トラックマン

トラック専門サイト

タクシー運転手の労働時間と年間休日の話。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシー運転手は労働時間も長く、休日も少ない激務な仕事であるということを多くの人の心の内に定着しており、タクシー運転手の仕事を選択することを辞めてしまい、事務職や人事職や警備員という楽な仕事を選択する人が多発してます。ですが、タクシー運転手は、1日の労働時間が長い代わりに、月の休みが16日~18日もあるホワイトな仕事となっていますので、ワイクライフバランスを重視したい人にこそタクシー運転手の仕事をするべきなのです。今回は、タクシー運転手の労働時間と休日の話に触れていきますね。

タクシー運転手の労働時間について。

タクシー運転手は、自分自身で働くスタイルを選ぶことができる唯一の職業で、1日10時間働いて月8日~10日休むスタイルと1日19時間働いて月16日~18日休むスタイルの二つがあります。しかも、1日19時間働いて月16日~18日休むスタイルは、きちんと休憩が2時間~4時間取れるというおまけがあるので、仕事がしんどいという気持ちになることがありません。

1.1日10時間働いて、月8日~月10日休むスタイルについて。

1日10時間働くスタイルの場合は、タクシー運転手が昼間に10時間仕事を行うのか?と夜に10時間仕事を行うのか?という部分を選択することが可能になっていますから、タクシー運転手は労働者自身が望むワークスタイルを実現できる仕事となっています。ですが、今の若者は、1日6時間~8時間しか働きたくないという甘えん坊だらけですから、タクシー運転手の仕事は若者には全くというほど人気がありません。こういう現状を変えるのは、若者が仕事をするのが楽しいんだという意識をもつようになるしかない。

2.1日19時間働いて、月16日~18日休むスタイルについて。

1日19時間働くスタイルの場合でも、タクシー運転手は、1日中タクシーを運転しているわけでなく、1日の労働時間の半分はタクシーの中で休憩していることになるので、1日19時間も働くのかーと怯える必要はまったくありません。むしろ、仕事をしているのに、1日8時間も自由な時間があるのかーとポジティブな気持ちを持つことが出来てしまいますので、タクシー運転手の仕事は最高ですね。

私の周りのタクシー運転手の知人も、営業マン時代は月4日~6日しか休めなかったのに、タクシー運転手になってからは1日16日~18日も休めるようになって、自分の趣味に全力投球生活ができるから、俺今本当に人生楽しんでるんだよなーと感覚を得られれているよとおっしゃっています。こういう発言をきいてしまうと、俺も今の仕事やめて、タクシー運転手になろうかなーと思ってしまいます。

タクシー運転手の年間休日の話。

多くの日本国民の認識では、タクシー運転手の年間休日は、60日~80日しかないというものとなっており、多くの日本国民はタクシー運転手になることを避けていますが、実際のタクシー運転手の年間休日は多くの国民の予想を大きく上回る多さとなっています。今回は、タクシー運転手の年間休日について触れていきますね。

1.1日8時間~10時間働いているタクシー運転手の年間休日について

1日8時間~10時間働いているタクシー運転手の年間休日は、110日~122日ほどとなっていますから、その他多くのサラリーマンと同じくらいの休みを得られます。また、タクシー運転手は、その他多くのサラリーマンとは違い、常に会社の外にいますから、会社に縛られている感覚をもたずして、タクシー運転手の業務を行うことができます。この部分に魅力を感じて、十数年以上もタクシー運転手の仕事をしてらっしゃる人が多くいます。ですが、タクシー運転手の仕事が自由なことをいいことに、タクシー運転手の業務をせずに、仕事中に遊んでばかりいると、タクシー会社から解雇されてしまうので、注意が必要です。

2.1日19時間働いているタクシー運転手の年間休日について。

1日19時間働いているタクシー運転手の年間休日は、192日~216日ほどとなっていますから、その他多くのサラリーマン以上に自由な時間を得ることができてしまいます。また、タクシー運転手は、その他の多くのサラリーマンとは違い、仕事で成果を出せば出すほど給与がアップしていく給与システムになっているので、お金と休みの両方をたくさん得たいと思っている人からの人気が高い職業となっています。ですが、タクシー運転手の給与と休みが多いことをいいことに、他の仕事をしている友人を馬鹿にする発言をしてしまうと、自分の周りから友達がいなくなってしまうので、注意が必要です。

ドラピタ

ドラピタ