トラックマン

トラック専門サイト

タクシードライバー高卒でもなれる理由10選

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの正社員求人の応募基準は、学歴不問でタクシードライバーの仕事をしたい熱意を持っていることと普通自動車第一種免許を所持していることという基準を満たしているかどうかとなっています。中卒や高卒、大卒はタクシードライバーの正社員の採用基準には入っていません。ですが、タクシー業界も他の業界同様、年齢が若く、学歴が高ければ高いほど重宝されています。どうしてもタクシードライバーの正社員になりたい人は、年齢が若いうちにタクシードライバー正社員採用面接を受けましょう。今回はタクシードライバーが高卒でもなれる理由10選について触れていきます。

1.タクシードライバー業界は高卒が一番有利

中卒だと、学校を辞めたときのようにタクシードライバーの仕事を辞めてしまうのではないかという不安から、タクシー会社は中卒者の雇用に積極的になることができません。高卒だと、しっかり高校を卒業していることだし、タクシードライバーの仕事を何十年も継続してくれるはずという期待から、タクシー会社は高卒者の雇用に積極的になることができます。

2.タクシードライバーになりたい気持ちが強い高卒をタクシー会社が欲している

タクシー会社は、タクシードライバーになりたい気持ちが強い人材を雇用したいという気持ちを持っています。タクシードライバー採用面接で自分がいかにタクシードライバーになりたいのかという熱い気持ちを面接官に伝えることができれば、高卒でもタクシードライバーの正社員になれます。ですが、タクシー会社の面接官に嫌われてしまうと、面接で何を言っても正社員として採用されることはありません。

3.普通自動車第一種免許を所持している高卒をタクシー会社が欲している

タクシードライバーの業務に必須となっている普通自動車第一種免許を所持し、ペーパードライバーではない人材であれば、80パーセント~90パーセントの確率でタクシードライバーの正社員になれます。また、タクシードライバーの業務に必須の普通自動車第二種免許については、タクシードライバーの正社員採用後に、所属しているタクシー会社が取得費用を全額負担してくれます。

4.普通自動車第二種免許を所持している高卒をタクシー会社が欲している

多くのタクシー会社は、自社の社員の普通自動車第二種の取得費用30万円を浮かせたいと思っています。そのため、普通自動車第二種免許を所持している高卒の人を積極的に自社のタクシードライバーの正社員として採用しています。この現状から、何がなんでもタクシードライバーの正社員になりたい人は、普通自動車第二種免許を所持しておくことをおすすめします。

5.就職活動は運ゲー

タクシー会社に限らず、ほとんどの会社の正社員の内定は、面接官に好かれれば容易にGETすることができますし、面接官に嫌われれば容易にGETすることはできません。就職活動は運ゲーでしかありません。この現状から、中卒であっても高卒であっても、タクシー会社の面接官に好かれれば容易にタクシー会社の正社員になることができます。

6.大きな志を持っている高卒を欲するタクシー会社が多い

家を買いたい、大切な家族を養って生きたい、自分の車を持ちたい、海外に行く費用を貯めたいなどの大志を持っている人の多くは、それを達成するためにガムシャラに仕事を頑張ります。そのため、多くのタクシー会社は大志を持っている人に、自社のタクシードライバーの正社員の内定を出しています。この現状から、タクシー会社の面接では、自分が大志を持っていることを必死にアピールすることこそが、タクシードライバーの正社員の近道だと思います。

7.奨学金の借金や家のローンがある人を欲するタクシー会社が多い

奨学金の借金や家のローンがある人は、借金を返済するまで仕事をやめる選択をすることがありません。ですから、多くのタクシー会社は奨学金の借金や家のローンがある人を自社の正社員として採用しています。この現状から、タクシードライバーの正社員の志望動機が何にも思い浮かばない人は、奨学金の借金を返済するためにタクシードライバーになりたいと、タクシー会社の面接官に素直に伝えましょう。

8.高学歴の人材よりも、負けず嫌いな人材を欲するタクシー会社が多い

学歴が高く、やる気がないタクシードライバーはお客様を獲得することができず、タクシー会社の負債社員になってしまいます。ですから、多くのタクシー会社は高卒でやる気がある有能なタクシードライバーを自社の正社員として採用しています。この現状から、どうしてもタクシードライバーの正社員になりたい人は、タクシー会社の採用面接では、自分がいかに負けず嫌いなのかをアピールしましょう。

9.タクシードライバーになろうとする大卒が少ない

多くの大卒は、タクシードライバーは大卒が就く仕事ではないと勝手に思い込んでいることが影響して、タクシードライバー業界は未来ある若い人が不足しています。そのため、高卒で30歳以下の人であれば、問答無用でタクシードライバーの正社員の内定をGETすることができます。この現状から、どうしても正社員の内定を得たい人は、タクシードライバーの正社員の求人に応募しましょう。

10.タクシードライバー業界はに世代交代の時期が来ている

今タクシー業界では、60代のタクシードライバーがこぞって定年退職しています。タクシー会社は自社のタクシードライバー不足を補うために、学歴問わず20代~40代の人を積極的に自社のタクシードライバーとして採用しています。この現状から、20歳~40歳でタクシードライバーの正社員になりたい人は、タクシードライバーの正社員の求人に応募することをおすすめします。

ドラピタ

ドラピタ