トラックマン

トラック専門サイト

タクシードライバー中卒でもなれる理由10選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
タクシードライバーの業界は未曾有の人手不足の状態に陥っていますから、タクシー会社のほとんどはやる気のある普通自動車第一種免許を所持している中卒の人を自社のタクシードライバーの正社員として雇用しています。ですが、中卒に寛容なタクシードライバーの世界でも、普通自動車第一種免許を所持していない中卒の人を自社のタクシードライバーとして雇用しませんから、どうしてもタクシードライバーになりたい中卒の人は普通自動車第一種免許を取得することをおすすめします。今回は、タクシードライバー中卒でもなれる理由10選に触れていきます。

1.高卒、大卒だからといって、優秀とは限らない。

2018年現在では、金さえされば猫も杓子も高校と大学に行くことが可能になっている世の中ですから、高卒大卒だからといって優秀な人材とは限りません。このことを知っている多くのタクシー会社は、優秀ではない高卒と大卒の人を雇用することを避けて、優秀で自発的に動くことができる中卒の人材を積極的に雇用していますから、中卒であることに引け目を感じてタクシードライバーの正社員の仕事に応募すること躊躇する必要はありません。

2.タクシー業界は深刻な人手不足。

20代~30代の若者は、楽な仕事をしたい意欲〔自動車を運転することをしたくない〕が強くなっていることもあって、四六時中タクシーと呼ばれる自動車を運転しなければいけない仕事に就こうとする20代~30代の若者が減少していまい、タクシー業界は深刻な人で不足状態に陥っていますから、タクシー会社の多くは多数の中卒の人を自社のタクシードライバーとして雇用しています。

3.就職活動は縁。

就職活動は、能力がすべてだと思われがちですが、能力が低くても、面接官にこの人と一緒に働きたいと思わせることができれば、容易に正社員の内定を手にすることが可能です。また、タクシードライバーの就職活動も同様で、タクシー会社の面接官にこの人と一緒に働きたいと思わせることができれば、タクシードライバーの正社員の内定を手にすることができます。

4.タクシー会社は職歴と学歴をあまり重視しない。

タクシー会社の多くは、職歴と学歴をまったくというほど重視しておらず、コミュニケーション能力が高いことや自動車運転スキルが優れていることや必要最低限のルックスを有していることを重視していますから、中卒だからといって、タクシードライバーの正社員になることを諦めてはいけません。ですが、中には学歴を重視するタクシー会社もありますから、高卒程度の学歴を有しておいてもよいでしょう。

5.タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人を雇用したいタクシー会社は多い。

タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人の多くは、タクシードライバーの業務を長期に渡って遂行してくれる人が多いですから、一人の人材に長期間タクシードライバーとして活躍してほしい気持ちを持っているタクシー会社は、タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人を積極的に正社員雇用しています。ですが、タクシードライバーの仕事に情熱を持っている人であっても、タクシー会社の面接官に嫌われてしまうと、タクシードライバーの正社員の内定をGETすることができます。

6.中卒だから、逢えて雇用される。

中卒の人は、高卒や大卒の人のように、簡単に正社員の職を手にすることができないことを知っていますから、一度正社員の職についたら、正社員の仕事を離職することはほとんどありません。この現状を知っているタクシー会社は、すぐに仕事を離職する可能性がある高卒や大卒を雇用することをやめて、長期間仕事を続けてくれる中卒を自社の正社員として雇用しています。

7. 20代の中卒はタクシー業界では重宝にされる。

2018年現在のタクシー業界は、40歳以上のおじさんタクシードライバーが多くを占めていて世代交代ができていない状況下にありますから、世代交代を図りたいタクシー会社の多くは、20代の中卒の人を自社の正社員として雇用することに積極的です。ですが、20代の中卒の人は、学歴不問のベンチャー企業に就職する傾向が強く、タクシー会社のタクシードライバーの正社員になる選択をする人があまりいないため、タクシードライバーの人手不足問題は解決されていません。

8.タクシードライバーにエリートはいらない。

タクシー会社の求めている人材は、コミュニケーションが高く、自動車の運転が上手い人材であって、大卒で無駄にプライドが高いだけで仕事がなにもできない人材ではありませんから、己の中卒の学歴を卑下せずに、中卒の人は思い切って、タクシードライバーの正社員採用面接に応募しよう。

9.中卒はハングリー精神が強い。

中卒はハングリー精神が強く、月収50万円以上の給与を手にして、大卒を見返してやる気持ちを持っていますから、仕事を本気で頑張ってくれる人材を雇用したいタクシー会社は、ハングリー精神が強い中卒を積極的に自社の正社員として雇用しています。

10.ルックスがすべて。

タクシードライバーの仕事は、接客業であり、お客さんを不快にさせない必要最低限のルックスが求められていますから、中卒でルックスがよく、人に好印象を与える人であれば、自社の社員のルックスにこだわるタクシー会社から正社員の内定を得られます。

ドラピタ

ドラピタ