トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手は高卒でもなれる。

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手の仕事は、大変で年間休日も80日くらいないと思っている人が多くいるせいか、トラック運転手の仕事は常に人手不足状態に落ちっていますから、大卒でない高卒でも、普通自動車第一種免許を所持していれば、トラック運転手は高卒でもなることができます。ですが、高卒でも、トラック運転手面接時に、運送会社の面接官に、自分がペーパードライバーであることが悟られてしまうと、トラック運転手の正社員不採用通知になることがありますから、運送会社の面接官には、毎日自動車を運転していると言うのが最適です。今回は、トラック運転手は、高卒でもなれる理由10選に触れていきます。

1.トラック運転手の仕事は、学歴よりもペーパードライバーではないかどうかを重視する。

トラック運送会社の多くは、大卒で普通自動車第一種免許所持のペーパードライバーよりも、高卒で普通自動車第一種免許所持のバリバリ自動車を運転できる人を採用したいとおもっていますから、高卒でも自分のドライブスキルに自信がある人は、思い切って、トラック運転手の正社員の仕事に応募することをおすすめします。

2.トラック運転手の仕事は学歴よりも中型自動車運転免許と大型自動車運転免許を所持しているかどうかを重視する。

トラック運送会社の多くは、大卒で普通自動第一種免許を所持している人よりも、高卒で普通自動車第一種免許と中型免許と大型免許の3つを所持している人を採用したいとおもっていますから、高卒でトラック運転手になりたい人は、トラック運転手の正社員採用面接をうけるまえに、中型免許と大型免許を取得しておくのがよいでしょう。

3.トラック運転手の正社員になれるかどうかは運。

トラック運送会社の社長に気に入られれば、多少社会人のスキルだったり、トラック運転スキルがなかったり、大型免許と中型免許不所持でも、トラック運転手の正社員の仕事に就くことができます。逆に、トラック運送会社の社長に嫌われると、大型免許と中型免許所持で社会人スキルが抜群の人でも、トラック運転手の正社員の仕事に就くことができません。

4.トラック運転手になりたい気持ちを、トラック運送会社の面接官に伝えられるかどうか。

高卒で中型免許と大型免許を所持している人であっても、トラック運転手になりたい気持ちをトラック運送会社の面接官に伝えることができなければ、トラック運転手の面接官に、トラック運転手の仕事に熱意がない奴はすぐにトラック運転手の仕事をやめるだろうから、自社のトラック運転手の正社員にすることはできないと判断されてしまいます。逆に、高卒で普通自動車第一種免許しかもっていない人であっても、トラック運転手になりたい気持ちをトラック運送会社の面接官に伝えることができれば、トラック運転手の面接官に、トラック運転手の仕事にこんなにも熱意がある人は、何十年もトラック運転手の仕事をしてくれるだろうと判断されます。

5.若ければ若いほど、トラック運転手の正社員になりやすい。

40代になると、トラック運転手の正社員として働ける時間が20年しかないことが影響して、20代の人よりもトラック運転手の正社員になる難易度が高めとなっています。この現状があるため、高卒で年齢が若い人は、トラック運転手の正社員として働ける時間が40年以上あることが影響して、40代の人よりもトラック運転手の正社員になれるなれる可能性がかなり高い。

6.常にトラック運転手の正社員の求人がでている運送会社に応募する。

たまにしかトラック運転手の正社員の求人をださない運送会社は、トラック運転手の正社員が不足していないため、トラック運転手の正社員の内定をそう簡単にはだしません。ぎゃくに、頻繁にトラック運転手の正社員の求人を出している運送会社は、トラック運転手の正社員が不足しているため、容易にトラック運転手の正社員の内定をだしてくれます。

7.高卒でも25才以下であれば、職歴なしでもOK。

高卒で30才以上であれば、それ相応の職歴がなければ、トラック運転手の正社員の内定を手にすることができませんが、高卒で25才以下であれば職歴がなくても、これから人生頑張ればよいという意味もこめて、トラック運転手の正社員の内定を手にすることができます。

8.高卒は謙虚だと、運送会社の人に思われている。

大卒は、無駄にプライドばかり高く、上司の言うことを聞かない人が多いため、大卒を敬遠するトラック運送会社もありますが、高卒は、プライドがあまり高くなく、上司の言うことを聞く人が多いため、高卒を歓迎しているトラック運送会社が多くあるから、高卒でもトラック運転手の正社員になるチャンスがあり。

9.高卒は大卒のように選択肢が豊富ではない。

大卒は、さまざまな職業に就く選択肢が豊富に用意されているため、すぐにトラック運転手の正社員の仕事を投げ出す人が多いことから、大卒を敬遠するトラック運送会社はたくさんあります。逆に、高卒は、就くことができる職業の数が限定されているため、多少の苦難を乗り越え、長期間トラック運転手の正社員の仕事をする人が多い人から、高卒はトラック運送会社に歓迎されています。

10.トラック運転手になるには、根性があるかないかが大事。

トラック運送会社の面接官が、自社のトラック運転手の正社員を雇う上で一番で重要としていることは、仕事を長期間勤め上げられる根性があるかどうかのみで、学歴は採用基準の中では、あまり重要ではない要素。

ドラピタ

ドラピタ