トラックマン

トラック専門サイト

トラックドライバー

トラックドライバーの節約術

節約しよう トラックドライバーの給与は歩合制になっていることが多く、一部には「やればやっただけ稼げる仕事」と語り継がれている一方、ベテランのドライバーからは「昭和の昔ほど稼げなくなった」なんて愚痴も聞かれたりします。 純粋な人は「どっちが本…

トラックドライバーの接客術

無愛想 トラックドライバーは基本的に1人で仕事します。そのため、人間関係によるストレスの少ない仕事だと言われています。それで、人間関係にわずらわされたくない人がトラックドライバーになったりします。 確かに、トラックドライバーに人間関係のストレ…

トラックドライバーの仮眠術

昼寝は大事トラックドライバーにとって睡魔は大敵です。特に長時間勤務のトラックドライバーは疲労がたまりますから、適宜仮眠を取らなければいけません。 また、長距離の仕事の場合、ほとんどのトラックドライバーはトラック車内で睡眠を取ります。 トラッ…

トラックドライバーの荷待ち時間の過ごし方

待つトラックドライバーの業界は近年、労働環境の改善が進んでいます。 「改善が進んでいる」ということは、もともと「改善」が必要な業界だったわけで、しかも現在も「改善が進んでいる」ので、すっかり改善できたわけではありません。 トラック輸送の歴史…

こんな運送会社で働きたい

選択肢はいろいろ 映画やドラマで、過酷な環境で育つ子どもが登場すると「子どもは親を選べない」なんてセリフが出てくることが多いです。「霊界の宣伝マン」を自称していた故・丹波哲郎さんによると「子どもは生まれる前に親を選び、その家の子として生まれ…

こんなトラックに荷を運んでもらいたい

科学の進歩 科学技術は日々進化しています。「こんなものあったらイイな」がどんどん開発されています。そこまでしなくてもいいんじゃない?と思うようなものまで誕生しています。 庶民の生活にとって便利ということは、犯罪者の企みにとっても便利であった…

こんなトラックドライバーになりたい

雲 空に浮かぶ雲を指して「あんな雲になりたい」とつぶやいたのは映画「男はつらいよ」の主人公寅さんでした。 人にはそれぞれ「なりたい姿」というものがあります。「こういう生き方をしたい」という、人生の指針のようなものです。 トラックドライバーは荷…

こんなトラックを運転したい

めざましい科学文明の発展 科学技術は常に進化を続けています。 自動車はいつも交通事故のリスクを負っていますが、これを少しでも軽減するために自動ブレーキシステムなんかも登場しました。そのうち、運転も自動システムでできるようにするらしいです。 ト…

トラックを運転する楽しさ

広大なアメリカ大陸ここのところ、若い人の車離れが進んでいると聞きます。運転免許の取得も減ってきているそうです。 アメリカ大陸のような広いところだと、長距離バスがあるものの、それでも「自由に好きなところに行く」には、やはり自分で車を運転できな…

トラックドライバーになってから考えるべきこと

スタート地点 「あんな風に大きなトラックを運転する専門的技能を身に着け、社会に貢献したい」という多くの人たちが憧れるトラックドライバー。そんなトラックドライバーは、運転免許とやる気と責任感さえあれば、誰もがなれる職業です。 学歴を偏重して育…

トラックドライバーになる前に考えるべきこと

やればやっただけ稼げる平均年収はおよそ350万円~486万円で、最大年収約650万円以上とも言われ、「やればやっただけ稼げる職業」となっているトラックドライバーになるには、類まれなる美貌も、難解な数式を解く高い知能も、見栄を張るには十分の高い学歴も…

女性トラックドライバーと結婚しちゃいけない理由

結婚するなら 世の男性諸君! 女性トラックドライバーとは結婚してはいけません。 もちろん、例外もあるかもしれませんが、女性トラックドライバーと結婚した男性は、多くの不利益を被る可能性があります。 それでも、どうしても女性トラックドライバーと結…

女性トラックドライバーと結婚すべき理由

ウェディングドレスを着せたい相手は‥職業だけが結婚を決める理由になるわけではありませんが、結婚を決める重要な要因にはなります。 その人がどんな職業を選んでいるかで、収入はもちろん、生活、性格をうかがい知ることができるからです。 そんな中、トラ…

トラックドライバーの仕事が楽だと思える理由

お気楽極楽な感じ 人はできるだけ、楽をして生きていきたいと思っています。人生に苦労なんかなく、楽しいことばかりだといいな、座っているだけでお金がチャリンチャリンと入ってくる仕事がいいな、なんて思ってしまいます。 実際、テレビ番組を見ていると…

大型トラックを上手に運転する方法

慣れが大切な車の運転トラックドライバーの人手不足が続いています。 理由はいろいろあるようですが、トラックの運転が専門技術を必要とする、難度の高いものということもあります。実際、大型トラックを運転できる大型自動車運転免許の取得は、決して簡単で…

ルート配送ドライバーに転職する理由

ルート因果応報という言葉があります。 良い行いをすれば本人に良いことが、悪い行いをすれば悪いことが起こるといった意味です。自分に降りかかる良いことも悪いことも、何かしら自分に原因があるってことで「ものごとには必ず理由がある」なんて言葉もあり…

トラックドライバーの数字

数字 就職先を選ぶとき、一番気になるのはやはり給与です。 それから、もちろん勤務地の所在地、勤務時間、休日、福利厚生なども気になります。給与、勤務時間、休日の日数などはつまり、数字です。数字が気になるわけです。 数字はデータなので、他のことと…

トラックドライバーに求められること

物流の一端を担うトラックドライバーの仕事の大半は、トラックを運転することです。 とは言え、トラックの運転だけしてりゃいいわけではありません。 マンガ家もマンガだけを描いていればいいわけではなく、マンガを描くために編集者と打ち合わせをしたり、…

交通事故を起こしやすい人

天候の悪化も交通事故の可能性を高めます 車を運転する人は誰もが、交通事故を起こしたくない、交通事故に遭いたくないと思っているはずです。少なくとも一般常識のある人は交通事故を起こしたくない、交通事故に遭いたくないと思っています。 交通事故の原…

プロドライバーとしての心得

プロフェッショナルトラックドライバーは仕事としてトラックを運転している、いわゆる職業ドライバー、すなわちプロドライバーです。 プロフェッショナルなりゃこそ「仕事の流儀」があります。ただ漫然とトラックを走らせているわけではありません。 トラッ…

ここんとこ改めて注目された職業

神話?景気の動向やら流行などに関係なく、今年は経済的な打撃が各業界に及びました。 特に「人と接すること」「大勢の人を集めること」で利益を生む業界は大変なことになりました。「不況に強い」と言われる業界も、その「不況に強い」神話はほとんど当てに…

誰でもできるトラックドライバーになる10の方法

トラックドライバーはここのところ人手不足が続いていて、求人でも引く手あまたです。 とは言え、トラックドライバーは物流を担うことで経済を支える、社会的貢献度の高い、政府が保護して当たり前なくらいの尊い職業です。また、平均年収は約400万円ですが…

トラックドライバーがマッチョな理由

マッチョトラックドライバーにもマッチョじゃない人はいます。しかし、どうもマッチョな人が多いようです。 マッチョじゃない人がトラックドライバーになってマッチョに進化したり、マッチョな人がトラックドライバーになって成功したりしています。 マッチ…

ルート配送ドライバーなりゃこそ自慢したいこと

ルート配送ドライバーは、スーパーやコンビ二、企業、個人など、毎日決められた場所に、毎日ほぼ決められた順序で、トラックに乗せた商品を配送するのが仕事です。大体、毎日同じことの繰り返しです。 「残業が多い」「毎日決められた仕事の繰り返しで飽きる…

不自由なトラックドライバー

‥トラックドライバーは基本的に1人で仕事をします。主な仕事であるトラックの運転中、運転席の横には口数多い上司も口臭い同僚もいません。そのため、何をするにも上司の決裁が必要で、同僚との情報の共有だのなんだのを指示されるビジネスマンとは違い「自…

トラックドライバーの自由なところ

‥人は自由を求めがちです。なるべく他人には指図されたくありません。他人ではなく、親からだってアレコレ指図されたり、干渉されたりすると、思わずグレたりなんかします。 しかし、無人島でたった独りで暮らすならまだしも、社会生活なるものを営む上では…

トラックドライバーの8人の味方

心強い味方 昔は「男は敷居をまたげば7人の敵あり」なんてことを言いました。 武士が二本差しで街を闊歩していた時代の話です。しかし、スーツを着たビジネスマンにも苦難は多く、それをたとえるときにもこう言われました。 トラックドライバーもいろいろな…

トラックドライバーに7人の敵あり

戦いのとき昔は「男は敷居をまたげば7人の敵あり」なんてことを言いました。 つまり、男が社会に出ると、苦難がたくさん待ち構えているよといった意味のようです。これが「昔は」となったのは、何も苦難が消えたわけじゃなく、男だけじゃなくて女性にも言え…

女性トラックドライバーがカッコいい理由

今、あらゆる業界で人材不足が深刻化しています。そのため、外国人の雇用を促進したり、企業での女性の活躍を推進したり、高齢者が働き続けられるようにしたり、行政もいろいろな取り組みをしています。 それは悪いことじゃありません。 それぞれの取り組み…

トラックドライバーが思わず泣きたくなる瞬間(とき)

思わず涙が‥日ごろ、マッチョな荒くれ者のイメージを持たれがちなトラックドライバーですが、トラックドライバーだって生きているから悲しいときもあります。でも、悲しくたって、苦しくたって、運転席では平気なのです。 トラックドライバーにも繊細な面が…