トラックマン

トラック専門サイト

長距離トラックの運転手の仕事が素晴らしい理由10選

f:id:truck_sa:20190603145113j:plain

長距離トラックの運転は、ほかのトラックの仕事よりも長距離を走るだけあって拘束時間も長く、トラック運転手の仕事の中でも特に「過酷」というイメージがあります。そんな「過酷」なところばかりが強調されているからか、人手不足に陥っています。
しかし、トラック運転手という仕事の素晴らしさに気付いている人もいて、日本の物流は何とか「生きて」います。そう、私たちがネット通販で商品をゲットできるのも、スーパーで遠方の食材を購入できるのも、トラック運転手が仕事してくれているおかげなのです。

とは言え、トラック運転手はそんな風に「他人の幸せに尽くすだけの仕事」なのでしょうか。いいえ、違います。その他にも「やりがい」を感じるポイントのある「素晴らしい仕事」なんです。

そんなわけで今回は、特に長距離トラックの運転手の仕事に絞り、その仕事が素晴らしい理由10選を紹介します。

1. トラック運転手の中でも収入が良い

トラック運転手の平均年収は約400万円だと言われていて、IT実業家並みというわけにはいきませんが、一般的なサラリーマンと比べれば忖度のない、じゃなくて遜色のない収入です。
中でも長距離のトラック運転手は大型トラックを運転することもあって、より収入が良いと言われています。より専門性が高い分、給料が良いわけですね。
それに長距離を走るので拘束時間も長くなり、それが給料にも反映されます。長距離トラックの運転手の年収は400万円~750万円というデータもあります。

2. 労働環境の改善が進んでいる

トラック運転手には「労働環境が劣悪」「ドレイのように働かされる」「荒くれ男たちが働いている」といった悪いイメージがあり、それもあって人手不足になっています。
そんなイメージを払拭しようという取り組みが始まっていて、労働環境の改善が進んでいる会社もあります。また、トラックの自動運転システムの開発が進んでいますが、自動運転システムの運転を眺めていればいいだけの「楽な仕事」をできるようになるのは、長距離トラックの運転手ということです。

f:id:truck_sa:20190603145233p:plain
王様気分とまではいかないけれど

3. 仕事の大半が「運転すること」

とはいえ、現状ではトラック運転手の仕事の大半は運転することであり、長距離を走るトラックの運転手の場合、1日の大半を「運転すること」で過ごします。「運転するくらいなら上司におべっか使ってサラリーマンやってたほうがましだ」という人には苦痛ですが「運転大好き」という人にとってはまさに極楽浄土。

f:id:truck_sa:20190603145501p:plain
好きなことを好きなだけ

4. 人間関係のストレスから解放される

運転席の横にはうるさい上司もうっとおしい同僚もいません。上司と部下の板挟みになることもなければ、接待ゴルフで取引先のお偉いさんにわざと負ける必要もありません。長時間の勤務の中で取引先の担当者とやりとりするのはほんの短い時間です。
一般のサラリーマンから転職した多くの長距離トラック運転手が「人間関係のストレスがなくなってスッキリした」と証言しています。

f:id:truck_sa:20190610101026p:plain
こんなことはほとんどありません

5. 孤独を味わえる

勤務時間中、ほとんど人と接することのない長距離トラックの運転手は孤独です。3日間くらい、長いと5日間は家に帰れないという仕事も珍しくありません。しかし、スマホやタブレットでどこにいても誰かとつながることができる今の時代、「誰とも接しない孤独」が味わえるって貴重です。
それに数日間、妻と会えないことで、かえって久しぶりに会ったときに思いが燃えるってこともあります。
または「亭主元気で留守が良い」が家庭の平和の秘訣だったりします。

f:id:truck_sa:20190603145704p:plain
亭主元気で留守が良い

6. 地方のグルメを味わえるかもしれない

長距離トラックの運転手のメリットとしてよく言われるのがコレ。長距離トラックの仕事にも慣れれば、行った先の地方の名物、名所を楽しむこともできるようになるでしょう。
ゆっくり時間が取れなくでも、コンビニでその地方限定の弁当だのカップ麺だのは購入できるかもしれません。
そういった地方特有のお土産を買って帰れば、日ごろ寂しい思いをしている奥さんの不満も減るはずです。

f:id:truck_sa:20190603140402p:plain
おいしい料理を食べまくる

7. 安全運転さえ守れば自由

前述したように、長距離を走る長い時間、運転手の横には上司も同僚も、それにもちろん奥さんもいません。しっかり安全に運転さえできれば、運転手は自由です。好きな音楽を聞いてもいいですし、カラオケを聞きながら歌も歌えます。
荷待ち時間に、駐車した車内で仮眠を取ったり、英会話や落語などのしっかり内容を聞く系の動画、それこそドラマや映画などの動画を見るのもOKです。
f:id:truck_sa:20190603133505p:plain

8. 大型のトラックは乗り心地が良い

大型トラックは運転席が高くて視界が良く、車内も広々としています。それに、そんな大型の機械を自在に動かしていると思うと、気持ちも良いものです。
また、多くの長距離トラックの運転手が、長時間の運転でも疲労しにくいように、自分に合ったクッションなどを持ち込んで車内の快適性を高めています。

f:id:truck_sa:20190610101500p:plain
これはやりすぎ

9. 仕事がしんどいので達成感もパない

長距離トラックの運転手には過酷なところもあります。長距離を長時間運転するので、精神的にも疲れます。
しかし、マラソンと同じで、どんな仕事にもゴールがあります。その達成感も、マラソンを走り切ったようなレベルと言っても良いんじゃないでしょうか。

f:id:truck_sa:20190603145915p:plain
ゴールを目指せ!

10. 定年延長のある会社もある

人手不足が続くトラック業界はまだ60歳定年の会社が多いようですが、希望者の定年延長とか、退職者の再雇用を取り入れている会社も増えています。
もちろん安全運転遵守のトラック運転手という仕事は、体力も集中力も衰えてなおできる仕事ではありませんが、そういったものがまだある内は、できるだけ長く働けるという選択肢があったほうが良いじゃないですか。そうでしょ。

f:id:truck_sa:20190610101828p:plain
生涯現役!

おまけ

「トラック運転手の仕事は社会貢献できるから素晴らしい」なんてもったいぶって言うつもりはなかったのですが、やはりこれは評価したいポイントです。