トラックマン

トラック専門サイト

トラック運転手の仕事内容と給料について

f:id:truckman:20171204143020j:plain
トラック運転手とは、皆様が日常生活で利用する商品をトラックで全国のスーパーやコンビニに運び、日本経済を活性化させている人のことを指す。このトラック運転手の職業を選択する人がいなければ、スーパーやコンビニに商品が並ぶという当たり前の日常すらなくなり、人々が容易に生活用品や食材をゲットすることさえもできなります。この当たり前の事実に気づくと、トラック運転手の方を見るたびに、[このトラックの運転手の人達のおかげで、私達は毎日スーパーやネットショップで商品を買えているんだよなー、本当にトラックの運転手に感謝のきもちしかない]という気持ちになります。

上記で言ったとおり、トラック運転手は多くの人に感謝される職業でもあり、月収30万円~月収80万円の高給を稼げる職業であり、完全週休2日年間休日110日もあり、ワークライフバランスとやりがいに溢れた職業である。このワークライフバランスとやりがいに溢れた職業であるトラック運転手もインターネットショッピングの発展が影響し、人手が足りない状況になっているので、中型免許と大型免許を所持していない普通自動車免許しか持っていない人でもトラック運転手の正社員の内定を勝ち取ることができます。しかも、運送会社に入社した後に、中型と大型免許を会社の費用でとらせてもらうことができちゃいます。今回はトラック運転手の仕事内容と給料について説明していきます。

トラック運転手になるには?

トラック運転手になるには、中型免許と大型免許を取得して、短距離トラックドライバーや中距離トラックドライバーや長距離トラックドライバーや地場ドライバーやタンクローリードライバーの求人に応募するのが一般的となっていますが、どうしてもトラック運転手を雇いたい配送会社は、やる気と見込みさえあれば、普通自動車免許第一種しかもっていない人でもトラック運転手の正社員として採用するようになってきています。それでも、普段から自動車を運転している普通自動車免許第一種保持者しか、トラック運転手の正社員として採用してもらえないので注意が必要です。

トラックの運転手として、多くの配送先の人とコネを作ることにできれば、トラック配送会社を退職して、トラック配送会社を立ち上げて多額の収益を叩き出すというルートを歩むことができるので、将来トラック配送会社を立ち上げて人生逆転してやりたいという思いがある人は、トラック運転手としてキャリアを歩むのあり。ただ、トラック運転手の正社員は年収700万円稼げる職業なので、リスクを犯してまで、トラック配送会社を立ち上げる必要もない。

タウンワークやエンジャパンやドラピタやマイナビなどの求人サイトで掲載されているトラック運転手は下記の3つに分類されています。

・長距離トラックドライバー〔全国47都道府県で配送業務をするトラック運転手〕

・中距離トラックドライバー〔自分の住んでいる県の周辺で配送業務をするトラック運転手〕

・短距離トラックドライバー〔自分の住んでいる県内でのみでトラックを運転をする〕

・タンクローリードライバー〔固体、液体、気体を輸送するトラック運転手〕

長距離トラックドライバーになるには、中型トラックドライバーを相当乗りこなせることと大型免許の二つが必須となっているので、普通自動車免許第一種所持だけでは、長距離トラックドライバーに採用されるのは、かなり難しい。

中距離トラックドライバーになるには、普通自動車を乗りこなせることのみが必須となっているので、車の運転がうまい人ならば誰でも中距離トラックドライバーになることができます。中型トラックを運転するために必要な中型免許は、運送会社に入社した後にとればOK.

短距離トラックドライバーは、中距離トラックドライバー同様普通自動車免許を所有しているだけでなることができる職業なので、ドライバー未経験の人でも短距離トラックドライバーになることができます。短距離トラックドライバーは長距離トラックドライバーや短距離トラックドライバーに比べると仕事内容が楽なので、おすすめです。

タンクローリードライバーになるには、大型免許の所持と危険物取扱者 乙種4類の免許の所持と牽引免許が必須となっているので、タンクローリードライバーの職には普通自動車免許所持だけではなることができない。このタンクローリードライバーになりたい人は、長距離トラックドライバーである程度経験を積んでから、タンクローリードライバーの正社員に応募することをおすすめします。

トラック運転手は普通自動車免許第一種のみだけでもなれる?

普通自動車免許のみの所有でも、二トン三トンの小型トラックを運転することはできるので、二トン三トンの小型トラック限定のトラック運転手ならば、普通自動車免許のみでなることができます。ただ、普通免許のみが必要な小型トラック運転手は、中型大型トラック運転手よりも年収が200万円ほど低いというデメリットがあります。

4トンの中型トラックは、普通自動車免許と中型免許の両方が必要となっているので、普通自動車免許のみでは4トン中型トラックを運転することができません。このことが影響して、私は中型免許を所持していないからトラック運転手は無理だと思ってしまい、トラック運転手になることをあきらめてしまう人が一定数います。

4トンの中型トラック免許なんてものは、すこしでかい車を運転することができれば簡単に手に入れることができるものなので、どうしてもトラック運転手になりたい人は、自動車学校に1ヶ月ほど行って中型免許を取得しておきましょう。このような行動力さえあれば、簡単に4トンの中型トラックの運転手になれちゃいます。

中型トラックドライバーだけはなく、将来は長距離トラックドライバーやタンクローリードライバーになることも考えている人は、最初から大型免許〔取得するのに30万円かかる〕を取ることをお勧めします。大型免許を持っていれば、中型トラックも運転できますからね。

トラック運転手はなり手が少なくて困っている。

私の周りの友達と仕事についての話をしていても、トラック運転手になりたいという声を聞いたこともありませんし、子供の将来の夢にトラック運転手がランクインしたという話もきいたことがありません。どうして、世の中の人はトラック運転手になりたがらないのでしょうか?。トラックの運転手になりたがらない理由は6つ。

普通自動車免許第一種を取り終えてから一度も運転しない人が相当数存在するとお金は稼げなくてもいいから事務職や人事職という楽な仕事をしたいという人の増加と社会で働きたくないニートや生活保護受給者の増加とトラックを運転するリスクについて考えすぎる人の増加と楽してお金を稼げる時代が到来したの5つ。

・普通自動車免許第一種を取り終えてから一度も運転しない人が相当数存在する

自動車を所有するにしても自動車保険にかかる金や自動車税やガソリンにかかるお金が必要なこともあり、貧乏な若者はプライベートで自動車に乗ることはおろか自分の自動車すらもっていません。こうやって長い時間車を運転していないと、自分の心の中に車を運転することが怖いという気持ちが生まれてしまい、何が何でも車を運転する仕事には就かないという選択をするようになり、トラック運転手は就職の選択肢からはずれてしまいます。

・お金は稼げなくてもいいから事務職や人事職という楽な仕事をしたいという人の増加

今の若者は、ライフワークバランスにこだわる人が多く、お金は稼げなくてもいいから事務職や人事職という楽な仕事をしたいという金に対する執着心が強い人が多い。こういう若者は大変で年収800万円稼げる可能性があるトラック運転手になるという選択をせずに、事務職や人事職で働く選択をすることが多いです。ただ、事務職や人事職では一生年収300万円で、ワーキングプアを這いずりまわることになるので注意が必要です。

・社会で働きたくないニート

社会で働きたくないニートは、どんなに遊ぶ金がなくても、働きたくない気持ちにうそをつくことができず、働かないという選択を何年もしてしまいます。このようなニートが激務で年収800万円稼げるトラック運転手になるという選択をする確率は5%~10%の間しかないので、ニートがトラックの運転手を再就職先に選ぶことはほとんどないといえるでしょう。

ニートは、会社で働くのが性に合わないからニートをやっている人が多く、ニートをやめて仕事をするにしても会社勤めという選択をするのではなく、起業という選択する人が多いです。そのこともあって、わざわざニートがトラック運転sんふになるという選択をする確率はとてつもなく低い。

・生活保護受給者の増加

生活保護受給者は、毎月13万円を労働せずにもらうことができることもあり、一度生活保護を受給してしまった人は、トラック運転手はおろかその他労働のすべてに就こうと思うことがありません。この事実が存在していることもあり、生活保護の旨みを知ってしまった人がトラック運転手の職に就く確率は相当低い。まあ、生活保護受給者は働かなくても、飯を食っていけるのだから、無理にあくせく働く必要はない。

・トラックを運転するリスクについて考えすぎる

大型トラックで事故を引き起こして、事故の相手側の人が命を落としでもしたら、大型トラック運転手は刑務所に入ることになります。このリスクを極度に恐れてしまう人の増加するに連れて、トラック運転手になる人も大幅に減少してしまい、一人一人のトラック運転手の業務量が増大してしまっているというおそるべき事実が存在しています。まあ、誰しもがトラック事故で刑務所行きになるのは怖いですから、トラック運転手になる選択をしなくなるのは仕方ない。

・楽してお金を稼げる時代が到来した。

今の時代、会社に行かずとも、為替取引や株取引やユーチューブの動画投稿やアフィリエイトや仮想通貨取引でお金を稼ぐことができるので、無理に外の世界に働きにでて金を稼ぐ必要がなくなった。それ故、家で稼げるのにわざわざ大変な仕事のトラック運転手をせねばいかんのだという生意気な若者が多数出現することになってしまったのだ。

トラック運転手は実はとても穴。

トラック運転手という職業は、若者がきつい仕事はいやだとか車を運転する仕事はいやだという理由で敬遠する職業なこともあり、多少加齢の40代50代でも車の免許が得意であれば、容易にトラック運転手になることができます。この驚きの事実を知らずに、年収800万円稼げるトラックドライバーの職に応募しない40代50代の人が多発しています。

トラック運転手は、常に一人で仕事をすることが多い職業なこともあり、40代になってトラック運転手になっても、年下の上司にああだこうだ命令されて自分の自尊心を傷つけられることがないので、他人に命令されることを嫌う人に向いています。一言でトラックの運転手の仕事を言い表すと社会不適合者でもはたらける仕事のひとつ。

また、大型長距離トラック運転手になると、エリート営業マンと同等の年収である700万円を稼ぎ出すことができるので、とにかくお金をナンボという人は大型長距離運転手になることをおすすめします。ただし、大型長距離運転手は、大型免許と普通自動車免許が必要となっているので、まだ大型免許をもってないけど長距離大型トラック運転手になりたい人は今すぐ長距離トラック運転手の免許を取得しに、自動車学校へれっつごー。

どれだけ、長距離トラック運転手が金が稼げる職業であろうが、若者からしたら楽な仕事がよいので、トラック運転手はいまだに不人気な職業となっています。

トラック運転手は楽を求める若者からは人気がある職業ではありませんが、車を運転するのが生きがいで金を多く稼ぎたい人からの人気は高い職業であるので、トラック運転手は自分が想像している以上に求人倍率が高いです。この高い求人倍率の競争を勝ち抜くことができれば、超高収入のトラック運転手に就けるので、トラック運転手に採用されるかされないかということはいったん忘れて、思い切ってトラック運転手の求人に応募しよう。もしトラック運転手に就職できなれば、タクシードライバーや新聞配達の職業に就けばいいだけなので、何も将来について悩むことはないさ。

これだけはいっておきたいこと。

長距離トラック運転手になれば、全国のパーキングエリアでおいしいものを食べられるし、全国の名所に遊びにいくことができるし、日本のさまざまの風景をみることができるし、給料も普通のサラリーマンの三倍ももらえるし、年間休日は100日を超えているし、トラックの運転を毎日することができるなどの最高の特典を得ることができます。これらの特典を得られる職業はトラック運転手しか存在しません。これだけは断言できます。

トラックの運転手の年収についての話。

トラック運転手は、長距離トラック運転手のみが年収800万円もらえて高給となっているだけで、その他トラック運転手は年収400万円~600万円となっており普通の給与水準となっています。これらの給与水準を見るに、トラック運転手で多額のお金を稼ぎたいならば、短距離トラックドライバーや中距離トラックドライバーになることをやめて、長距離トラックドライバーになることをおすすめします。

それでも、短距離トラックドライバーや中距離トラックドライバーは一日の労働時間が少なく、それなりの給与を稼ぎ出すことができるので、仕事よりもワークライフバランスを充実させたいという気持ちが強いならば、長距離トラックドライバーよりも短距離トラックドライバーや中距離トラックドライバーの職に就くことをおすすめします。

今の日本の現状だと、お金を稼げば稼ぐほど、多額の税金を国に支払わなければいけないので、一生懸命自分の時間を犠牲にして金を稼ぐのは損なので、短距離トラックドライバーになるのは、賢い選択といえる。

実際、年収500万円もあれば、自分がほしいものはほとんど購入することができるし、将来に対する不安を覚えることもほとんどないし、子供と嫁を養っていくことも容易にできるから、年収500万あれば十分。

ガソリン価格の高騰でトラック運転手の給与が減っている

自民党政権になってから、安部シンゾウ内閣総理大臣がアベノミクスという経済政策を打ち出したことにより、為替レートだけなく、ガソリンレートも大きく上昇していくという結果を引き起こすことに。ガソリン代の高騰がトラック運送会社の利益減に影響し、トラック運転手の月収が5万円から10万円減少するという事態がおこり、トラック運転手の月収は27万円が平均とっなっています。

トラック運転手の月収が27万円に落ち込んだとしても、トラック運転手以外の職業に比べるとまだまだ給与が高い水準にあるので、トラック運転手はお金を大きく儲けることができる職業のひとつ。この現実が変わることは、今後50年はないと思われますので、手っ取り早くお金を稼ぎたい人は、トラック運転手という職に就くのが適切といえます。

そのうち、すぐに円高が到来して、ガソリン価格も低下していくと思われるので、そのうちトラック運転手の月収は33万円まで上昇していくでしょう。だから、そこまで、トラック運転手の給与減を心配する必要はない。

貨物追跡システムをとっとと廃止して、トラック運転手の給与をアップさせるべし。

貨物追跡システムとは、トラックが運送している貨物が今現在どこにあるのかを顧客がウェブページで確認することができるシステムである。このシステムがあるおかげで、顧客は荷物がいつ送られてくるのかを把握することができるので、荷物が届くときに顧客不在で商品が受け取れないという事態を防げている。こんなにもすばらしいシステムなのだから、絶対に貨物追跡システムはなくなってはいけないという声が多いのが実情です。

貨物追跡システムなんてものがなくても、荷物は届くべきときに届くのだから、とっとと貨物追跡システムを廃止して、貨物追跡システムを廃止したことで浮いたお金をトラック配送会社がトラック運転手の給与に還元するのが一なのですが、トラック運送会社もトラック運転手第一主義から顧客第一主義に切り替わってきているので、貨物追跡システムが無くなることはない。

トラック運転手に転職して人生の勝ち組になった友達の話。

私の友達は、トラックの運転手になる前は月20万稼ぐ営業マンでしたが、営業のセンスがない友人は営業では月20万以上稼ぐことができないとさっさと見切りをつけてトラックの運転手に転職する決意をして、営業会社を辞めて、トラック運送会社に就職して長距離トラック運転手として働くことに。

そして、私の友達は、3年間月収600万円の長距離トラック運転手として働き、貯金700万円を貯めることに成功して、長距離トラック運転手を辞めてビットコイン投資のみでお金を稼いでいくという驚愕の選択をとります。

トラックの運転手をやめた私の友達は、700万円を元出にビットコインが10万円台のときに大量にロングしており、ビットコインが100万円に到達したときに、10万円台のビットコインLのポジションを利益確定をして、10億円もの大金を手に入れることに成功しました。そのビットコインで10億円稼いだ友人は毎日仕事もしないで、海外旅行に行って、自分の人生を謳歌しています。

身近で、ビットコインで長者になった人を見ていると、私もビットコインをやってお金持ちになるしかないとつい思ってしまいますが、実際に、私がビットコインの投資を開始したら、投資資金のすべてを溶かして一文無しになってしまうんだろうなと思うと、なかなかビットコインの投資をはじめることができません。

女性トラック運転手の増加

アマゾンや楽天のインターネットショッピングの利用者が増大することで、アマゾンと楽天の配送をするためにトラック運転手がもっと必要だという事態となり、トラック運転手の求人の倍率は低下中です。このように、トラック運転手の求人倍率が低下しているので、通常であれば男性しか雇わないトラック運送会社も女性をトラック運転手の正社員としてガンガン雇うようになっています。

女性をトラック運転手の正社員として雇うようになってからは、トラック運送会社も女性が働きやすいようにと、一日の労働時間を10時間以下に抑えたり、確実に週2日休めるようにしたり、女性専用の仮眠室を備えたり、女性専用のシャワー室を備えたり、有給を年10日以上社員に付与したり、最低月収30万円を保証したりするようになりました。これらの女性トラック運転手の労働条件や待遇を見る限り、女性トラック運転手はワークライフバランスが抜群でお金を稼げる最高の職業です。

女性トラック運転手〔トラガール〕として3年ほどトラック運送会社に勤めておけば、他業種の会社に転職するときに、会社の人事にこの女性は凄まじいドライブテクニックと常人をはるかに凌ぐ根性の持ち主なんだなと印象を与えることができ、他業種の内定を容易に獲得できます。このメリットがあるので、将来さまざまな会社で働く予定がある女性は、トラック運送会社に勤めることをおすすめします。

女性トラック運転手を増やすために国が行っている施策。

国は女性トラック運転手を増やすために、トラック運送会社に対して、残業代の全額支払いや完全週休二日の徹底や社会保険への加入や長時間労働への警告を何年にもわたって繰り返してきました。これらの国の警告活動が功を奏し、今ではトラック運送会社のほとんどが、完全週休二日の導入と残業代の全額支払いと社会保険への加入をきちんと行っています。

それでも、トラック運送会社の中には、週一休みで残業代を支払わない超ブラック企業が存在しており、ブラック運送会社に入社しないためにも、トラック運送会社に応募するときに、求人に書いている年間休日と休みの日数をきちんと確認することを徹底しましょう。この部分をしっかりと徹底するだけでも、ブラック運送会社に入社する確率を格段に低下させられます。

また、トラック運送会社が、ホワイトな労働環境を作り出すために、国はさまざまな助成金制度を用意していることもあり、トラック運送業界全体がホワイトな労働環境になりつつあります。

トラック運転手になるメリット

トラック運転手になることで、トラックを誰よりも運転することが上手になると常人では考えられない根性を身に着けられるとトラック運送業特有の人脈を手に入れられると普通のサラリーマンでは考えられない額を貯金できると他人と関わる必要が無いと賞与が100万円以上もらえるとトラック業界について詳しくなれると世間体が良いなどの7つのメリットを得られます。

・トラックを誰よりも運転することが上手になる

毎日仕事で、トラックを長距離運転していれば、トラックの運転がうまくなりたいと自分自身で思わなくても、気づいたときにはトラックの運転がうまくなっています。トラックの運転が上手になれば、運転系の仕事のほとんどに再就職できるので、一生路頭に迷わなくても済みます。

・常人では考えられない根性を身につけられる。

トラック運転手は一日10時間以上トラックを運転するというかなりきつい仕事を毎日こなさなければいけないこともあり、トラック運転手を3年もやっていれば相当な根性を着けることができます。トラック運転手で強靭な根性を身につけられれば、世の中に存在する理不尽なことが多い仕事も苦に思うことなく、用意にこなせます。

・トラック運送業特有の人脈

3年以上トラック運転手をやっていれば、トラック運送業特有の人脈を作れるので、トラック運送会社を立ち上げたときに、トラック運送業特有の人脈を生かして、すぐに仕事をもらうことができます。このメリットがあるので、将来トラック運送会社を立ち上げる夢を持っている人は、トラック運送会社に就職することをおすすめします。

・普通のサラリーマンでは考えられない額を貯金できる。

長距離トラック運転手は年収800万で手取り600万円となっており、手取りの600万の内100万円しか使わなければ、一年に500万円貯金することができます。長距離トラック運転手になってから、一年で500万貯める生活を10年つづければ、5000万円もの貯金を貯められます。

・他人とかかわらなくてもいい。

トラック運転手は一人でトラックを運転するだけの仕事なので、仕事中に他人と関わらなくても良い。そのため、人間と交流するのがあまり得意ではないアスペルガー症候群の人にはトラック運転手はおすすめです。ただし、トラック運転手は、トラックの運転がすることが好きではないと勤まらない仕事なので、運転嫌いの人がトラック運転手になることはおすすめしません。

・賞与が100万円以上もらえる。

トラック運送会社が社員に利益を給与として還元することが当たり前となっていることもあり、トラック運転手の正社員であれば、賞与が100万円以上もらえるので、年収が400万円を下回ることはほとんどない。ただし、賞与が100万円を手にすることができるのは、正社員のトラック運転手のみであり、アルバイトのトラック運転手は賞与をもらえません。

・トラック業界に詳しくなれる。

トラック運転手として何年も勤めていれば、トラック業界にかなり詳しくなり、トラック業界のことを話のネタにすることができ、トラック業界に興味がある人と仲良くなれます。ただし、トラック業界の話は興味が無い人はとことん興味が無いので、話のネタにするときは注意が必要です。

・世間体が良い。

ホストやキャバクラで大金を稼ぐと、人をだましてお金を得ているんじゃないのか?という風に他人に思われますが、長距離大型トラック運転手で大金を稼ぐと、一日10時間トラックを運転するという大変な仕事をしていることだし、それだけのお金をもらう権利があると他人に思われます。

まとめ

トラックの運転手になれば、自分の予想をはるかに上回る給与を得られるし、自分の予想をはるかに上回る貯金もできるし、若くして好きな女性と結婚することもできるし、ワークライフバランスがある生活を送れるし、トラックを好きなだけ運転できるし、人の役に立つ仕事を毎日行うことができるし、いいことづくしです。

また、トラック運転手の職を探すときに、紙媒体のタウンワークだけではなく、ウェブ媒体である転職求人サイトを使うと、容易に自分の働きたいと思えるトラック運転手の求人を見つけることができます。

自分がチェックした中では、ドライバー転職特化求人サイトであるドラピタが、最高待遇のトラック運転手の求人を多く掲載しているので、超おすすめです。

トラック運転手に関するQ&Aについて

・トラック運転手はアルバイトはありますか?

もちろん、トラック運転手にも、正社員だけでなくアルバイトの雇用形態があります。トラック運転手のアルバイトは、日給一万円~1万8000円もらえる高待遇なものが多いので、短期間でお金をがっつり貯めたいという人からの人気が高いです。しかも、トラック運転手のアルバイトは、その日の給料をその日にもらうことができたり、一週間に一回という給与を受け取ることができたり、給与の支払い方法がとても柔軟となっています。

何度でも念を押していいますが、トラック運転手のアルバイトは、賞与無しなこともあり、トラック運転手の正社員に比べるとお金を大きく稼ぐことができまません。そのため、賞与もしっかりと受け取りたいと思っている人は、トラック運転手のアルバイトではないトラック運転手の正社員になることをおすすめします。

・トラック運送会社のホワイト化は進んでいますか?

トラック運送会社のトラック運転手の正社員の求人待遇内容は、年間休日110日以上保障・月収50万円以上稼ぐことが可能・最低月給30万円保障・一日の労働時間10時間・将来の幹部候補を募集というものとなっており、昔よりはトラック運転手の待遇がかなりホワイト化していることがわかる。ただ、ほとんどの運転手の正社員は、完全ホワイトの基準である年間休日128日以上を満たしていないので、完全なホワイトとは言い切れない部分がある。

トラック運転手で働く人のほとんどは、ホワイト企業であるかよりもお金をどれだけ稼げるかのほうが大事だと思っているので、トラック運転手がホワイト企業かどうかなんてことはそこまで重要な案件ではなかったりする。そもそも、ホワイト企業に勤めたいと思っている人は、トラック運転手の会社受けないでしょ。

・トラック運転手のボーナスってどうなの?

トラック運転手のボーナス額は、日本の景気状況やガソリン価格や会社の経営状況という要素が大きく影響しますが、ドラピタの求人内容をチェックすると、ボーナスが年間で100万円から200万円もらえる会社が多いようです。

トラックの運転手は、ボーナスに多大なる期待を持てるので、たくさんボーナスをもらって豪遊したい人は、迷いを捨ててトラック運転手になることをおすすめします。

・トラック運転手はやればやっただけお金を稼げる。

トラック運転手は、最低限の仕事しかやらなければ、月収30万円程しか稼げませんが、出来る限りのことをすべてやれば、月収60万円稼げる仕事です。トラック運転手として、出来る限りのことをすべてやったときの給与の内約は、基本給30万+歩合30万円となっているので、トラック運転手はお金という部分では夢と希望にあふれている職業といえる。ただし、高給を稼げるトラック運転手でも、入社する会社を間違えると、最高月収30万円しか稼ぐことができないので、注意が必要です。

・長距離トラック運転手はとてつもなく儲かる。

短距離・中距離トラック運転手の給与は年収400万円ほどで普通の正社員の給与水準ですが、長距離トラック運転手の給与は年収800円ほどで東証一部上場の正社員の給与水準で高収入です。大型トラック免許所持だけで就ける職業で年収800万円稼げるのは、長距離トラック運転手しか存在しないので、大型免許しかないけど高収入を得たいと思っている人は、長距離トラック運転手になることが最適な選択。

長距離トラック運転手は、本気で仕事量をこなせば、夢の年収8桁にも到達しうる職業なので、金持ちになって周りの人間を見返してやりたいと思っている人にうってつけです。とはいっても、本気で仕事をこなすと、休みが週1しかなくなり、遊ぶ時間がほとんど無くなって、稼いだお金を使う暇が無くなるという問題が発生してしまいます。

営業マンで年収8桁稼ぐには、全社員のナンバー1にならなければいけないので、年収8桁を稼ぐのはほぼ無理に等しいですが、長距離トラック運転手は、毎日トラックの運転を長時間こなすだけで、年収桁かせぐことができるので、誰でも年収8桁を実現することができます。この事実を直視した場合、営業マンになりよりトラック運転手になる選択をしたほうが最良の選択といえるでしょう。

トラック運転手業界は年収が下落傾向にあり、ドラピタで求人内容をチェックすると、年収550万円ということ少なくなくありません。この基準は、長距離トラック運転手の最高年収よりも250万円ほど低い値になっています。それでも、活躍している長距離トラック運転手は年収800万円から1000万円を稼いでいます。多くのトラック運転手の給与は、月収40万円ほどですが、長距離トラック運転手は月収40万円をしのぐ給与を稼いでいるようです。

トラック運転手の給与は、会社毎に違うので、トラック運転手の正社員の求人情報を隈なくチェックすることが大事です。

仕事内容については、毎日毎日トラックの運転をこなしていかなければいけない点や、長距離の運転をしていることを心のそこから楽しいと思うことができれば、どの仕事よりも最高の気分で仕事を遂行していけるはず。

また、長距離トラック運転手は常軌を逸脱した距離を走ることが日常茶飯事なので、トラック運転の達人しか務まりません。

1日の走行距離が600キロを超えてくるあたりから、トラックの運転がつらくなってくるので、一日の走行距離が600キロを超えたら、ひとまずトラックの運転をやめて休憩しましょう。そうしないと、トラックの運転で事故を引き起こしてしまいますからね。

国が一日のトラックの運転時間を規制することで、トラック運転手の激務を改善しようとしていますが、実際に一日のトラックの運転時間を守って業務をしている会社ばかりではないので、激務な環境で働いているトラック運転手も存在しています。

トラック運転手は、常に孤独が付きまとう仕事ので、人と群れることが嫌い、あまり人間と関わることが得ではない、一人でいると心が落ち着く、寂しいと感情をもつことがない、トラックの運転が好き、上司に命令されることが嫌だ、会社にずっといるのが嫌だという人にとっては、天職といえる仕事といえる。

・トラック運転中に睡魔に襲われたときの対策。

トラック運転中に眠くなったら、眠気が覚める効果がある目薬を目にさす・トラックを駐車場にとめて睡眠をとる・カフェインが多く含まれているエナジードリンクやコーヒーを飲んで睡魔を吹き飛ばすの選択を取るようしよう。このようなアクションをとらずに、眠いままトラックの運転をしてしまうと、居眠り運転をして大きな事故を引き起こしてしまうので、眠いときにはトラックの運転はしてはいけません。当然のことですが、居眠り運転が原因でトラックが破損したら、会社に破損代を支払わなければいけませんし、居眠り運が原因で人をひいてしまったら、懲役刑をくらい、刑務所暮らしを送ることになります。ついでに一押しのエナジードリンクを紹介していきます。

◆レッドブル

レッドブルとは、レッドブル翼が生えるがキャッチコピーのエナジードリンクで、味がかなりおいしく、飲んだ瞬間に体がしゃきっとする効果があります。レッドブルは一本180円から220円の価格でコンビ二や自販機やスーパーやアマゾンや楽天で販売されています。

◆ライジン

ライジンとは、飲んだ瞬間に眠気と体のだるさが一気に吹き飛ぶエナジードリンクで、味がかなり個性的なこともあり、好き嫌いが分かれます。ライジンは一本190円から210円の価格で、コンビ二やスーパーやアマゾンや楽天で販売されています。

◆モンスター

モンスターとは、350mlのエナジードリンクが200円で購入できることが魅力で、味も飲みやすくしたててあり、多くの人に評価されています。モンスターは一本190円から210円の価格で、コンビ二やスーパーやアマゾンや楽天で販売されています。

・トラック運転手の給与はどれくらいですか?


長距離トラック運転手は、月収50万円のお金を受け取ることができ、賞与も200万円以上を受け取れる高待遇が魅力な仕事です。この高待遇の長距離トラック運転手の仕事を一度でもしてしまうと、月収18万円の仕事をするのが、時間の無駄と思うようになります。

中距離トラック運転手は、月収30万円から40万円のお金を受け取ることができ、賞与も200万円以上受け取れる高待遇が魅力な仕事です。この中距離トラック運転手は、中型免許を持っていればなることができますし、仕事のきつさも長距離トラック運転手よりもかなり楽です。

短距離トラック運転手は、月収20万円から30万円のお金を受け取ることができ、賞与も100万円以上受け取れるそこそこ待遇がよいお仕事です。この短距離トラック運転手は、中距離トラック運転手や長距離トラック運転手よりも給与と賞与は低いですが、仕事内容は中距離トラック運転手や長距離トラック運転手よりも楽な内容となっています。

・トラック運転手はそれなりに大変な仕事ですか?

トラック運転手に対して、一般の人が持つイメージは、それなりに仕事が大変で、休みが少ないけど給与が多くもらうことができるというものになっていますが、実際のトラック運転手は、一般の人が思っているよりも仕事内容は少し楽で、休みは多く、給与は少し多めにもらうことができます。

トラックの運転手の大変なところは、トラックで事故を起こしたら自分の人生が終わる・休みの数が公務員や大企業社員に比べると少ない・体がだるかろうが、毎日トラックの運転業務をこなさないといけない・昼夜逆転する・商品を時間通りに決められた場所に届けないといけないなどの5つがあります。

逆に、トラック運転手のよいところは、給与がかなり良い・自分のタイミングで休みを取れる・運転スキルを磨くことができる・誰にも見張られていない環境で仕事ができる・役員になることができるなどの5つがあります。

トラック運転手は、向き不向きがある職業なので、トラック運転手に向いている人がやると10年以上トラック運転手の仕事をやりますが、トラック運転手に向いていない人が二年ほどでトラック運転手の仕事を止めるという選択をとります。車が本当に運転するのが好きではないとトラックの運転手は続かないとよく言われています。事実、車の運転が好きではない人は、トラック運転手の仕事を半年程度で辞めています。

・トラック運転手は未経験歓迎ですか?

トラック運送業界は、トラック運転手は激務できついというイメージが定着しているので、常に人手不足の状態に陥っており、普通自動車免許第一種しか保有していない人にも、ガンガン内定を出してくれます。それでも、自分のライバル求職者が中型免許や大型免許を所有していると、トラック運送会社は中型免許大型免許を所有しているライバル求職者を採用するので、普通自動車免許第一種のみだと不採用になることが多いみたいです。

どうしても、トラック運転手になりたいという野望を持っている人は、トラック運転手の正社員の求人を受ける前に、自動車学校に通って、中型免許と大型免許の二つを取得しておきましょう。ちなみに、長距離トラック運転手は月収50万円以上稼げる仕事なので、長距離トラック運転手として働けば、すぐに大型免許を取るにかかったお金を回収することができます。


・2トントラックの運転手って何?

2トントラック〔普通自動車免許のみで運転することができる〕運転手は、年収400万円程で、一日の労働時間が8時間で完全週休二日の場合が多いので、お金よりもワークライフバランスを重視する人向けの職業です。しかも、2トントラックは普通自動車免許で運転できるだけあって、4トントラックよりも2トントラックの運転は簡単です。ただ、2トントラック運転手は、普通自動車免許のみを持っていれば誰でもなれる職業なだけあって、4トントラック運転手よりも求人倍率が高めになっているので、2トントラック運転手の内定を獲得する難易度は高め。
truckman.dorapita.com

・4トントラックの運転手って何?

4トントラック〔中型免許を保有している〕の運転手は年収1600万円ほどで、一日の労働時間が10時間で完全週休二日のことが多いので、お金と休みの両方を手に入れた意人向けの職業です。しかも、4トントラック運転手は、中型免許が必要なこともあり、2トントラック運転手のよりも求人倍率が低めになっているので、4トントラック運転手になるのはそこまで難しくありません。ちなみに、4トントラック運転手の正社員として採用されれば、運送会社入社後に、会社のお金で中型トラック免許を取得させてもらえます。
truckman.dorapita.com

ドラピタ

ドラピタ

関連記事
truckman.dorapita.com