トラックマン

トラック専門サイト

トラックドライバー

誰でもできるトラックドライバーになる10の方法

トラックドライバーはここのところ人手不足が続いていて、求人でも引く手あまたです。 とは言え、トラックドライバーは物流を担うことで経済を支える、社会的貢献度の高い、政府が保護して当たり前なくらいの尊い職業です。また、平均年収は約400万円ですが…

トラックドライバーがマッチョな理由

マッチョトラックドライバーにもマッチョじゃない人はいます。しかし、どうもマッチョな人が多いようです。 マッチョじゃない人がトラックドライバーになってマッチョに進化したり、マッチョな人がトラックドライバーになって成功したりしています。 マッチ…

ルート配送ドライバーなりゃこそ自慢したいこと

ルート配送ドライバーは、スーパーやコンビ二、企業、個人など、毎日決められた場所に、毎日ほぼ決められた順序で、トラックに乗せた商品を配送するのが仕事です。大体、毎日同じことの繰り返しです。 「残業が多い」「毎日決められた仕事の繰り返しで飽きる…

不自由なトラックドライバー

‥トラックドライバーは基本的に1人で仕事をします。主な仕事であるトラックの運転中、運転席の横には口数多い上司も口臭い同僚もいません。そのため、何をするにも上司の決裁が必要で、同僚との情報の共有だのなんだのを指示されるビジネスマンとは違い「自…

トラックドライバーの自由なところ

‥人は自由を求めがちです。なるべく他人には指図されたくありません。他人ではなく、親からだってアレコレ指図されたり、干渉されたりすると、思わずグレたりなんかします。 しかし、無人島でたった独りで暮らすならまだしも、社会生活なるものを営む上では…

トラックドライバーの8人の味方

心強い味方 昔は「男は敷居をまたげば7人の敵あり」なんてことを言いました。 武士が二本差しで街を闊歩していた時代の話です。しかし、スーツを着たビジネスマンにも苦難は多く、それをたとえるときにもこう言われました。 トラックドライバーもいろいろな…

トラックドライバーに7人の敵あり

戦いのとき昔は「男は敷居をまたげば7人の敵あり」なんてことを言いました。 つまり、男が社会に出ると、苦難がたくさん待ち構えているよといった意味のようです。これが「昔は」となったのは、何も苦難が消えたわけじゃなく、男だけじゃなくて女性にも言え…

女性トラックドライバーがカッコいい理由

今、あらゆる業界で人材不足が深刻化しています。そのため、外国人の雇用を促進したり、企業での女性の活躍を推進したり、高齢者が働き続けられるようにしたり、行政もいろいろな取り組みをしています。 それは悪いことじゃありません。 それぞれの取り組み…

トラックドライバーが思わず泣きたくなる瞬間(とき)

思わず涙が‥日ごろ、マッチョな荒くれ者のイメージを持たれがちなトラックドライバーですが、トラックドライバーだって生きているから悲しいときもあります。でも、悲しくたって、苦しくたって、運転席では平気なのです。 トラックドライバーにも繊細な面が…

トラックドライバーの熱中症対策

照りつける太陽地球温暖化の影響なのか、年々、起こる危険度が上がっているような気がする熱中症。最悪、命にも関わるので、大いに注意しなければいけません。 イメージとしては、鋼が溶けるような暑い日、太陽が降り注ぐ野外で長く過ごすとかかるように思い…

セールスドライバーがちょっとだけ自慢したいこと

セールスドライバーは配達、集荷、集金、さらには営業も行うドライバーで、一番分かりやすいのは「通販で買った商品を配達する宅配ドライバー」でしょう。 ただ配達するだけではなく、通販を行っている店舗や会社と交渉して運送を請け負う契約を取るのも仕事…

女性に増えてほしい職業

なりたい自分になれる日本は今、あらゆる業界で人手不足が問題になっています。 そのため、政府も外国人雇用や障がい者雇用を広めようとしたり、企業に定年を延長させようとしたり、必死です。そして企業に「もっと女性を活躍させるように」なんてことを促し…

トラックドライバーが雨を嫌いな理由

恵みの雨「恵みの雨」なんて言葉もありますから、雨は生命にとって欠かすことのできないものですが、たくさん降り過ぎると災害を起こしかねないので、何とも厄介です。 生命には必要でも、生活者としての感覚では、傘をささなきゃならないし、さしても濡れた…

普通免許で応募できるドライバー職

運転が仕事車の運転が好きだという人にとって、その「好き」を仕事にできるプロドライバーは魅力的な職業です。 また、世間には「仕事に役立つような専門技能や専門知識を何ひとつ持っていない。持っているのは普通自動車運転免許くらいだ。こんな俺でも就職…

トラックドライバーという新しい生き方

手洗い2020年は世界中で、これまでの生活を見つめ直し、新しい生活に取り組まざるを得ない年になりました。 人によって、その大小はあります。また、受け止め方も違います。考えは人それぞれであり、誰かに強制されるものでもありません。 経済は世界中で大…

ドライバーのためのストレス解消法

連鎖人はストレスがたまると攻撃的になります。 そして車の運転は、このストレスがたまりやすい1面を持っています。 そもそも車の運転は、人力では出せないスピードによる爽快感、大型機械を操る面白さ、車窓を流れる景色を眺める非日常性を感じる楽しさ、遠…

あおり運転対策8選

一時期、連日のようにテレビのワイドショー番組を騒がせた、あおり運転。冷静に考えれば、全く誰の得にもならない危険な運転を、そのときの一瞬の怒りに任せてやってしまい、悲劇的な結果を生んでしまう、世にも恐ろしい行為です。 ほとんどの人が、悪質なあ…

トラックドライバーがちょっと自慢したいこと

トラックドライバーは平均年収が約350万円~486万円で、最大年収は約650万円とまで言われています。そこそこな企業でそこそこな給料をもらう一般的なサラリーマンと比べても遜色ない収入です。 その割に一部で「底辺職」などと言われ、イメージが悪く、ここ…

女性トラックドライバーの憂鬱な現実

トラック運転手は人手不足が続いていて、女性や高齢者の積極雇用を進めています。 ただ、高齢者は「高齢ドライバーによる交通事故」が大きな社会問題にもなっていて、一概に積極雇用を進めるってどうよという議論も出てきています。若い男性諸君、トラックド…

女性トラックドライバーが喜ぶアレコレ

しなやかな女性慢性的なトラックドライバー不足が続いています。若者がトラックドライバーになりたがらず、高齢化が進んでいるわけです。 そんなわけで政府も会社も、高齢者がトラックドライバーとして働き続けられるように定年を延長したり、女性トラックド…

車の運転を仕事とする職業10選

多くの男の子は乗り物が好きです。もちろん、乗り物が好きな女の子もいます。 ミニカーがおもちゃの中でも大きなウェートを占めているのはそのためです。デザインがカッコいいとかかわいいとか、タイヤが付いていて動かせるので子ども心を魅了するとか、理由…

「だろう運転」と「かもしれない運転」の恐怖

すべてのドライバーに厳守していただきたいのが安全運転です。 特にトラック運転手の交通事故の原因で多いのが、居眠り運転、わき見運転、だろう運転だと言います。 居眠り運転は睡眠不足や疲労などから引き起こされます。そのため、安全運転には万全の体調…

女性トラックドライバーに向いている女性とは

女性必見トラックドライバーに向いている人がトラックドライバーの仕事に就くと、毎日10時間トラックを運転することが楽しくて仕方なくなり、トラックドライバーの仕事に就いて良かったと思います。女性も同じです。 そして今、社会は女性トラックドライバー…

トラックドライバーへのエコドライブのススメ

エコドライブとは、地球環境の保全に留意した車の運転のことです。 自動車はそもそも限りある資源を使いながら排気ガスを出し、交通事故の危険をはらみながら走行するものです。人の暮らしを便利にするメリットはたくさんありますが、デメリットもかなりたく…

ルート配送ドライバーの仕事を積極的に楽しむ方法

ルート配送ドライバーは、スーパーやコンビ二、企業、個人など、毎日決められた場所にトラックで荷を配送するのが仕事です。大体、毎日同じことの繰り返しです。 新聞配達店に新聞を配送する仕事などでは深夜勤務もありますが、ほとんどのルート配送ドライバ…

ルート配送ドライバーを長く続けるためのコツ10選

ルート配送ドライバーの仕事は、毎日決められた場所にトラックで商品を配送し、正社員なら月収20万円~40万円とボーナス80万円~120万円を稼げるとも言われています。ただ、毎日決められた順序でトラックを走らせ、スーパーやコンビ二、企業、個人などに商品…

トラックドライバーの息抜き法10選

トラックドライバーの仕事は人間関係のストレスに悩まされることのほとんどない、素晴らしい仕事と言われています。とは言え、ストレスが全くないわけではありません。世の中にストレスがゼロなんて仕事はたぶん存在しないでしょう。 人間、ストレスをためる…

立派なプロのトラックドライバーである理由となる10箇条

トラックを運転できる免許とやる気さえあれば、誰でもトラックドライバーとなれる、かもしれません。トラックドライバーとして働き、それで収入を得るようになると、すなわちプロドライバーになれたということです。 しかし、それだけでは「立派なプロ」とい…

トラックドライバーのグルメな口コミ

年収400万円~年収700万円とも言われる長距離のトラックドライバーという仕事ですが、収入の多くが食費で消えていくとも言われています。それはなぜか。長距離を走って遠方に荷を運ぶ仕事なので、3日間や4日間、長いと1週間くらいは家に帰れず、外食が続くか…

女性トラックドライバーとして後悔しないために

女性ドライバーに対する期待高まる2014年から国土交通省が「トラガール促進プロジェクト」をスタートさせ、女性のトラックドライバーを増やす取り組みを始めています。そのため、女性が働ける職場環境を整え、女性ドライバーを積極的に採用している企業が徐…