トラックマン

トラック専門サイト

トラックドライバーに7人の敵あり

戦いのとき昔は「男は敷居をまたげば7人の敵あり」なんてことを言いました。 つまり、男が社会に出ると、苦難がたくさん待ち構えているよといった意味のようです。これが「昔は」となったのは、何も苦難が消えたわけじゃなく、男だけじゃなくて女性にも言え…

ストレスの少ない(ように見える)職業

人間、生きていればストレスはつきものです。そしてストレスにはさまざまなタイプがあります。ノルマ達成へのプレッシャーによるストレス、守らなければいけない多くのルールによるストレス、欲求を満たせないことからのストレスなどです。 中でも、人間関係…

女性トラックドライバーがカッコいい理由

今、あらゆる業界で人材不足が深刻化しています。そのため、外国人の雇用を促進したり、企業での女性の活躍を推進したり、高齢者が働き続けられるようにしたり、行政もいろいろな取り組みをしています。 それは悪いことじゃありません。 それぞれの取り組み…

トラックドライバーが思わず泣きたくなる瞬間(とき)

思わず涙が‥日ごろ、マッチョな荒くれ者のイメージを持たれがちなトラックドライバーですが、トラックドライバーだって生きているから悲しいときもあります。でも、悲しくたって、苦しくたって、運転席では平気なのです。 トラックドライバーにも繊細な面が…

人々から尊敬される“べき”職業

感謝と尊敬今回は「人々から尊敬されるべき職業」を紹介します。厳密には「尊敬されるべき職業」と言うより「社会貢献度が高い職業」です。 と言うのも、どの職業も現実的にはそれほど人々から尊敬されていない悲しい現実があるからです。 これを言うとミも…

トラック運転手の安全対策

危険に立ち向かう消防士トラック運転手に限らず、すべての職業人にとって「安全」はとても重要です。「安全」こそ、職業人として仕事を進める上での大前提です。 火災現場に自ら飛び込む、一見危険を顧みないように見える消防士だって、万全の安全対策をして…

トラック運転手無頼帖

ガンマン無頼?トラック運転手は世間から「荒くれ者」とイメージされがちです。ただ、それは映画やドラマからのイメージで、現実はそんな1つのイメージで言い尽くせるものではありません。 そりゃ、トラック運転手にも「荒くれ者」風な人はいるかもしれませ…

トラックドライバーの熱中症対策

照りつける太陽地球温暖化の影響なのか、年々、起こる危険度が上がっているような気がする熱中症。最悪、命にも関わるので、大いに注意しなければいけません。 イメージとしては、鋼が溶けるような暑い日、太陽が降り注ぐ野外で長く過ごすとかかるように思い…

セールスドライバーがちょっとだけ自慢したいこと

セールスドライバーは配達、集荷、集金、さらには営業も行うドライバーで、一番分かりやすいのは「通販で買った商品を配達する宅配ドライバー」でしょう。 ただ配達するだけではなく、通販を行っている店舗や会社と交渉して運送を請け負う契約を取るのも仕事…

トラック運転手に対する勝手なイメージ10選

トラック運転手と言うと、世間から「荒くれ者の仕事」「底辺職」だなどと、悪いイメージを抱かれがちです。 ですが、それは主に昭和からの、いわば負の遺産です。かの偉大な鈴木則文監督のせいとは言いませんが、昭和50年代に菅原文太がトラック運転手を演じ…

タフガイの仕事

‥有名な探偵小説に「男はタフでなければ生きていけない」というセリフが出てきます。知らない人は「なんだ、男の『俺は強いんだぞ』自慢か」と思うかもしれませんが、後に「優しくなければ生きる資格はない」と続きます。 強いばかりではだめで、優しさも兼…

女性に増えてほしい職業

なりたい自分になれる日本は今、あらゆる業界で人手不足が問題になっています。 そのため、政府も外国人雇用や障がい者雇用を広めようとしたり、企業に定年を延長させようとしたり、必死です。そして企業に「もっと女性を活躍させるように」なんてことを促し…

トラック運転手紳士録

タクシー運転手が、乗せたお客の挙動がおかしかったことで警察に通報し、そのお客が実はオレオレ詐欺グループの1人だったと判明し、犯行を防止できた、なんてニュースがありました。 日ごろから社会貢献度の高い仕事をしているのに「底辺職」「他の仕事をで…

トラックドライバーが雨を嫌いな理由

恵みの雨「恵みの雨」なんて言葉もありますから、雨は生命にとって欠かすことのできないものですが、たくさん降り過ぎると災害を起こしかねないので、何とも厄介です。 生命には必要でも、生活者としての感覚では、傘をささなきゃならないし、さしても濡れた…

新しいタクシー・ライフとは

何度でも起き上がる営業自粛やら外出自粛で、大きな打撃を受けたタクシー会社が続出した、この2020年。 しかし、どの業界も、どの世界もそうですが、倒れてもそこから起き上がってくるのが人のサガです。長所の1つです。 困難があるなら、それに打ち勝つ工…

普通免許で応募できるドライバー職

運転が仕事車の運転が好きだという人にとって、その「好き」を仕事にできるプロドライバーは魅力的な職業です。 また、世間には「仕事に役立つような専門技能や専門知識を何ひとつ持っていない。持っているのは普通自動車運転免許くらいだ。こんな俺でも就職…

トラックドライバーという新しい生き方

手洗い2020年は世界中で、これまでの生活を見つめ直し、新しい生活に取り組まざるを得ない年になりました。 人によって、その大小はあります。また、受け止め方も違います。考えは人それぞれであり、誰かに強制されるものでもありません。 経済は世界中で大…

ドライバーのためのストレス解消法

連鎖人はストレスがたまると攻撃的になります。 そして車の運転は、このストレスがたまりやすい1面を持っています。 そもそも車の運転は、人力では出せないスピードによる爽快感、大型機械を操る面白さ、車窓を流れる景色を眺める非日常性を感じる楽しさ、遠…

あおり運転対法策8選

一時期、連日のようにテレビのワイドショー番組を騒がせた、あおり運転。冷静に考えれば、全く誰の得にもならない危険な運転を、そのときの一瞬の怒りに任せてやってしまい、悲劇的な結果を生んでしまう、世にも恐ろしい行為です。 ほとんどの人が、悪質なあ…

トラック運転手が仕事を辞めたいと思う瞬間(とき)

トラック運転手は「車の運転が好き」という人にとっては、その好きなことをしながら平均年収400万円前後を得られる「やればやっただけ稼げるおいしい仕事」であり、社内でのわずらわしい人間関係によるストレスもない「気ままな仕事」だと言えます。 「運転…

トラックドライバーがちょっと自慢したいこと

トラックドライバーは平均年収が約350万円~486万円で、最大年収は約650万円とまで言われています。そこそこな企業でそこそこな給料をもらう一般的なサラリーマンと比べても遜色ない収入です。 その割に一部で「底辺職」などと言われ、イメージが悪く、ここ…

トラック運転手の仕事が必要な理由

とにかく運ぶコロナ騒動で、デマだったはずのトイレットペーパーの品薄が現実になりました。 トイレットペーパーは、なくなってはいなかったのです。でも、スーパーやドラッグストアなどの売り場から消えました。買占めに走った人が多くいたからですが、それ…

トラック運転手にありがちな話

トラック運転手にも会社によってさまざまな仕事があります。大型トラックで長距離を行くトラック運転手がいれば、毎日同じ地域の同じルートだけを回る2トントラックの運転手もいます。 とは言え、時間厳守で荷を運ぶプロドライバーとして、多くのトラック運…

トラック運転手に感謝すべきこと

これは感謝祭人間、感謝する気持ちが大切です。 人生はうまくいかないことや、不公平、不満、理不尽、不幸があふれています。そういうものです。 それで人はSNSなどで愚痴や他者への悪口雑言をまき散らします。ストレスが発散されます。 しかし、その日の最…

女性トラックドライバーの憂鬱な現実

トラック運転手は人手不足が続いていて、女性や高齢者の積極雇用を進めています。 ただ、高齢者は「高齢ドライバーによる交通事故」が大きな社会問題にもなっていて、一概に積極雇用を進めるってどうよという議論も出てきています。若い男性諸君、トラックド…

タクシードライバーへの感謝

人生に感謝社会に貢献している職業はたくさんあります。タクシードライバーもその1つです。 運転できない高齢者や障がい者の足となり、終電を逃した人たちを自宅まで届け、重い荷物を持った人を目的地まで運んでくれるのですから、タクシーに助けられている…

トラック運転手のNG行為

NGトラック運転手はプロドライバーとして安全運転を遵守しなければいけません。何よりもそれに尽きます。 その上で荷物を安全に、時間通りに目的地に届けます。そのためにトラック運転手として守らなければならないルールがたくさんあります。 トラック運転…

女性トラックドライバーが喜ぶアレコレ

しなやかな女性慢性的なトラックドライバー不足が続いています。若者がトラックドライバーになりたがらず、高齢化が進んでいるわけです。 そんなわけで政府も会社も、高齢者がトラックドライバーとして働き続けられるように定年を延長したり、女性トラックド…

トラック運転手のテンションが上がる瞬間(とき)

トラック運転手の仕事にはメリットや魅力がたくさんあります。 もちろんデメリットや不満な点もそれなりにあります。デメリットや不満点がメリットや魅力を上回っていると感じる人は、なるはやで転職したほうが良いかもしれません。人生にはトラブルがつきも…

大型トラック運転手が他のトラック運転手と違う点

何も知らない世間の人たちは「トラック運転手」というと皆同じように考えてしまいがちですが、「営業マン」と言ってもさまざまなタイプがあるように、「ウルトラマンジード」にも「プリミティブ」やら「ソリッドバーニング」やら「アクロスマッシャー」やら…