トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕10選。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕がトラック運転手の仕事に就くと、毎日10時間トラックの運転をすることが楽しくて仕方がなくなり、トラック運転手の仕事に就いてよかったと思うことができます。逆に、トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕がトラック運転手の仕事につくと、毎日10時間もトラックの運転をすることが嫌になり、トラック運転手の仕事に就いたことを公開するようになります。この二つの事例を判断材料とすると、トラック運転手は、トラックの運転が好きな人にぴったりな仕事と言えます。今回は、トラック運転手に向いている人〔適性がある人〕10選に触れていきます。

1.ストレス耐性がある人

トラック運転手の仕事は、週5日労働かつ年間休日110日固定かつ一日10時間労働固定となっていますから、ある程度ストレス耐性がある人しか、トラック運転手の仕事を長期で行うことができません。ですが、週6労働かつ年間休日50日かつ一日16時間固定のブラック企業で仕事をしている人もいますから、特別トラック運転手の仕事がストレス耐性が高くなければできない仕事というわけではありません。

2.ひとつのことに熱中することができる人

トラック運転手は、ひとつのことに熱中すること〔トラックの運転を行うこと〕ができる人に適性がある仕事と言えますから、三度の飯よりもトラックの運転が好きだという人は、今の仕事を辞めて、トラック運転手の仕事に就きましょう。ですが、トラック運転手の仕事を毎日していると、毎日トラックを運転することの繰り返しに飽きてきますから、トラックの運転手の仕事を楽しむには、トラックの運転以外の楽しみを見つけるしかありません。

3.月収30万円以上の給与を得たい気持ちが強い人。

大型トラック運転手やタンクローリードライバーの正社員の仕事は、月収30万円~月収50万円の給与と年二回の賞与を手にすることができますから、最低でも月収30万円以上の給与を得たいと思っている人は、大型トラック運転手やタンクローリードライバーの正社員の仕事に就くことをお勧めします。また、大型トラック運転手になるには、大型免許と普通自動車第一種免許が必須で、タンクローリードライバーになるには、大型免許と普通自動車第一種免許と危険物乙4種の資格が必須です。

4.一人で仕事をすることが好きな人。

トラック運転手の仕事は、一人でトラックを長時間運転する仕事となっていますから、他人に干渉されることを嫌い、一人で仕事を好きな人には、トラック運転手の仕事は向いています。ですが、孤独には絶対に耐えることができない寂しがりやの人が、トラック運転手の仕事についてしまうと、常に一人でいることに耐え切れなくなってしまい、トラック運転手の仕事を離職してしまいます。

5.どんな仕事にもハマることができる人。

どんな仕事にもハマることができる人であれば、トラック運転手の仕事のすべてにハマることができ、トラック運転手の仕事を長期間続けることができちゃいます。ですが、あの仕事はいやだ、この仕事は嫌だといっている人がトラック運転手の仕事につくと、トラック運転手の仕事の嫌な部分に耐え切れなくなり、トラック運転手の仕事をすぐに離職してしまいます。

6.目の前の仕事を本気でがんばれる人。

大きな夢を持たず、とりあえず目の前の仕事を本気でがんばれる人であれば、日々のトラックの運転も全力でがんばることができるし、配送先の人とも円滑な関係を築くことができます。逆に、目の前の仕事をがんばることができない人であれば、日々のトラックの運転を全力で頑張ることもできないし、配送先の人とのコミュニケーションも適当なものとなってしまいます。

7.養わなければいけない家族がいる人。

養わなければいけない家族がいる人は、どんなにトラック運転手の仕事をやめたくても、トラック運転手の仕事を辞めたら家族が路頭に迷うことになりますから、トラック運転手の仕事をやめることができません。そのため、養わなければいけない家族がいる人は、自分の一時の感情を抑え、長期間トラック運転手として、大活躍してくれることでしょう。

8.正社員で働きたい人。

大型自動車免許や中型自動車免許や普通自動車第一種免許を所持している人が減少していることが影響し、トラック運転手の仕事は未曾有の人手不足となっていますから、トラック運転手になりたい気持ちが強い人であれば、容易にトラック運転手の正社員の仕事に就くことができます。ですが、トラック運送会社の面接官に、こいつからは、トラック運転手になりたい熱意が伝わってこないとおもわれてしまうと、トラック運転手の正社員の内定を手にすることができません。

9.年間休日が110日ほしい人。

トラック運転手のほとんどの正社員は、年間休日110日以上の休みを得ていますから、最低でも年間休日110日はほしいと思っている人にトラック運転手の仕事はぴったりと言えます。また、大型トラック運転手と中型トラック運転手とタンクローリードライバーの年間休日が110日で、2トントラック運t年手の年間休日は120日ほどとなっています。

10.起業資金を1000万円ためたい人。

将来起業して大きな成功をするために起業資金1000万円ためたい人は、起業資金の1000万円がたまるまでは、トラック運転手の仕事を誰よりも頑張ることができますから、トラック運転手の仕事に適性があるといえます。ですが、起業資金1000万円をためたい人は、起業資金1000万円がたまると同時にトラック運転手の仕事を離職する選択をとりますから、運送会社の面接官の人は、起業意欲ある人を自社のトラック運転手として雇用することはあまりおすすめできません。

ドラピタ

ドラピタ