トラックマン

トラック専門サイト

効くか効かないかは運次第な、ルート配送ドライバーを増やす試み10選

ルート配送ドライバーの仕事は、毎日決められた順序で自社と取引があるスーパーやコンビ二、企業に商品を届けることです。拘束時間の長い長距離トラックドライバーと違い、基本的に毎日同じ時間に帰宅できます。おまけに、ルート配送ドライバーの正社員の給料は、経営状態がかなり良い運送会社で月収20万円~35万円と賞与1回~2回となっています。安定した生活をお望みの多くの国民にとって、何を置いても就きたい仕事ではないでしょうか。
ただし、経営状態のあまりよろしくない運送会社に就職してしまうと、月収16万円~月収20万円と賞与なしもあり得ますから、安定した生活を送りたいと思っている人はドライバー専門の求人サイトを思う存分フル活用して、納得のいく就職先を探すといいでしょう。
また、ルート配送ドライバーの仕事は長距離トラック運転手よりも労働時間が短いこともあり、長距離トラック運転手よりは給与が少なめに設定されています。“安定した収入”ではなく“莫大な収入”を目指す人には長距離トラック運転手のほうが向いているとも言えなくはありません。ですが、拘束時間が長距離トラック運転手より短いことでの充実したプライベート、毎日同じルートを回ることでの安定した収入を得たい人には、ルート配送ドライバーが向いていると、誰かが言っていた気がします。
そんなルート配送ドライバーですが、近年は人手不足状態が続いているそうです。ルート配送ドライバーの仕事が“単純なルーティンワーク”に思えて「単調な毎日なんてゴメンだね」とうそぶきたくなる若さゆえの過ちが蔓延しているせいかもしれません。
しかし、世の中には「仕事は単純なルーティンワークのほうがいいし、肴は炙ったイカでいい」派もいることでしょう。ただし、そんな酸いも甘いも噛み分けた人でも「あまりイメージが良くない」といった理由から、ルート配送ドライバーの仕事を避けているかもしれません。これはとてももったいない話です。
そこで今回は、ルート配送ドライバーを増やす試みを提案します。

1. ルート配送ドライバーを主人公にした映画やドラマを作る
カッコいいアイドルやスターがルート配送ドライバーをカッコよく演じれば、多くの人がルート配送ドライバーに憧れます。運送会社がアイドルにセールスドライバーを演じさせてテレビCMを制作していますが、そういう意図があるのでしょう。セールスドライバーだけではなく、ルート配送ドライバーも優しく、スマートで、さわやかだというイメージを広めるため、ルート配送ドライバーを主人公とした映画やドラマを制作してヒットさせましょう。元敏腕刑事のルート配送ドライバーが、配送の合間に事件を解決する「ルート配送ドライバーの探偵日誌」とか、温泉地を舞台にした「湯けむりルート配送ドライバーの事件推理」とか、ルート配送ドライバーを巡る三角関係を描いた「ルート配送ドライバーに愛されすぎて困っています」とか、ルート配送ドライバーがファムファタールに惑わされる「ルート配送ドライバーは二度ベルを鳴らす」とか、謎のルート配送ドライバーが主人公を翻弄する「上海から来たルート配送ドライバー」とか。

2. ルート配送ドライバーの給料を莫大にする
ルート配送ドライバーの給料は月収20万円~35万円で、月収25万~40万円と言われている長距離トラックドライバーに比べるとやや低い傾向にあります。ここは、一気にルート配送ドライバーの給料を増やせば、ルート配送ドライバーになりたいという人も増えるでしょう。ただ、ルート配送ドライバーの給与を一気に高額にすると、その分、ルート配送ドライバーの配送料が上がり、ルート配送ドライバーの配送料が上がると、ルート配送ドライバーが配送しているものの値段も上がる可能性があります。ルート配送ドライバーはコンビニの商品を配送したりしますから、コンビニの商品が値上がりします。コンビニ商品が値上がりすると、多くの国民がコンビニで商品を買うことを控えるようになり、その結果、コンビニの売り上げが減って、コンビニの数が減り、ルート配送の仕事も減ります。すると「ルート配送ドライバーが足りない」という状況もなくなるでしょう。しかし、多くの国民はコンビニには減ってほしくないと思っています。

3. 外国人をルート配送ドライバーとして雇用する
外国人材受け入れ制度が新しく整備され、従来よりも幅広く外国人材の受け入れが始まろうとしています。ただ、今のところドライバーという職種はこの制度の対象にはなっていません。そこで、トラックドライバーやタクシードライバーといったドライバーの職種にも外国人材を受け入れましょう。日本に働きにくる外国人は素直で勤勉で真面目なので、ドライバーとしても熱心に仕事をしてくれるでしょう。ほかの業種より、安定した収入と充実したプライベートが得られる仕事として、ルート配送ドライバーは多くの外国人に人気職業となるはずです。これでルート配送ドライバーの人手不足は間違いなく解消されます。

4. コンビニ店員を美人やイケメンにする
ルート配送ドライバーの仕事の代表が、コンビニへの商品の配送です。また、ルート配送ドライバーの仕事の大半は「1人で車を運転すること」なので、ほとんどのルート配送ドライバーは孤独に仕事しています。ルート配送ドライバーにとって、数少ない「人とコミュニケーションを取れる」機会が、コンビニで商品を降ろすときです。このコンビニの店員が美人、またはイケメンであれば、ルート配送ドライバーの士気も上がります。積極的に「コンビニに行きたい」と思うようになるかもしれません。そんな期待感からウキウキした気分で仕事をするルート配送ドライバーは、仕事が楽しくて仕方ないという表情になるでしょう。そんなルート配送ドライバーを見た多くの国民が、自分もルート配送ドライバーとして楽しく仕事したいと思うに違いありません。

5. ルート配送ドライバーの制服をオシャレにする
ルート配送ドライバーの制服を、誰もが着てみたい!と切望するような、オシャレでカッコいいものにします。すると多くの国民が、オシャレでカッコいい制服を着るためにルート配送ドライバーになりたがる、かもしれません。May be.

6. ルート配送ドライバー賛歌を作って世に広める
ルート配送ドライバーを称える歌を作り、すべての国民がルート配送ドライバーを尊敬する風潮を演出しましょう。すると多くの国民が、自分もルート配送ドライバーになって国民から尊敬されようと考えます。作詞作曲は、いろいろなお題に見事に対応できるヒャダインさんにお願いするといいかもしれません。

7. 自動販売機をカッコ良くする
ルート配送ドライバーの仕事の代表が、自販機への飲料の配送です。この自販機がカッコ良ければ、その自販機のところに行くときのルート配送ドライバーのやる気もアップします。積極的に「自販機を回りたい」と思うようになるかもしれません。そんな期待感からウキウキした気分で仕事をするルート配送ドライバーは、仕事が楽しくて仕方ないという表情になるでしょう。そんなルート配送ドライバーを見た多くの国民が、自分もルート配送ドライバーとして楽しく仕事したいと思うに違いありません。

8. 人体強化服をルート配送ドライバーのコスチュームにする
ルート配送ドライバーはコンビニの商品を運んだり、自販機の飲料を詰め替えたりします。コンビニではコンビニの店員が手伝ってくれるかもしれませんが、基本的には荷を積んだり、降ろしたりする部分は力仕事です。そこで、荷の積み降ろしを軽々と行えるよう、人体の動きを補助するメカを搭載した服をルート配送ドライバーのコスチュームにします。これがあれば、どんな荷物でも何回でも軽々と積み降ろしができるというものです。「荷の積み降ろしが大変そう」という理由でルート配送ドライバーの仕事に就くことを躊躇している人も、この強化服があればルート配送ドライバーの仕事を選択するはずです。

9. ルート配送のトラックをSFチックに改造する
ルート配送ドライバーの仕事で厄介なのが、配送の時間の厳守です。渋滞があっても、ルート配送ドライバーは決められた時間には目的地に着かなければいけません。そこでルート配送のトラックを改造し、空を飛べるようにします。そうすれば道路の渋滞時にも空を飛んで配送時間に遅れないようになります。早く着きすぎてしまったときも、空中で待機して路上駐車の取り締まりから逃れます。また、危険回避、事故回避のあらゆる機能を充実させ、ルート配送ドライバーから自動車事故というリストを取り除けば、多くの国民が気軽にルート配送ドライバーになれるでしょう。

10. 国民が「不便」を許容する
ルート配送ドライバーの仕事で厄介なのが、配送の時間の厳守です。渋滞があっても、ルート配送ドライバーは決められた時間には目的地に着かなければいけません。ルート配送ドライバーも「間に合わなかったらどうしよう」と考えて胃がキリキリ痛む思いをします。例えば、お昼になってもコンビニにお弁当が並んでいなかったら大変です。そのためにルート配送ドライバーの配送時間厳守は絶対なのです。そこですべての国民が「お昼にコンビニにお弁当が並んでいなくても全然平気」と思えるようになると、どうでしょう。ルート配送ドライバーは時間厳守を絶対と考えなくても済むようになり、ルート配送ドライバーの仕事がゆとりと気楽さを持った仕事になります。そうすればルート配送ドライバーになりたい人も増えるでしょう。ただでさえコンビニは24時間も営業していてコンビニエンスなのですから、多少のインコンビニエンスは我慢したってバチは当たるまいってところです。