トラックマン

トラック専門サイト

正社員になりたい人におすすめな仕事20選。

f:id:truckman:20171207131836p:plain
非正規雇用〔アルバイトやフリーター〕の給料では、いつまでたっても、大切な彼女と結婚に踏み切ることができないため、寂しい人生を送ることになりますから、大切な人を幸せにしたい人は、非正規雇用の仕事を退職して、正社員の仕事に就くことをおすすめします。また、正社員になれば、月収20万円~月収100万円の給料と年間休日120日と年2回の賞与を手にすることができますから、アルバイト時代では考えられない給与と休みを得られます。今回は、正社員になりたい人におすすめな仕事20選に触れていきます。

1.ルート営業

ルート営業は、既存の取引先の人に自社の商品を勧めるだけの仕事になっていますから、飛び込み営業やテレアポ営業のような厳しいノルマがなく、自分のペースでゆっくり仕事を行うことができます。ですが、ルート営業は飛び込み営業やテレアポ営業のような厳しいノルマがない代わりに、莫大な歩合給が存在していませんから、どんなにルート配送の仕事をがんばっても、月収20万円~月収40万円ほどしか稼げません。

2.社員2人~5人のスタートアップの正社員

社員2人~5人のスタートアップの会社は、いつ潰れるかわからない会社ということもあって、社員2人~社員5人のスタートアップの会社で仕事をしたい人はほとんどおらず、常に社員2人~社員5人のスタートアップの会社は人手不足状態に陥っていますから、社員2人~社員5人のスタートアップの会社の正社員の内定を手にすることはそんなに難しいことではありません。

3.週一休みの正社員。

多くの日本人は、週二日休みと月収30万円以上賞与ありの正社員で仕事をしたいと思っていることもあって、週一休みの会社の求人に応募する日本人はほとんどいませんから、週一休みの会社の正社員の内定を手にすることはとても簡単です。ですが、週一休みでは、休みの日に仕事の疲れをとるのみになってしまい、自分のプライベートを充実させることはできませんから、自分のプライベートを充実させたい人は週2日休みの会社で働くことをお勧めします。

4.年間休日120日が保障されている正社員。

年間休日120日が保障されている正社員は、週二日の休みの間に仕事のストレスをすべて取り除くことができますから、仕事をすることが辛いという感情を抱くことがほとんどありません。ですが、年間休日120日ある正社員の求人には、多くの求職者の応募が殺到しますから、年間休日120日ある会社の正社員の内定を手にすることはかなり難易度が高いものとなっていますね。

5.年間休日110日が保障されている正社員。

年間休日が110日が保障されている正社員は、年間休日120日の正社員のように、長期休暇をとることができませんが、確実に週2日を休むことができますから、年間休日110日を激務だと思い込んで、年間休日110日の会社の正社員の仕事に就くことを選択肢から外してしまうのはもったいないですね。また、年間休日110日の仕事は、トラック運転手やタクシードライバーや営業職や事務職や人事職などがあります。

6.介護職

介護職は、体の不自由な老人のお世話を長時間しなければいけない仕事ということもあって、楽な仕事をしたいひとが介護職の仕事につくことはほとんどありませんから、介護職の正社員の内定を手にすることは簡単です。ですが、介護職は、わがままな老人の要望をすべて聞かないといけませんから、寛容な気持ちを持っている人しか介護職の仕事を長期間続けることはできません。

7.事務職

事務職は、肉体的にも精神的にも楽な仕事ということもあって、楽な仕事をしたい人が事務職の求人に殺到しますから、事務職の正社員の内定を手にすることはとてつもなく難しいです。そんな事務職の正社員の待遇は、月収18万円~月収25万円と賞与1回と年間休日120日となっていて、労働者が長期間安定したメンタルで仕事ができる待遇のすべてがあります。

8.施設警備員。

施設警備員は、クーラーがかなり効いている施設で、一日8時間~12時間立っている仕事になっていますから、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかる仕事ではありません。そんな施設警備員の正社員の待遇は、月収17万円~月収26万円と年間休日110日~120日となっていて、労働者が大きなストレスを貯めることがなく、幸せなメンタルで仕事ができる待遇のすべてがあります。

9.フルコミの営業職

フルコミの営業職で契約をたくさん取れば、年収2000万円~年収3億円の給与を手にすることができますから、フルコミ営業で短期間で数億円のお金を稼いで、余生を遊んで暮らす生活を実現させることができます。ですが、フルコミの営業職は、契約を一つも取ることができないと、月収0円なんて月もありますから、ある程度の貯金がある人以外は固定給のある営業職の仕事に就くのが得策。

10.スタートアップ企業のプログラマー。

大企業のプログラマーになるには、知名度が高い学歴と多くの人を凌ぐプログラミング能力が必要となってきますから、学歴がない人は大企業のプログラマーになることはほとんど無理です。逆に、スタートアップ企業のプログラマーは、学歴不問で、それなりのプログラミング能力を所持していれば就ける仕事となっていますから、学齢がない人でもスタートアップ企業のプログラマーになることができます。

11.飲食店の正社員

飲食店の正社員の仕事は、拘束時間もかなり長く、仕事中常に動きっぱなしということもあって、飲食店の正社員の仕事のきつさに耐え切れなくなり、入社二ヶ月ほどで飲食店の正社員の仕事をやめてしまう人が多くいますから、飲食店の正社員の仕事は常に人手不足となっています。また、飲食店の正社員の待遇は、年間休日110日と月収25万円~月収50万円と年1回以上の賞与ありとなっています。

12.テレアポの営業マン。

テレアポの営業マンは、一日10時間~12時間ひたすら電話をかけ続ける作業を淡々と繰り返すものとなっていますから、電話をかける作業自体になれてこれば、自分の想像以上に楽なしごととなっています。また、テレアポの営業マンの正社員の待遇は、年間休日110日~120日と月収25万円~月収40万円と年二回の賞与ありとなっています。

13.自衛隊。

自衛隊〔公務員〕の仕事は、一日8時間みっちりと体を鍛える訓練を毎日繰り返すものとなっていますから、体を鍛えることが好きな人にぴったりな仕事となっています。しかも、自衛態は、公務員で、正社員のように会社がなくなって無職になるリスクがほとんどありませんから、自衛隊の仕事につけば、無職になることにおびえる必要がありません。そして、自衛態は人手不足の仕事となっていますから、自衛隊の職に就くのは難しいことではありません。

14.SEO対策。

SEO対策の仕事は、企業のホームページの内部リンクや外部リンクの対策をして、企業のホームページのグーグルの検索順位を上昇させることがメインとなっていますから、肉体的にも精神的にも負担が少ない仕事となっています。ですが、度重なるグーグルのアップデートに対応できないSEO企業が続出していることもあって、SEO対策の仕事は激減している現状があります。

15.小売業界の正社員。

小売業界の正社員は、ブラックであるのイメージを持っている若者の増加で、小売業会社は未曾有の人手不足に陥っていますから、小売業界の正社員の仕事に就くことは難しいことではありません。この小売業界の正社員の仕事の待遇は、月収18万円~月収40万円と年二回の賞与と年間休日110日ほどとなっています。

16.年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社。

年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社は、世間ではブラック企業と判断され、多くの日本人から勤める会社先から除外されていることもあって、年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社は常に人手不足に陥っていますから、年間休日60日ほどで、年収2000万円稼げる会社の正社員になる難易度はかなり低めとなっています。

17.自分の就きたい仕事の正社員になる。

年間休日や月収や賞与といった部分を重要視するのではなく、自分の就きたい仕事に正社員になる選択をするのが、自分が一番後悔しない選択といえます。ですが、どんなに自分の就きたい仕事と思っていても、実際に就きたい仕事の業務をしてみたら、自分のやりたいことではなかったなんてことも多いですから、自分の就きたい仕事に就くことよりも、年間休日や月収や賞与といった部分を重要視したほうがよい場合もあります。

18.残業代がもらえる仕事の正社員になる。

基本給に残業代が含まれている形を取って、残業をしても残業代を支払わない会社はブラック企業となっていますから、残業代がもらえない会社の正社員になることだけは避けましょう。逆に、基本給に残業代を含まない形を取って、残業をした時間に応じて、残業代を支払う会社はホワイト企業になっていますから、残業代がもらえる会社の正社員になることをおすすめします。

19.大型トラック運転手。

多くの日本人は、大型トラック運転手の業務を行うために必須の資格である普通自動車第一種免許を所持していませんから、大型免許を所持していれば容易に大型トラック運転手になることができます。この大型トラック運転手の待遇は、年間休日100日~110日と月収35万円~月収50万円と年二回の賞与となっています。

20.タクシードライバー

タクシードライバーの仕事は、40歳以上のおじさんが就く仕事というイメージが世間一般に広がっていることもあって、20台~40歳のタクシードライバーの人手不足が引き起こされていますから、20歳~40歳の普通自動車第一種免許所持の人は容易にタクシードライバーの仕事に就けます。このタクシードライバーの待遇は、年間休日110日と月収50万円と年1回~二回の賞与ありとなっています。

ドラピタ

ドラピタ