トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手

トラック運転手は1人で仕事が基本

1人でいるのは悪いことじゃないトラック運転手は基本的に1人で仕事を行います。中には、荷の積み下ろし要員や運転の交代要員として助手席にもう1人乗せていたり、または研修のために新人を乗せていたりすることもありますが、基本的には1人です。 そのため、…

一人親方というトラック運転手としての働き方

この業界ではありません一人親方、と言っても力士がいなくなって、親方1人だけになってしまった相撲部屋のことではありません。 労働者を雇わずに自分自身と家族などだけで事業を行う事業主のことで、建設業に多い「働き方」です。言ってみれば個人事業主の…

トラック運転手がほっこりする瞬間(とき)

ほっこりAIの発達、スマホやキャッシュレス化の普及など、生活はどんどん便利になってきています。効率化が進んでいます。自宅の明かりをつけたり消したりから、トイレットペーパーの買い足しまでも音声認識システムでできちゃう時代です。若くて健康なら明…

トラック運転手忍法帖

ninjaトラック運転手の仕事は荷を目的地まで運ぶことです。それも安全、迅速に運ばなければいけません。 シンプルで簡単そうに見えます。ただ運転してりゃいいように見えるからです。 「トラックを運転するだけで給料をもらえるんだから楽なもんだ」「簡単な…

1人の時間を大切にできる職業

人間がいっぱい 人口密度の濃い日本。どこに行っても人がいます。 もちろん、職場には口うるさい上司、口さがない先輩、開いた口がふさがらない同僚、口八丁な後輩、口角泡を飛ばす社長がいます。くわばら、くわばら。 日本で暮らすからには仕方ないのですが…

トラック運転手が繊細な理由

繊細さが必要な作業トラック運転手は「荒くれ者」というイメージで見られがちです。 これはいささか大げさと言うか、誇張されたイメージだと考えなければいけません。 確かにトラック運転手にはマッチョなタイプの人は多いかもしれません。車の運転はそれほ…

楽(そう)な仕事10選

座っているだけで多くの日本人は、仕事は辛くて楽しくないものであり、我が人生に不要なものであると思い込み、仕事を心の底から楽しむことができていません。それは誤った生活態度です。 仕事は人生の暇つぶしであり、最高に楽しい娯楽である、と言えます。…

ストレスの少ない(ように見える)職業

人間、生きていればストレスはつきものです。そしてストレスにはさまざまなタイプがあります。ノルマ達成へのプレッシャーによるストレス、守らなければいけない多くのルールによるストレス、欲求を満たせないことからのストレスなどです。 中でも、人間関係…

人々から尊敬される“べき”職業

感謝と尊敬今回は「人々から尊敬されるべき職業」を紹介します。厳密には「尊敬されるべき職業」と言うより「社会貢献度が高い職業」です。 と言うのも、どの職業も現実的にはそれほど人々から尊敬されていない悲しい現実があるからです。 これを言うとミも…

トラック運転手の安全対策

危険に立ち向かう消防士トラック運転手に限らず、すべての職業人にとって「安全」はとても重要です。「安全」こそ、職業人として仕事を進める上での大前提です。 火災現場に自ら飛び込む、一見危険を顧みないように見える消防士だって、万全の安全対策をして…

トラック運転手無頼帖

ガンマン無頼?トラック運転手は世間から「荒くれ者」とイメージされがちです。ただ、それは映画やドラマからのイメージで、現実はそんな1つのイメージで言い尽くせるものではありません。 そりゃ、トラック運転手にも「荒くれ者」風な人はいるかもしれませ…

トラック運転手に対する勝手なイメージ10選

トラック運転手と言うと、世間から「荒くれ者の仕事」「底辺職」だなどと、悪いイメージを抱かれがちです。 ですが、それは主に昭和からの、いわば負の遺産です。かの偉大な鈴木則文監督のせいとは言いませんが、昭和50年代に菅原文太がトラック運転手を演じ…

タフガイの仕事

‥有名な探偵小説に「男はタフでなければ生きていけない」というセリフが出てきます。知らない人は「なんだ、男の『俺は強いんだぞ』自慢か」と思うかもしれませんが、後に「優しくなければ生きる資格はない」と続きます。 強いばかりではだめで、優しさも兼…

トラック運転手紳士録

タクシー運転手が、乗せたお客の挙動がおかしかったことで警察に通報し、そのお客が実はオレオレ詐欺グループの1人だったと判明し、犯行を防止できた、なんてニュースがありました。 日ごろから社会貢献度の高い仕事をしているのに「底辺職」「他の仕事をで…

トラック運転手が仕事を辞めたいと思う瞬間(とき)

トラック運転手は「車の運転が好き」という人にとっては、その好きなことをしながら平均年収400万円前後を得られる「やればやっただけ稼げるおいしい仕事」であり、社内でのわずらわしい人間関係によるストレスもない「気ままな仕事」だと言えます。 「運転…

トラック運転手の仕事が必要な理由

とにかく運ぶコロナ騒動で、デマだったはずのトイレットペーパーの品薄が現実になりました。 トイレットペーパーは、なくなってはいなかったのです。でも、スーパーやドラッグストアなどの売り場から消えました。買占めに走った人が多くいたからですが、それ…

トラック運転手にありがちな話

トラック運転手にも会社によってさまざまな仕事があります。大型トラックで長距離を行くトラック運転手がいれば、毎日同じ地域の同じルートだけを回る2トントラックの運転手もいます。 とは言え、時間厳守で荷を運ぶプロドライバーとして、多くのトラック運…

トラック運転手に感謝すべきこと

これは感謝祭人間、感謝する気持ちが大切です。 人生はうまくいかないことや、不公平、不満、理不尽、不幸があふれています。そういうものです。 それで人はSNSなどで愚痴や他者への悪口雑言をまき散らします。ストレスが発散されます。 しかし、その日の最…

トラック運転手のNG行為

NGトラック運転手はプロドライバーとして安全運転を遵守しなければいけません。何よりもそれに尽きます。 その上で荷物を安全に、時間通りに目的地に届けます。そのためにトラック運転手として守らなければならないルールがたくさんあります。 トラック運転…

トラック運転手のテンションが上がる瞬間(とき)

トラック運転手の仕事にはメリットや魅力がたくさんあります。 もちろんデメリットや不満な点もそれなりにあります。デメリットや不満点がメリットや魅力を上回っていると感じる人は、なるはやで転職したほうが良いかもしれません。人生にはトラブルがつきも…

大型トラック運転手が他のトラック運転手と違う点

何も知らない世間の人たちは「トラック運転手」というと皆同じように考えてしまいがちですが、「営業マン」と言ってもさまざまなタイプがあるように、「ウルトラマンジード」にも「プリミティブ」やら「ソリッドバーニング」やら「アクロスマッシャー」やら…

トラック運転手イメージ向上作戦 その2

上を目指しますどうも職業ドライバーの仕事というのは、低く見られがちです。トラック運転手もそうです。困ったものです。 だからかどうか分かりませんが、トラック運転手は人手不足になっています。 トラック運転手の仕事は「勤務時間が長くて過酷」と思わ…

これが未来のトラック運転手の姿、かも

予想少子高齢化が止まらないこともあって多くの業界で人手不足が大きな課題になっています。トラック運転手もここのところ、なり手が激減し、高齢化が進んでいます。 このまま行けば、隣国や大国に攻撃されたり、侵略されたり、環境汚染で壊滅したり、温暖化…

トラック運転手の会社選びのポイント

トラック運転手の平均年収は大体350~486万円で、最大年収は約650万円とも言われ、「やればやっただけ稼げる仕事」にもなっています。 その上、仕事している間は基本的に1人で、隣にはヤボな上司も不埒な同僚もいません。多くのことが運転手自身の自己裁量に…

トラック運転手の気ままな空想 その2

空想上の生き物トラック運転手の仕事は、特に長距離のトラック運転手は「拘束時間が長い」と言われています。 長時間、運転席に座っているので、肉体的、精神的に疲労がたまりやすく、ストレス解消、疲労蓄積の回避のため、気持ちのリフレッシュが必要になり…

トラック運転手が事故りやすい原因

ほとんどの人が「事故なんて起こすまい」と思ってハンドルを握っています。トラック運転手も同じです。 あおり運転を非難されたり、あおり運転で逮捕された人だって、非難されて逮捕されたくてあおったわけではないはずです。 誰もが「事故なんて起こしたく…

トラック運転手の夢

男には夢があります。女にだってあります。トラック運転手にも、もちろん夢があります。 トラック運転手は「荒くれ男たちの仕事」とイメージされがちですが、実際はまじめで堅実な人たちが多いです。最近は女性のトラック運転手も、少しずつですが増えてきて…

トラック運転手が気をつけたい病気

トラック運転手にとって何よりも大切なのは「安全運転」です。 そして「安全運転」のために必要なのが健康管理です。健康管理はトラック運転手に限らず、タクシー運転手やバス運転手など、あらゆるプロドライバーにとっても必要です。 運転手は体調不良によ…

トラック運転手の気ままな空想

トラック運転手の仕事は、特に長距離のトラック運転手は「拘束時間が長い」と言われています。事実です。 3~4日、長いと1週間くらい自宅に帰れないこともあります。 もちろん、休憩ははさみますが、長時間運転します。はさむ休憩も、喫茶店でゆったり過ご…

トラック運転手に意外と多い「意外な事実」

おーまいがーネットやSNSなんかを眺めていると、本来「意外」と書くべきところを「以外」と書き間違えているのをよく発見します。皆さんも気をつけましょう。 それはそれとして「事実は小説より奇なり」なんて言います。 小説ってのは人が創作する物語なので…