トラックマン

トラック専門サイト

年収

若い人にトラックドライバーになってほしい理由

若さはみずみずしさ政府にも少子化対策大臣がいます。ということは、国家レベルで少子化を抑えようとしているはずですが、どうも本腰を入れて取り組んでいるようには見えません。少子化を抑えるには、もっと子どもが生まれるようになることが必要ですが、ど…

高収入のトラックドライバーとは

めくるめく世界トラックドライバーは月収30万円~月収80万円とも、年収400万円~年収700万円とも言われる、高給を稼げる職業です。給与は歩合制であることが多く、やればやるだけ稼げる仕事です。 その上、完全週休2日で年間休日110日という、ワーク・ライ…

トラックドライバーという仕事のメリット

やればやっただけ稼げる物事にはメリットとデメリットの両方があり、何をメリットと思い、何をデメリットと思うかも、個人個人の価値観によって違ってきます。 トラックドライバーの仕事は、給与が歩合制になっていることが多く、やればやっただけ稼げる仕事…

タクシードライバーになる、若さゆえのメリット

口やかましい昭和な上司サラリーマンの世界は、昔から年功序列でした。 つまり、大きな成果を上げれば出世もしますが、大きな成果を上げなくてもゆっくり昇進し、給料も徐々に上がっていくわけです。 一方、欧米は早めに実力主義を取り入れ、キャリアがなく…

トラック運転手の仕事が楽しい理由

多様性トラック運転手はここのところ人手不足が続いています。 トラック運転手の仕事が「拘束時間が長くて過酷」というイメージが広がっていることも、この人手不足の原因の1つになっているようです。 確かに拘束時間が長い仕事もトラック運転手にはありま…

気ままに(見えて)たくさん稼げる職業

気まま世の中には「座っているだけでチャリンチャリンとお金が入ってくる仕事」なんてものはありません。 しかし、ものは考えようです。そして考え方は人それぞれです。 多くの若い人がテレビタレントを見て「カメラの前で雑談しているだけでお金がもらえる…

トラックドライバーの給料事情

給料袋トラックドライバーという仕事は「やればやっただけ稼げる仕事」だなんてよく言われます。トラックドライバーの多くが歩合制で働いているので、よく言えばそうなります。悪く言えば「やらなきゃやらないだけ稼ぎの下がる仕事」ということになります。 …

誤解されがちなトラックドライバー

平和な日本ここのところトラックドライバーは人手不足が続いています。 トラックドライバーの仕事は過酷な割りに給料が少ないと思われているからです。ということは、たくさん給料を出せばこの問題は解消されるわけです。 そもそもトラックドライバーは物流…

トラックドライバーの不思議

芝生「他人の芝生は青く見える」なんて言うことわざがあります。「自分にはないけど、他人が持っているものはよく見えてしまう」といった意味です。 「うらやましい」というねたむ気持ちでしょうか。ただ、そうやってうらやんでも、実際に手に入れてみると、…

トラック運転手の採用面接でアピールすべきこと

面接トラック運転手はここのところ人手不足が続いています。 高齢化が進み、若者のなり手が減っています。 長距離のトラック運転手でも昔は可能だった年収1000万円を実現させるのが難しくなり、若い人にとってトラック運転手は魅力的とは言えない仕事になっ…

女性トラックドライバーと結婚しちゃいけない理由

結婚するなら 世の男性諸君! 女性トラックドライバーとは結婚してはいけません。 もちろん、例外もあるかもしれませんが、女性トラックドライバーと結婚した男性は、多くの不利益を被る可能性があります。 それでも、どうしても女性トラックドライバーと結…

女性トラックドライバーと結婚すべき理由

ウェディングドレスを着せたい相手は‥職業だけが結婚を決める理由になるわけではありませんが、結婚を決める重要な要因にはなります。 その人がどんな職業を選んでいるかで、収入はもちろん、生活、性格をうかがい知ることができるからです。 そんな中、トラ…

トラックドライバーの仕事が楽だと思える理由

お気楽極楽な感じ 人はできるだけ、楽をして生きていきたいと思っています。人生に苦労なんかなく、楽しいことばかりだといいな、座っているだけでお金がチャリンチャリンと入ってくる仕事がいいな、なんて思ってしまいます。 実際、テレビ番組を見ていると…

トラックドライバーの数字

数字 就職先を選ぶとき、一番気になるのはやはり給与です。 それから、もちろん勤務地の所在地、勤務時間、休日、福利厚生なども気になります。給与、勤務時間、休日の日数などはつまり、数字です。数字が気になるわけです。 数字はデータなので、他のことと…

トラック運転手の仕事のデメリットとその対処法

プラスとマイナストラック運転手は年収が400万円~700万円で、年間休日は110日以上とも言われ、「1人で仕事」が基本なので自由度が高く、人間関係によるストレスもなく、人手不足が続く業界なので無事故無違反なら失業の心配もない、まさにメリットだらけの…

トラック運転手に転職して感じたこと

誰もが大好きな(はずの)カレーライス人と仕事、人と会社には相性があります。 そのため「この職業に就いて本当に良かった」という声があるかと思えば、その同じ職業に就いた別の人は「後悔している」なんて感じることも起こります。 誰もがうらやむ職業に就…

女性タクシードライバーに向いている女性のタイプ

‥ドライバー業界全体が深刻な人材不足に陥っています。タクシー業界も同様です。 そのため、タクシー業界は求人募集も多く、高齢者、女性にも広く門戸を開いています。 女性タクシードライバーは昔から存在しましたが、その数は微々たるものでした。しかし、…

長距離トラック運転手の仕事が大変なポイント

苦しい‥トラック運転手の仕事の中でも、長距離を行く仕事は大型トラックを使い、また拘束時間が長いので、中型トラックや小型トラックの仕事よりも給与が高いと言われています。 やはり世の中、楽な仕事より大変な仕事のほうがたくさん稼げるわけです。 「や…

タクシードライバーのイメージアップ作戦

タクシーのルーツ?どうも職業ドライバーの仕事というのは、低く見られがちです。タクシードライバーもそうです。困ったものです。 だからかどうか分かりませんが、タクシードライバーは人手不足になっています。 多くのタクシードライバーが、20時間近い勤…

ホワイト物流推進運動について

ホワイトトラック運転手は長らく「低収入で過酷な仕事」というイメージが広まり、人手不足が続いています。 トラック運転手が激減しているわけです。運転手がいなければトラックは1ミリも動きません。いや、力持ちが何人かで押せば数センチくらいは動くかも…

タクシードライバーと聞いてイメージすることって

‥人はイメージを重視します。イメージ、つまり見栄えです。「映え~!」なんて言ってはしゃぐくらいですから、日本人は特にその傾向が強いのでしょうか。 コミュニケーションでも「第1印象は大事」と言われます。人は第1印象に強く支配され、その後、長く第1…

事実に反してタクシードライバーが「底辺職」と言われてしまう理由

イメージタクシードライバーは、ホワイトカラー系の仕事に就けない人が就く「底辺職」と言われています。ちゃんちゃらおかしい話です。ホワイトカラー系にはブルーカラー系という対義語がありますが、そもそも仕事の種類に頂点やら底辺やらという概念がある…

トラック運転手に転職したいと思う瞬間(とき)

考えてみようトラック運転手の仕事はときに「底辺職」だの「他の仕事をまともにできない、人間のクズが就く仕事」だの言われたりします。一体、何サマ?と思ってしまうのですが、まあ、人間とは他人の悪口を言わずにはいられない、悲しい生き物なのかもしれ…

ルート配送ドライバーなりゃこそ自慢したいこと

ルート配送ドライバーは、スーパーやコンビ二、企業、個人など、毎日決められた場所に、毎日ほぼ決められた順序で、トラックに乗せた商品を配送するのが仕事です。大体、毎日同じことの繰り返しです。 「残業が多い」「毎日決められた仕事の繰り返しで飽きる…

ストレスの少ない(ように見える)職業

人間、生きていればストレスはつきものです。そしてストレスにはさまざまなタイプがあります。ノルマ達成へのプレッシャーによるストレス、守らなければいけない多くのルールによるストレス、欲求を満たせないことからのストレスなどです。 中でも、人間関係…

女性トラックドライバーがカッコいい理由

今、あらゆる業界で人材不足が深刻化しています。そのため、外国人の雇用を促進したり、企業での女性の活躍を推進したり、高齢者が働き続けられるようにしたり、行政もいろいろな取り組みをしています。 それは悪いことじゃありません。 それぞれの取り組み…

セールスドライバーがちょっとだけ自慢したいこと

セールスドライバーは配達、集荷、集金、さらには営業も行うドライバーで、一番分かりやすいのは「通販で買った商品を配達する宅配ドライバー」でしょう。 ただ配達するだけではなく、通販を行っている店舗や会社と交渉して運送を請け負う契約を取るのも仕事…

トラック運転手に対する勝手なイメージ10選

トラック運転手と言うと、世間から「荒くれ者の仕事」「底辺職」だなどと、悪いイメージを抱かれがちです。 ですが、それは主に昭和からの、いわば負の遺産です。かの偉大な鈴木則文監督のせいとは言いませんが、昭和50年代に菅原文太がトラック運転手を演じ…

トラックドライバーがちょっと自慢したいこと

トラックドライバーは平均年収が約350万円~486万円で、最大年収は約650万円とまで言われています。そこそこな企業でそこそこな給料をもらう一般的なサラリーマンと比べても遜色ない収入です。 その割に一部で「底辺職」などと言われ、イメージが悪く、ここ…

大型トラック運転手が他のトラック運転手と違う点

何も知らない世間の人たちは「トラック運転手」というと皆同じように考えてしまいがちですが、「営業マン」と言ってもさまざまなタイプがあるように、「ウルトラマンジード」にも「プリミティブ」やら「ソリッドバーニング」やら「アクロスマッシャー」やら…