トラックマン

トラック専門サイト

セールスドライバーの体験談

汗だくで働く人
セールスドライバーは配達、集荷、集金、さらには営業も行うドライバーです。営業と言っても、もちろん新製品の注文を取ったり、不動産を売るわけではありません。企業などと運送業務の契約を交わしたりします。
収入は、正社員の場合は年収300万円~年収400万円ほどと言われています。勤務先、勤務形態でも異なりますが、正社員であれば「基本給+歩合給」となっていることも多く、荷物をたくさん運ぶだけ、または契約本数を増やすだけ、給料が上がるようです。
活躍する場は、例えば通販の配達です。今はほとんどの国民が通販を利用していると思いますから、ほとんどの国民の生活に貢献しているのがセールスドライバーだと言えます。ちなみに、ほとんどの国民なので、すべての国民ではありません。もちろん通販を全く利用しない国民のことも忘れてはいませんよ。
何はともあれ、それだけ社会的貢献度が高く、やればやるだけ稼げる仕事でありながら、とても「キツイ仕事」だとも言われています。これは事実のようです。しかし、事実が必ずしも真実とは限りません。今回はセールスドライバーの体験談を紹介します。その中から真実の光を見つけてみませんか。ほら、よく言うじゃありませんか。真実はいつも1つだけ、とは限らない。

1. セールスドライバーの仕事は2トントラックや4トントラックの運転が中心です。2トントラックは普通自動車免許で運転できるので、とても気軽に挑むことができました。普通のトラックドライバーは、中型、大型とトラックの大きさをレベルアップしていくことでキャリアアップにもつながりますが、セールスドライバーはそういうものではありません。自分にはやはりセールスドライバーが合っていると思いました。(40代 男性)

2. 若さに任せて体力勝負でとにかく稼ぎたかったのでセールスドライバーになりました。仕事は確かにキツイですが、覚悟して入社したので、とにかく貯金が増えるのがうれしくてたまりません。体力が持つ限りは、このまま走り続けたいです。営業ノルマをプレッシャーに感じる人もいるみたいですが、僕はダメもとと思ってやっているので、ダメでもあまりへこんだりせず、ストレスもそれほどたまりません。僕みたいに、あまり深く考えない人に向いているかも。(20代 男性)

3. 入社する前から言われていましたが、お中元、お歳暮の時期がやはり大変です。連日残業です。でも、それだけのことはあって、この時期は収入も普段より増えます。それを励みに頑張ります。それに、入社する前は「お客様から感謝されることがセールスドライバーのやりがいになるって言うけど、本当にそんなことあんの?」と「キレイごとを疑う賢いオレ」を装っていましたが、実際に配達先の人に感謝されることってあるんですよね。真夏に汗だくになって荷物を届けると、そこの奥様から「大変ね、暑いのに。ご苦労様」と、冷たいウーロン茶をいただいたりすると、本物の感動に襲われますよ。(30代 男性)

冷たいウーロン茶

4. 再配達がとにかくしんどいです。昼間は8割くらいが不在なんじゃないかと思ったりします。まるでゴーストタウンかと思いますが、往来には人もいるので、何だか「キツネにつままれた」ような気がします。ところで「つままれる」って何のことでしょう? ちなみに私は、知り合いの家に荷物を届けたりするのが何だか気まずいので、自分の住んでいるエリアから少し離れたエリアの営業所に勤めています。そういう人って案外多いそうです。(20代 女性)

キツネって化かす?

5. セールスドライバーの仕事は体力勝負だ。それが辛くて辞めたくなったことも何度かある。俺にとって特に辛いのは、エレベーターのない団地やアパートへの重い荷物の配達。お米10キロの配達なんて本当に破壊力がハンパない。しかし、そのおかげでだいぶ鍛えられた気もする。ただ、重い荷物の配達のある現場仕事はそんなに長くは続けられないな。俺もそろそろセンター長とか、キャリアアップのお年頃かもしれない。(30代 男性)

6. 荷物を運ぶだけのトラックドライバーと違って、セールスドライバーは集金やら営業やら、いろいろな業務をこなさなきゃいけないのが辛い、と一般的にはよく言われている。ただ、俺は車の運転も好きだが、同時に営業職も天職だと思っているので、セールスドライバーの仕事は楽しいと思える。荷物を運んだりするのはしんどいけど。(20代 男性)

7. セールスドライバーの仕事をしていて「もおヤダ」「耐えられない!」と叫びたくなるのは、お客様からのクレームです。もちろん、こちらはスピーディに、なおかつとってもていねいにお届けしていますよ。いくらそうやってていねいにお届けしても「傷が付いている」とかクレームが来たりするんです。まさに「言いがかり」「難くせ」というやつ。でも先輩に相談したら「自分のミスにはきちんと向き合って、悪ところは直し、お客様には誠意を持って対応しなさい。でも、あまり細かいことは気にしないで。細かいことを引きずらないように」とアドバイスされました。(20代 女性)

8. セールスドライバーは取引先の会社でも、荷物を届ける1軒1軒の個人宅でも、やはり笑顔が大切だ。力仕事で大変なので、最初のうちはいかにもしんどそうな、暗い表情だったので、お客様のクレームにも打ちのめされたりしたけど「どんなときも笑顔で」を心掛けるようになったら、クレームも減った気がする。逆にお客様から「ご苦労様」と声を掛けられることが増えた。(30代 女性)

笑顔

9. 時間指定の荷物が多いときは特に大変です。しかも、時間指定しているのに不在って、どおゆうこと?ってことも少なくありません。時間が迫っていて焦っているときに限って道が混んでいる、届け先が初めてのところでなかなか見つからないと、もうヒヤヒヤドキドキです。これは何年やっても慣れません。(30代 男性)

10. 私が若いころ、ですからもう20年も前ですが、セールスドライバーの仕事は「3年くらいやってお金を貯めて、それから辞めて起業でもする」ための仕事だなんて言われていました。20代だった私もそのつもりで始め、「長く続けるつもりはないけど、今はとにかく一所懸命やる」という思いでガムシャラに働きました。気が付いたら20年経っていました。(40代 女性)