トラックマン

トラック専門サイト

大卒でタクシードライバーになる人が増えている理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
大卒で人事職や事務職や工場職や公務員になっても、月収20万円~月収25万円ほどしか稼ぎ出すことができませんから、大卒で月収50万円の給与を得たい人の多くは、月収50万円~月収100万円稼げる仕事であるトラック運転手やタクシードライバーやフルコミの営業職の仕事に就く選択をしています。ですが、タクシードライバーの仕事で多数のお客さんを獲得することができなければ、月収50万円を稼ぐことができず、月収20万円のビジネスマンになってしまいます。今回は、大卒で、タクシードライバーになる人が増えている理由10選に触れていきます。

1.供給過多の業種で正社員の内定を獲得することが難しいから、

大卒であっても、供給過多の業種〔求人倍率が低い仕事〕の正社員の内定を獲得することは至難の業ですから、供給過多の業種の正社員の内定を獲得を諦めた人が、人手不足の業種〔タクシードライバーやトラック運転手〕の正社員の求人に応募して、人手不足の業種の正社員の内定を獲得しています。このように臨機応変に正社員の内定を獲得する人がいる一方で、供給過多の業種の正社員の内定にこだわってしまい、なかなか正社員の内定を獲得できない人も多数います。

2.タクシードライバーは自由度が高いから。

タクシードライバーは、自分のペースで仕事をして、自分のペースで休憩を取ることができる仕事となっていますから、時間を待って給料をもらう退屈な仕事をしたくない人がタクシードライバーの正社員の仕事についています。ですが、タクシードライバーの仕事が自由度が高い仕事であることをいいことに、タクシードライバーの業務をサボってしまうと、いつまでたっても月収20万円のタクシードライバーのままです。

3.タクシードライバーの仕事は年間休日120日あるから。

世間一般の月収100万円稼げる会社の多くは、年間休日が80日ほどで、プライベートを全く重視することができず、仕事漬けの人生を送ることになります。このような地獄生活を送ることを避けたい大卒の人の多くは、年間休日120日が保障されているタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。

4.タクシードライバーは月収50万円以上を稼ぐことができるから。

大卒なのに、月収20万円~月収30万円ぽっきりしか稼ぐことができない仕事につくことだけは避けたいと思っている人は、月収の安い仕事につくことをやめて、月収50万円以上の給与を得られるタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このタクシードライバーの正社員の内定を得るには、学歴よりもタクシードライバーになりたい気持ちが重要となっていることをお忘れなく。

5.他の大卒者とは違う仕事をしたい人の増加。

大卒で、大企業の総合職の仕事に就くという周りと同じことをすることに魅力を一切感じない人の多くは、新卒で大企業の内定を蹴って、タクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような行動を取る大卒者の多くが、タクシードライバーの仕事で多くのお客様を獲得することに成功して、年収600万円~年収800万円の所得を得ることができています。

6.タクシードライバーは、50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者の減少。

今から10年前は、タクシードライバーは50代以上の人がやる仕事であると思っている大卒者が多数いて、20代30代の若い大卒者がタクシードライバーの仕事に就くことはあまりありませんでしたが、2018年現在では、タクシードライバーは20代30代の人が就く仕事であると思っている大卒者が増加して、多くの20代30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

7.タクシードライバーは、月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者の減少。

今から10年前は、タクシードライバーは、月収20万円ほどしか稼げない仕事だと思っている大卒者が多かったことから、大卒でタクシードライバーの仕事に就く人はあまりいませんでしたが、2018年現在では、タクシードライバーは、月収50万円~月収70万円稼げる仕事であることが多くの大卒者に浸透して、多くの20代30代の大卒者がタクシードライバーの仕事に就いています。

8.人間的に成長したい大卒者の増加。

コミュニケーションスキルと卓越した空間把握スキルと自動車運転スキルの3つが高いレベルで求められるタクシードライバーの業務を毎日こなしているうちに、人間的に成長することができますから、人間的に大きく成長したい気持ちを持っている大卒者の多くは、タクシードライバーの正社員の仕事についています。

9.起業資金を貯めるために、タクシードライバーの仕事に就く大卒者の増加。

タクシードライバーの仕事を3年すれば、貯金1000万円ためることも不可能ではないですから、起業資金1000万円をさくっと稼ぎたい大卒者の多くがタクシードライバーの正社員の仕事に就いています。このような選択をした大卒者の多くが、タクシードライバー独立後に、年収2000万円~年収1億円稼ぐビジネスマンとなり、大きな成功をつかむことができています。

10.タクシードライバーの仕事は気楽。

ブラック企業の営業職だと、多数のお客様の契約を獲得しないと、上司や社長からものすごい勢いで怒られてしまいますが、タクシードライバーの仕事は、多数のお客様を獲得できなくても、給料が安くなるだけで、上司や社長からものすごい勢いで怒られることがないので、とても気楽です。

ドラピタ

ドラピタ