トラックマン

トラック専門サイト

タクシー運転手が楽しい理由とは?

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシー運転手の仕事の一般庶民のイメージは、拘束時間が長く、一日中タクシーの運転をしていなければいけないというものになっていますから、多くの庶民はタクシー運転手の仕事に率先して就こうとしません。ですが、実態のタクシー運転手の仕事は、拘束時間は長い反面、年間休日が多く、一日中タクシーの中で待機していることが多いですから、多くの庶民が思っている程タクシー運転手の仕事は大変ではありません。今回は、タクシー運転手が楽しい理由に触れていきますね。

1.タクシー運転手は、常に会社の外で仕事を行える。

タクシー運転手以外の事務職や人事職は、常に会社内で職務を全うする必要がありますから、常に会社の人に自分の行動を見張られることになりますが、タクシー運転手は常に会社の外で仕事を行えますから、自分のペースでタクシー運転手の仕事を行えます。このタクシーの利点に魅力を感じて、タクシー運転手の仕事に就く人は、両手で数えられないほどいますね。

2.タクシー運転手は、自分のペースで仕事を休める。

タクシー運転手は、自分の体がしんどいと感じた時に、すぐさま休憩をとることができますから、自分のペースで無理せず仕事を行いたい方にぴったりな仕事となっています。ですが、タクシー運転手の業務中に休みすぎて仕事をしないと、タクシー会社にタクシー運転手の正社員雇用を打ち切られることもありますから、適度にタクシー運転手の業務をこなしていきましょう。

3.タクシー運転手は、完全週休二日が保障されている。

タクシー運転手は、完全週休二日が保障されている仕事となっていますから、休日に自分の趣味を思う存分堪能することができちゃいます。ですが、週一日の休みに慣れている人が、タクシードライバーの仕事に就いて、突然週二日の休みを与えられても、週二日の休みに何をやればいいのか?の状態に陥ってしまいます。

4.タクシー運転手は、月収30万円~月収50万円のお金を稼げる。

タクシー運転手は、普通の底辺ビジネスマンでは一生稼ぐことができないであろう月収30万円~月収50万円の給与を手にすることができますから、同世代よりもお金を稼ぎたいにタクシー運転手はぴったりな仕事です。ですが、タクシー運転手として多くのお客様をゲットすることができなければ、月収20万円~月収30万円の給与しか手にすることができないことを知っておく必要はあります。

5.タクシー運転手の正社員は、世間から認められている。

コンビ二店員やスーパーの店員をしていると、多くの人からまじめに正社員で働いていないだめ人間だという烙印をおされてしまいますが、タクシー運転手の正社員は、世間から真面目に働いている人という印象をもたれていますから、世間に認められたい気持ちが強い人はタクシー運転手の正社員になろう。

6.タクシー運転手は、様々な業種の人と関われる。

タクシー運転手は、毎日タクシーに様々な業種のお客様を乗せることが多いですから、他の職業以上に様々な業種の人と関われます。このタクシー運転手でしか得られない利点に魅了されて、タクシー運転手の仕事に就いている人は世の中に多くいますね。

7.タクシー運転手の仕事に適性があれば、タクシー運転手の仕事を楽しいと思える。

タクシー運転手の仕事に適性がある人は、自動車を運転することが好きで、人と関わることが大好きな人です。この二つの条件を満たしている人がタクシー運転手の仕事を始めると、回りの友人に、タクシー運転手の仕事が楽しくて仕方がないと言うようなりますね。

8. タクシー運転手の仕事に就けば、周りと違う仕事をしているんだーの気持ちをもてる。

同世代と同じ職種の仕事をしていると、周りと同じような仕事をしている僕の人生ってなんなんだろうの気持ちを持つことになります。逆に、タクシー運転手の正社員の仕事をしていると、回りとは一風違う仕事をしている僕の人生はなんなんだろうと思うようになりますね。

9. タクシー運転手の仕事を長期間することで、自動車の運転に自信をもてる。

タクシー運転手の仕事で、長期間自動車を毎日乗り回すことで、不安があった自動車の運転に自信をもてます。逆に、タクシー運転手以外の自動車を運転しない仕事を長期間していると、不安があった自動車の運転がさらに不安になっていきます。

10.どんな仕事でも楽しい。

タクシー運転手に限らず、どんな仕事でも、大変な部分もあれば、楽しい部分もありますから、この世界につまらない仕事なんてものは存在しません。ですが、どんなに楽しい仕事でも、一日14時間以上働くと、己の精神が病んでしまいますから、一日10時間程度働くことにとどめておくのが良いですね。


終わりに、

タクシー運転手の仕事は楽しい。
ドラピタ

ドラピタ

ビジネスマンが運送業界に転職する年齢について。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
ビジネスマンが、大企業の営業職、大企業の経理、大企業の人事職に転職する年齢制限は35歳までと決められているため、実力がある35歳のビジネスマンの転職先はベンチャー企業に限定されてしまいます。そんな絶望的な状況下でも、運送業界の大企業は、35歳以上のビジネスマンを積極的に採用することが功を奏し、自社の営業利益がものすごいスピードで上昇しています。このような実態がありますから、35歳のビジネスマンは、迷いを捨てて、運送業界の大企業に転職することをおすすめします。ですが、運送業界の大企業は、いくら優秀なビジネスマンであっても、自動車を運転するスキルがないと、自社の正社員採用をしませんから、運送業界の大企業の面接を受ける時は、嘘でも自動車の運転を毎日行っていますと発言しよう。今回は、ビジネスマンが運送業界に転職する年齢について触れていきます。

運送業界が35歳以上のビジネスマンを積極的に採用する理由。

1.運送業界は人手不足だから。

スタートアップ、ベンチャー、大企業の運送会社のすべてが慢性的な人手不足状態に陥っていますから、多くの運送会社は優秀な35歳以上のビジネスマンに正社員の内定をたくさんだします。また、35歳以下で肉体が元気な若者で、自動車の運転が得意なものであれば、仕事経験が少なくても、運送会社の正社員の内定を手にすることが容易にできることをお忘れなく。ですが、35歳以下で仕事経験がない人だと、この人はトラック運転手の大変な仕事を耐えることができないだろうなという理由から、トラック運転手の正社員不採用になってしまうこともあります。

2.運送業界は、35歳以上の人が一生懸命仕事をしてくれることをしっているから。

多くの35歳以上のビジネスマンは、今の仕事を辞めたら次の転職先を探すことがとても大変であることを知っていますから、35歳未満の人よりもがむしゃらに仕事をしてくれる傾向があります。逆に、35歳未満のビジネスマンは、今の仕事をやめても次の転職先を探すことがとても容易であることを知っていますから、35歳以上の人よりも一生懸命仕事をしてくれない傾向があります。

3.運送業界で働いている人の年齢が高いから。

運送業界で働いている人の年齢が高いこともあり、運送業界の人達は年齢が高い人を採用することに積極的です。それなのに、多くの人は35歳を超えたら、転職するのは無理だーと思い込み、生活保護を受給したりして、楽しい仕事をすることから逃げています。この現状を打ち破るには、多くの35歳以上の人が、運送会社の転職は、年齢に寛容なんだよということを知ってもらう必要があります。

4.運送業界の正社員採用で一番重視している部分はやる気。

運送業界の正社員採用で一番重視している部分はやる気で、運転スキルや長時間の運転を行えるかどうかは運送業界の正社員になってからでよいとしている運送会社が多いですから、これから運送業界の正社員になろうとしている35歳ビジネスマンは、運転スキルがないことを後ろ向きに思うことなく、どんどん運送会社の正社員採用の求人に応募していきましょう。

5.20代の若者で、運送業界で働く意欲がある人は少ない。

20代の若者のうちは、運送業界以外にも、月収100万円以上稼げる仕事につけるチャンスにあふれていますから、わざわざ運送業界に転職しようとする20代若者はそんなにいませんが、35歳以上になると、月収100万円以上稼げる仕事に就けるチャンスがなくなっていきますから、月収50万円以上稼げる仕事が多くある運送業界を転職先に選らばざるおえなくなります。

6.運送業界は、定年制度がない会社が多くある。

運送業界で働いている人の中には、60代や70代の人もたくさんいることもあって、多くの運送会社では定年制度がないといっても良いですから、35歳~40歳の人は運送業界では若手扱いされており、積極的に運送会社の正社員として採用されています。このような状況下でも、多く運送会社は次世代のトラック運転手を育成していきたいという思いから、20代の人を積極的に正社員採用をしています。

7.日本の運送会社には、人を大切にする風土がある。

日本の運送会社の多くは、自社の正社員が仕事で多少のミスをしたくらいでは、自社の正社員の雇用打ち切りの暴挙にでることがないですから、多くの運送会社の正社員は、一度運送会社で働き始めると、10年~40年間の期間同じ運送会社で働くことが多いです。逆に、運送会社以外の大企業の営業職は、営業マンが仕事で契約を取れなかったりすると、躊躇なく自社の営業マンの正社員雇用打ち切りの暴挙にでることが多いようです。この二つの事柄から判断するに、長期にわたって正社員として働きたい人は、大企業の営業マンではなく、運送会社の正社員として働くのが良い。

8.運送業界の人は、年齢で人の優劣が決まらないことを知っているから。

20代でも無能な奴はいるし、優秀な奴もいるし、30代でも無能な奴もいるし、優秀な奴もいるという当たり前のことを知っている運送会社の経営者が多いですから、多くの運送会社の経営者は年齢を判断基準にして、自社の正社員採用を行うことはほとんどないといっても良い。ですが、どこの会社でも、30代の優秀な人よりも20代の優秀な人を自社の正社員として雇いたいとおもっていますから、20代のほうが運送会社の正社員になりやすいという事実はゆるがないでしょうね。

9.就職や転職活動で内定がでるかどうかは、すべてが縁。

就職や転職活動で内定がでるかどうかは、すべてが縁となっていますから、縁さえあれば35歳を超えているビジネスマンでも正社員の内定がでます。この揺ぎ無い現実は、運送会社と運送会社以外の職種の会社にも適用されていますから、働きたい会社の面接官に、自分のスキルをいくら伝えても、面接官にこの人とは働きたくないなーと思われてしまうと、働きたい会社から見事不採用通知がでてしまいます。

10.35歳以上のビジネスマンは仕事の楽しさを知っているから。

20代のビジネスマンの多くは、給料を稼ぐために、嫌々仕事をしている人が多く、人生を豊かにするために仕事をしている20代は皆無といっても良い。逆に、35歳以上のビジネスマンは、給料を稼ぐことよりも、人生を豊かにするために仕事をしている人ばかりです。この二つのことを知っている多くの運送会社は、仕事に対するモチベーションが高い35歳以上のビジネスマンを自社の正社員として積極的に採用しています。

運送業界に転職する事で得られるメリット。

1.精神的なストレスがまったくたまらない。

営業職の場合、取引先の人に暴言を吐かれたり、上司に人格否定をされたりして、精神的なストレスを心に溜め込んでしまうことが結構ありますが、運送業界は、毎日トラックを運転することを繰り返すだけですから、仕事で精神的なストレスを心に溜め込むことはほとんどありません。ですが、トラック運転手は、毎日毎日トラックを長時間うんてんしなければいけないですから、自動車を運転することで心にストレスが溜まってしまう人にあまりおすすめできる仕事ではありません。

2.運送業界の花形職種のトラック運転手になれば、会社に滞在する時間が短時間に。

運送業界の花形職種のトラック運転手は、一日中トラックを運転していますから、会社の人とコミュニケーションをとることが得意ではない人にとってはトラック運転手は天職そのものといえるでしょう。逆に、会社の人と積極的にコミュニケーションを取って、自分の人生を豊かにしていきたい人は、ひたすらトラックを運転するトラック運転手の仕事に向いているといえませんから、トラック運転手以外の仕事に就くようにしましょう。

3.男性の友達が増える。

運送業界で仕事をしている人のほとんどは男性ですから、運送業界で仕事を始めれば、男性の友達が増えていって、自分の人生が豊かなものになります。ですが、運送業界で働いている女性は少ないですから、運送業界で長期間仕事をしている人の多くが女性との出会いがないと喚いています。

4.運送業界の花形職種のトラック運転手の仕事は、とても楽しい。

運送業界の花形職種のトラック運転手の仕事に車嫌いの人が抱くイメージは、一日中トラックばかり運転しているトラック運転手なんかにはなりたくないわ。逆に、運送業界の花形職種のトラック運転手の多くは、トラック運転手になってから毎日大好きなトラックを長時間運転することができて、自分の中にあるトラックを運転したい欲が満たされて、トラック運転手の仕事を行うことがとても楽しいとおもっています。

5.運送業界の花形職種のトラック運転手の仕事は、月収30万円~月収50万円稼げる。

社会の単純作業を繰り返す仕事の多くは、月収20万円~月収22万円の給与しか得ることができず、一生一軒屋やマンションを一括で購入することができない末路をたどることに。逆に、運送業界の花形職種のトラック運転手の多くは、月収30万円~月収50万円の給与を得ることができ、余裕で一軒屋やマンションを購入することができてしまいます。

6.トラック運転手の仕事経験がある人は転職で有利。

トラック運転手以外の楽な職種の人に多くの会社の面接官が抱くイメージは、この人は長年楽な仕事をしてきているから根性のこの字もないんだろうなーと。逆に、運送業界の花形職種であるトラック運転手に多くの会社の面接官が抱くイメージは、この人は厳しいトラック運転手の仕事を長期間耐えてきた根性がある優秀な人なんだろうなーと。

7.運送業界は人手不足だから、健康体の人なら誰でも入社できる。

運送業界の仕事は大変だーのイメージを持っている日本人が増加していることから、運送業界はかつてないほどの人手不足に陥っています。このような状況ですから、多くの運送会社は、体に病気をしていていない健康体の人に次から次へと自社の正社員の内定を出しています。

8.運送業界の実態を知ることができる。

運送業界で一度たりとも仕事をしたことがない人は、運送業界の内部構造や人間関係の詳細をしることがないまま自分の人生を終えることになってしまいますが、運送業界で一度でも仕事をしたことがある人は、運送業界の内部構造や人間関係の詳細を知ることができます。この、運送業界の内部構造や人間関係の詳細を知ることができれば、運送業界の話を友達にしてあげられます。

9.トラック運転手の仕事は以外にホワイト。

ベンチャー企業の営業職の場合、週一日休みで月収30万円の待遇で働かざるおえないこともありますが、トラック運転手の仕事は、週二日の休み保障で月収50万円の待遇で働くことができますから、多くの人が思っているよりはトラック運転手の仕事はホワイトです。

10.トラック運転手の世間の評判は高い。

非正規雇用者をしていると他人に言うと、[いつまでフリーターで遊んでいるつもりなんだ。しっかりしなよ。]の返答が帰ってきますが、トラック運転手をしていると他人に言うと、[トラック運転手の正社員やっているなんて、凄いですね。]の返答が帰ってきます。この一連の流れからしても、トラック運転手の世間の評判が高いのは明らかですね。
ドラピタ

ドラピタ

デコトラの現在。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
デコトラは、自分の好みに応じたデザインをトラックに施せるため、俺だけのオリジナリティー抜群なトラックに乗りたいといった思いを持っているトラック運転手がこぞって、デコトラに乗っていました。そんなデコトラを乗り回しているトラック運転手が世の中にあふれていた時代もありましたが、2018年現在では、デコトラのトラック運転手とは取引を中止する会社の増加していることから、街中でデコトラを見かけることがほとんどなくなりました。このような状況下でも、デコトラのトラック運転手可のトラック運転手の正社員募集の求人はありますから、デコトラに乗りたい人は、デコトラに乗る夢を諦めないで欲しいですね。今回は、デコトラの現在に触れていきます。

2018年現在 デコトラに乗る人を見かけなくなった理由。

1.大型トラックをデコレーションするよりも、貯金をしたい思いを持つトラック運転手の増加。

大型トラックを完璧にデコレーションすると、30万円~50万円のお金がかかってしまいますから、貯金をして将来に備えたい気持ちを持っている大型トラック運転手は身銭を切ってまで、自分の大型トラックをデコレーションしません。ですが、デコトラを毎日運転すれば、トラックの運転作業のやる気もアップしますから、大型トラック運転手の仕事が楽しくてしかたなくなるはずです。

2.デコトラに乗って、誰よりも目立つのがいやなトラック運転手の増加。

デコトラに乗っていると、第三者の人にあの人、超派手なデコトラに乗っているーと、指を指されることがあることがありますから、目立ちたくない気持ちが強いトラック運転手の多くはデコトラに乗ることはしません。ですが、デコトラがきっかけで、多くの人とつながれる可能性もありますから、デコトラに乗ることにもいい面はたくさんありますね。

3.大型トラックしか、デコトラは似合わないから。

2トントラックや4トントラックをデコトラにしても、インパクトに欠けてしまうことから、2トントラック運転手や4トントラック運転手は、自分の2トントラックや4トントラックをデコトラにしません。また、2トントラック運転手や4トントラック運転手の給料は、大型トラック運転手の給料にくらべると低いため、多くの2トントラック運転手や4トントラック運転手は自分のトラックをデコレーションする費用を捻出できません。

4. デコトラに乗ることを禁止しているトラック運送会社が多い。

デコトラ=巣行が悪いDQNだという風潮が世の中に蔓延していることを考慮し、多くの取引先はデコトラは禁止と定めていますから、多くのトラック運送会社は、自社のトラック運転手がデコトラに乗ることを禁止しています。このような状況下でも、デコトラに乗ってよしと定めているトラック運送会社は存在していますから、どうしてもデコトラに乗りたい人は、デコトラOKのトラック運送会社に就職するようにしよう。

5.自分のデコトラが車検に通らないから。

デコトラ=改造された違法な車と判断されてしまうことが多いですから、自分のデコトラが車検を通過することができないことは頻繁にあります。このような状態に陥りたくないトラック運転手の多くは、デコトラに乗らない選択をせざるおえません。

6.自動車が好きなトラック運転手の減少。

多くの人は、自動車が好きだからトラック運転手を行うのではなく、お金がたくさん稼げるからトラック運転手の仕事をしています。このような現状にあるトラック業界ですから、自腹を切ってまで、デコトラに乗るもの好きは減少しています。

7.デコトラの運転は危険。

デコトラに備え付けたパーツが落ちて、事故を引き起こす可能性も0ではないですから、無事故第一を目指すトラック運送会社からデコトラは敬遠されています。このような現状を打ち破るには、個人事業主のトラック運転手になるか、デコトラOKのトラック運送会社のトラック運転手になるしかありません。

2018年現在、デコトラに乗りたい人が取るべき選択肢。

1.自分専用の大型トラックを自費で購入して、大型トラックをデコレーションする。

会社から貸与される大型トラックを自費で購入して、大型トラックをデコトラに変貌させ、プライベートでデコトラの運転を行えば、誰からも文句を言われません。この選択を取れる人は、一部のお金が有り余っている人しかできないですから、多くのデコトラ好きには、まねできない芸当といえます。

2.個人事業主のトラック運転手になる。

個人事業主のトラック運転手になれば、会社からトラックのデザインに関して、ああだこーだいわれることがなくなり、自分の大好きなデコトラに乗って、トラック運転手の仕事を行うことができちゃいます。ですが、個人事業主のトラック運転手は、大手トラック運送会社のトラック運転手ほど給与を得られませんから、お金が欲しい人は大手トラック運送会社のトラック運転手になることをおすすめします。

3.デコトラOKのトラック運送会社を設立する。

デコトラOKのトラック運送会社を設立をすれば、自社の従業員と社長の自分の両方がデコトラの運転を行うことでき、デコトラを仕事で運転することができない問題のすべてを解決することができます。ですが、多くのトラック運送会社の取引先はデコトラは禁止と定めていますから、デコトラOKのトラック運送会社を設立することは、現実的な選択肢とはいえないね。

4.デコトラに乗ること自体を諦めよう。

デコトラに乗りたいと思うから、デコトラに乗ることができない現状を悔やむことになるのですから、デコトラに乗ること自体を諦めてしまえば、デコトラに乗ることができない現状に悩むことがなくなります。ですが、デコトラに乗る夢がなくなってしまうと、日々トラック運転手の仕事に精進できなくなってしまう問題点がでてきてしまいますね。

5.トラック運転手→自動車をデコレーションする仕事に転職しよう。

トラック運転手から自動車をデコレーションをする仕事に転職すれば、毎日デコ車やデコトラと触れ合うことができます。ですが、デコトラの良い部分は、デコトラを運転してこそ見えてきますから、デコトラを作っても、デコトラに乗りまわしたい欲求が満たされることにはなりません。

終わりに、

デコトラの今後はどうなる?

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバーの実態。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
タクシードライバーの仕事に対する一般人のイメージは、タクシーを一日中運転しないといけない過酷な仕事であまり就きたくないものとなっていますから、タクシードライバーの仕事は常に人手不足の状況は継続中です。ですが、実際のタクシードライバーの仕事は、3時間~4時間ほどタクシーを運転して、残りの時間はタクシーの中で待機するものとなっていますから、タクシードライバーの仕事は多くの一般人が思うほど大変なものではありません。今回は、タクシードライバーの実態に触れていきます。

タクシードライバーの正社員は、就職しやすい。

タクシードライバーの職に対する偏見を持つ人が多いことから、タクシードライバーの正社員の求人に応募する人の数が少なくなっているので、タクシードライバーの正社員の就職難易度は低い。そのことを知っている人の多くは、就職難易度が高い大企業の採用面接を受ける無駄なことをやめて、就職難易度が低いタクシー会社の採用面接を受ける選択をして、月収50万円以上稼ぐタクシードライバーになっています。ですが、タクシードライバー業界は厳しい世界ですから、お客様をGETできないタクシードライバーは月収18万円~月収20万円の給与しか得られません。

タクシードライバーの正社員の仕事は楽しい。

タクシードライバーの正社員になれば、自分のペースで仕事を行うことや自分が一度も行ったことがない観光地にいけたりすることやお客様からありがとうの一言をもらえることや様々な業界の人との会話を楽しめることや家族や友人からタクシードライバーの仕事をがんばれと応援されるなどの楽しみがあり、とても楽しいワークライフを送ることができます。これらの楽しみがタクシードライバーの仕事にあることを知らずに、タクシードライバーの仕事に就くことを避けていることは、人生の楽しみを体感する機会を失っていることになりますから、人生の楽しみを誰よりも知りたい人は、タクシードライバーの仕事を選択肢にいれよう。

タクシードライバーの仕事は、車の運転が好きな人にぴったし。

自動車の運転をすることで、心のストレスが解消される人は、長時間タクシー(自動車)を運転することで、かつてないほどの仕事の充実感と心の安定を手にすることできますから、タクシードライバーの仕事に就くことをおすすめします。逆に、自動車の運転をすることで、心のストレスが増加してしまう人は、長時間タクシー(タクシー)を運転することで、かつてないほどの仕事がつまらない気持ちと精神的な苦痛の両方を味わうことになりますから、タクシードライバーの仕事に就くことをおすすめしません。

タクシードライバーの仕事は底辺ではない。

タクシードライバーの仕事をしたことはない人の多くは、タクシードライバーの仕事はなんか底辺っぽいからタクシードライバーになりたくないと思い、タクシードライバーの仕事に就くことを避けます。そのタクシードライバーの仕事をしたことがない人の多くの思いを裏切る形で、実際のタクシードライバーは、年間休日120日と月収30万円~50万円の給与と年二回以上の賞与の待遇を得ています。

タクシードライバーの採用面接をクリアするには?。

タクシードライバーの採用面接をクリアするには、自分がコミュニケーションが抜群で、自動車の運転スキルが抜群で、仕事を毎日まじめにこなす人間であるということをタクシー会社の面接官に、的確に伝えられれば良いのです。ですが、タクシー会社の面接官も人間ですから、どんなに優れた人間でも自分が気に入らない人は不採用にしてしまうことがあるので、注意が必要です。

タクシードライバーの経済状況。

1.大手タクシー会社所属のタクシードライバー

大手タクシー会社所属のタクシードライバーとして活躍している人の多くは、月収35万円~月収50万円と年二回以上の賞与を得ていますから、経済的な豊かな状態にあります。ですが、大手タクシー会社所属のタクシードライバーでも、仕事で結果を出せなければ、月収18万円どまりになってしまう現実があることを決して忘れていはいけません。また、大手タクシー会社がつぶれる可能性はほとんどないので、長期間タクシードライバーとして働けます。

2.中堅タクシー会社所属のタクシードライバー

中堅タクシー会社所属のタクシードライバーとして活躍している人の多くは、月収30万円~月収50万円と年一回以上の賞与を得ていますから、世間一般でいう勝ち組サラリーマン同様の給与を得ています。また、中堅タクシー会社所属のタクシードライバーも大手タクシー会社同様、仕事で結果を出せなければ、月収18万円しか稼げないことを決してわすれてはいけません。

3.弱小タクシー会社所属のタクシードライバー

弱小タクシー会社所属のタクシードライバーとして活躍している人の多くは、月収20万円~月収40万円と賞与なしの待遇をえていますから、世間一般でいうベンチャー企業と同じ給与を得ています。また、弱小タクシー会社所属のタクシードライバーとして仕事で結果を出すことができなければ、タクシードライバーを首になる前に、弱小タクシー会社がつぶれてしまいます。

タクシードライバーの労働環境。

1.一日18時間~22時間労働と月18日~19日休み。

タクシードライバーの多くは、一日18時間~22時間の長期間労働をこなすスタイルで、一ヶ月の休みは18日~19日ほどあります。この勤務形態のおかげで、多くのタクシードライバーは、家族や友人と長期の旅行に行くことができたり、長期労働で溜まった体の疲れを体から抜き取ることができています。

2.一日8時間労働と月10日の休み。

タクシードライバーの多くは、一日8時間~9時間の労働をこなすスタイルで、一ヶ月の休みは10日ほどあります。この勤務形態のおかげで、多くのタクシードライバーは、肉体的な疲れと精神的なストレスを溜め込むことなく、毎日フレッシュな精神で仕事に打ち込むことができています。

ドラピタ

ドラピタ

トラック運転手の実態。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手の仕事に多くの人が抱くイメージは、トラック運転手は労働時間が長く、月収20万円と簿給で年間休日100日の大変な仕事となっていて、あまりトラック運転手の仕事に良いイメージを持っている人がいません。そんなトラック運転手の実態は、トラック運転手の労働時間は8時間~12時間の間に抑えられていて、月収25万円~月収100万円の給与の圧待遇で年間休日110日以上のワークライフバランスが抜群お仕事となっています。ですが、トラック運転手の仕事がワークライフバランス抜群な仕事といっても、アルバイトや派遣社員の仕事のほうが年間休日が多かったりします。今回はトラック運転手の実態に触れていきます。

トラック運転手は過酷だの世間の声に惑わされてはいけない。

トラック運転手は過酷そうだから、トラック運転手の正社員になるのを辞めておこうという選択肢をすると、高確率でトラック運転手になっておけばよかったと思うことになりますから、俺がトラック運転手になりたいと思ったなら、他人のトラック運転手は過酷だという声を無視して、トラック運転手の正社員になるべきです。その理由は、どんなに労働時間が短い仕事でも、仕事内容がいやなことであれば、仕事が長続きしませんし、どんなに労働時間が長い仕事でも、仕事内容が好きなことであれば、仕事が長続きするから。

トラック運転手の仕事は楽しいことがいっぱい。

トラック運転手の正社員になれば、大好きなトラックを自分好みにデコレーションすることや自分の行きたい土地に何度でもいけることや多くの人と会話する機会が増えるなどの楽しみがあり、とっても楽しいワークライフを送ることができます。これらの楽しみがトラック運転手の仕事にあることを知らずに、トラック運転手の仕事に就くことを避けていることは、人生を楽しむ上での機会損失になり得ますから、人生を思いっきり楽しみたい人はトラック運転手を仕事の選択肢にいれるべきです。

自動車の運転を長時間行うことにストレスを感じない人はトラック運転手の仕事が向いている。

自動車の運転を長時間行うことにストレスが感じない人は、長時間トラック(大きな自動車)を運転しても、精神的なストレスや肉体的な疲れをあまり感じることがないことから、トラック運転手の仕事に向いています。逆に、自動車の運転を長時間行うことにストレスを感じる人は、長時間トラック(大きな自動車)を運転するすると、精神的なストレスや肉体的な疲れを大きく感じることになることから、トラック運転手の仕事にむいていません。

トラック運転手は底辺だという大きな勘違い。

日本人の多くは、今の仕事に就けている俺が底辺なはずがない、トラック運転手やタクシードライバーのほうが底辺だと思うことで、私的な劣等感を薄めようとしています。その多くの日本人の思いを裏切る形で、実際のトラック運転手やタクシードライバーは月収25万円~月収50万円稼ぐことができる現実が存在しています。

トラック運転手の経済的な状況。

1.大型トラック運転手の経済状況。

給与が低い運送会社の大型トラック運転手でも、最低月収28万円が保障されているし、給与が高い運送会社の大型トラック運転手は月収25万円~月収50万円の給与を得ていますから、大型トラック運転手は、その他トラック運転手よりも、経済的に豊かな状況におかれています。ですが、大型トラック運転手は多額の給与を得る代わりに、一日12時間以上大型トラックを運転しなければならないので、楽な仕事とはいえません。

2.4トントラック運転手の経済状況。

4トントラック運転手は、労働時間が一日10時間と年間休日110日が保障されている代わりに、給与が月収25万円程しか得ることができず、お金を稼ぎたい人には不向きな仕事となっています。この4トントラック運転手は、プライベートを充実させ安い仕事だというのに、トラック運転手の仕事は大変のイメージを持っている日本人が多いことが影響して、4トントラック運転手は人手不足状態に陥っていますから、4トントラック運転手の正社員になるのは容易となっています。

3.2トントラック運転手の経済状況

二トントラック運転手は、労働時間が一日8時間と年間休日124日が保障されている代わりに、給与が月収20万円ほどしか得られず、家族を養わなければいけない人からの人気がない仕事となっています。この2トントラック運転手の仕事にかっこいい仕事のイメージを持っている人が少ないことが影響して、2トントラック運転手は人手不足状態になっていますから、2トントラックの正社員になるのはあまり難しいことではありません。

トラック運転手の労働環境。

1.大型トラック運転手の労働環境

大型トラック運転手は、一日に12時間~15時間のトラックの運転を月に20回こなす労働環境になっていますから、一日沢山働いて休日沢山遊びたい人にぴったしな仕事です。それに、大型トラック運転手は、労働時間が長い代わりに、普通の職業では考えられない程の高額な給与を得られますから、多少の労働の時間の長さを気にしていない大型トラック運転ばかりです。

2.4トントラック運転手の労働環境。

4トントラック運転手は、一日10時間のトラックの運転を月に22回こなす労働環境になっていますから、仕事よりも趣味や恋人とのデートを満喫したい人にぴったしな仕事です。この4トントラック運転手の世間からの評価は、まじめに仕事をしている優秀な人になっていますから、4トントラック運転手は世間体を気にしてしまう人にもぴったりなお仕事ですね。

3. 2トントラック運転手の労働環境

2トントラック運転手は、一日8時間のトラックの運転を月に22回こなす労働環境になっていますから、長時間の労働に慣れていない人にぴったしなお仕事になっています。この2トントラック運転手は、大好きな2トントラックの運転を適度な時間行えますから、自動車の運転を適度に行うことが大好きな人に適したお仕事になっています。

終わりに

トラック運転手になろう。

ドラピタ

ドラピタ

トラック運転手がかっこいい理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
特に、大型トラック運転手は、人智を超えた大きさを誇る大型トラックを華麗に操縦することができることから、大型トラック運転手=かっこいいトラックの運転手の人であるイメージが多くの人に定着しています。それ以外にも、大型トラック運転手は、年収500万円~年収700万円稼げる仕事であることを多くのひとに知られていることから、大型トラック運転手=高年収でリッチでかっこいい人であるイメージが多くの人に定着しています。

4トントラック運転手は、かっこいいというよりかは、一日8時間~10時間労働かつ年間休日110日以上のワークライフバランスが抜群な環境で働ける仕事であるイメージが多く人に定着しています。それ以外にも、4トントラック運転手は、年収350万円~年収450万円稼げる仕事であることを多くの人に知られていることから、4トントラック運転手=手堅く稼げる仕事であるイメージが多くの人に定着しています。

2トントラック運転手は、かっこいいイメージがあまりなく、月収20万円と一日8時間と年間休日120日以上の三種の神器を揃えている仕事であるイメージが多くの人に定着しています。それ以外にも、2トントラック運転手は、普通自動車免許オンリーでなれる仕事ですから、自動車を運転する仕事に就きたい人の人気が高いものとなっていますね。今回は、トラック運転手の仕事はかっこいい理由10選に触れていきますね。

1.大型トラック運転手は月収50万円以上稼げる仕事だから。

大型トラック運転手は、労働時間が多少長く大変仕事なだけあって、月収50万円以上の所得を得られます。また、世間では、月収50万円稼げる人は自立したかっこいいビジネスマンという扱いを受けていますから、月収50万円以上稼ぐ大型トラック運転手はかっこいい仕事である評価を受けています。ですが、月収50万円稼ぐことにあぐらをかいて、人を小馬鹿にしているトラック運転手はあまりかっこよくないですね。

2.大型トラックを華麗に操縦している大型トラック運転手はかっこいい。

普通の人は、普通の大きさの自動車を運転するだけでもとても苦労するのに、大型トラック運転手は、操縦難易度が高い大型トラック運転手を華麗に操縦します。その様子を見た多くの人は、大型トラックを運転する大型トラック運転手はかっこいいなあという印象を持ちます。ですが、大型トラック運転手の仕事は労働時間が長いですから、楽な仕事ではないことを頭の片隅においておきましょう。

3.トラック運転手は、日本経済を回している一員。

トラック運転手がいなければ、日本のスーパーやコンビニに商品が並ぶこともないし、インターネットで買い物を行うこともできませんから、トラック運転手は日本経済を回す上で必要不可欠な存在です。この日本経済を回す存在のトラック運転手をかっこいいと思っていない人は日本には存在しませんから、少しでもかっこいい男になりたい気持ちをお持ちの人はトラック運転手になることをおすすめします。

4.日本には、自動車を運転する仕事がかっこいい風潮がある。

日本には、自動車を運転する仕事がかっこいい風潮があるから、タクシードライバーやトラック運転手や自動車を運転する営業マンはかっこいい印象を持たれています。ですが、自動車を運転する仕事に就くには、普通自動車第一種免許の所持と自動車を乗りこなせるスキルと必要最低限のコミュ力が必要ですから、能力が低い人は自動車を運転する仕事に就くことができません。

5.日本には、正社員雇用で働いている人は、かっこいい大人である風潮がある。

日本には、正社員雇用で働いている人はかっこいいと言う風潮があるから、大型トラック運転手の正社員や中型トラック運転手の正社員やニトントラック運転手の正社員は、世間からかっこいい仕事と思われています。それに、運送業界の正社員は、高月収と年二回の賞与をいただける仕事ですから、収入的も恵まれている仕事です。

6.トラック運転手は、体力を結構使う仕事だから。

トラック運転手の正社員として、毎日体力を使うトラックの運転業務を行っているうちに、仕事をスムーズにこなす体力と仕事の理不尽に耐えうる根性を身につけることができます。この2つの性質を備え付けることで、自分の顔にも自信が現れ、かっこいいオーラをまとったトラック運転手になれます。

7.トラック運転手は優しい人が多いから。

トラック運転手という大変な部類にはいる仕事をあえて行い、日本経済を回していこうという気概をもっている多くの人は、誰に対しても同じ態度で接する優しい人が多いです。

8.トラック運転手の人脈はすごい。

トラック運転手は、多くの取引先に商品を送り届ける仕事ですから、事務職や人事職では考えられない数の人脈を構築することができます。このトラック運転手の仕事で培った人脈を生かして、今までにないビジネスで大きな成功を収めている元トラック運転手はたくさんいます。

9.トラック運転手の仕事は楽しい。

トラック運転手の仕事は、大好きなトラックを朝から晩まで運転できますから、トラックの運転が大好きな人からしたらトラック運転手の仕事は楽しくて仕方がない仕事となっています。ですが、トラックの運転が嫌いな人が、トラック運転手の仕事に就くと苦痛を感じることになりますから、トラックの運転が嫌いな人は、トラックを運転する機会がない仕事に就くことが無難です。

10.年収500万円以上稼いで、妻と子供を食わせている大型トラック運転手はかっこいい。

年収500万円以上稼いでいる大型トラック運転手が、妻と子供を食わせていることを想像するだけで、家族のために一生懸命仕事をしている大型トラック運転手はかっこいいなという感情をもつ人は多いハズ。よって、大型トラック運転手はかっこいい。

ドラピタ

ドラピタ

コミュ二ケーション能力が高い人にピッタリな職業20選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
コミュ二ケーション能力が高い人は、室内で単純作業を繰り返す仕事よりも、外の世界で多くの人と接する機会が多い仕事をするほうが、やりがいと多くの人脈と多額の給与を得られます。逆に、コミュ二ケーション能力が低い人は、人と関わる機会が多い仕事をすることをするよりも、人と関わる機会が少ない仕事をするほうが、精神的な幸せを得られます。今回は、コミュ二ケーション能力が高い人にピッタリな職業20選に触れていきます。

1.フルコミッションの営業職

フルコミッションの営業職は、誰とでも仲良くなれるコミュニケーション能力を所持していれば、月収100万円~月収2000万円稼ぐことができる魅力的なお仕事となっています。ですが、フルコミッションの営業職は、契約を取ることができなければ、いつまでたっても給与が0のままですから、己の営業スキルに確固たる自信がない人以外はフルコミの営業マンにならないほうが良いです。

2.保険の営業職

保険の営業職は、保険の魅力を日本に住んでいる人に伝える見返りに、月収50万円~月収1000万円の給与を得ることができる魅力的なお仕事となっています。ですが、保険の営業職は、保険の魅力をお客様に的確に伝えられなければ、いつまでたっても保険の契約をGETすることができず、微々たる給与しかもらえない現実に直面することがありますから、コミュニケーション能力が低い人は、保険の営業職に就くことを辞めておきましょう。

3.テレアポの営業職。

テレアポの営業職は、電話で自社の商品の魅力をお客様に伝えることを一日100回以上繰り返すことで、月収20万円~月収100万円の給与を得ることができる魅力抜群のお仕事となっています。ですが、テレアポの営業職のお客様の評判はあまりいいものではなく、にちゃんねるの掲示板でやブログで、あの会社のテレアポの電話がしつこいといった内容のことを頻繁にかかれてしまいます。

4.テレフォンオペレーター

テレフォンオペレーターは、自社の商品の使い方や自社の商品に対する批判の内容の電話をお客様から100回以上もらうことで、月収20万円~月収40万円の給与を得ることができる魅力的なお仕事となっています。ですが、テレフォンオペレーターの仕事で、毎日お客様から誹謗中傷の言葉を浴びせられると、精神的に参ってきますから、精神力が弱い人はテレフォンオペレーターの仕事を避けるのが最適ですね。

5.服のショップ店員

服のショップ店員は、スタイリッシュでクールなデザインの服やジーパンをお客様に販売することで、月収20万円~月収100万円の給与を得ることができる魅力的なお仕事となっています。ですが、服のショップ店員のお仕事は、丁寧な対応と仕事中立ちっぱなしですから、楽してお金を稼ぎたい気持ちが強い人には、ショップ店員のお仕事に就くことはおすすめしません。

6.携帯電話のショップ店員

携帯電話のショップ店員は、お客様に機種の使い方を伝授したり、お客様に携帯電話の利用料金の説明をしたり、お客様の携帯電話の契約をするなどして、月収23万円~月収30万円の給与を得ています。ですが、携帯電話のショップ店員の仕事内容は、とてつもなく大変の割に、月収20万円程度しかいただけないですから、コストパフォーマンス的にあまり良き仕事とは言えないでしょう。

7.人気飲食店の正社員

人気飲食店の正社員は、お客様に丁寧な接客をしたり、お客様の食べる料理を作ったり、お客様のレジの会計をしたり、店舗の清掃作業をするなどして、月収24万円~月収50万円の給与を得ています。ですが、人気飲食店の正社員の仕事内容は、他の仕事と比べても大変で、拘束時間も長いですから、心の底から食に関わる仕事がしたいとおもっていないと、人気飲食店の正社員の仕事は勤まりません。

8.釣具屋の正社員

釣具屋の正社員は、釣具に必要な釣り竿や餌をお客様に販売したり、お客様に釣りの知識を伝授したり、お客様の話の相手をしたり、釣具の品出し作業をするなどして月収20万円ほどの給与を得ています。ですが、釣具屋の正社員は、給料が安い割に、やることがとても多い仕事ですから、効率よくお金を稼ぎたいと思っている人に.釣具屋の正社員のお仕事は向いていません。

9.タクシードライバーの正社員

タクシードライバーの正社員は、お客様の行きたい場所に、タクシーでお客様を移動させることをすることで、月収25万円~月収50万円の給与を得ています。このタクシードライバーの正社員は、若者の人手不足状態が続いていますから、20代のフレッシュな若者であれば、容易にタクシードライバーの正社員になることができます。

10.人事職の正社員

人事職の正社員は、自社の社員の採用業務である採用面接を行うことで、月収25万円~月収30万円の給与を得ています。この人事職の正社員は、仕事がそんなに大変でないことから、多くの求職者が殺到する職種となっているので、かなり競争率が高い職種となっています。ですが、人事職は、営業職のように月収100万円稼げることはありませんから、お金をガッツリ稼ぎたいなと思っている人は、不動産の営業職や保険の営業職につくことをおすすめします。

11.ホテルのフロントの正社員

ホテルのフロントの正社員は、ホテルを利用するお客様のチェックインとチェックアウトの対応をすることで、月収20万円~月収50万円の給与をえています。このホテルのフロントの正社員は、多くのお客様を不快な気持ちに接客をさせない対応が求められる仕事となっていますから、必要最低限の容姿と必要最低限のコミュニケーション能力は必須となっていますね。

12.スーパーマーケット勤務の正社員

スーパーマーケット勤務の正社員は、レジや品出しのアルバイトの人に的確な指示を出すことやスーパーの商品の発注業務の両方を行うことで、月収20万円~月収30万円の給与をえています。このスーパーマーケットの正社員は、営業マンのように仕事で結果を出さなくても良いですから、自分のペースでまったりと仕事に打ち込むことができる仕事となっています。ですが、スーパーマーケット勤務の正社員は、年功序列の昇進システムを採用しているため、早く昇進したい欲が強い人にはあまりおすすめできません。

13.トラック運転手

トラック運転手の正社員は、取引先の人と円滑なコミュケーションを取る必要がありますから、コミュ二ケーション能力が高い人に適した仕事といえます。また、トラック運転手は、トラックを長時間運転することが必須となっている仕事ですから、トラックの運転が三度の飯より好きだという人にも向いていますね。

14.医者

医者は、クリニックを訪れるお客様の悩みを解決するために、円滑なコミュニーケーションを取らなければ行けない仕事ですから、人とコミュニケーションを取ることが苦にならない人に適した仕事といえます。この医者になるには、難関医学部の大学入試を突破し、難関医学部大学を卒業し、医師国家試験もクリアしなければいけないので、医者になる難易度は相当高いです。

15.事務職

事務職はコミュニケーション能力があまり必要ではないと思われる仕事とされていますが、事務職は職場で働いている仲間と上司達と円滑なコミュニケーションを取る必要があるため、事務職はコミュ二ケーション能力が高い人にぴったりな仕事といえます。この事務職の仕事は、あまり大変ではない仕事だという認識を多く持っている人が多くいることから、有効求人倍率が0.7倍となっていて、事務職の仕事に就く難易度はかなり高いです。

16.市役所の公務員

市役所の公務員は、毎日日本国民と円滑なコミュニケーションを取る必要がある仕事ですから、コミュニケーションを人と取るスキルに長けている人は公務員の仕事に就くことをおすすめします。ですが、市役所の公務員は、安定志向を持っている人から根強い人気がある仕事となっていますから、市役所の公務員の採用試験を突破することはとても難しいですね。

17.警察官

警察官は、日本を不安に陥れる者たちや日本在住の市民や日本在住の外国人と円滑なコミュニケーションを取ることが必須となっている仕事ですから、誰とでも親しくなれる特殊なスキルをもっている人は、警察官になることをおすすめします。ですが、警察官の仕事は、給与はソコソコ高いメリットがある代わりに、休みが不定期であるデメリットを抱えています。

18.自衛隊員。

自衛隊員は、自衛隊の基地の先輩や同僚とスムーズなコミュニケーションを取ることが求められている仕事ですから、コミュ力と体力に自信がある人は自衛隊員になることをおすすめします。ですが、コミュ力と体力に自信がない人が自衛隊員になってしまうと、自衛隊の仕事についていけず、自衛隊の仕事をやめてしまう末路をたどることになるので、注意が必要ですね。

19.ウェブメディアの運営。

ウェブメディアの運営は、自社のウェブメディアに記事を投稿してくれる人と円滑なコミュニケーションをとることが必須ですから、必要最低限のコミュニケーション能力がある人は、ウェブメディアの運営仕事をすることをおすすめします。もちろん、自分で書いた記事のみで、ウェブメディアを運営することができますから、コミュニケーションを取ることが苦手な人にもウェブメディア運営はおすすめできる仕事です。

20.美容師

美容師は、お客様の望む髪形を再現するために、お客様と円滑なコミュニケーションをとることが必須ですから、人と話すことが大好きな人は、美容師になることをおすすめします。ですが、美容師は、年間休日が少なく、長時間勤務の仕事になっていますから、心の底から美容師の仕事が好きな人以外は3年ほどで美容師で辞めてしまうことが多いみたいです。


ドラピタ

ドラピタ