トラックマン

トラック専門サイト

トラックドライバー

ホワイト企業とは? 良い働き方を実現する会社の特徴

搾取世間にはブラック企業なるものが存在します。 ブラック企業というのは極端な長時間労働や過重労働、低賃金、パワハラやセクハラの横行などで、従業員を多くの面で搾取している企業のことだそうです。 一方、ブラック企業の反意語としてホワイト企業とい…

娘からの衝撃の告白! ひとり娘がトラックドライバーと結婚したいと言い出したときに止める方法

会ってほしい人ある日、可愛いひとり娘が「会ってほしい人がいるの」と言い出します。嫌な予感がします。 そんな動揺を悟られないように、努めて冷静を装い「どんな人?」と尋ねます。すると娘は「トラックドライバー」と答えます。 さあ、どうしましょう。 …

もしも、トラックドライバーになった途端にやせちゃったら

大事なのは健康世の中の、異様なまでのやせすぎ体型への憧れは相変わらずですが、あまりそれを疑問視する人もいないようで、それもまた異様です。大事なのは健康状態です。太りすぎは確かに健康上、良くありませんが、やせすぎも健康上良くないのです。 加え…

高齢者のトラックドライバーが増えることのデメリット

高齢者人々の生活や経済活動を支える、社会に無くてはならない仕事であるトラックドライバーは人手不足が続いています。このままでは人々の生活や経済活動が停滞する危険もあるほどの状況だそうです。ということで「高齢者のトラックドライバーが増えること…

高齢者のトラックドライバーが増えることのメリット

高齢者人々の生活や経済活動を支える、社会に無くてはならない仕事であるトラックドライバーは人手不足が続いています。このままでは人々の生活や経済活動が停滞する危険もあるほどの状況だそうです。 こういうときにしっかり対応しなければいけないのが政府…

トラックドライバーに将来性はないのか

安定した人生せっかく就職するのだから、その職業に就くことでその後の人生を安定したものにしたいと、多くの人は考えます。 新しい業界に入り、2~3年して仕事を覚えたと思ったらまた別の業界に移り、イチから仕事を覚え始め、また移り、なんてことを繰り返…

トラックドライバーとして高収入を得るには

たくさん稼ぐタクシードライバーの給料は歩合制なので、「やればやるだけ稼げる職業だねえ」などとからかわれることがあります。ただ、やらなければ大して稼げないということも忘れてはいけません。たくさん稼ぐにはタクシードライバーの工夫と努力が必要な…

世界のトラックドライバー

ドライバー「ところ変われば品変わる」という言葉があります。たとえ同じ日本という国の中でも、土地が違えば、風俗・習慣も結構違うということです。珍問、奇問に大疑問、解ければ楽しパラダイスなのです。 荷を運ぶ物流の仕事は、当然世界各国に存在します…

女性ドライバーが増えることのメリット

大正時代 今でこそ夫婦共稼ぎは全く珍しくない時代になりましたが、100年ほど前、大正時代にも会社で働く女性はいました。職業婦人なんて言われ、ちょうどそのころ増え始めたようです。 とは言え、いわゆる「女性の社会進出」なるものはまだまだ進んでいない…

女性ドライバーが増えることでのデメリット

働く女性2018年、つい数年前の厚生労働省による労働力調査では、道路貨物運送業、つまり職業ドライバー業における女性従業員の割合はわずか2.3%だったようです。どの業界でも人手不足が問題視されている中、女性ドライバーが増えれば、雇用する会社のほうに…

冬と戦うトラックドライバー

寒い冬のトラックドライバーは寒さと戦うだけではありません。もちろん、寒さとも戦わなければいけませんが、昼夜刻々と変わる日常生活のひだの中に発生する過酷な運送業務に、敢然と挑むのがトラックドライバーです。 彼らは作業着に身を固め、栄養ドリンク…

トラックドライバーの社会貢献

チョモランマトラックドライバーは荷を運ぶことで人々の生活や企業の経済活動などを支える、社会貢献度がチョモランマ級に高い仕事だと言われています。 「利益を社会に還元すること」は、トラックドライバーに限らず、あらゆる職業、あらゆる会社に課せられ…

トラックドライバーには若いうちになっておけと言われる理由

若いうちの苦労「若いうちの苦労は買ってでもせよ」なんて言葉があります。そんなことを言ったのは、絶対に若い人ではないはずです。 ある程度年齢を重ねた人が、若いときを振り返ってみて「そういやあんな苦労、こんな苦労、いろいろ経験したな。しかし、そ…

トラックドライバーの仕事に役立つアレコレ

運転が仕事トラックドライバーの仕事にもいろいろな種類がありますが、基本的には、主な仕事はトラックの運転です。もちろん、運転以外にもさまざまな業務がありますが、とりあえず、いろいろなトラックドライバーに共通していて、しかも勤務時間の大半を費…

交通事故のリスクから遠ざかるには

交通事故は避けたい交通事故を避けるには「体調不良なときは運転しない」「自分を過信しない」「冷静さを忘れない」「周囲の確認」「車両点検」「車内の整理整頓」などの対策が効果的です。 特にトラックドライバー、タクシードライバーのような職業ドライバ…

トラックドライバーの安全運転とは

マニュアルトラックは車体が大きいだけに事故を起こすと被害が大きくなりがちで、しかも人々の生活や企業の経済活動を回すために日夜走り続けているので、トラックはしょっちゅう、たくさん走っていることになり、それだけに交通事故の可能性も高くなりがち…

トラックドライバーが交通事故を避けるには

交通事故は避けようあらゆるドライバーが絶対に避けなければいけないのが交通事故です。厳禁です。 トラックドライバーも、もちろん例外にはなりません。 1. 体調をしっかり管理 ドライバーが体調不良だと、それが原因で交通事故を起こすこともあります。 病…

仕事と家庭を両立させたいトラックドライバーへ

むかしむかし、外に出て会社で働くのは男性で、家で洗濯や料理などをするのは女性と、役割が決められていました。その後、男女平等、つまり男性も女性も全く同じということではなく、男性も女性も同等の権利を持っているということになり、「女性の社会進出…

高収入のトラックドライバーが得るのは高収入だけじゃない

高収入人は高収入に憧れます。 高収入ということは、税金もたっぷり取られますが、それでも一応、たくさんのお金を手に入れることができます。お金がたくさんあれば、たくさん欲しいものを買えるからです。つまり、あまり我慢しなくていいわけです。 ただ、…

トラックドライバーに将来はあるか

若い人たちトラックドライバーは他のいろいろな職業と同様、このところ人手不足が続いていて、特に若い人のなり手が激減しているようです。 政治家の失策で少子高齢化が進んでいるので、仕方ないことなのかもしれません。 いかにも物知り顔な大人たちは「ト…

トラックドライバーは50代ではまだまだ若手

シニア社員近年、定年後再雇用、定年延長などで、会社勤務で活躍する60代は決して珍しくありません。 昭和の昔は55歳が定年だったなんて、なかなか信じられません。 それが今では、「50代なんてまだ若手だ」と言われる業界もあるとか、ないとか。 1. 若いな…

トラックドライバーは熱中症には油断大敵

「暑い」トラックドライバーにとって健康は大事です。 トラックドライバーが体調を崩すと、それが原因となってハンドル操作などを誤り、事故を起こしかねないからです。そのため、トラックドライバーは朝の点呼のときなどに健康状態をチェックされます。 し…

もしも、トラックドライバーになった途端に太ったら

大事なのは健康世の中の、異様なまでのやせすぎ体型への憧れは相変わらずですが、大事なのは健康状態です。太りすぎは確かに健康上、良くありませんが、やせすぎも健康上良くないのです。 加えて注意しなければいけないのは、急激な体重の変化です。プロボク…

もしも、後生だからトラックドライバーになってくれと懇願されたら

「トラックドライバーになってくれ! 頼む」人生、この先何があるか分かりません。 立候補もしていないのに国会議員になったり、買ってもいないのに宝くじに当たったりする、なんてことはないでしょうが、想定していなかったきっかけで人生が大きく変わると…

もしも、トラックドライバーが世間の悪いイメージ通りなら

広がるイメージ現実とイメージとはたいてい大きく違うものです。それだけ、人々のイメージというのは「当てにならない」わけです。 トラックドライバーは世間から良いイメージも持たれていますし、悪いイメージも持たれています。どちらも本当であり、どちら…

もしも、トラックドライバー不足が解消したら

光明が差すこのところトラックドライバーは人手不足が続いていて、個々の会社だけではなく、業界全体としてもその課題の解決に向けての取り組みを始めています。 ただ、人手不足の原因の1つである少子化が、行政の失策のせいもあってなかなか止まらないため…

もしもある日突然、トラックドライバーじゃなくなったら

SFファンタジー人は自分の人生をうまくコントロールしようとしますが、人生には思いがけないことが起こったりします。それで多くの人が「おおっ! ラッキー」なんて、想定外の幸運に巡り合ったりもします。 もちろん、だからと言って、昨日までトラックドラ…

もしも、女性でトラックドライバーになりたくなったなら

「トラックドライバーになりたーい!」このところ人手不足が続いているトラックドライバーを何とか増やそうと、政府が「トラガール促進プロジェクト」を始めたのが、もう何年も前の話です。 長年、圧倒的に男性社会だった物流・運送業界にドンと女性を取り込…

もしも、ある日突然、トラックドライバーになりたくなったら

ふと、ひらめく人は自分の人生をうまくコントロールしようとしますが、人生には思いがけないことが起こったりします。 もちろん、中には「これまで自分で考えた通りの人生を歩いてきた」と豪語したい人もいるでしょう。しかし、どんな人だって、明日はどんな…

もしもトラックドライバーの仕事が楽しくなかったら

楽しい! 「仕事を楽しもう」と主張する人がいます。 もちろん、仕事に対する考え方は人それぞれで、中には「楽しくもないことをやるという我慢を強いられるからこそ、オフの時間が思い切り楽しくなる」と考えて仕事している人もいるでしょう。 どんな考えも…