トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手の採用面接でアピールすべきこと

面接トラック運転手はここのところ人手不足が続いています。 高齢化が進み、若者のなり手が減っています。 長距離のトラック運転手でも昔は可能だった年収1000万円を実現させるのが難しくなり、若い人にとってトラック運転手は魅力的とは言えない仕事になっ…

トラックドライバーの節約術

節約しよう トラックドライバーの給与は歩合制になっていることが多く、一部には「やればやっただけ稼げる仕事」と語り継がれている一方、ベテランのドライバーからは「昭和の昔ほど稼げなくなった」なんて愚痴も聞かれたりします。 純粋な人は「どっちが本…

トラックドライバーの接客術

無愛想 トラックドライバーは基本的に1人で仕事します。そのため、人間関係によるストレスの少ない仕事だと言われています。それで、人間関係にわずらわされたくない人がトラックドライバーになったりします。 確かに、トラックドライバーに人間関係のストレ…

トラックドライバーの仮眠術

昼寝は大事トラックドライバーにとって睡魔は大敵です。特に長時間勤務のトラックドライバーは疲労がたまりますから、適宜仮眠を取らなければいけません。 また、長距離の仕事の場合、ほとんどのトラックドライバーはトラック車内で睡眠を取ります。 トラッ…

トラックドライバーの荷待ち時間の過ごし方

待つトラックドライバーの業界は近年、労働環境の改善が進んでいます。 「改善が進んでいる」ということは、もともと「改善」が必要な業界だったわけで、しかも現在も「改善が進んでいる」ので、すっかり改善できたわけではありません。 トラック輸送の歴史…

こんなトラックドライバーはカッコ悪い

頼りがいのある笑顔 歩合制で給与をもらい「やればやるだけ稼ぐ」身となり、大型自動車をスマートに運転し、身なりが清潔で、礼儀正しく、明るいあいさつができ、頼りがいがあり、親切なトラックドライバーはカッコ良いものです。恐らく、ほとんどのトラック…

こんな運送会社で働きたい

選択肢はいろいろ 映画やドラマで、過酷な環境で育つ子どもが登場すると「子どもは親を選べない」なんてセリフが出てくることが多いです。「霊界の宣伝マン」を自称していた故・丹波哲郎さんによると「子どもは生まれる前に親を選び、その家の子として生まれ…

こんなタクシーはイヤだ

「イヤだーッ」 今日も街では多くのタクシーが走っています。 タクシーはドアtoドアで好きなところに運んでくれて、運転免許証を持っていなくても、自家用車を所持していなくても車を利用できる、とても便利な存在です。 そんなタクシーですが、タクシーには…

こんなトラックに荷を運んでもらいたい

科学の進歩 科学技術は日々進化しています。「こんなものあったらイイな」がどんどん開発されています。そこまでしなくてもいいんじゃない?と思うようなものまで誕生しています。 庶民の生活にとって便利ということは、犯罪者の企みにとっても便利であった…

こんなトラックドライバーになりたい

雲 空に浮かぶ雲を指して「あんな雲になりたい」とつぶやいたのは映画「男はつらいよ」の主人公寅さんでした。 人にはそれぞれ「なりたい姿」というものがあります。「こういう生き方をしたい」という、人生の指針のようなものです。 トラックドライバーは荷…

こんなトラックを運転したい

めざましい科学文明の発展 科学技術は常に進化を続けています。 自動車はいつも交通事故のリスクを負っていますが、これを少しでも軽減するために自動ブレーキシステムなんかも登場しました。そのうち、運転も自動システムでできるようにするらしいです。 ト…

こんなタクシー会社で働きたい

どっちが本当かなぁ 人手不足が続き、高齢化が進んでいると言われるタクシー業界ですが、その一方で、若い人にとっても魅力的で、人気が高まってきている職種だとも言われています。 どちらが本当なのか、純朴な人は戸惑ってしまうでしょう。恐らく、どちら…

こんなタクシーに乗りたい その2

空想してみよう 妄想は良いものです。 妄想とはすなわち空想で、これをするには想像力が必要です。今は、SF映画なんかを見ても、巨大ロボットや宇宙船、未来都市の風景など、存在しないものもCGでとてもリアルに描けてしまいます。おかげで、私たちはありえ…

こんなタクシーに乗りたい

空想 人はいつまで小さい地球の上で、この島はどっちの国のものだ、とか、このラインを越えたら領土侵犯だなどと言って争うのでしょうか。どっちかが死に絶えるまで続けるのでしょうか。そのうち、地球は誰も住めない環境になってしまうかもしれません。 宇…

トラックを運転する楽しさ

広大なアメリカ大陸ここのところ、若い人の車離れが進んでいると聞きます。運転免許の取得も減ってきているそうです。 アメリカ大陸のような広いところだと、長距離バスがあるものの、それでも「自由に好きなところに行く」には、やはり自分で車を運転できな…

トラックドライバーになってから考えるべきこと

スタート地点 「あんな風に大きなトラックを運転する専門的技能を身に着け、社会に貢献したい」という多くの人たちが憧れるトラックドライバー。そんなトラックドライバーは、運転免許とやる気と責任感さえあれば、誰もがなれる職業です。 学歴を偏重して育…

トラックドライバーになる前に考えるべきこと

やればやっただけ稼げる平均年収はおよそ350万円~486万円で、最大年収約650万円以上とも言われ、「やればやっただけ稼げる職業」となっているトラックドライバーになるには、類まれなる美貌も、難解な数式を解く高い知能も、見栄を張るには十分の高い学歴も…

女性トラックドライバーと結婚しちゃいけない理由

結婚するなら 世の男性諸君! 女性トラックドライバーとは結婚してはいけません。 もちろん、例外もあるかもしれませんが、女性トラックドライバーと結婚した男性は、多くの不利益を被る可能性があります。 それでも、どうしても女性トラックドライバーと結…

女性トラックドライバーと結婚すべき理由

ウェディングドレスを着せたい相手は‥職業だけが結婚を決める理由になるわけではありませんが、結婚を決める重要な要因にはなります。 その人がどんな職業を選んでいるかで、収入はもちろん、生活、性格をうかがい知ることができるからです。 そんな中、トラ…

トラック運転手の仕事を車好きに勧めたい理由

男の子は車好き 多くの男の子がミニカーを集めたり、なぜか乗り物に強く惹かれます。 特に自動車は身近に見られるので、男の子にとって欠かせない「お気に入り」となります。 その後、好みが多様化していき、車よりゲーム、車よりスポーツ、車より料理と、好…

トラック運転手が誰かに感謝したくなるとき

感謝人間、感謝する気持ちが大切です。 特に未知なる脅威、先行きの不安、経済的な閉塞感、人間関係のストレスから人は恐怖を感じてしまい、恐怖を感じると攻撃的になります。 他人を攻撃すると、攻撃された人もその恐怖から攻撃的になります。これがまん延…

トラックドライバーの仕事が楽だと思える理由

お気楽極楽な感じ 人はできるだけ、楽をして生きていきたいと思っています。人生に苦労なんかなく、楽しいことばかりだといいな、座っているだけでお金がチャリンチャリンと入ってくる仕事がいいな、なんて思ってしまいます。 実際、テレビ番組を見ていると…

大型トラックを上手に運転する方法

慣れが大切な車の運転トラックドライバーの人手不足が続いています。 理由はいろいろあるようですが、トラックの運転が専門技術を必要とする、難度の高いものということもあります。実際、大型トラックを運転できる大型自動車運転免許の取得は、決して簡単で…

ルート配送ドライバーに転職する理由

ルート因果応報という言葉があります。 良い行いをすれば本人に良いことが、悪い行いをすれば悪いことが起こるといった意味です。自分に降りかかる良いことも悪いことも、何かしら自分に原因があるってことで「ものごとには必ず理由がある」なんて言葉もあり…

トラックドライバーの数字

数字 就職先を選ぶとき、一番気になるのはやはり給与です。 それから、もちろん勤務地の所在地、勤務時間、休日、福利厚生なども気になります。給与、勤務時間、休日の日数などはつまり、数字です。数字が気になるわけです。 数字はデータなので、他のことと…

トラック運転手の社会的な責任について

1人が基本トラック運転手の仕事は基本的に1人で行います。大企業のチームワーク重視の仕事とは違い、上司から細かい指示が出されることも、同僚から横やりを入れられることもあまりありません。 そのため、トラック運転手は比較的気ままな仕事という面を持っ…

未来のトラックを予想してみた

肉体労働ここのところずっとトラックドライバーの人手不足が続いています。 トラックドライバーはどちらかというと肉体労働ということになっていて、若い人がむやみやたらと肉体労働を避けたがるからではないかと思います。 だから、トラックドライバー以外…

トラック運転手の仕事のデメリットとその対処法

プラスとマイナストラック運転手は年収が400万円~700万円で、年間休日は110日以上とも言われ、「1人で仕事」が基本なので自由度が高く、人間関係によるストレスもなく、人手不足が続く業界なので無事故無違反なら失業の心配もない、まさにメリットだらけの…

未来のタクシーはこうなる!ような気がする

アナログな車「昭和世代の言うことなんて理解できん」なんて言って古さをバカにしていた平成世代ですが、あっという間にその平成も終わり、時代は令和となりました。そのうち「平成なんて古臭い」と言われるようになるんでしょうね。 時代はどんどん進んでい…

タクシードライバーの仕事が誰にでもできるわけではないという理由

医者に向いている人世の中には、タクシードライバーを「他の仕事ができなかったヤツが就く底辺職」などと言ってはばからない輩がいますが、職業差別はとても見苦しく、はしたないものです。 しかも、タクシードライバーが「他の仕事ができなかったヤツが就く…