トラックマン

トラック専門サイト

セールスドライバーに向いている人ってどんな人?

f:id:truck_sa:20190603143840j:plain

セールスドライバーは配達、集荷、集金、さらには営業も行うドライバーです。活躍する場は、例えば通販の配達です。今は多くの国民が通販を利用しているので、そんな国民の生活に貢献しているのがセールスドライバーだと言えます。通販を行っている店舗や会社と交渉して「ウチが運送を請け負いますよ」と契約するのも仕事です。

収入は、正社員の場合は年収300万円~年収400万円ほどと言われています。勤務先、勤務形態でも異なりますが、正社員であれば「基本給+歩合給」となっていることも多く、荷物をたくさん運ぶだけ、または契約本数を増やすだけ、給料が上がるようです。

ただ、ほかのプロドライバー同様、セールスドライバーも人手不足が続いています。通販は件数も多く、しかも中には冷凍品やら時間指定やら厄介な荷がある上、再配達なんてことも日常茶飯事で、セールスドライバーは食事している時間もないほど「キツイ仕事」と言われています。
そんなわけでセールスドライバーは人手不足が続いているようですが、それだけにいつも求人広告が出ています。運転免許、それも中型以上ならなお良いですが、それとやる気さえあれば、誰にでも就職のチャンスがあるわけです。

しっかりした収入を求めていて、セールスドライバーという職業に少しでも興味があり、下記項目の多くに当てはまる人は、セールスドライバーの求人に応じてみましょう。人生の新しい可能性が開けるかもしれませんよ。
もちろんその際は、ドライバー専門の求人サイトで、納得できる職場環境の会社を探しましょう。

1. 接客が得意な人

セールスドライバーはその名の通り、営業職でもあります。店や企業と契約を結ぶことも仕事です。また、契約本数を増やすことが収入を増やすことにもなりますから、この仕事は重要です。
営業であるからには、自社のサービスを的確にプレゼンし、相手の気持ちを引き付けなければなりません。そのための話術も重要になります。
話術と言っても、別にお笑い芸人やアナウンサー、ホストクラブのホストのような話術が求められるわけではありません。朴訥な話術でも、相手に好感を抱かせると、契約がうまくまとまる可能性も高くなります。

f:id:truck_sa:20190603134740p:plain
接客のコツを学ぼう

2. 苦境に立つと燃える人

セールスドライバーの仕事はキツイです。1日に100件以上荷物を届けることもあります。
さらに繁忙期なんてものがあります。お中元やお歳暮の時期、6月~8月、11月~年末年始がかなり忙しくなります。それでも元気よく、明るく荷物を届けたいものです。
それだけに、苦しいことがあると逆に気持ちが奮い立つくらいの人のほうが、この仕事に向いていると言えます。

f:id:truck_sa:20190603134840p:plain
苦しければ苦しいほど燃える!

3. 単純な仕事ではなく、フクザツな仕事にやりがいを感じる人

セールスドライバーを単なる「運転手」「運び屋」と思うのは大間違いです。一般的なトラックドライバーは主に「荷物を届ける」だけが仕事ですが、それ以上にいろいろいろやることがあるのがセールスドライバーです。
集荷、営業、集金、クレーム対応など、作業は多岐に渡ります。逆に言うと「ただ荷物を届けるだけの単純な仕事じゃつまらん」と考える、野心的な人にとっては、いろいろな作業をこなすセールスドライバーの仕事はうってつけです。
いろいろな作業をモタモタやっていてはいつまでも仕事が終わらないので、これを的確に、なおかつスピーディにこなさなければいけません。それだけのことをこなすセールスドライバーの仕事を1人前にできるようになれば、職業人としての能力の高さを証明できることにもなります。その積み重ねで、社内で出世することも、人間的な成長を自覚することもできるでしょう。

f:id:truck_sa:20190603134933p:plain
「何でもやります!」

4. 体力に自信のある人

セールスドライバーは1日に100件以上荷物を届けることもある上、エレベーターのないマンションの最上階に、飲料の入った段ボールを運ぶこともあるでしょう。こうした仕事を元気よく明るくこなすには、筋力、気力、体力が必要です。
今は体力に自信がなくても、若ければ、仕事をしているうちに体力もついていくかもしれないので、あきらめないで!

f:id:truck_sa:20190603135030p:plain
体を鍛えろ!

5. 日ごろから体を鍛える人

運転席に座っていることも多いプロドライバーは、セールスドライバーに限らず腰痛になりがちです。いわんや、重い荷物を持ち運ぶことのあるセールスドライバーをや、です。
腰痛対策としては、体にフィットしたクッションを腰に当てるなどの方法や、腰への負担が減る荷物の持ち方の習得などがあります。加えて、日ごろから体を鍛えると、なお効果的です。
セールスドライバーは体力仕事でもあるので、体を鍛えておくと仕事での疲れも軽減でき、それによってストレスも減って、より安全運転に集中できるでしょう。

f:id:truck_sa:20190603135114p:plain
腰痛対策は万全に

6. 運転が好きな人

セールスドライバーもプロドライバーなので「運転が好き」は大前提です。「運転が苦手」「運転が苦痛」という人は避けたほうがいいでしょう。
「運転が不得意」という人は「好きこそものの上手なれ」ということわざを信じて精進しましょう。
ただ「運転が好き」と言っても、好きなあまり、「運転は楽しい」という思いにとらわれないようにしなければいけません。「俺の楽しい運転を邪魔するヤツは許さない」と思い上がると、あおり運転をするような危険な輩に成り下がってしまいます。

7. 安全運転を遵守できる冷静な人

あらゆるドライバーが徹底しなければいけないのが安全運転です。いわんや、プロドライバーをや。
とは言うものの、急いでいるのに前を走る車がチンタラしていたり、早く仕事を終わらせて家に帰り、ゆっくり寝たいのに渋滞にはまったり、荷物を届けた先の人が不愛想な上にドアを閉め際に舌打ちなんかをして、知らず知らずのうちにイライラしてくるのが人間というもの。
そんなときでも冷静沈着で、怒りを運転にぶつけたりせず、いつもと変わらぬ安全運転を。

8. ノルマをやりがいに思える人

営業所によっては営業ノルマがあるところもあります。ノルマを達成できないと、苦しい思いをします。心が折れたりもします。給料も上がりません。
しかし、ノルマを達成すると、自己の能力の高さを自己認識できる上、給料もアップするので、こんなにうれしいことはありません。
ノルマとは目標です。目標を掲げ、これに向かって努力することで人は高みに到達できます。世の中の多くの営業職が、この高みを目指して奮闘しています。

f:id:truck_sa:20190603135156p:plain
高みを目指せ!

9. 残業を気にしない人

職場にもよりますが、セールスドライバーは労働時間や残業時間が長いことが多いです。
荷の仕分け方、トラックへの効率的な積み込み方、配達先や集荷先への道順など、作業手順をしっかり身に着けていない新人は、ベテランドライバーの倍くらいの時間がかかってしまいがちです。
それに、ベテランにも残業はあります。「セールスドライバーには残業がつきもの」と覚悟するしかありません。せめて、それ相応の残業代が出る会社を探しましょう。

10. イメージにこだわらない人

セールスドライバーのようなトラックドライバーの仕事は、近年では労働環境の改善も進んでいる現状があるにも関わらず「労働時間が長い」「休めない」「労働環境が劣悪」「ドレイのように働かされる」などのイメージがついてしまっています。
こうしたマイナスイメージが世間に広まってしまっているようですが、不特定多数の考えをそう簡単にどうにかできるわけじゃありません。それはそれ、ってことで、セールスドライバーという仕事に興味があるなら、その自分の心に従うべきです。