トラックマン

トラック専門サイト

自由度

女性タクシードライバーに向いている女性のタイプ

‥ドライバー業界全体が深刻な人材不足に陥っています。タクシー業界も同様です。 そのため、タクシー業界は求人募集も多く、高齢者、女性にも広く門戸を開いています。 女性タクシードライバーは昔から存在しましたが、その数は微々たるものでした。しかし、…

ビジネスマンがトラック運転手に転職する理由

ルンルン気分トラック運転手の仕事にはさまざまなメリットがあります。デメリットもありますが、メリットもちゃんとあります。 そして人と仕事、人と会社には相性があります。はたから見て「あの人は仕事が楽しそうでイイなあ」なんてうらやましく思っても、…

事実に反してタクシードライバーが「底辺職」と言われてしまう理由

イメージタクシードライバーは、ホワイトカラー系の仕事に就けない人が就く「底辺職」と言われています。ちゃんちゃらおかしい話です。ホワイトカラー系にはブルーカラー系という対義語がありますが、そもそも仕事の種類に頂点やら底辺やらという概念がある…

トラック運転手に転職したいと思う瞬間(とき)

考えてみようトラック運転手の仕事はときに「底辺職」だの「他の仕事をまともにできない、人間のクズが就く仕事」だの言われたりします。一体、何サマ?と思ってしまうのですが、まあ、人間とは他人の悪口を言わずにはいられない、悲しい生き物なのかもしれ…

トラック運転手は1人で仕事が基本

1人でいるのは悪いことじゃないトラック運転手は基本的に1人で仕事を行います。中には、荷の積み下ろし要員や運転の交代要員として助手席にもう1人乗せていたり、または研修のために新人を乗せていたりすることもありますが、基本的には1人です。 そのため、…

一人親方というトラック運転手としての働き方

この業界ではありません一人親方、と言っても力士がいなくなって、親方1人だけになってしまった相撲部屋のことではありません。 労働者を雇わずに自分自身と家族などだけで事業を行う事業主のことで、建設業に多い「働き方」です。言ってみれば個人事業主の…

タクシードライバーの自由度が高いポイント

自由だーッ!人は自由を求めがちです。 しかし、生活するために仕事をしなければなりません。ただ、せめて「自由度の高い仕事がいいな」と考えます。それで今は「雇われない働き方」が注目されたりしています。 政府が「雇われない働き方」を推奨しているフ…

1人の時間を大切にできる職業

人間がいっぱい 人口密度の濃い日本。どこに行っても人がいます。 もちろん、職場には口うるさい上司、口さがない先輩、開いた口がふさがらない同僚、口八丁な後輩、口角泡を飛ばす社長がいます。くわばら、くわばら。 日本で暮らすからには仕方ないのですが…

タクシードライバーという仕事の新しいメリット

改革のとき営業自粛やら外出自粛で、大きな打撃を受けたタクシー会社が続出した、この2020年。 しかしタクシーは、運転できない高齢者や障がい者の足となり、終電を逃した人たちを自宅まで届け、重い荷物を持った人を目的地まで運んでくれる、社会貢献度の高…

ルート配送ドライバーなりゃこそ自慢したいこと

ルート配送ドライバーは、スーパーやコンビ二、企業、個人など、毎日決められた場所に、毎日ほぼ決められた順序で、トラックに乗せた商品を配送するのが仕事です。大体、毎日同じことの繰り返しです。 「残業が多い」「毎日決められた仕事の繰り返しで飽きる…

不自由なトラックドライバー

‥トラックドライバーは基本的に1人で仕事をします。主な仕事であるトラックの運転中、運転席の横には口数多い上司も口臭い同僚もいません。そのため、何をするにも上司の決裁が必要で、同僚との情報の共有だのなんだのを指示されるビジネスマンとは違い「自…

トラックドライバーの自由なところ

‥人は自由を求めがちです。なるべく他人には指図されたくありません。他人ではなく、親からだってアレコレ指図されたり、干渉されたりすると、思わずグレたりなんかします。 しかし、無人島でたった独りで暮らすならまだしも、社会生活なるものを営む上では…

ストレスの少ない(ように見える)職業

人間、生きていればストレスはつきものです。そしてストレスにはさまざまなタイプがあります。ノルマ達成へのプレッシャーによるストレス、守らなければいけない多くのルールによるストレス、欲求を満たせないことからのストレスなどです。 中でも、人間関係…

トラック運転手無頼帖

ガンマン無頼?トラック運転手は世間から「荒くれ者」とイメージされがちです。ただ、それは映画やドラマからのイメージで、現実はそんな1つのイメージで言い尽くせるものではありません。 そりゃ、トラック運転手にも「荒くれ者」風な人はいるかもしれませ…

トラック運転手に対する勝手なイメージ10選

トラック運転手と言うと、世間から「荒くれ者の仕事」「底辺職」だなどと、悪いイメージを抱かれがちです。 ですが、それは主に昭和からの、いわば負の遺産です。かの偉大な鈴木則文監督のせいとは言いませんが、昭和50年代に菅原文太がトラック運転手を演じ…

トラックドライバーという新しい生き方

手洗い2020年は世界中で、これまでの生活を見つめ直し、新しい生活に取り組まざるを得ない年になりました。 人によって、その大小はあります。また、受け止め方も違います。考えは人それぞれであり、誰かに強制されるものでもありません。 経済は世界中で大…

タクシードライバーへの感謝

人生に感謝社会に貢献している職業はたくさんあります。タクシードライバーもその1つです。 運転できない高齢者や障がい者の足となり、終電を逃した人たちを自宅まで届け、重い荷物を持った人を目的地まで運んでくれるのですから、タクシーに助けられている…

トラック運転手の会社選びのポイント

トラック運転手の平均年収は大体350~486万円で、最大年収は約650万円とも言われ、「やればやっただけ稼げる仕事」にもなっています。 その上、仕事している間は基本的に1人で、隣にはヤボな上司も不埒な同僚もいません。多くのことが運転手自身の自己裁量に…

タクシードライバーの夢

タクシードライバーは正社員であっても、一般的な会社と違って「出世」はありません。 良く言えば「一生現役」と言うか「ずっと最前線」です。建設会社に入社して定年まで建設現場で作業するようなものです。 今は価値観も多様化してきていますが、昔は会社…

トラック運転手の気ままな空想 その2

空想上の生き物トラック運転手の仕事は、特に長距離のトラック運転手は「拘束時間が長い」と言われています。 長時間、運転席に座っているので、肉体的、精神的に疲労がたまりやすく、ストレス解消、疲労蓄積の回避のため、気持ちのリフレッシュが必要になり…

女性トラックドライバーに向いている女性とは

女性必見トラックドライバーに向いている人がトラックドライバーの仕事に就くと、毎日10時間トラックを運転することが楽しくて仕方なくなり、トラックドライバーの仕事に就いて良かったと思います。女性も同じです。 そして今、社会は女性トラックドライバー…

タクシードライバーの秘かな自慢話

年収250~300万円、月収なら23~25万円と言われ、その一方、稼いでいる人は年収400万以上とも言われているタクシードライバー。「結構稼いでるじゃん」という収入ですが、同時に人手不足が続いているようです。と言うか、世間ではいろいろな職業が人手不足に…

タクシードライバーの休日

多くの人が「タクシードライバーは労働時間も長く、休日も少ない激務」といった間違った認識を持っているようです。よく考えればそんな過酷な労働環境を厚生労働省が放っておくはずもなく「間違った認識」だと分かりそうなものなんですが、どうもそんな「間…

トラック運転手の夢

男には夢があります。女にだってあります。トラック運転手にも、もちろん夢があります。 トラック運転手は「荒くれ男たちの仕事」とイメージされがちですが、実際はまじめで堅実な人たちが多いです。最近は女性のトラック運転手も、少しずつですが増えてきて…

タクシードライバーの意外と知られていない「意外な事実」

予想や想定をしていなかったことが普通に起こってしまうのが人生です。 タクシードライバーだって例外ではありません。 タクシードライバーは世間から「過酷で低収入」とか「不愛想」とか「低学歴」とか「他にできることがなく、仕方なくタクシードライバー…

女性タクシードライバーの苦労10選

タクシードライバーの平均年収は300万円台で、決して高額とは言えませんが、中には年収1000万円以上を得ている人もいるそうです。たくさんの乗客を獲得できれば、月収50万円~月収70万円も夢ではありません。 とは言え、タクシードライバーの人手不足が続い…

トラック運転手の気ままな空想

トラック運転手の仕事は、特に長距離のトラック運転手は「拘束時間が長い」と言われています。事実です。 3~4日、長いと1週間くらい自宅に帰れないこともあります。 もちろん、休憩ははさみますが、長時間運転します。はさむ休憩も、喫茶店でゆったり過ご…

タクシードライバーのストレス解消法10選

タクシードライバーはプロドライバーとして安全運転に神経を使いつつ、接客業でもあるので生身のお客様を快適に目的地まで運ばなければいけません。世の中には「タクシー運転手なんて、他に何もできなかった社会の落ちこぼれが就くような底辺の仕事だぜ」と…

トラック運転手に意外と多い「意外な事実」

おーまいがーネットやSNSなんかを眺めていると、本来「意外」と書くべきところを「以外」と書き間違えているのをよく発見します。皆さんも気をつけましょう。 それはそれとして「事実は小説より奇なり」なんて言います。 小説ってのは人が創作する物語なので…

ルート配送ドライバーを長く続けるためのコツ10選

ルート配送ドライバーの仕事は、毎日決められた場所にトラックで商品を配送し、正社員なら月収20万円~40万円とボーナス80万円~120万円を稼げるとも言われています。ただ、毎日決められた順序でトラックを走らせ、スーパーやコンビ二、企業、個人などに商品…