見事に対応できるヒャダインさんにお願いするといいかもしれません。

7. 自動販売機をカッコ良くする
ルート配送ドライバーの仕事の代表が、自販機への飲料の配送です。この自販機がカッコ良ければ、その自販機のところに行くときのルート配送ドライバーのやる気もアップします。積極的に「自販機を回りたい」と思うようになるかもしれません。そんな期待感からウキウキした気分で仕事をするルート配送ドライバーは、仕事が楽しくて仕方ないという表情になるでしょう。そんなルート配送ドライバーを見た多くの国民が、自分もルート配送ドライバーとして楽しく仕事したいと思うに違いありません。

8. 人体強化服をルート配送ドライバーのコスチュームにする
ルート配送ドライバーはコンビニの商品を運んだり、自販機の飲料を詰め替えたりします。コンビニではコンビニの店員が手伝ってくれるかもしれませんが、基本的には荷を積んだり、降ろしたりする部分は力仕事です。そこで、荷の積み降ろしを軽々と行えるよう、人体の動きを補助するメカを搭載した服をルート配送ドライバーのコスチュームにします。これがあれば、どんな荷物でも何回でも軽々と積み降ろしができるというものです。「荷の積み降ろしが大変そう」という理由でルート配送ドライバーの仕事に就くことを躊躇している人も、この強化服があればルート配送ドライバーの仕事を選択するはずです。

9. ルート配送のトラックをSFチックに改造する
ルート配送ドライバーの仕事で厄介なのが、配送の時間の厳守です。渋滞があっても、ルート配送ドライバーは決められた時間には目的地に着かなければいけません。そこでルート配送のトラックを改造し、空を飛べるようにします。そうすれば道路の渋滞時にも空を飛んで配送時間に遅れないようになります。早く着きすぎてしまったときも、空中で待機して路上駐車の取り締まりから逃れます。また、危険回避、事故回避のあらゆる機能を充実させ、ルート配送ドライバーから自動車事故というリストを取り除けば、多くの国民が気軽にルート配送ドライバーになれるでしょう。

10. 国民が「不便」を許容する
ルート配送ドライバーの仕事で厄介なのが、配送の時間の厳守です。渋滞があっても、ルート配送ドライバーは決められた時間には目的地に着かなければいけません。ルート配送ドライバーも「間に合わなかったらどうしよう」と考えて胃がキリキリ痛む思いをします。例えば、お昼になってもコンビニにお弁当が並んでいなかったら大変です。そのためにルート配送ドライバーの配送時間厳守は絶対なのです。そこですべての国民が「お昼にコンビニにお弁当が並んでいなくても全然平気」と思えるようになると、どうでしょう。ルート配送ドライバーは時間厳守を絶対と考えなくても済むようになり、ルート配送ドライバーの仕事がゆとりと気楽さを持った仕事になります。そうすればルート配送ドライバーになりたい人も増えるでしょう。ただでさえコンビニは24時間も営業していてコンビニエンスなのですから、多少のインコンビニエンスは我慢したってバチは当たるまいってところです。

トラック運転手という職業に興味がある人に耳寄りな話10選

くどいようですが、トラック運転手はここんとこ大いに人手不足状態が続いています。つまり、多くの国民がトラック運転手という職業に就こうとしていません。しかし、通信販売業界の発展により、荷物をトラックで運ぶことの需要は恐ろしいほどに高まっています。
よーするに、仕事はたくさんあるのに働き手が足りていないわけです。この状況を打開するには、多くの国民がネットショップで買い物をするのをやめるか、運転手の給料を莫大にして、ネットショップの配送料も莫大になりますが、それで運転手を増やすしかありません!
いえ、配送料が高額になれば通販の利用も減って荷物の流通が減り、運転手の人手不足も解消されますな。アハハハ。
しかし、それでいいのでしょうか。家でゴロゴロしながらポチるだけで地方のグルメも、フランスでリリースされた50年代の西部劇のブルーレイも、特別価格のおむつも手に入る生活を、あなたは手放すことができますか?
というわけで、やはり国民の生活に大きな影響を及ぼすことなしに、トラック運転手に増えてもらわないといけないのです。では、なぜトラック運転手は増えないいのでしょうか。それはひとえに「イメージが悪い」せいだと思われます。
トラック運転手は、実際は年収400万円~700万円とも言われる「やればやっただけ稼げる」仕事であり、近年では労働環境の改善も進んでいる現状があるにも関わらず「労働時間が長い」「休めない」「労働環境が劣悪」「ドレイのように働かされる」「荒くれ男たちが働いている」「給料が低い」「汚い」「危険」などのイメージが先行しています。トラック運転手の年収は400万円~700万円とも言われているのに、イメージが良くないばかりにトラック業界は長年、人手不足に陥っています。
そう、それは単なるイメージなのです。そんなことも知らずに、やれ「トラック運転手は底辺」だとか、「運送会社はブラック」などと言っている日本人のなんと多いことか。今こそすべての日本国民に言います! トラック運転手こそ、多くの国民が憧れるべき職業なのです。
実際、何となく「トラック運転手か。やってみようかな」と発想する人も多いのではないでしょうか。しかし「もしトラック運転手になったら親にどう言われるだろう」とか「トラック運転手になったら友達にからかわれるかも」なんてことを考え、「トラック運転手になりたい」気持ちをじっと我慢の大五郎となっているのではありませんか。
そんなトラック運転手予備軍に耳寄りな話10選を紹介します。

1. 輝ける未来
前述した通り、ネット通販は今や国民の生活になくてはならないものとなっています。トラック輸送はその要です。トラック運転手の仕事は当分、「世の中から必要とされる仕事」であり続けるでしょう。しかも、介護、製造などの分野で外国人の労働者を受け入れる制度が日本でも着々と整備されているのをご存知でしょうが、トラックなどの運転手は外国人労働者に門戸を開いていません。まだまだ、「トラック運転手になりたい」という日本人がありがたく思われる状況です。今のうちにトラック運転手になると、国や社会から感謝されます。そりゃ、表立って「トラック運転手になってくれてありがとう」とは言われないかもしれませんが、心の底ではすべての国民が手を合わせて感謝します。

2. 誰でもなれる
トラック運転手の仕事は、クルマの運転が好きで、ル―チン業務が得意なら誰でもなれる仕事です。よく「トラック運転手の仕事はトラックの運転だけではない」と言います。確かにそれはその通りですが、トラック運転手の仕事の大部分がトラック運転だということもまぎれもない真実です。クルマを運転してそれを仕事にしたいと思ったら、迷わずそれを仕事にしましょう。さらに濃密な接客が苦手であれば、バスやタクシーの運転手ではなく、長距離トラックの運転手になるべきです。

3. イメージはイメージ
前述した通り、トラック運転手という仕事は「労働時間が長い」「休めない」「労働環境が劣悪」「ドレイのように働かされる」「荒くれ男たちが働いている」「給料が低い」「汚い」「危険」などのイメージが先行しています。そういうイメージ通りのトラック運転手もいます。と言うより、そういう環境の運送会社も確かにあります。しかし、そればかりではありません。それは一部のことで、一部がそうなので全体もそうだと思ってしまうのが、「イメージ」というやつの弊害です。トラック運転手として思うような収入を得て、安心・安全な環境で仕事ができる会社もたくさんあります。そんな会社を見つけるには、ドライバー専門の求人サイトを利用するといいでしょう。専門のライターが会社の実情を具体的に、ウソ偽りなく伝えてくれるので、そこで「自分に合った」会社が見つかります。「自分に合った」会社こそ、ホワイト企業なのです。

4. たかがイメージ、されどイメージ
とは言え、誰でもイメージを気にします。「もしトラック運転手になったら親にどう言われるだろう」とか「トラック運転手になったら友達にからかわれるかも」なんてことを考える人の気持ちも分からないではありません。しかし、そんな人は、いつまで「他人の目」を気にして生きるのでしょう? 自分の思いより「他人の目」をそんなに気にして、どうしようというのでしょう? 人生がうまくいかなかったら「あいつのせいだ」と、他人のせいにしていると、いつか道を誤まりますよ。伝説的なロックバンド、クィーンだって「6分の曲なんて長すぎる」というレコート会社の重役の意見を聞いていたら、あの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」は生まれていません。自分の「トラック運転手になりたい」という思いを大切にするなら、世間のトラック運転手に対するイメージなんて気にしてはいけません。

5. メリットいろいろ
「トラック運転手 メリット」で検索するといろいろ出てきます。国土交通省が「トラガール促進プロジェクト」を行い、女性トラック運転手を増やそうとしていて、もちろん、業界としては男性トラック運転手も増やしたいので、あの手この手でトラック運転手の良い点をアピールしています。「1人で気軽な仕事」「運転していれば稼げる」「誰でもなれる」「長距離トラックの運転手なら日本各地、いろいろなところに行ける」「長距離トラックの運転手なら日本各地、いろいろなところのご当地グルメを味わうことができる」などのメリットです。もちろん、何事にも2面性があり、メリットがあればデメリットもある、セラヴィ、人生なんてそんなもの。ですが、メリットも真実です。それらのメリットにちょっとでも惹かれるものがあれば、トラック運転手という職業を選択しましょう。でなきゃもったいないです。

6. やればやっただけ稼げる
トラック運転手は、ひと昔前よりは収入も減ったと言います。事実です。昔は本当にものすごい高収入でした。それでもトラック運転手の平均年収が300万円台から400万円台というのも、れっきとした事実です。最大年収は約650万円とも言われています。下手なIT関連の専門職や、大手百貨店なんかの店員より稼げる職業ではないでしょうか。そこそこ名のある企業の社員にも引けは取りません。学歴や偏差値は関係ありません。大型トラックの運転には大型運転免許が必要ですが、それも弁護士資格や医師免許なんかと比べるとずっと簡単に、ずっと安価に取得できます。

7. 輝ける未来 その2
トラックというと、武骨で荒々しい乗り物というイメージがあるかもしれません。しかし、今やトラックも進化しています。安全運転のためのさまざまな機能が搭載され、洗練されたデザインも出てきています。誰もが「乗ってみたい」「運転したい」と思うようなトラックが、今後もどんどん出てくるはずです。

8. 進む環境改善
くどいようですが、トラック運転手は人手不足に陥っています。そのため、国もトラック運転手を増やすべく、運送会社にトラック運転手の労働環境の改善を働きかけています。そうした働きかけに真摯に対応し、労働環境の改善に努めている会社もあります。従来は「労働環境が劣悪」というイメージがありましたが、その労働環境の改善が進んでいます。現代社会はネットが発達し、ブラック企業はすぐに世間からやり玉に挙げられます。トラック運転手になりたいなと少しでも考える人は、躊躇なくトラック運転手になってしまいましょう。もしそこの労働環境が劣悪なら、すぐにそんな企業は実態をSNSにアップするとともに退社し、別の会社に移ればいいのです。ちなみに会社を探すときは、ドライバー専門の求人サイトを利用すると「自分に合った」会社を見つけやすいです。

9. トラック運転手はモテる
トラック運転手はモテます。トラック運転手は「荒々しい男」「元ヤンキー」といったイメージがありますが、実際には真面目な人が多いので、多くの女性がそのギャップに萌えます。また、トラック運転手は体力勝負の仕事である部分が多いため、トラック運転手は自然とマッチョになっていきます。男性的で頼もしくなっていきます。「俺は頼りないと言われるし、マッチョでもない」という人も、トラック運転手になればだんだん頼りがいが出てきて次第にマッチョになれるでしょう。「頼りがい」は男性がモテるときの重要な要素です。

10. 輝ける未来 その3
クルマの自動運転技術の開発が着々と進んでいます。人手不足の続くトラック、タクシーの運転も近い将来、自動運転システム、ロボットに取って替わられると言われています。しかし、トラック、タクシーの運転を完全無人化するのはそう簡単ではないでしょう。コンピューター制御のシステムは、完全に人の手が離れるほどにはなっていません。ましてやクルマの運転となるとシステム整備だけではなく、法律の整備なども必要です。まあ、法律を整備する段階になれば、また与党が強行採決をして国民の理解なんかお構いなしに進めてしまうでしょうけど。とはいえ、くどいようですが、物流にはまだまだ人間の労働力が必要です。その中で今後進む自動運転技術の進化を考えると、トラック運転手とシステムの連携、融合が必要になります。トラック運転手がコンピューターシステムを操作しつつ荷物を運ぶわけです。トラック運転手は文明の最先端をいく、輝ける職業になるでしょう。