トラックマン

トラック専門サイト

長距離大型トラックドライバーの口コミ

トラックドライバーでも、車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上の大型トラックを運転できる大型免許を取得していると、2トントラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーよりも高収入を得ることができます。大型トラックドライバーの花形が、長距離大型トラックドライバーだという人もいます。ある世代になじみの濃い、菅原文太、愛川欽也が主演した映画「トラック野郎」シリーズの影響で、長距離大型トラックドライバーこそカッコいいというイメージが根付きました。イメージだけではなく、実際に中型の近場のトラックドライバーより高収入で、体力的には大変な面をありますが、ガッツリ稼ぎたい人におすすめの仕事です。また、長距離の場合、市外、県外に荷を運ぶことになるので、今まで行ったことのない土地を訪れることもあります。仕事のついでに、その土地のグルメに舌鼓を打つことを楽しんでいる長距離大型トラックドライバーもいます。
今回は、長距離大型トラックドライバーの口コミに触れていきます。

1.雇用形態、給与体系によって違いはありますが、その仕事に就くために大型免許が必要という条件があることから、小型、中型の近距離トラックドライバーより長距離大型トラックドライバーの給料は高く設定されています。長距離大型トラックドライバーは月収30万円以上、年収400万円以上と言われています。よりたくさん稼ぎたいトラックドライバーは大型免許取得に挑戦し、長距離大型トラックドライバーを目指します。

2.トラックドライバーは「荷を乗せて走れば走るほど稼げる」と言われています。長距離大型トラックドライバーで歩合制の場合、行き先が遠くなればなるほど給料が上がるということもあります。会社によっては食費などの諸経費が支払われるところもあり、年収700万円以上稼いでいる長距離大型トラックドライバーもいるようです。

3.運送会社業界は人材不足が続いていて、特に大型免許を取得していれば引く手あまたです。この現状を知っている人の多くが、長距離大型トラックドライバーを目指します。また、多くの会社が即戦力を歓迎していることから、キャリアアップのために積極的に大型免許の取得に挑戦する人も増えています。それですぐに長距離大型トラックに乗れるとは限りませんが、大型トラックの免許を所持している人がごく少数となっているので、大型免許を所持していれば有利なことに間違いはありません。就職してから大型免許を取得する人よりは早く長距離大型トラックドライバーの仕事に就くことができます。

4.長距離大型トラックドライバーは目的地が遠方なので、到着するまでの長時間を1人で過ごします。その間は上司や同僚の目を気にしたり、クライアントと接するための神経を使うこともありません。人間関係のストレスを忘れることができます。つまり、長距離大型トラックドライバーは1人で気ままにできる仕事だと言えます。

5.長距離大型トラックドライバーの仕事は拘束時間が長く、そのため家族との時間をなかなかつくれないなどのデメリットがあります。しかし、考え方を変えれば、長距離大型トラックドライバーは、夫婦の仲もいつまでも新鮮でいられるととらえることができます。また、普段、会えないからこそ、家族を思いやる気持ちを育み、会った“とき”を大切にできます。

6.コンビ二などのルート配送ドライバーの正社員の人手不足も深刻な今、長距離大型トラックドライバーも同様な現状で、正社員として長距離大型トラックドライバーになることはそんなに難しいことではありません。とはいえ、誰でもすぐに長距離大型トラックドライバーになれるわけではなく、トラックドライバーとして経験を積む必要があります。

7.長距離大型トラックドライバーの正社員は、深刻な人手不足状態に陥っています。そのため、一度長距離大型トラックドライバーの正社員になれれば、仕事でよほどのミスをしない限り、会社をクビにされることはありません。このメリットがあることを知っている人は、いつクビになるかわからない仕事をやめて、長距離大型トラックドライバーの正社員に転職しています。

8.長距離大型トラックドライバーの仕事は移動距離が長いだけに拘束時間が長いことがデメリットになっています。しかし、トラックにはドライバー1人だけで乗るのが基本なので、好きな音楽を聞きたい放題です。長距離大型トラックドライバーは、その時間を利用し、眠気対策も含めて英会話講座を聞いたり、有効活用もできます。

9.トラックドライバーの業界は経験が大きくモノを言います。長距離大型トラックドライバーを長期間やっていたことは他の運送会社でも優遇される材料になり、転職で有利に働きます。1つの会社にこだわらず、よりよい待遇を求めて会社を変える意思のある人は、とりあえずトラックドライバーの仕事に就くことをおすすめします。

10.大型トラックは視界も良く、大排気量のエンジンは心地良く、乗り心地は快適です。長距離大型トラックドライバーの仕事はいろいろな地方へ行けて、工夫次第でその土地の景色、グルメを楽しむこともできます。長距離大型トラックドライバーの仕事は、ボヘミアンな人におすすめです。

ドラピタ

コンビ二ルート配送ドライバーの口コミ

f:id:truckman:20171204143020j:plain
2トントラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員は、月収26万円と完全週休二日の待遇が保障されていますから、ライフワークバランスが抜群な環境で働きたい人におすすめです。また、4トントラックのコンビ二ルート配送の正社員は、月収28万円~30万円の待遇と完全週休二日の待遇が保障されていますから、多額の給与とそれなりの休みを得たい人におすすめですし、大型トラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員は、月収36万円~40万円の待遇が保障されていますから、同世代よりも多くのお金を稼ぎたい人におすすめです。
今回は、コンビ二ルート配送ドライバーの口コミに触れていきます。

1.コンビ二ルート配送ドライバーは、どんなことがあっても給料が毎月トラックドライバーに支払われる仕事ですから、給料の未払い問題に悩まされずに済みます。この部分に大きな魅力を感じて今の仕事を離職し、コンビ二ルート配送ドライバーの正社員に転職する人が増えています。

2.2トントラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーは、仕事の出来に関わらず、毎月26万円の給料を支払ってもらえるので、日々の生活に不安を感じることが一切ありません。ですが、仕事の成果に応じて毎月給料が上がることもありません。この現状を知っている人の多くは、月収17万円程度しか貰えない今の仕事をやめて、月収26万円の給与が保証されている2トントラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事に就いています。

3.4トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーは、中型免許(特殊な免許)が必要な仕事ということもあって2トントラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーよりも月収が4万円ほど高めに設定されています。この現状を知っている人の多くは、2トン、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事をやめて、4トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事に就いていますね。

4.2トントラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの1日の労働時間は8時間~10時間ほどなので、1日の体の疲れとストレスをその日のうちにすべて解消することができてしまいます。1日の体の疲れとストレスをその日のうちに解消することで、自分の人生を快適に過ごすことが可能になります。

5.4トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの1日の労働時間は、8時間~12時間ほどとなっていますので、ほどよい仕事のストレスとほどよい仕事のやりがいを体感することができます。このほどよい仕事のストレスやほどよい仕事のやりがいを、仕事を通じて感じることで自分の人生の充実を自分自身で感じることができてしまいますね。

6.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事にかっこいいイメージを持つ人の減少により、コンビ二ルート配送ドライバーの正社員の人手不足が深刻となっています。そのため、コンビ二ルート配送ドライバーの正社員になることはそんなに難しいことではありません。それでも、他のアルバイトの内定をもらうよりは、コンビ二ルート配送の正社員の内定をもらうほうが難しいですが。

7.4トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員は、深刻な人手不足状態に陥っています。そのため、一度4トントラックのルート配送ドライバーの正社員になれれば、仕事でよほどのミスをしない限り、会社をクビにされることはありません。このメリットがあることを知っている人は、いつクビになるかわからない仕事をやめて、4トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員に転職しています。

8.大型トラックの免許を所持している人がごく少数となっていることが影響して、大型トラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員は深刻な人手不足となっています。そのため、大型免許を所持していれば、容易に大型トラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事に就くことができます。この実情がありますから、いち早く正社員の立場になりたい人は、大型免許を取得し、大型ルート配送ドライバーの正社員の仕事に応募しましょう。

9.コンビ二ルート配送ドライバーを長期間やっていたことは、さまざまな業種の転職活動で有利に働きます。そのため、さまざまな業種で活躍する予定がある人は、とりあえずコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事に就くことをおすすめします。

10.大型トラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員は、仕事の活躍に関わらず、月収36万円~40万円の給与を稼ぎ出すことができます。そのため、突然の給与引き下げを防ぎたい人の多くは、大型トラックのコンビ二ルート配送の正社員の仕事についています。

ドラピタ

ドラピタ

コンビ二ルート配送ドライバーの体験談

f:id:truckman:20171204143020j:plain
2トントラックトラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事に就くには、普通自動車第一種免許の取得が必須となっていて、4トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事に就くには、普通自動車第一種免許と中型免許の二つが必須となっています。この2トントラックトラック、3トントラックのコンビ二ルート配送ドライバーの正社員の月収は24万円~26万円ほどとなっていて、4トントラックのコンビ二ルート配送の正社員の月収は24万~30万円ほどとなっています。また、普通自動車第一種免許と中型免許を所持している若者の減少や、自動車を運転する若者の減少により、コンビ二ルート配送の正社員は人手不足状態となっていますから、正社員の内定がなかなか出ない若者は、変なプライドを捨て、コンビ二ルート配送ドライバーの正社員採用面接を受けることをおすすめします。
今回は、コンビ二ルート配送ドライバーの体験談に触れていきます。

1.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事は、2トントラックや4トントラックを用いて、コンビ二商品を配送するだけの仕事ですから、仕事で成果を出さなければいけないといった強迫観念に駆られることなく、自分のペースで仕事ができます。このコンビ二ルート配送の仕事に就いてから、仕事をすることに対してポジティブな気持ちを持つことができていますし、仕事が楽しいと感じられてます。 BY 30歳男性

2.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事は、他の正社員同様、毎月24万円~26万円の給与を受け取ることができます。そのため、毎月安定した給料がもらえる安心感を得ることができ、来月給料がもらえないかもしれないという不安に駆られることがありません。このコンビ二ルート配送の仕事に就いてから、フリーランス時代に抱えていた「来月の給料は0かもしれない」の恐怖観念がなくなりました。 BY 30歳男性

3.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事は、週5でコンビ二の商品をトラックに積んだりする作業や、コンビ二の商品をトラックから降ろす作業があり、仕事を通じて腕の筋肉を鍛えることができます。そのため、仕事中も筋トレをしたい僕からしたらコンビ二ルート配送は最高の仕事のひとつですね。このコンビ二ルート配送の仕事を始めてから、僕の握力は40キロから60キロにUPしました。 BY 25歳男性

4.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事に就いてから、僕が大好きな4トントラックを1日8時間も運転できています。4トントラックを運転することが大好きな僕にとって、コンビ二のルート配送の仕事は天職そのものですね。僕は4トントラックの運転が大好きだから、コンビ二のルート配送の仕事がとても楽しいと感じるけれど、4トントラックの運転が嫌いな人からしたらそんなに楽しくないでしょうね。 BY 30歳男性

5.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事に就いて、2トントラックの運転を1日8時間こなしているうちに、苦手だった2トントラックの運転をスムーズに行うことができるようになりました。しかも、2トントラックの運転なら誰にも負けないと思えるようになりました。コンビ二ルート配送の仕事に就いてから、自分のやりたいことは2トントラックを運転することだったんだと気づけましたね。 BY 23才男性

6.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事は、自分のペースで仕事をすることができ、自分の休みたいタイミングで休むことができ、仕事中に上司にあーだこーだ文句を言われることもありません。自由度が高い仕事をしてみたかった僕には、コンビ二ルート配送の仕事が天職そのものだと感じます。 BY 26歳男性

7.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事は年間休日が120日以上です。おかげで休日は趣味や、恋人とのデート、友達との旅行を満喫でき、仕事に全く不満を抱いていません。それに、僕の雇用先のトラック運送会社から月収25万円程度貰えていますし、給与面でも不満を持っていません。 BY 30歳男性

8.コンビ二ルート配送ドライバーの仕事は、トラックドライバーが事故を起こさないように1日の労働時間が8時間~10時間と定められています。私は毎日自由時間を6時間~8時間作ることができ、1日のうちに仕事のストレスを発散することができます。1日13時間のブラック企業に勤めている人はとっとと辞めて、コンビ二ルート配送ドライバーの正社員の仕事に転職しよう。 BY 40歳男性

9.コンビ二ルート配送ドライバーの正社員を5年していた職歴があると、自動車を運転することが多いトラック運転手や、月収100万円以上稼げる営業マン、月収50万円以上稼げるタクシードライバーの正社員の仕事に就くことが容易になります。現に、私は月収100万円以上稼げる営業の正社員採用面接で、過去にコンビ二ルート配送を5年やっていましたと発言したことが決め手となり、内定を獲得できました。 BY 26歳男性

10 .私は、コンビ二ルート配送ドライバーの正社員を5年することで、起業資金300万円を貯めることに成功しました。起業資金を貯める目的でコンビ二ルート配送の正社員の仕事をするのはアリですね。今の私は、コンビ二ルート配送の正社員の仕事で貯めた起業資金300万円を元手にして、海外の腕時計の販売会社を立ち上げることに成功し、年収1億円のビジネスマンとして大活躍中です。 BY 35歳男性


ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー体験談

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの仕事は、中卒の人や高卒の人でも就くことができる仕事だというのに月収50万円~70万円を得られ、人生逆転したい気持ちが強い人がタクシードライバーの仕事に就いています。この仕事に必要な資格は普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許のみで、それ以外の特殊な資格は一つも必要ありません。また、タクシードライバーの仕事は人手不足状態ですから、よほどのミスをしない限り、会社をクビになることもありません。
今回は、タクシードライバー体験談について触れていきます。

1.タクシードライバーの仕事をしていると、普段関わることがないような仕事の人と会話することができ、毎日刺激をもらえます。タクシードライバーになってから退屈だなと思ったことは一度たりともありません。タクシードライバー最高です。 BY 30歳男性

2. タクシードライバーの仕事で、たくさんのお客様をタクシーに乗せ、他の業種では考えられない歩合給を手にして、年収500万円~1000万円の所得を得るビジネスマンになることができました。こんなにも高収入を得ていると、自分自身に劣等感を持つことなく自信を持って生きることができます。おかげで充実した人生を送ることができています。 BY 40歳男性

3.タクシードライバーの仕事を始めてから、月18日の休みをもらうことができています。タクシードライバーの業務がない休みの日は、自己研鑽や趣味を堪能すること、家族サービスにしっかりと打ち込むことができています。そのこともあって、家族との関係も良好ですし、私自身のスキルもアップしていますし、私の趣味の充実度合いも過去にないレベルに到達しています。 BY 30歳男性

4.タクシードライバーの仕事は、自分のペースで開始して、自分のペースで休めます。自分の裁量で仕事をすることができて最高です。自分の裁量で仕事をすることで、ただ時間が過ぎるのを待つことで給料をもらうのではなく、仕事で成果を出して給料をもらう感覚を持つことができました。タクシードライバーの仕事をすることで、仕事に対する意識が変わったように思います。 BY 30歳男性

5.さまざまな職種のお客さんと毎日コミュニケーションをとっているうちに、誰とでも瞬時に仲良くなることができる能力が身についたので、タクシードライバーの仕事に就いて本当によかったです。この自分自身に身についたコミュニケーション能力は、タクシードライバー以外の仕事にも役に立つはずなので、自分の将来は明るいと思いますね。ちょっとばかし、ポジティブすぎるかな。 BY 40歳男性

6.タクシー乗り場でボケーと時間をつぶしているときが、一番幸せだなーと感じる時間です。タクシードライバーは、仕事中ずっとあくせく働かなくても良いので、まったり仕事をしたい自分には天職です。まあ、そんなことを言っているから、自分は月収30万円~50万円程度の給与しか得られないタクシードライバーだったりするのですけどね。 BY 50歳男性

7.タクシードライバーの仕事を長期間していると、どの場所に行けばタクシーを利用してくれるお客さんがいるのかが分かるようになり、自分のタクシーにたくさんのお客さんを乗せることができるようになってきます。自分のタクシーにたくさんのお客さんを乗せることができるようになってからは、月収60万円を毎月稼ぐことができるタクシードライバーとして日本に君臨してます。 BY 50歳男性

8.タクシードライバーの仕事をしていて、お客様からありがとうの言葉をもらうたびに心が温かい気持ちになって、タクシードライバーの仕事に就いてよかったなーの気持ちを持つことができます。この気持ちを持てるようになってから、いろいろな人に優しくすることができるようになり、タクシー会社の上司さんにも感謝の気持ちを持てるようになりました。 BY 40歳男性

9.タクシードライバーは、常に一人で行う仕事なので、上司に見張られながら仕事をすることが嫌な自分には天職となっていますね。でも、上司に見張られていないことをいいことに、タクシードライバーの仕事をサボると、月収20万円~30万円の、稼げないタクシードライバーになってしまうので要注意ですよ。 BY 20歳男性

10 .タクシードライバーの仕事は、タクシーにお客さんを乗せ、1日中タクシーを運転するだけで月収50 万円の所得がもらえます。仕事で大きなプレッシャーを感じることもなく、自分が満足できる額の給与をもらえる最高の仕事です。今の仕事に不満を感じている人はタクシードライバーに転職することを一考してみては? BY 30歳男性

11.何百キロもの長距離をタクシーで移動するお客様を獲得すると、1日で10万円~30万円をお客様から受け取ることになり、タクシー会社から自分が腰を抜かすほどの歩合給を受け取ることができちゃいます。この経験をすると、タクシードライバーの歩合給の魅力に取り付かれてしまい、タクシードライバー以外の仕事に就けなくなってしまいます。 BY 50歳男性

これら11個のタクシードライバー体験談から分かったことは、タクシードライバーの仕事は他の仕事よりも給与も年間休日も多く、仕事の充実度も高い仕事だということ。この現状から、同世代よりも優れた待遇で働きたい人は、今の恵まれない仕事をさっさとやめて、恵まれた仕事のタクシードライバーの仕事に就くことをおすすめします。

ドラピタ

ドラピタ

トラック運転手学歴不問の理由10選

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手の正社員の仕事に就くには、高卒以上の学歴が必要不可欠となっていると思い込んでる日本人が多くいますが、実際にトラック運転手の正社員の内定を得るには、中卒以上の学歴と普通自動車第一種免許の資格を所持していればOKだったりします。ですが、中卒よりも大卒のほうが数段優秀だろうと思っているトラック運送会社の面接官は多いですから、大卒の学歴を所有しているとトラック運転手の正社員の仕事に簡単に就くことができてしまいます。
今回は、トラック運転手学歴不問の理由10選に触れていきます。

1.トラック運転手の業務にコネが必要ないから

多くの大企業の営業職で大卒が雇用される理由は、大卒の営業マンに大学のコネを利用して多くの契約を獲得して欲しいから。この前提が大企業に存在しているので、大企業の正社員になるには大卒であることが必須になっていますが、トラック運転手の業務は、トラックを用いて商品を目的地まで送り届けることのみとなっているので、何のコネも必要ありません。

2.トラック運転手の正社員が人手不足

いまや、多くの人が大企業の正社員になりたい、自動車を運転する仕事には就きたくないとごねることが影響し、トラック運転手の正社員が人手不足状態に陥っています。この現状を打破したいトラック運送会社の多くは、大卒だけではなく、高卒や中卒の人を自社のトラック運転主として積極的に雇用しています。

3.正社員の仕事に就いたものの、すぐに正社員の仕事を投げ出す大卒が増加中

多くの大卒の人は、ありとあらゆる仕事に就ける選択肢があるせいか、少しでも正社員の仕事に気に入らないことがあると、すぐに離職してしまいます。こういう大卒を、自社のトラック運転手の正社員として雇用して痛い目にあっているトラック運送会社は、大卒以外の高卒や中卒を積極的に雇用しています。

4.トラック運転手の正社員の仕事に学力は不要

トラック運転手の正社員の仕事に必要な能力は、トラックを長時間運転することができる体力と、1日10時間以上の仕事を月20日行える精神力と、一人で黙々とひとつの業務を遂行できる集中力の3つであり、学力はまったく不要です。このことを知っているトラック運送会社の面接官は、学歴をトラック運転手の正社員の採用基準にはしていません。

5.トラック運転手の正社員の採用基準は、トラック運転手の業務に必須の資格を持っているかどうか

トラック運転手の正社員の採用基準は、大学を出ているかではなく、普通自動車第一種免許を所持しているかや、中型自動車免許を所持しているか、大型免許を所持しているかとなっています。中卒や高卒でも普通自動車第一種免許や中型免許、大型免許を所持していれば、簡単にトラック運転手の正社員の仕事に就くことができます。

6.20代、30代のトラック運転手を雇用したいトラック運送会社の増加

大卒の優秀な人を雇用したいとこだわっていると40代以上のトラック運転手しか雇用することができません。20代、30代のトラック運転手を雇用したいトラック運送会社は、大卒以外の高卒や中卒の人を自社のトラック運転手として雇用するようになっています。

7.トラック運転手の仕事に就くことが夢の人を雇用したいトラック運送会社の増加

大企業に就職できないからトラック運転手の仕事に就く人は、少しでもよさそうな正社員の内定を得るとすぐにトラック運転手の正社員の仕事をやめてしまいます。一方、トラック運転手の仕事に就くことが夢の人は、少しでもよさそうな正社員の内定を得ても、トラック運転手の正社員の仕事を辞めることはありません。このことを知っている多くのトラック運送会社は、トラック運転手の仕事に就くことが夢の人を積極的に自社のトラック運転手として雇用しています。

8.そもそも、就職活動は縁

就職活動は学歴がすべてだと思われがちですが、企業と縁があれば大卒でなくても正社員の内定をもらうことができますし、企業と縁がなければ大卒であっても正社員の内定をもらうことができません。この実情から、OO社の内定を得るには、是が非でもOO卒の学歴が必要だと決め付けることはできません。

9.トラック運送会社は、お金に対する執着心が強いトラック運転手を求めている

お金に対する執着心が薄いトラック運転手の正社員は、仕事でいやなことがあるとすぐにトラック運転手の正社員の仕事を離職していまいます。お金に対する執着心が強いトラック運転手の正社員は、仕事でいやなことがあっても、すぐには離職しません。この実情を知っているトラック運送会社は、お金に対する執着心が強い人を自社のトラック運転手の正社員として雇用しています。

10.トラック運転スキルが高い人を雇用したいトラック運送会社の増加

トラック運転スキルが低い人は、トラックで事故を起こしてしまい、トラック運送会社に莫大な損害を与えますが、トラック運転スキルが高い人は、トラックで事故を起こさないため、トラック運送会社に損害を与えません。この実情から、多くのトラック運送会社は学歴問わず、トラック運転スキルが高い人を自社のトラック運転手として雇用しています。

ドラピタ

ドラピタ

タクシードライバー学歴不問の理由10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの正社員になるには、最低でも高卒以上の学歴が必要であるとほとんどの日本人が思い込んでいますが、実際にタクシードライバーの正社員の内定を得るには、高卒や大卒の学歴すら必要なく、普通自動車第一種免許と中卒の資格を所持していれば十分なのです。ただ、中卒よりも高卒のほうが優秀だと思い込んでいるタクシー会社の面接官は多いですから、高卒の学歴を持っているとタクシードライバーの正社員の内定を容易にGETすることができます。
今回は、タクシードライバー学歴不問の理由10選に触れていきます。

1.タクシー会社の面接官は、学歴=優秀さにならないことを知っている

今の時代、高校や大学は誰でも卒業することができることを知っているタクシー会社の面接官が増加するとともに、中卒の人でも容易にタクシードライバーの正社員の内定を得られるようになっています。この現状から、学歴が低く、正社員の職に就きたい気持ちが強い人は、タクシー会社の正社員の仕事を就くことを自分の選択肢に入れることをおすすめします。

2.タクシードライバーの業務に学力が必要ない

タクシードライバーの業務に必要な能力は、自動車を運転するスキルと、人を不快にさせない容姿、誰とでも仲良くなれるコミュニケーションスキルの3つとなっています。学力はタクシードライバーの業務に全く必要ありません。この現状から、日本のタクシー会社のほとんどは、学歴を自社のタクシードライバーの正社員の採用基準にはしていません。

3.タクシードライバーの正社員は人手不足

タクシードライバーの正社員は人手不足状態となっていますから、自社のタクシードライバーは大卒しか雇わないと決め付けてしまうと、日本のタクシードライバーの正社員不足が加速することになります。この現状から、日本タクシー会社のほとんどは、大卒以外の高卒や中卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として積極的に採用しています。

4.タクシー会社の多くは、タクシードライバーの業務に必須の資格を保持している人材が欲しい

タクシードライバーの業務は、普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許の2つを所持している人しか行うことができません。多くのタクシー会社は、学歴よりもタクシードライバーの業務に必須の資格(普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許)を所持している人に、自社のタクシードライバーの正社員の内定を出しています。この現状がありますから、何が何でもタクシードライバーの正社員の内定が欲しい人は、必須の資格(普通自動車第一種免許と普通自動車二種免許)を所持しておきましょう。

5.若い人を雇用したいタクシー会社の増加

高学歴の40歳以上の人よりも、30歳以下の学歴が低い人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用したいタクシー会社が増加しています。そのため、学歴が低い人でも年齢が30歳以下であれば、容易にタクシードライバーの正社員になることができます。この現状から、何が何でもタクシードライバーになりたい人は、20代のうちにタクシードライバー正社員採用面接を受けましょう。

6.自動車運転スキルが高い人が欲しいというタクシー会社の本音がある

学歴は高いが自動車運転スキルが低い人は、タクシードライバーの業務をきっちりかっきりこなすことができない。学歴は低いが自動車運転スキルが高い人は、タクシードライバーの業務をきっちりかっきりとこなすことができる。そうした実情を多くのタクシー会社が知っているので、何が何でもタクシードライバーになりたい人は、毎日自動車を運転して運転スキルを高めておきましょう。

7.学歴が高い人がタクシードライバーの仕事を選ばないから

学歴が高い人は、誰もが知っている会社の正社員になる傾向が高く、タクシードライバー正社員の職に就くことがありません。そのため、多くのタクシー会社は、大卒以外の人を自社のタクシードライバーとして積極的に採用しています。大卒以外の人も積極的にタクシードライバーの正社員採用面接を受けて、夢のタクシードライバーの正社員になりましょう。

8.タクシー会社は、熱意あるタクシードライバーを欲しているから

日本のタクシー会社は、学歴が高く、タクシードライバーの仕事に熱意を持っていない人よりも、学歴が低くてもタクシードライバーの仕事に熱意がある人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。タクシー会社の面接官に、自分がどうしてタクシードライバーになりたいかを熱烈にアピールをして、夢のタクシードライバーの正社員になりましょう。

9.タクシー会社は、お金を稼ぎたい気持ちが強いタクシードライバーを欲しているから

日本のタクシー会社は、お金を稼ぐ気持ちが低い大卒の人よりも、月収50万円以上稼ぎたい気持ちが強い高卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。この現状から、タクシー会社の面接官に、自分がタクシードライバーになって多額の給料を稼ぎたい理由をアピールすることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。

10. タクシードライバーの仕事をやめない人を欲しているから

日本のタクシー会社は、自分の欲望をかなえるためにすぐに仕事をやめてしまう大卒の人よりも、組織のために仕事を頑張ってくれる高卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用したいと思っています。この現状から、自分がタクシードライバーの正社員として、長期間タクシー会社で働く意思があることをタクシー会社の面接官に伝えることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を獲得できます。

ドラピタ

ドラピタ

大卒でタクシードライバーになる人が増えている理由10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
大卒で人事職や事務職や工場職や公務員になっても月収20万円~25万円ほどしか稼ぎ出すことができません.。それで、大卒で月収50万円の給与を得たい人の多くは、月収50万円~100万円を稼げる仕事であるトラック運転手やタクシードライバーやフルコミの営業職の仕事に就く選択をしています。ですが、タクシードライバーの仕事で多数のお客さんを獲得することができなければ、月収50万円を稼ぐことができず、月収20万円のビジネスマンになってしまいます。今回は、大卒で、タクシードライバーになる人が増えている理由10選に触れていきます。

1.供給過多の業種で正社員の内定を獲得することが難しいから

大卒であっても、供給過多の業種(求人倍率が低い仕事)の正社員の内定を獲得することは至難の業です。供給過多業種の正社員の内定獲得を諦めた人が、人手不足の業種(タクシードライバーやトラック運転手)の正社員の求人に応募して内定を獲得しています。このように臨機応変に正社員の内定を獲得する人がいる一方で、供給過多の業種の正社員の内定にこだわってしまい、なかなか内定を獲得できない人も多数います。

2.タクシードライバーは自由度が高いから

タクシードライバーは自分のペースで仕事をして、自分のペースで休憩を取ることができる仕事となっています。そのため、時間を決められて給料をもらう退屈な仕事をしたくない人がタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。ですが、タクシードライバーの仕事が自由度が高い仕事であることをいいことに、タクシードライバーの業務をサボってしまうと、いつまでたっても月収20万円のタクシードライバーのままです。

3.タクシードライバーの仕事は年間休日120日あるから

世間一般の月収100万円稼げる会社の多くは、年間休日が80日ほどで、プライベートを全く重視することができず、仕事漬けの人生を送ることになります。この地獄のような生活を送ることを避けたい大卒の人の多くは、年間休日120日が保障されているタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。

4.タクシードライバーは月収50万円以上を稼ぐことができるから

大卒なのに、月収20万円~30万円ぽっきりしか稼ぐことができない仕事に就くことだけは避けたいと思っている人は、月収の安い仕事に就くことをやめて、月収50万円以上の給与を得られるタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このタクシードライバーの正社員の内定を得るには、学歴よりもタクシードライバーになりたい気持ちが重要となっていることをお忘れなく。

5.他の大卒者とは違う仕事をしたい人の増加

大卒で、大企業の総合職の仕事に就くという、周りと同じことをする人生に魅力を一切感じない人の多くは、大企業の内定を蹴って、新卒でタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような行動を取る大卒者の多くが、タクシードライバーの仕事で多くのお客様を獲得することに成功し、年収600万円~800万円の所得を得ています。

6.タクシードライバーは50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者の減少

今から10年ほど前は、タクシードライバーは50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者が多数いて、20代、30代の若い大卒者がタクシードライバーの仕事に就くことはあまりありませんでした。ですが、2018年現在では、タクシードライバーは20代、30代の人が就く仕事であると思っている大卒者が増加し、多くの20代、30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

7.タクシードライバーは月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者の減少

今から10年ほど前は、タクシードライバーは月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者が多かったことから、大卒でタクシードライバーの仕事に就く人はあまりいませんでした。ですが、2018年現在では、タクシードライバーは月収50万円~70万円を稼げる仕事であることが多くの大卒者に浸透し、多くの20代、30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

8.人間的に成長したい大卒者の増加

コミュニケーションスキルと卓越した空間把握スキルと自動車運転スキルの3つが、高いレベルで求められるタクシードライバーの業務を毎日こなしているうちに、人間的に成長することができるのがタクシードライバーの仕事です。そのため、人間的に大きく成長したい気持ちを持っている大卒者の多くは、タクシードライバーの正社員の仕事に就いています。

9.起業資金を貯めるためにタクシードライバーの仕事に就く大卒者の増加

タクシードライバーの仕事を3年すれば、貯金1000万円を貯めることも不可能ではありません。起業資金1000万円をサクッと稼ぎたい大卒者の多くがタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような選択をした大卒者の多くが、タクシードライバーからの独立後、年収2000万円~1億円を稼ぐビジネスマンとなり、大きな成功をつかむことができています。

10.タクシードライバーの仕事は気楽

ブラック企業の営業職だと、多数のお客様の契約を獲得しないと上司や社長からものすごい勢いで怒られてしまいます。タクシードライバーの仕事は、多数のお客様を獲得できなくても給料が安くなるだけで、上司や社長からものすごい勢いで怒られることがないので、とても気楽です。

ドラピタ

ドラピタ