トラックマン

トラック専門サイト

大卒でトラック運転手になる人が増えている理由10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
今日本では、事務職や人事職の月収が20万円~25万円程度と相場が決まっているため、事務職や人事職の仕事ではいつまでたっていも社会の底辺から抜け出すことができませんから、社会の底辺からいち早く抜け出したいと思っている大卒は、月収25万円~50万円のお金を稼ぎ出すことができる大型トラック運転手や中型トラック運転手の仕事に就いています。今回は、大卒でトラック運転手になる人が増えている理由10選について書いていきます。

1.トラック運転手の正社員は安定だから。

スタートアップの会社やベンチャー企業の多くは、一年~5年以内の間に会社が倒産してしまう恐れがあるため、大卒の人が求めている人が求めている安定がありませんから、安定を求めている大卒の人は、何十年も正社員として働ける運送会社のトラック運転手の正社員の仕事についています。ですが、トラック運転手は、トラックの運転を毎日を行わなければいけませんから、トラックの運転が好きな人しか務まらない厳しい現状があります。

2.トラック運転手の仕事は就職難易度が高くない。

大型免許や中型免許や普通自動車第一種免許を所持していない人が増加するとともに、大型トラック運転手と中型トラック運転手が深刻な人手不足状態に陥っていますから、就職がなかなかできない大卒の人は、トラック運転手の正社員の求人に応募してみるのも一考ですね。また、トラック運送会社は、自社の幹部候補になりうる優秀な大卒を募集していますから、大卒の看板があれば、トラック運転手の正社員になるのも容易です。

3.トラックを運転するのが大好きな大卒もいる。

トラックを運転することが三度の飯よりも大好きだという人は、大卒でしか就けないエリート系の仕事に就く選択をせずに、中型トラック運転手や大型トラック運転手の正社員の仕事に就くことを選択しています。

4.月収30万円以上の給与を得たい大卒の増加。

月収30万円以上稼ぎたい大卒の人の多くは、月収20万円~月収30万円の給与しか得られない仕事に就くことを避けて、月収30万円稼げる中型トラック運転手や月収50万円稼げるトラック運転手の仕事についています。また、中型トラック運転手や大型トラック運転手は、月収が高いだけでなく、賞与やその他手当ても充実しています。

5.貯金を増やしたい大卒の増加。

月収20万円で一人暮らしをすることを選んでしまった大卒の人は、一ヶ月に貯金を1万円ほどしかためることができず、いつまでたっても何のために仕事をしているのだろうという状況から抜け出すことができません。このような現状に陥りたくない大卒の人は、最初から月収30万円以上のお金を稼げる大型トラック運転手の正社員になる選択をとっています。

6.コミュニケーションをとりたくない大卒の増加。

コミュニケーションをとる事が好きではない大卒の多くは、他人とコミュニケーションをとる事が多い営業職やコンサルタント職に就くことを避けて、他人とコミュニケーションをとることがすくないトラック運転手の仕事につきます。ですが、他人とコミュニケーションをとる回数が少ないトラック運転手の仕事は、常に一人でいることが多いですから、寂しがりやには向いている仕事とはいえません。

7.一度はトラック運転手の仕事を体験してみたいと思っている大卒の増加。

今までは、トラック運転手以外の仕事を頑張ってきた大卒の人も、突然の心情の変化から、一度はトラック運転手の仕事を体験してみたいという思いをもち、今の仕事を退職して、トラック運転手正社員に転職します。このような流れでトラック運転手の仕事に就く大卒の人がもっと増えれば、トラック運転手の人手不足問題が解決されるはず。

8.就職活動を時間を費やすのが無駄だと気づいた大卒の増加。

就職活動に時間を費やすのが時間を費やすのが無駄だと気づいた大卒の人は、就職難易度が高い企業を受けることをやめて、就職しやすい運送会社のトラック運転手正社員の求人に応募して、見事トラック運転手の正社員の内定を手にしてます。また、トラック運転手の正社員の内定を手にする確率をあげるには、運送会社の面接官に普段から自動車を運転していることをアピールすることが重要となってきます。

9.年間休日100日が保障されている仕事に就きたい大卒の増加。

ブラック企業の営業職は年間休日が50日ほどとなっているため、プライベートも何もあったものではないことを知っている大卒の多くは、ブラック営業職を避けて、年間休日が100日以上が保障されているトラック運転手正社員の仕事に就きます。このような流れで就職活動を行う大卒の人が増えてきているため、トラック運転手の人手不足問題は解決されつつあります。

10.運送会社が大卒の人を積極的に採用している。

大卒の人は、卒業難易度が高い大学卒業をクリアしている根性がある人ですぐに仕事をやめないことを多くの運送会社は知っていますから、大卒の人を自社のトラック運転手の正社員として積極的にこようしています。このような流れができつつあるので、これからトラック運転手になりたい人は、積極的にトラック運転手の正社員採用面接をうけましょう。

ドラピタ

ドラピタ