トラックマン

トラック専門サイト

物流

物流・運送業界のデジタル化に向けた課題と取り組み

アナログトラックドライバーが勤める物流・運送業界は、昔ながらの慣習による古いやり方がまだまだ残っていると言われています。何しろ物流・運送業界は仕事量が激増している割りに労働力が伸び悩んでいて、なかなか仕事の効率化、すなわちデジタル化が進ま…

トラックドライバーのタイパ

時間の無駄は避けたいタイパは大切です。 仕事、特に会社勤務は、アナログからデジタルに大きく変容を遂げた現代社会においても、先輩たちが長年積み上げてきた古い慣習がまかり通り、とにかくタイパが悪いのです。 新入社員の歓迎会だの新年会、忘年会、打…

トラックドライバーの不合理な真実

正しい者は必ず勝つ世の中は決して平等ではありませんし、公平でもありません。 正しい者が必ず勝つとも限りません。 しかし、「正しい者が必ず勝つ」と信じることは大切です。そういう信念があれば、苦しいときにもあきらめずに続けることができ、結果とし…

トラックドライバーのための労働環境改善

環境活動多くの業界で「労働環境の改善」が大きなテーマになっています。 昭和の昔には「24時間戦う」企業戦士なるものが、社会に出て働く者のあるべき姿だなんて言われていました。しかし、その後、ワーク・ライフ・バランスという言葉が広まり、「人生って…

もしも、こんな風に思うならトラックドライバーになろう

「今日の晩に何を食べようか?」人生は選択の連続です。 今日の晩ご飯に何を食べるのかを決めるのも重要な選択です。 職業の選択も大切です。中には、あまり深く考えずに仕事を決め、イキイキと仕事をして充実した日々を送る人もいます。熟考に熟考を重ね、…

トラックドライバー不足を改善する短絡的な方法

とんでもないこと近年、「トラックドライバーは長時間労動で激務」という印象が多くの労働者に根付いていることが影響してトラックドライバー不足が続いていると、まこしやかに言われています。 単にそう言うと、いかにも皆がトラックドライバーという職業を…

トラックドライバーは消えゆく職業なのか

消えゆくトラックドライバーの人手不足が続いているにも関わらず、ネットショッピングの普及もあって物量の量は増大の一途をたどり、世は麻のごとく乱れ、トラックの自動運転システムの開発が進められています。 トラックドライバーが足りないから自動運転シ…

トラックドライバーの仕事を簡単にひと言でまとめると

人気人々の生活や企業の経済活動が廃れない限り、なくなることがないのが物流業界で、その最先端で活躍するトラックドライバーの仕事は、今や人気職業となって飛ぶ鳥を落としているとか、いないとか言われています。 1. こんなにおいしい仕事はない トラック…

2024年問題解決!トラックドライバーの労働制限対抗策

2024年2024年問題とは、2024年4月からトラックドライバーの時間外労働が月間45時間、年間960時間に制限されることで起こるいろいろな問題のことです。 時間外労働とは、1日8時間、1週40時間という法定労働時間を超える労働時間のことです。 つまり、2024年4…

娘からの衝撃の告白! ひとり娘がトラックドライバーと結婚したいと言い出したときに止める方法

会ってほしい人ある日、可愛いひとり娘が「会ってほしい人がいるの」と言い出します。嫌な予感がします。 そんな動揺を悟られないように、努めて冷静を装い「どんな人?」と尋ねます。すると娘は「トラックドライバー」と答えます。 さあ、どうしましょう。 …

トラックドライバーに将来性はないのか

安定した人生せっかく就職するのだから、その職業に就くことでその後の人生を安定したものにしたいと、多くの人は考えます。 新しい業界に入り、2~3年して仕事を覚えたと思ったらまた別の業界に移り、イチから仕事を覚え始め、また移り、なんてことを繰り返…

世界のトラックドライバー

ドライバー「ところ変われば品変わる」という言葉があります。たとえ同じ日本という国の中でも、土地が違えば、風俗・習慣も結構違うということです。珍問、奇問に大疑問、解ければ楽しパラダイスなのです。 荷を運ぶ物流の仕事は、当然世界各国に存在します…

トラックドライバーの社会貢献

チョモランマトラックドライバーは荷を運ぶことで人々の生活や企業の経済活動などを支える、社会貢献度がチョモランマ級に高い仕事だと言われています。 「利益を社会に還元すること」は、トラックドライバーに限らず、あらゆる職業、あらゆる会社に課せられ…

トラックドライバーには若いうちになっておけと言われる理由

若いうちの苦労「若いうちの苦労は買ってでもせよ」なんて言葉があります。そんなことを言ったのは、絶対に若い人ではないはずです。 ある程度年齢を重ねた人が、若いときを振り返ってみて「そういやあんな苦労、こんな苦労、いろいろ経験したな。しかし、そ…

トラックドライバーは50代ではまだまだ若手

シニア社員近年、定年後再雇用、定年延長などで、会社勤務で活躍する60代は決して珍しくありません。 昭和の昔は55歳が定年だったなんて、なかなか信じられません。 それが今では、「50代なんてまだ若手だ」と言われる業界もあるとか、ないとか。 1. 若いな…

もしも、トラックドライバーが世間の悪いイメージ通りなら

広がるイメージ現実とイメージとはたいてい大きく違うものです。それだけ、人々のイメージというのは「当てにならない」わけです。 トラックドライバーは世間から良いイメージも持たれていますし、悪いイメージも持たれています。どちらも本当であり、どちら…

SF もしもトラックドライバーが倍増したら

異星人現る現在、日本でのトラックドライバーの人手不足はなかなか深刻だそうです。中には、すぐにでも物流が停滞し、スーパーなどに商品が並ばず、ネットショップでポチった商品もなかなか届かないようになると、警鐘を鳴らす人もいます。 それを「埒もない…